2018 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 06
婦人画報5月号
- 2018/04/11(Wed) -
IMG_5546hana.jpg

婦人画報5月号。大好きな華道家の作品が掲載されている。

                           鉄線


スポンサーサイト
この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | ▲ top
『郷里』/佐々木義登 著
- 2018/02/22(Thu) -
IMG_5241郷里

『郷里』/佐々木義登 著 ※
このたびの文学賞の表彰式の後、随筆の審査委員である
佐々木義登先生と受賞者との歓談があり、小一時間でしたが、
穏やかなひとときを過ごさせていただきました。お話をさせて
いただきながら、どのような文章を書かれるのだろうか。近々、
出版されるという小説を読んでみたい、と感じていました。

※1966年徳島県生まれ。二松学舎大学卒業。二松学舎大学
博士後期課程修了。博士(文学)。2007年「青空クライシス」で
第14回三田文学新人賞受賞。現在、四国大学教授。


                         鉄線




この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | ▲ top
『冬の光』/篠原節子 著
- 2015/12/29(Tue) -
DSC_0871book.jpg

少し前に、地元新聞の「読者の手紙」にこの本の書評が載っていた。
おもしろそうなので、すぐ買いに行ったがなかった。「冬の光、ありま
すか?」とレジで尋ねていると、後ろの殿方も「わしも同じ。おもしろ
そうな本やなー」って。私は家に帰り、アマゾンで注文、翌日には届
いたけれど、殿方は本をゲットできただろうか。まだ話の途中である
が、年末年始で完読できるだろうか???
                            鉄線


この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | ▲ top
二科会写真部展会友努力賞おめでとう!
- 2015/07/15(Wed) -
DSC07289.jpg

今年の6月。京都へ撮影会に行った時の一枚。被写体は、
好きな路地と、実姉のように親しくさせていただいている
写真の先輩、平野さんの撮影シーン。

撮影。平野さんとは一年に1~2度しか、ご一緒しませんが、
撮るより、平野さんが撮っているところをこうして眺めている
ことのほうが、もしかしたら多いかもしれません。(笑)

今、何を感じ、何を思い、シャッターを切っているのだろう。
被写体に向かって何枚も何枚も、心ゆくまで撮り続ける
シーンを目の当たりにするたび、そんな粘り強さやひたむき
さから、私は大いにエナジーをもらいます。

そんな平野さんが、このたび、『第63回二科会写真部展
会友努力賞』を受賞されました。おねえさん、おめでとう
ございます。(http://www.nika-shashin.or.jp/winning_list
/No_63.html#02)

これからも、自分の好きな写真を撮り続け、写真の奥から
その思いが立ち上がってくる作品を見せてください。おねえ
さんの撮る写真のファンとして応援しています。会友努力賞、
自分のことのように嬉しいです。おめでとう、おめでとう!!

                         鉄線



この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | ▲ top
キャノン「Which?キャンペーン」に当選!
- 2015/02/17(Tue) -
八幡神社秋祭


プリンタといえば、原稿を印刷するモノクロプリンター しか持っていない。
撮った写真をプリントするのにカラープリンターを、と考えているが、よく
わからない。そんな時、キャノンが「Which?キャンペーン」というプリント
のお試しキャンペーンをやっていて、何でも、2015年2月中旬発売予定の
顔料プリンターPRO-10Sと、染料プリンターPRO-100Sの両方を同時に
プリント体験できるというもの。第1回めに応募し、当選。本日、メールに
添付したデータがプリントされて送られてきた。 用紙はA4で光沢用紙・
半光沢用紙・マット用紙の3種類、計6枚。染料プリンターPRO-100S
心は動いている?!このキャンペーンは、来月の29日までやっており、
http://cweb.canon.jp/pixus/special/proline/which/cp/
抽選で3000名にプリントサービス。私は、日和佐八幡神社秋季例祭
町廻りの写真をプリントしてもらった。用紙もどれを選ぶかで随分印象
が違うなー。実際にプリント体験でき、よい機会、キャンペーンだったな。

                              鉄線

この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ