2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
幽霊 子育飴
- 2017/05/21(Sun) -
DSC09752飴

昨日、京都国立博物館を出た後は東山をカメラ片手に町歩き。清水
寺へのアクセスがあまりにも観光客が多すぎて、身動きが取れない
ため、一度も拝観したことのなかった建仁寺に行くことに...。途中、
松原通の六道の辻あたりで、このような店構えの飴屋さんに遭遇。
六道の辻は鳥辺山の入口にあたる場所で、「京名物 幽霊 子育飴」
という看板が上がる。こういうのを見たら、性格上、入らずにはいられ
ない。みなとや 幽霊子育飴本舗さん。こじんまりとした飴とお茶の店。

DSC09791飴

幽霊 子育飴の由来はと言うと、何でも、慶長4年(1599年)に女性
が亡くなり、鳥辺山に埋葬されたのだが、数日後にその土の中から
赤ん坊の泣き声が聞こえてきたので掘り返すと、亡くなった女性が
生んだ赤ん坊の泣き声だった。時を同じくして、毎夜、女性が飴を
買いに来るようになり、赤ん坊が墓から助けられた後は買いに来な
くなったため、この飴は「幽霊子育飴」と呼ばれるようになった。その
時、助けられた赤ん坊は8歳で出家し、高僧となった、とか。女性が
飴を買いに来た時は水飴だったが、現在、売られているものは、麦
芽糖の素朴な味わいの琥珀色をした飴。私もひとつ、いただこう。

                           鉄線



スポンサーサイト
この記事のURL | 買いもん | CM(4) | ▲ top
出羽島帆布工房・ショルダーバッグ
- 2017/04/19(Wed) -
IMG_7330teba.jpg

先日、海部郡牟岐町出羽島を訪れた際、出羽島帆布工房にも
立ち寄ってみました。もともと京都で着物職人をされていた店主
が、いろんな号数の帆布で鞄を一点一点、手作り、販売をして
おられます。

IMG_7382teba.jpg

ショルダーバッグを一点、買いました。ブルーの部分は藍染め。

IMG_7385teba.jpg

店主は、号数の異なる帆布の同型ショルダーバッグを利用され
ていました。私は10号帆布。なかなか使い易いサイズで、これ
からの季節に重宝しそうです。藍のブルー、大好き。

                           鉄線

この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
たかがコーヒードリッパー、されど...
- 2016/12/04(Sun) -
IMG_5048co.jpg

これまで、メリタのコーヒードリッパーを使用しておりましたが、先日
あわ文化学校で珈琲の淹れ方を教わったので、その時、使用した
HARIO(ハリオ)のコーヒードリッパーを購入、淹れ方の復習、味の違
いを確認してみました。

IMG_5081co.jpg

珈琲の味は、私も師匠も、HARIOのコーヒードリッパーで淹れたほう
が好み。味の好き嫌いは個人差がありますから、メリタのコーヒード
リッパーが好みというかたがいて当然。コーヒードリッパー、濾紙に
よって、まるで味が違う、というのは驚きでした。
                                鉄線



この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
テッセンの一輪挿し
- 2016/04/06(Wed) -
DSC02597Tessen.jpg

テッセンのレターセットに続き、テッセンの九谷焼一輪挿し。
歪な六角形で、おもしろい。
                          鉄線 
この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
帆布の鞄
- 2016/03/24(Thu) -
IMG_1281帆布

帆布の鞄やバッグは好きなんですが、値段設定がちょっと高いかな、
と個人的には感じます。良品があれば、と買う気満々で店に入りまし
たが、今回は見送り。
                             鉄線

この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ