2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
轟口にある家
- 2019/06/02(Sun) -
J94A0445轟口

海部川沿いに県道を上ってみた。昨日は6月1日とあって、鮎の
解禁日。多くの太公望が県道から確認できた。久しぶりの海部川。
轟口にある廃屋。轟の滝に行く道と、高知県馬路に行く道に分か
れる道がある場所。

廃屋だが、バス停として使用されている。新聞の受取所にもなっ
ている。郵便ポストも設置されている。現役の頃は店だったのだ
ろうか?ベンチの上にかかるカレンダーも「6月」にちゃんと変わ
っていた。廃屋だが頑張っている。
                            鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | ▲ top
雪の日
- 2019/01/28(Mon) -
DSC02126yuki.jpg

3年前の雪の日。撮影場所は神山町だったと思う。雪は廃屋にも
同じように降り、積もる。雪の重みで崩れ落ちてしまわないかを思
いつつ、太陽が顔を覗かせた美しい一瞬を急いで切り撮る。

26~27日の週末は風が吹き、寒かった。やはり、この時期は毎
年、雪が降ったり、ちらついたりするような寒さなのだ。この廃屋の
近くに、川に板を渡しただけのこんにゃく橋があり、懐風景。

1月も最終週。インフルエンザが猛威を振るっているらしい。それで
なくてもこの寒さ。皆さん、暖かくして体調不良にお気をつけください。
さぁ、そろそろ出勤時間。今日も元気でいってらっしゃい!!

                            鉄線

この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | ▲ top
Tessen's World 『還りゆく花』
- 2018/04/28(Sat) -
IMG_3637椿

Tessen's World 『還りゆく花』(海部郡美波町赤松字阿地屋・2017/04)

落椿。桜の花びらのように風に吹き飛ばされることもなく、
そこに留まり、土へと還りゆく。生死の移ろいを大いに感じ
させてくれる。
                         鉄線


この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | ▲ top
サクラミチ
- 2016/04/22(Fri) -
IMG_1668.jpg

徳島県美馬郡つるぎ町貞光字柴内にある廃校のサクラミチ。
今年は訪れるタイミングが一週間遅れてしまい、ひょうたん桜
は散ってしまった後でしたが、こんなサクラミチを見ることが
できました。これほどのサクラミチを見たのは、初めて、かな。

                        鉄線

この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | ▲ top
焼餅屋・窓
- 2015/06/01(Mon) -
DSC06615 - コピー

『焼餅屋・窓』 (徳島市徳島町城内・2015/05/30)

徳島市内に生まれ育ったわけではないので、ここに焼餅屋があったのも
知らない。おそらく、この窓を開けて、熱々の鉄板の上で焼餅を焼いて
いたのだろう。あんこが苦手なのだが、時たま、焼餅が食べたくなり、駅
の下に買いに行く。一度に2~3枚はぺろりである。

                              鉄線

 
この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ