2018 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 06
ユズの花
- 2018/05/09(Wed) -
IMG_1319柚子

ユズの花。この時季、咲いている。ユズの花の白を見ると、白無垢、
花嫁衣装が頭に浮かぶ。純白の可憐な花。去年は裏年の家が多く、
さてさて、今年はどうだろう。華奢なこの花から、拳のような黄色い
実がなるとは結びつかない人も多いだろうな。
 
                            鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
新野のクスの群生
- 2018/05/03(Thu) -
IMG_1294楠

阿南市新野町宮ノ北にある轟神社のご神木「新野のクスの
群生」を見に行ってきた。徳島県指定の天然記念物。

このクスは鎌倉時代中期に植えられた、とされている。クス群
には10本のクスが植わり、樹齢750年以上、1本1本でも逞
しいのに、長年の間に2本が1本、3本が1本になったクスも
あり、何とも言えぬ迫力。

中に藤が共生している1本があり、もう少し早い時期に訪れる
と、また違った感動が得られたのではないか。また来春、覚え
ていて訪れたい。

決算の数字も無事固まり、ゴールウィーク後半。これから実家
へ。電子レンジが壊れたので買い換え。
                          鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
沙羅双樹
- 2018/05/01(Tue) -
IMG_1260花

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる者も久しからず ただ春の夜の夢の如し
猛き人もついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ
                     (「平家物語」より)

昨日、初めての花に出会った。白い花を撮りながら、「平家物語」
の冒頭文が頭に浮かんでいた。この花が沙羅双樹の花かどうか
はわからないが、何とも趣のある白い花であった。

現在、那賀町の相生森林美術館で「丸山晩霞展」が開催されて
いるが、丸山晩霞が描いた作品を拝見しながら、花というのは、
昔も今も変わらないのだな、逞しいな、と思った。

                          鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
チョウゲンボウ幼鳥
- 2018/04/23(Mon) -
IMG_1203鳥
 
鳥網ハヤブサ目ハヤブサ科に分類されるチョウゲンボウ。羽化
して1ヶ月の♀の幼鳥。きりりとしてかっこいい。

IMG_1117鳥

小さくてもハヤブサ科。動くものを敏感に目で追い続け、決して、
気を抜かない。甘噛みから本気モードに入ると、泣きたくなるほど
の痛さ。

IMG_1195鳥

連れて帰りたいくらい魅力的なチョウゲンボウ。早くもまた
ゲンちゃんに会いに行きたくなっている。
                           鉄線




この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
樹齢120年のしだれ桜2018
- 2018/04/09(Mon) -
IMG_0899葉桜

神山町に生きる樹齢120年と言われるしだれ桜、「仙台しだれ」。
2013年、雰囲気のあるしだれ桜に一目惚れをして、はや5年。
今年の桜は開花が早く、ソメイヨシノが咲いてからこのしだれ桜
は咲き出すのですが...7日に神山町を訪れた時には葉桜で
残念。今年は桜堂のエドヒガンも、吉良のエドヒガンも見に行け
ず...。
                         鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ