2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
エコかごバッグ
- 2018/06/16(Sat) -
DSC02311bag.jpg

母を連れての温泉。いつも川内町のあいあい温泉ばかり。今日は
梅雨の晴れ間、珍しく湿度も低く、風も爽やかで、ドライブがてら上
勝町の月ヶ谷温泉まで車を走らせた。風呂も今日は1階で、歩く距
離も短くてよかったが、湯船に入るのに思いのほか段差があり、手
すりは付いていたが、なかなか足腰の弱った年寄り1人で入るのは
難しい。そういう点では、あいあい温泉が入りやすい。

上勝町と言えば、ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)宣言をして、いろんな
取り組みをしている町。産直市で、夏色のエコかごバッグを見つけ、
購入。1,000円。少し小ぶりだが、マチを広く取ってあるので使い便
利が良さそう。早速、産直市で買った野菜を入れて帰った。惣菜の
入ったタッパーなどの持ち運びにも便利。

                           鉄線




スポンサーサイト
この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
アフリカ布雑貨(ブックカバー)
- 2018/04/21(Sat) -
IMG_5579布1 (1)

実家からの帰り、とよとみ珈琲に豆を買いに立ち寄る。2階でとても
気になる絵柄の衣類やカバン、雑貨が展示販売されている。ブルー
・デイジーさんのHAPPY ALOHA展。アロハシャツ、サーフパンツ、フ
レアスカートなど、アフリカ布なるもので作られている。私はこのブッ
クカバーを購入。美しい青、そして、孔雀の羽を思わせる絵。1,500円。

IMG_5579布1 (2)

裏はこんな感じ。惹き付けられるアフリカ布。また何処かで出あいた
いブルー・デイジーさんのアフリカ布雑貨。
                               鉄線

この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
ターコイズブルーのマグカップ(美濃焼)
- 2018/01/15(Mon) -
IMG_5045magu.jpg

昨日、一目惚れのマグカップに出合う。まず、色に一目惚れ。
ターコイズブルーであること。ペアであること。カフェラテが
たっぷり入るサイズであること。持った時に軽いこと。取っ手、
持ち手部分に釉薬が掛かっておらず、滑らないこと。

                         鉄線

  
この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
幽霊 子育飴
- 2017/05/21(Sun) -
DSC09752飴

昨日、京都国立博物館を出た後は東山をカメラ片手に町歩き。清水
寺へのアクセスがあまりにも観光客が多すぎて、身動きが取れない
ため、一度も拝観したことのなかった建仁寺に行くことに...。途中、
松原通の六道の辻あたりで、このような店構えの飴屋さんに遭遇。
六道の辻は鳥辺山の入口にあたる場所で、「京名物 幽霊 子育飴」
という看板が上がる。こういうのを見たら、性格上、入らずにはいられ
ない。みなとや 幽霊子育飴本舗さん。こじんまりとした飴とお茶の店。

DSC09791飴

幽霊 子育飴の由来はと言うと、何でも、慶長4年(1599年)に女性
が亡くなり、鳥辺山に埋葬されたのだが、数日後にその土の中から
赤ん坊の泣き声が聞こえてきたので掘り返すと、亡くなった女性が
生んだ赤ん坊の泣き声だった。時を同じくして、毎夜、女性が飴を
買いに来るようになり、赤ん坊が墓から助けられた後は買いに来な
くなったため、この飴は「幽霊子育飴」と呼ばれるようになった。その
時、助けられた赤ん坊は8歳で出家し、高僧となった、とか。女性が
飴を買いに来た時は水飴だったが、現在、売られているものは、麦
芽糖の素朴な味わいの琥珀色をした飴。私もひとつ、いただこう。

                           鉄線



この記事のURL | 買いもん | CM(4) | ▲ top
出羽島帆布工房・ショルダーバッグ
- 2017/04/19(Wed) -
IMG_7330teba.jpg

先日、海部郡牟岐町出羽島を訪れた際、出羽島帆布工房にも
立ち寄ってみました。もともと京都で着物職人をされていた店主
が、いろんな号数の帆布で鞄を一点一点、手作り、販売をして
おられます。

IMG_7382teba.jpg

ショルダーバッグを一点、買いました。ブルーの部分は藍染め。

IMG_7385teba.jpg

店主は、号数の異なる帆布の同型ショルダーバッグを利用され
ていました。私は10号帆布。なかなか使い易いサイズで、これ
からの季節に重宝しそうです。藍のブルー、大好き。

                           鉄線

この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ