2018 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 06
母と苺
- 2018/05/20(Sun) -
IMG_5664苺

毎週末、母を連れて「あいあい温泉」に行ってるが、現在、
修繕で休業中。ということで、昨日は「御所の郷」まで。
開店時間や高齢者に優しい設計...正直、限られてくる。
御所の郷はやはり、高齢者に優しい温泉No.1でないかと
感じている。高速分だけ割高になるが、湯船に入れないと
連れて行く意味がない。ロケーションや併設されている食
事処がすばらしくても、駐車場や玄関から風呂場まで遠か
ったり、湯船に手すりがなかったり、風呂椅子が低すぎたり
して、メインの風呂が配慮に欠けており、足が向かない。

御所というと、苺。風呂から出た後、店内に並ぶ大粒の苺
を買った。温泉を出て、車に乗り込もうとする時、見知らぬ
男性が近づいてきて、「これ、食べきれないのでもらってく
れませんか」と小粒の苺の入った箱を渡された。「まぁ、ち
っちゃい苺、こうたんやな」と母は要らんことを言い、焦る。
阿南に戻り、食べ比べてみた。なんと、小粒の苺のほうが
おいしいではないか。1,800円も出して大粒買ったのに...。
愛媛ナンバーのおじさんがくれた小粒の残った分は苺シロ
ップにしてみた。過去に作ったことなく、これって、要冷蔵?
何事も見かけで判断してはいけない、と言うことですなぁ~。

                          鉄線




スポンサーサイト
この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
難題続きの春
- 2018/03/30(Fri) -
DSC_0050弁当

拙作、『台所に立つということ』に登場する誠実な宅配弁当屋
さんが今日で店じまいする。家庭環境の変化で、ここ半年ほど
は休みがちだった。実家にわざわざお弁当を届けてくれてあり
がたかった。また何か対策を考えないとなぁ。今朝はカボチャ
の焚いたんを持って行く。

次から次へと難題が出てきて、昨日も半日仕事を急遽休んだ。
父親の体調がここんとこ優れないので検査したら肺気腫が少し
悪くなっており、酸素ボンベを使用することになった。業者との
打ち合わせ、母の気持ちのケア...、ゆっくり花見どころでは
ない春、かな。
                          鉄線
『台所に立つということ』
http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-5083.html



この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
スティールパン
- 2018/03/24(Sat) -
IMG_0665ドラム

スティールパンという楽器。カリブ海の小アンティル諸島南部に
位置するトリニダード・トバゴ共和国で発明された楽器で、スティ
ールドラムとも呼ばれています。これ、ちょっと叩かせてもらいま
したが、不思議な音がします。

今日はこれから母の入浴につきあい、食材の買い出しに実家へ。
父の風邪がなかなかよくならず、父を一人にして那賀町まで墓
参りに行けないかな、ということで、墓参りは私だけで。昨日は
父の81回目の誕生日。
                          鉄線

この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
遅ればせながら
- 2018/03/18(Sun) -
IMG_0602雛

遅ればせながら、昨日、坂本まで。見物客は2組ほどの寂しさ。
森本家は都合によりClosedで残念。空き家が増えており、これ
また寂し。道を間違え、久しぶりに府能へ。懐かしい風景だった。
今日は今からテッセン・デイサービス。そろそろ出かけよう。

                          鉄線

この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
鋤き、ほぐす力
- 2018/03/10(Sat) -
IMG_5294田

晴れていますが、風の強い寒い朝。自宅のある阿南市那賀川町
では、田んぼを鋤き返す田打ちが始まっている。春になり、田打
ちされた田んぼをこうして眺めていると、自分の心もまた、しなや
かに鋤き返され、新鮮な空気を送り込んでもらったような気持ち
になる。凝り固まったものは鋤いてほぐすことが大切。春には色
んなものを鋤き、ほぐす力がある。勿論、人にもほぐす力があり、
私は今から徳島市の実家へ行く。父の世話で疲れ気味の母の
気持ちを鋤き、ほぐしに行く。
                            鉄線


この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ