2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
手前味噌な写真220 『しなやかな調律』
- 2017/08/02(Wed) -
IMG_8028調律

『しなやかな調律』 (2017・7・29 松江市興雲閣にて)

島根県松江市にある興雲閣。松江市が松江市工芸品
陳列所として建てた建物。明治35年(1902)12月に着工、
翌36年(1903)9月に完成。ペパーミント色の洋館。見学
しようと中に入るや否や2階からピアノの音色。

大広間に上がって見ると、調律が行われていた。しばし、
調律風景を見せていただいた。調律師とのやりとり。
心地よい空気感がそこに流れており、旅はこういう出会
いがあるから嬉しい。心地よい空気感は、この調律師が
持つ人となりなのだろう。このままずっと話していたい、
と思わせてくれたしなやかなひとときだった。

このピアノは1901年、チェコ・ Koch&Korselt製で「ノヴィー」。
ノヴィーは美しい。その美しさに自然と引き寄せられた。
この調律師は、今日も何処かで何処かのピアノの調律を
されていることだろう。どうもありがとうございました。島根
のよい思い出になりました。
                       鉄線



スポンサーサイト
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真219 『Mother Ship』
- 2017/07/05(Wed) -
IMG_3897夕

昨日、台風が通り過ぎた後、南の空に変わった形の雲が出ていた。
検索してみると、レンズ雲。映画『インディペンデンス・デイ』の母船
のような雲。昨日の夕焼けは、ダイナミックだった。レンズ雲の形は
奇跡。初めて見たから、そう思うのかもしれない。
                               鉄線



この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真218 『熱きバリスタの師匠』
- 2017/06/14(Wed) -
DSC09949とよとみ珈琲

手前味噌な写真212 『熱きバリスタ』 
(2016/11/27・名西郡神山町 あわ文化学校にて)
http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-4612.html
でアップした熱きバリスタの師匠。師匠のプチ珈琲講座を
受ける機会に恵まれました。

DSC09937とよとみ珈琲

熱きバリスタが惚れ込んだ師匠。聴講しながら、わかる
気がしましたね。師匠のところで買って帰った珈琲豆。
グァテマラ、イタリアンブレンド。どちらも今まで買ってい
た店の豆より比べものにならないくらい美味。クリアな豆、
クリアな味。今朝は、うちの師匠に(笑)2つをブレンドし
て淹れてもらいました。おいしかった~。
 
                         鉄線




この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真217 『新緑と、木洩れ日と』
- 2017/05/01(Mon) -
IMG_7501木

『新緑と、木洩れ日と』 (2017・4・30・那賀郡那賀町横石)

相生森林美術館の敷地内のクスノキ。新緑と木洩れ日が
美しかった。少し離れたところでは、ハンカチノキも咲いて
いる。美術館では、斎藤清さんの版画展が開催中。猫の
版画に惹かれ、長いこと猫ばかり眺めていた。この美術館
で、堀田幸生さんのバードカービング展をやっていただき
たいとずっと思っているが、機会がなくてまだ言えていない。

                         鉄線




この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真216 『雨あがり』
- 2017/04/17(Mon) -
IMG_7241teba.jpg

『雨あがり』 (2017・4・16・海部郡牟岐町出羽島)

雨あがりの日曜、家の軒先に傘が2本、干されていた。カラフル
な色目に、私の心は一気に引き寄せられた。この家の傍らで、
たびたび見かけていた茶系の猫も昨日はおらず、残念だった。
そう言えば、昨日は一匹も見かけなかったな。カメラを持って、
出羽島に渡り始めた2010年、2011年頃は、島内でたくさんの猫
を見かけたし、歩いていると、島の人たちともよくすれ違った。
右下にある小さな島も、少しずつ変わっていることを実感。

                            鉄線


この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ