軍艦島 ~眠りのなかの覚醒~
- 2008/05/31(Sat) -
今、ワインを飲みながら、今日届いた雜賀雄二さんの写真集、
「軍艦島 ~眠りのなかの覚醒~」を見ています。ニコニコ。 正面

                             鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『テグス』 2
- 2008/05/31(Sat) -
「テグス」 (5月25日掲載以降)


 宇佐美がマンションに来るようになって一年になる。今時、押し
売りというだけでも珍しいのに、その商品が百科事典ときたから、
麻亜子は好奇心から扉を開けた。
「インターネットで何でも検索できるご時世にこんな嵩張るもの買
う人いるの?」
「キレイな顔してきついなぁ。私は自分が百科事典が大好きです
から」
 宇佐美は別に何が何でも売ろうとして凄みはしなかった。宇佐
美と幾ら話していても麻亜子は癇に障ることがなかったし、言いた
いことが言えた。
「押し売りって疎ましがられて、話も聞いてもらえず大変なんでし
ょう?ノルマもあるだろうし、辞めようと思ったことないの?」
「押し売りでもいいんですが、よかったら訪問販売とかセールスと
言ってもらえませんかね。この仕事は私にとって天職なんです。
と言っても、百科事典以外は売れないですけどね。何故って、愛
がないから」
 ジョークだと思って麻亜子は笑いかけたが、宇佐美は真面目だ
った。
「で、成績いいの?」
 ちっとも売れないのに何が天職なのだろう。営業成績も下から
数えたほうが早い。宇佐美の家には同じ百科事典のセットが三
セットもあるのだと言う。子供が産まれるたびに買い揃えたらしく、
決して、営業成績を上げるために購入したのではないと宇佐美は
強調した。麻亜子は宇佐美からもらったパンフレットに目を通しな
がら、安いもんじゃないのに同じ物を三セットも買うなんて信じられ
ない、と心の中だけにするつもりが、いつもの調子で気が付いた
時には既に口にしてしまっていた。
「子供の頃、兄貴の事典を盗み見てたんです。仲間にしなさい、
って母に言われても兄貴の部屋にあったから自由に見られなくて。
学生時代、バイト料を貯めて自分だけの百科事典買った時には
嬉しかったなぁ。買って一年でボロボロになりましたよ」
 売るための作り話なのか真実なのか、麻亜子には分からなか
った。百科事典など端から買うつもりはなかったから「考えとく」と
言って婉曲に断った。だが、宇佐美はそれを断りとは取らなかった。
それくらいの強かさがないとセールスマンは勤まらないのだろう。
麻亜子はマンションを仕事場に兼用していることもあり、宇佐美は
日中「近くまで来たもんですから」と時たま顔を見せるようになった。
 宇佐美は初日以来、百科事典を薦めることはなく、麻亜子に珈
琲を呼ばれながら会社のことを愚痴ったり、百科事典のパンフレッ
トを出しただけで日本刀で斬られそうになったり、不審者と勘違い
されて警察に連行されたなどセールス中の体験談を話した。麻亜
子はインターネット上にオープンしているアジア雑貨「フランジパニ」
のことや仕入先であるバリやインドネシア、ベトナムやインドなど旅
の話をした。
「フランジパニって花の名前なんだね。我が社の辞典には載ってな
かったけどね」
「バリの家庭の庭先に咲いてる花なの。昨日、宇佐ちゃんの会社の
女の子から注文メールが来てた」
 麻亜子のマンションの二LDKの一部屋はパソコンと買い付けてき
た雑貨でぎっしりと詰まっていた。それらの雑貨を宇佐美が買って
帰ることはなかったし、麻亜子も売り付けたりしなかったが、宇佐美
は麻亜子の知らないところで「フランジパニ」の宣伝をしているようだ
った。そんな恩着せがましいことを宇佐美はいちいち言わなかったが、
宇佐美がマンションに訪れるようになってから、「伊曽保出版の宇佐
美主任から聞きました」で始まる注文メールを麻亜子は度々もらうよ
うになった。
「どうして最初に来た日以来、セールスしないの?そうやって何も言
わないのが宇佐ちゃんの手口なわけ?」
 宇佐美がマンションを出入りするようになって半年後、麻亜子はそ
う尋ねた。宇佐美は「相変わらず、きついなぁ」と目尻に横皺を寄せ
笑った。
「大事に使ってくれそうな人にしか売らないんですよ。本棚に箔を付
けるためにとかインテリアの一部、なんていう人には会社を首になっ
ても売りたくない。でも、生活のために仕舞いには売るけどね」
 宇佐美が自分より十も上と聞き、麻亜子は驚いた。宇佐美くらいの
歳になると頭の毛が多少寂しくなってきたり、白髪が混じっていても
おかしくないのに、宇佐美の髪は黒々とし、その量も豊かだった。主
任という肩書きから自分より三つか四つ上だと思ってきた麻亜子は
一回り近く歳の差があると知った時、日頃のタメ口には少しばかり気
が引けた。
「家の話、つまり、奥さんや子供達の話を全然しないのは意識的に
しないわけ?この歳で独りの私に気を遣ってくれてる?」
「話してなかった?別に、気にしてなかったけど。何か聞きたいこと
でもあるの?何処にでもあるような、ごく普通の、ごく平凡な、五人
家族だよ。あっ、白髪」
「えっ、どこどこ。抜いて!」
 麻亜子の出し抜けの言葉に、宇佐美は主人から命令を受けたロ
ボットのようにピンと飛び出した白髪を自分の人差し指にクルクルと
巻き付け抜いた。宇佐美も子供の頃、母親の白髪を抜いていたらし
い。
「うちの母親も麻亜ちゃんみたいにテグスのように奇麗な白髪をして
たなぁ。白いというだけで抜いてしまう女の気持ちが理解できない。
まだ元気で生きてるのに」
「あら、宇佐ちゃんの奥さんだってヘアカラーしてるでしょ?」
「どうだろう?」
「ここで染めるか、手に負えなくなるまで抜き続けるか、結婚前の女
心としては揺れ動いてるわけよ」
 時々こうして珈琲をご馳走になっている御礼に見えない部分を抜い
てあげようか、と宇佐美は控えめに申し出た。 
 ひょんな出会いから麻亜子もトミ子のように白髪を抜いてもらう人が
できた。そして、宇佐美の優しい提案により白髪のことをテグスと呼
ぶことにした。残念ながら白髪を抜いてくれるのは麻亜子の子供達
でもダンナでもなかったが、宇佐美は手先が器用で抜き間違いする
ことも、抜き損なうこともなかった。また、宇佐美は宇佐美で訪れる
口実ができて足を運びやすくなったのか、月一だったのが隔週、週
一になり、最近では殆ど毎日午後になるとやってきて、珈琲を飲み、
テグスを抜いて帰るようになった。

「宇佐ちゃんって凄く義理堅いのね。それとも、私に興味がないだけ
のことなのかな」
 宇佐美の膝でテグスを抜いてもらっていた麻亜子は宇佐美を見上
げた。去年の今日、宇佐美が初めてマンションを訪れた、と麻亜子は
言った。テグスを抜く宇佐美の指先は止まったままである。
「‥‥子供三人も作っといてあれなんだけど、身体合わせるの、あん
まり好きじゃないんだ。面倒臭いし、自信もないし」
 宇佐美は男に抱かれた後の麻亜子と同じ目をしていた。宇佐美の
中にも何かしらシミのようなものを見た気がして、麻亜子は慌てて自
分の黒ずんだシミでそれを覆った。
「今ではこんな白髪混じりのオバサンになってしまったけれど、結婚
しようと言ってくれた人の五人や十人は居たのよ。でも、自分の選ん
だ女が子供の産まれない欠陥品だとわかると見事に居なくなって。
子供なんて要らない、って言ってたじゃないって言うと、作らないのと
できないのは違うから、って。宇佐ちゃんは三人も子宝に恵まれてよ
かったね」
 初めて見る勝ち気な麻亜子の潤んだ瞳に宇佐美は麻亜子を抱き締
めずにはいられなかった。そして、麻亜子は自信がないという宇佐美
を労りながら優しく、宇佐美もまた麻亜子の欠陥意識を取り去るかの
ように激しく身体を合わせた。
「麻亜ちゃんが居ればそれでいい、って言ってくれる奴、必ず居るから。
だから、自分のこと、欠陥品なんて言うなよ。欠陥のない人なんて何処
探しても居ないんじゃないかな」
 宇佐美の言葉は麻亜子にとって百点満点だった。宇佐美の愛し方も
好きだった。
「宇佐ちゃんは百点満点だけど、独りじゃないから零点」
 宇佐美には麻亜子の唐突な言葉の意味が解らなかったが、麻亜子の
引け目を治してやれるものなら治してやりたかった。

 (つづく・次回更新は随時です。)
                                 鉄線

この記事のURL | 小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月の道 海・月光・軍艦島―雜賀雄二写真集
- 2008/05/30(Fri) -
IMG_1486_convert_20080529224516.jpg

月の道 - 海・月光・軍艦島 - という写真集です。
雜賀雄二さんという写真家の1993年発行のモノクロ写真集なのですが、
今はもう絶版になってしまっているようです。

月明かりの下に浮かぶ幻想的で静寂な空間(軍艦島)。
恋の始めのような切なさや、恋の終わりのような潔さや、かつて訪れた
ことのあるような懐かしさや、その場に座り込み、わぁ~と突然泣き出し
たいような衝動に駆られる、そんな写真の数々。

この写真集に出会い、一時モノクロ写真に凝ったことがありました。また、
小説を1つ書いてしまったほど、私には心揺さぶられる写真集でした。
絶版と知り、残念に感じています。「月の道」はいつまでも本棚に残して
おきたい大切な本のひとつ。絶版ですが、「月の道」に収録されている軍
艦島の写真は、雜賀さんのWebで見ることができますよ。よかったら、覗
いてみてくださいね。(http://www.ne.jp/asahi/saiga/yuji/ → Gallery)

あっ、そうそう。最近、気づいたのですが、雑賀ではなく、雜賀でした。
×雑→雜◎ かなり長い間、雑と思ってました。手書き風シリーズ汗1 結構、あちこち
で《雑》と間違って表記されています‥‥。sn 自分の名前なので、間違
って表記されてるの、凄くイヤだろうなぁ、って思いますね。

昨日、雜賀さんの写真集を1冊、注文しました。キラキラ 届くの、楽しみ~。
気に入った写真集や画集の中へ入って行って、その中を散策するのが
楽しいです。ナルニア国への扉のように、脳だけでなく、実際に身体も
そこに入って行けるといいでしょうね~。
写真集や画集の中へ入ってゆく - そんなこと、やらないですか?

                                  鉄線




この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(4) | TB(0) | ▲ top
この赤い実は何でしょう?
- 2008/05/29(Thu) -
IMG_1485_convert_20080529195751.jpg

この赤い実は、何の実だと思いますか?わかるかなぁ???ニコニコ。 正面
着色の過ぎたイクラではありませんよ。これは、ゆすらうめの実です。
グリンピース大の赤い実が、まるでルビーのようで美しいですね~。

ゆすらうめ。漢字では、桜桃と書いたり、山桜桃と書いたりするようで
すが、ゆすらうめと言うのに、桃という漢字を当てているのは不思議
ですね!そして、実際に食べてみると、梅、桃というよりは野生のさく
らんぼふるーつ☆Cultivation・チェリーって感じで。

今、口の中に入れてみましたが、子どもの頃に食べたゆすらうめが
おいしかったような気がします。気がするだけなのかもしれませんが、
子どもの頃のゆすらうめのほうが、もっと味が濃く、しっかりしていた
ような記憶がありますね。まぁ、記憶なので、本当のところは自分で
もわかりませんが。ふるーつ☆Cultivation・チェリー

ゆすらうめ。今となってはとても珍しく貴重な到来物なのに、「昔のほ
うがおいしかった」だなんて、くださったかた、どうもすみません‥‥。
鉄線、とても懐かしくいただきました。キラキラ Tessen's Cafeに遊びに来ら
れたかたにお裾分けしたいくらいです。昔、ゆすらうめを食べたことの
あるかたは、この写真を見て、「食べたい~」と思っておられるでしょう
ね?!お裾分けをすることは無理ですので、写真を見ながら甘酸っぱ
い味や、あの頃を思い出してくださいね!!ニコニコ。 横向き

                                 鉄線
IMG_1483_convert_20080529195829.jpg


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
四国地方、梅雨入り
- 2008/05/29(Thu) -
28日、九州南部に続き、四国地方も梅雨入りした模様ですね。
平年より7日早く、昨年より16日早いということなので、今年の
梅雨は人間に例えると、いらち(せっかち)な性格のようです。
必要以上に大暴れしないといいのですが‥‥。カエル

ということで、しばらく、うっとうしい日が続きそうですが、梅雨の
ジメジメに気持ちまで持っていかれないよう、梅雨が明けるまで
自分を楽しませながら、カラリ 晴れくもり pkk と気分よく過ごしましょうね!

私は、服や性格は地味なんですが?!カバンや小物類は多色
使いのものや、カラフルなものを好みます。写真のような色とり
どりに囲まれていると、私の場合、なぜだかホッとするんですよ
ね~。気が付いたら、このように多色使いのものを買い求めてい
て、部屋の中にたくさんありますので、自分でもおかしいです。あせ
京都の組紐なども好きですね~。キラキラ 自分自身を楽しませたり、
リラックスさせる物、道具の1つなんでしょうね。

韓国の伝統色であるセクトンも大好きで、ハングルではこう書き
ますね。색동。上段の写真中央の小物に使われている生地が
색동です。子ども用の韓服などによく使われている縦縞の生地
なのですが、邪気を払い、福と無病長寿をもたらすと言われて
います。

人間ですから、テンションの低い時もあります。そういう時、どう
すれば、自分のテンションを上げることができるのか。ただテン
ションを下げたままでなく、上げる努力、訓練も必要ですね!
自分を楽しくさせるのも、悲しくさせるのも自分次第。気の置け
ない友人に、明日の朝まで話を聞いてもらうのもいいでしょう。

さぁ、これから梅雨本番!梅雨にも負けず、腰痛にも負けず...。

                              鉄線



a_convert_20080528090323.jpg


a1_convert_20080528090344.jpg


img10322893680_convert_20080528090931.jpg
この記事のURL | くんだら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
胸にグッとくる瞬間とは‥‥
- 2008/05/28(Wed) -
IMG_1478_convert_20080528192908.jpg

退社する頃になり、雨が降り出しました。これから少し荒れるとか。
明日の朝には上がっていてほしいです。カエル 写真は、徳島市内の
北常三島町の交差点です。向こうに見える山は、映画にもなりまし
た「眉山」です。

さっき、 「恒星と太陽と植物」のchoronE さんの"日常の光景の中"
という、5月27日付のブログを読んでたんですよね。そこには、胸
にグッとくるちょっとした瞬間のことが色々と書かれていました。
・妻が日傘で夫がベビーカー押しの光景を見たとき。
なんていうのもありました。読みながら、私はどういう光景に出くわ
した時、胸にグッとくるかなぁ~、って。choronE さんとこのコメント
にも書き込みさせていただきましたが、私は、朝、スーツ姿のパパ
が、子どもを自転車の後ろの荷台に載せ、通園(&通勤)している光
景にグッときますね!キラキラ いつも信号待ちの車の中から見ているの
ですが、ほのぼのとした光景に和まされています。後は、出勤前の
男性のゴミ出しとか、会社帰りのスーパーでの買い物シーンなど。
買い物かごに、バナナとか、麦ふぁを入れてたら、言うことなし!です。ニコニコ。 正面
(※choronE さんのブログには、リンクから入ってってくださいね~。)

下記のエッセイは今年の年明け早々に書いたものです。女性には
とても共感され、評判のよかったエッセイでした。決して、家事に非
協力的な男性をやりこめるために書いたものではありませんので、
誤解しないでくださいね。jumee☆mark6c


~ 幼児期から家事を学ばせよう ~

 既婚の女友達や知人女性から聞かされる愚痴の大半は「夫が家
事を手伝わない」である。共感しながらも私自身、うちの父親を始め、
世のおおかたの殿方はそんなものではないか、と冷ややかである。
最近、そのことが原因で離婚を決めた女友達がいて、あながちただ
の愚痴話として聞き流せないものがある。

 家事を手伝わないという殿方は、単に気がつかないだけ、見えて
いないだけなのかもしれない。結婚前まで母親の至れり尽くせりで
育った殿方などはその典型ではなかろうか。結婚するや否や、妻か
ら「家事を手伝え」と迫られても、何をどうしていいのかわからない。
みそ汁の濃い薄いの文句は言えても、作り方などまるでわからない。

 母親は我が子に、特にご子息には心を鬼にして家事をやらせてい
ただきたいと思う。言葉同様、家事についても幼少の頃より少しずつ
習得していくものと考えるからである。その過程で家事の大変さを知
った者は、それまで見えなかったものが見えるようになり、そこから
思いやりや心づかいが生まれる。幼い頃より嫌々ながらも家事を習
得することは、将来、些細な夫婦喧嘩を避け、ひいては、老いて独り
になった時、身を助けることに繋がるのである。(了)

(T新聞・08/01/29「読者の手紙」掲載済)
                                 鉄線  


この記事のURL | 随筆 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マラカイトと淡水パールのリング 2
- 2008/05/27(Tue) -
IMG_1474_convert_20080527224243.jpg

写真のリングを友人にプレゼントしました。緑の石はマラカイトと
いう石なんですが、癒しの石でストレスを和らげる、と言われて
います。その友人から「ありがとう」のメールが届きました。メール

深い緑色に自然な筋の模様が入っていて、なんだか、お守りに
小さな「地球」を身につけている気分です。
今日は用事があり、急いで帰ってきたら郵便が届いていて、即、
中指にはめて出かけました!ちゃんと、グリーンのTシャツに着
替えて行きましたよ。


お守りに小さな「地球」を身につけている気分、という表現が実に
詩人だなぁ、って思いました。さすが、国語の先生です。キラキラ
私なんかと違って、オシャレなところも相変わらずです。
ここんとこずっと、体調がすぐれない上に、仕事量が半端でない
ハードな職場。無理せんとってほしいなぁ‥‥って思っています。
小さな「地球」が、邪気をどんどん吸い取ってくれますように!!

                              鉄線




この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
狭い山道を上がること700m
- 2008/05/27(Tue) -
IMG_1458_convert_20080526215900.jpg

日曜日、久しぶりに狭い山道を zoomzoom005 走りました。下調べの地図を見ながら、
狭いんだろうなぁ‥‥とは予想していたものの、やはり、めちゃくちゃ狭か
ったですね~。対向する場所が数ヵ所しかなく、それも猫の額ほど。ビクッ
その上、私の車は3ナンバー。排気量1500に非常に重たいボディ。苦手な
上り坂をアクセルをふかしながら、また、心で大泣きしながら約700メートル
の頂上まで上がって行きました。途中、MARKⅡ、ダンプ(何でこんな人気
のない山ん中で仕事してるねん!)、軽自動車2台に出合いました。ダンプ
が現れた時には(もう、あかん泣)と思いましたが、幸いにも、私の後ろに
もう1台、付いてきてましたので、しばしの沈黙の後、ダンプのほうがバック
してくれました。おぉ~、ダンプのアジョシ。ありがとう、ありがとう、ありがと
う、ありがとう、ありがとう、バックしてくれて本当にありがとう!私は基本的
にバックはいたしません。(と、決めています。)

きっと、ダンプのアジョシは仕事で通り慣れているのだと思いますけどね。
どことどこに対向するポイントがあるか、ちゃんとわかっているのでしょう。
私のように初めて上がる者は、もう上がるので精一杯。そんな、登りでバッ
クなんてしたくないですもん‥‥手書き風シリーズ汗1。ても、MARKⅡが下りてきた時、仕方
なく、バックして猫の額に避けましたけれど、いやぁ~、恐かったですね~。
何が恐いって、自分の運転技術が一番恐い!アハハハ。狭い山道(登り)
は、心身ともに消耗しますね!!かつて、一度だけGive upして引き返した
ことがあります。実に悔しかったですね~。蒲生田岬というところまで、海と
灯台を見に行きたかったのですが、このまま走ると、コンクリートの堤防で
車のボディを擦る、と思って泣く泣く断念‥‥。私って、泣きたくなるような、
超・狭い道ばかり運転してますね。アハハハ。四国のみち、万歳!と言い
たいところですが、もっと整備してください。案内板、標識も、もっともっと出
してください。

写真は苦労して上がった頂上からの風景です。空がとても近く感じました。
苦労してDrivingしてきた分、すばらしい風景や気持ちのよい景色に出合うと、
(来てよかった)とすぐ忘れてしまうのですが、2度走りたいとは思いません。
帰り、下から思いきり考えなしに走り上がってきたオバハンドライバーに(私
もオバハンだけど‥‥)カーブで当てられそうになりましたが、こんな山道、
走っているのは自分だけ、と思って走っていると衝突しますよね。自分も気を
付けなくっちゃ。今回も無事に上がって、無事に下りて来られたので、何より
何より!ニコニコ。 横向き

                                   鉄線
IMG_1453_convert_20080526225313.jpg


この記事のURL | 撮影 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
女優・藤山直美さん
- 2008/05/26(Mon) -
naomi_convert_20080526163353.jpg

改めて言うまでもないのですが、藤山直美さん、めちゃくちゃオモロイ!
おもしろすぎます!個人的に、언니(ねえさん)と呼ばせていただきたい
くらいですね。ニコニコ。 正面

5月24日午後放送、大阪・読売テレビの特番 『藤山直美のハチャメチ
ャ旅行!番外編』 の録画を、昨夜、就寝前に見てたんですが....。
いやぁ~、久しぶりに爆笑、爆笑、大爆笑。笑わせていただきました~。
黒柳徹子さんの「徹子の部屋」のパロディである『直子の部屋』に、写真
のような衣装、虫歯、たまねぎヘア+たまねぎ、キョンシーのようなメイク
で登場~。普通にしててもおもしろいのに、このヘアに、このメイクは反則
ちゃいますのん!(あぁ゛~、こんな恰好、私もやりたい~)と思いつつ、
眠りにつきましたが‥‥。まぁ、とにかく、どのコーナーも言いたい放題、
やりたい放題で、強烈でした!もし再放送があれば、是非、見てみてくだ
さい。よい子と上品なかたには、ちょっと向かないかもしれません。
この恰好で、是非「徹子の部屋」に出ていただきたいです。キラキラ

藤山直美さんの素の姿(この写真の状態とちゃいますよ。普通に髪の毛
を肩下まで下ろした状態です。)、何となく、いとこに似てるんですよね~。
「藤山直美に似てるね」と言われたいとこが、喜ぶか喜ばないかはかなり
微妙で、私にはわかりかねるため手書き風シリーズ汗1、まだ口にしたことはありません。

「水無月」というお芝居、観に行きたいです。
→ http://www.yomifa.com/event/info/sp080409_01.html

                                  鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
The Breeding Season of Medaka(孵化篇)
- 2008/05/26(Mon) -
IMG_1446_convert_20080525212153.jpg

生まれましたぁ~。ふとスイレン鉢の中を覗き込んだら、メダカが孵化
してました~。雨が上がった後、急に気温が上がりましたからね。キラキラ
どこにいるか、わかりますよね?!スイレンとスイレンの間のちっちゃ
いの。ゴミじゃないですよ!かわいいですよね~。ニコニコ。 正面

IMG_1448_convert_20080525212712.jpg

親メダカのほうのスイレン鉢を覗くと‥‥、おなかから卵を出したまま
泳いでるメダカがいました。おなかの辺りで糞のようにゆらゆらしてるの、
この子、わかってないのかなぁ~。他の子たちも何となくおなかの辺り
が膨らんでいて、この様子だと、今後も産卵、孵化が続きそうですね!ニコッ♪

                                鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『テグス』 1
- 2008/05/25(Sun) -
「テグス」 


 家を出る時、母トミ子の鏡台の抽斗からくすねてきた毛抜きを
麻亜子はこのところ手放せない。三十過ぎまでご愛敬だった白
髪も、三十五を過ぎてからは春先のツクシのごとく遠慮なしである。
「あ、これ?若白髪なのよ」
 胸を張ってそう言えた頃の自分が恨めしいほど、最近の麻亜子
は白髪に対して余裕がなくなっている。鏡を前にした時、ヘアブラ
シより毛抜きを握っていることがもしかして多い?と気付いた時、
麻亜子は誰もが平等に下っている時間の河を自分もまた下ってい
ることを実感した。
 何の愛想もない四角いスタンド式の鏡の前で、夜な夜な白髪を
抜く麻亜子の姿は何かに取り憑かれているようである。声を掛ける
のが憚れるほど鬼気迫る表情で抜かれた白髪は、コンピュータ会
社の名前が刷り込まれた黒いマウスパッドの上に積み上げられて
いく。麻亜子の白髪は細くてペタッとしたペンキというよりは、太くて
光沢のあるパールのような白である。麻亜子自身もマウスパッドの
上の白髪を見るたび、かなり目方のある魚を釣り上げたとしても切
れることのない上等のテグスのようだと感じていた。
 毛抜き用の鏡の前では麻亜子の整った顔も台無しである。目は
三白眼、口唇はひょっとこ、何より眉間に寄った縦皺が不細工で、
そんな顔が目に入るたび、麻亜子は急いで毛抜きを置き、眉間の
皮を両眉に向かって繰り返し何度も引っ張った。
 同じ皺ができるなら横皺がいいと思いながらも、いつの間にか癖
付いてしまった眉間の縦皺が麻亜子は嫌いだった。眉間の縦皺は
如何にも気難しそうで見苦しい。子供の頃、トミ子の眉間にできる縦
皺を見た時、そう感じたのが最初だった。トミ子も今の麻亜子と同世
代だった頃、鏡を睨み付け、眉間に縦皺を寄せながら白髪を抜いて
いた。だが、ある頃から自分の手に負えなくなったのか観念し、麻亜
子に一本一円で抜いてくれるよう頼むようになった。後から後からの
白髪にトミ子は「まだあるの」、「そんなにあるの」としつこいほど繰り
返し、あの頃のトミ子と同世代になった今、物憂げな顔で白髪を抜か
れていたトミ子の気持ちを麻亜子は痛いほど理解できるのだった。
 七十近いトミ子は今でも月に一度は美容院に通い、頭を黒くしてい
る。母の白髪を子が抜く。今となっては二度と繰り返されることのない
ほのぼのとした光景である。黒も一緒に抜いたと言っては怒られ、抜
き方が下手だと言っては怒られ、また、麻亜子も本数を多めに申告し
て小遣いを稼いだり、数え切れないほどの白髪を「あと数えるほどしか
ない」と答えたり、今にして思えば、幸せな一時だったと麻亜子は懐か
しさでいっぱいになる。
 白髪を抜いてくれる人のいる幸せ。湿布を肩胛骨に貼ってくれる人の
いる幸せ。背中を掻いてくれる人のいる幸せ。高い所の物を取ってくれ
る人のいる幸せ。重たい物を持ってくれる人のいる幸せ。帰る家に明か
りが点いている幸せ。降り出した雨を気遣い、駅まで傘を届けてくれる
人のいる幸せ。そして、寒い夜、身体を暖めてくれる人のいる幸せ‥‥。
 おかしなもので自由気ままなはずの独り暮らしに、麻亜子は言いよう
のない不自由を覚えることが少なくないのだ。
 気が付けば三十八である。これまで麻亜子が受けたプロポーズは片
手以上だが、未だに結婚というスタイルには縁がなく独りである。
「現世で結婚に縁がないのは、前世に不義密通とか貫通をやらかした
罰かもね」
 友人たちから「結婚しないの?」と聞かれるたび、麻亜子は面倒臭い
のでそう答えることにしている。近頃では、「結婚しないの?」の頭に
「もう」が付く。牛じゃあるまいし、モウモウ言うな、と麻亜子は心の中で
突っ掛かっているが、人並みに結婚を決めようとすると、当人たちの意
思に関係なく計ったように不慮の厄介が生じ、仕舞いに流れてしまうの
だからどうしようもない。前世に云々という話は満更、周囲の余計なお
世話を止めさせるためのネタではなく、そう焼き付けされて産まれてき
たような気がしないでもないのである。結婚も、白髪染めも、セックスと
同じように最初の一回を経験してしまえば何てことはないのかも知れな
い。そう解っていても一つ確かなことは、世間様が軽々と飛び越えてい
るハードルを麻亜子は越えられないでいる。

 出鼻を挫かれたのは二十八の時だった。生理日以外に不正出血が
あり、病院で内診を受けた時、身体に不具合があることがわかった。
不正出血のほうは大したことなかったのだが、その時、持参した基礎
体温表を診た医者から麻亜子は「無排卵性月経」という診断を受けた
のだ。大抵の人は月経があれば子供ができると信じている。麻亜子も
そう思っていた。しかし、月経は排卵を伴わなくても毎月やってくるので
ある。
‥‥抱かれても抱かれても妊娠しない。
 欠陥品、不良品とも知らず、これまでちょっとばかりモテてきたからと
いっていい気になっていた。適齢期にこんな酷い仕打ちを受けるほど、
前世の自分には何か相当の問題があったのか。麻亜子は二十八年間、
神様に騙されていたような気がして悔しかった。昼間、病院で薬を使え
ば排卵をどうのこうのという医者の言葉は全く頭に残っていなかった。
治療したところで必ず妊娠という保証は何処にもない。無排卵性月経と
言われた瞬間、麻亜子は女という坂道から全速力で転げ落ち、全身赤く
擦り剥けたような痛みを覚えていた。女の紛い物と知ったのは婚約間近
だった。
 その頃、麻亜子が付き合っていたのが高校で化学を教えていた篤志
だった。篤志は千年以上の歴史を持つ古刹の一人息子で、何れは教師
を辞め、住職である父親の後を継ぐことになっていた。
「見た目は健康そのものなのにな」
 身体のことを話した時、篤志は笑いながらそう言った。
「僕の代で終わらせるわけにはいかないんだ」
 身体のことを告げた次の日、篤志からの事務的な言葉は今でも麻亜子
の心に強く焼印され消えない。坊主になどなりたくない、寺なんかどうな
ってもいい、お前しかいない、と散々言っておきながら、欠陥品から逃れ
るために百八十度違う嘘を口にする。同じ別れるならどうしてもっと気の
利いたことが言えないのだろう。しかし、篤志の後に付き合った男達も身
体のことを告げると、何のためらいもなく離れていった。遺伝子がそうさせ
るのかも知れないと思った瞬間、麻亜子は誰も責められなくなってしまった。
「麻亜子と一緒に居られたら、それでいい」
 そんなセリフはフィクションの中にしか存在しないと悟った時、麻亜子は
少しだけ物事を斜めから見るようになった。白髪を隠すためにヘアカラー
を使うのも、女になるために薬を使って治療するのも癪に触る以上に、何
か大いなる流れに逆らっている気がして麻亜子は躊躇した。

 (つづく・次回更新は随時)
                                   鉄線
                                
この記事のURL | 小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
書き下ろし 2
- 2008/05/25(Sun) -
dogaku_convert_20080525183915.jpg

「お下がり」という短篇小説は、2003年の1月に書き上げたものですが、
これからお届けする「テグス」は、それよりも半年前の夏に書き上げた
短篇小説です。「お下がり」同様、最後まで読んでいただけるとうれしい
限りです。
                                鉄線

(※写真の撮影場所は、大山寺です。)
この記事のURL | 小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マラカイトと淡水パールのリング
- 2008/05/24(Sat) -
r_convert_20080524212512.jpg

かなりまとまった雨だったので、家でまたまたパワーストーンを
使ってのリング作り。写真は、レッドメノウと淡水パールのリング。
今回、材料が売り切れのこともあり、親玉の周囲に淡水パール
を使ってみました。周囲を淡水パールにすると、リングの雰囲気
がエレガントになりますね~。

同じ感じで、親玉がマラカイト、周囲が淡水パールのリングも作り
ました。作りました、と言っても、こちらを先に作ったのですが‥‥。
プレゼント用に作りました。マラカイトは、癒しの石で、ストレスを
和らげると言われています。パールは、 身守りの石で、悪霊から
身を守り、邪気を払ってくれると言われています。友人のところで
是非、パワーを発揮してもらいたいものです。キラキラ
                                 鉄線

37b.jpg
40b.jpg

この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本を喰う妖怪
- 2008/05/24(Sat) -
agi_convert_20080524102051.jpg

朝からアジサイの花が好みそうな雨が降っています。

と言っても、アジサイの花はまだ咲いてはおりませんが。テルテル坊主
今はまだ蕾の蕾の蕾って感じでしょうか。しかし、今日の恵雨
で、アジサイは開花に向け、小さな蕾を少しずつ少しずつ音を
発てながら膨らませていることでしょう。
写真のガクアジサイは3年前のものです。2008/3/26付けの
ブログに掲載したエッセーがありますが、そのご婦人にいただ
いたガクアジサイを挿し木したものが、これですね。

朝から、シン・スンフンのCDを聞きながら、久しぶりに手紙や
ハガキを書いていました。

書き終わったので今度は昨夜の続きの文庫本を読もうと‥‥。
しかし、見あたらない。ん?どこへ行っちゃんたんだろ‥‥。
いつも寝ながら本を読むのですが、どうもこの部屋には”本を喰
う妖怪”が棲んでるようです。朝、起きると本が消えていて‥‥。
この間も読みかけの「徒然草」が見つからない。幾ら捜しても見
つからない。何日捜しても見つからない。また買いましたけどね~。

私の部屋ですか?いえいえ、そんな、100畳もないですよ。実に
こじんまりとした普通の部屋なんですが、見つからないんですよ
ね~。”本を喰う妖怪”が撮れたら、またプログに載せましょう!!

ということで、今日はこれから「男どき女どき」の捜索です!妖怪
の食べ残しがひょっとしたら見つかるかもしれません。

                             鉄線

 ※アクア里親さんへ
   お休みなのに、家でお仕事されてるとか。お疲れさまです!!ニコニコ。 横向き


この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いなりモード
- 2008/05/23(Fri) -
IMG_1408_convert_20080523232911.jpg

写真は、今日のお昼のお弁当。いなりずしでした。私が拵えた
ものではなく、しろ子のおかあさんが、ここんとこ《いなりずしモ
ード》の私のために早起きして拵えてくれたのでした。すみませ
ん。わざわざ。ごちそうさまでした。相変わらずおいしかったです。
その上、コロッケのおまけつき。もちろん、コロッケも手づくりで。
ちょっと量が多かったですが、全部いただきました。ニコニコ。 横向き

いなりずしを見かけると買ってしまいますね~。ここ1年くらい。
きつねうどんに、いなりずしをいただくこともありますね。諄い?
おなかが減っている時、いなりずしを売っていたら、迷わずい
なりずしを買いますね。おにぎりとかパンよりも、いなりずしが
いいですね~。「鉄線さんは来る日も来る日も、いなりばっかり
食べてる」と、しろ子がおかあさんに話し、時たまお弁当に作っ
てくれるようになりました。おかあさんのいなりは、甘すぎず、
ちょうどいいんです。おかあさんの作るぼうぜの姿寿司も絶品。
おかあさ~ん、またいなりずし、作ってね~。

しかし、何で《いなりずしモード》になっちゃったのかなぁ~?
全然そんなことなかったのに~。
どなたか、ここんとこ《いなりずしモード》のかた、おられます?
いなりずしでなくても、《○○○モード》のかた、おられますか?

                             鉄線



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今夜いよいよ放送!飛行船「ツェッペリン号」
- 2008/05/23(Fri) -
昨夜も”飛行船どこ”さんから「阿波スペシャル」のご案内コメントをいただき
ましたが、(ご親切にありがとうございます!)今夜、巨大飛行船「ツェッペリ
ン号」からの映像が放送されます。美しい阿波の海岸線が映し出されること
でしょう!!残念ながら、放送は徳島県域だけのようなんですが...。
今夜は会社帰り、あちこち道草しないで帰らないとね~。ニコッ♪

■阿波スペシャル
「全長400キロ 阿波の海岸線を行く~飛行船の旅 再び」
  5月23日(金)後8:00~8:43 NHK総合 (徳島県域)


                                          鉄線
 
この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
The Breeding Season of Medaka(産卵篇)
- 2008/05/23(Fri) -
DSCF0329_convert_20080522213908.jpg

ただいま家のキンギョやメダカが産卵期を迎えています。シュロの皮を
スイレン鉢に入れておくんですが、そこに小さなナタデココのような卵を
産みつけています。nimo もちろん、水草にも産みつけていますよ~。雑草

産みつけているのを発見したら、そ~っと採卵し、別の鉢に移してやり
ます。でないと、餌と思って遠慮なく食べてしまいますからね。

露天のスイレン鉢はこれからが劣悪環境。はれ 猛暑の夏には、スイレン
鉢の水はぬるま湯になり、生まれたてのキンギョやメダカは釜あげちり
めんになってしまうことも‥‥。簾や板で被ったり、日陰を作ってやったり
するのですが、それでも何匹かは死んでしまいますね。本当に強いもの
だけが毎年生き残っています。ぶくぶく泡を入れなくても、こまめに水を
換えて、清潔にしていれば、キンギョやメダカも強いものですね~。泡
ぶくぶくより、キジバトやムクドリなどの鳥類に啄まれるほうが実は要注意
なんです!

まだ卵から孵ったのはいません。もうそろそろだと思うのですが‥‥。
楽しみです。今年もたくさん生まれるかぁ~キラキラ
                                   鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
使用済みの切手やテレカ
- 2008/05/22(Thu) -
手紙。学生の頃は毎日のように書いたり、もらったりしていましたが、
最近は電子メールが発達、普及したため、滅多に手紙を書いたり、
もらったりしなくなりました。だから、使用済み切手がなかなか集まり
ません‥‥手書き風シリーズ汗1 使用済みテレカも携帯電話の発達、普及、それに伴う
公衆電話の撤去などにより、切手以上に集まらなくなりましたね~。
(テレカは、既に死語か?!)

例えば、使用済みテレカ10枚を換金すると、バングラデシュやネパー
ルのストリートチルドレン20人が1日1回、ミルクを飲んで栄養を補給
することができるそうです。使用済み切手もテレカ同様、使用済切手
収集家に買い取ってもらい、換金したお金で海外医療協力などに使わ
れています。(換金率は約1㎏1,000円~1200円。)

不要品のリサイクルやリユースで、国内外の支援や協力を行っている
団体はたくさんありますし、扱っているものも使用済み切手や使用済
みテレカ以外にいろいろあります。団体によって、支援の対象も様々。
もし、お家に不要のものがあって、いっそ捨ててしまおうかなぁ、と思っ
た時は、ちょっと待ってくださ~い!ニコニコ。 正面 換金できそうなものがあれば、
捨てずにリサイクルやリユースへ‥‥というのはいかがでしょうか?
http://2style.net/vneko/without.html#used

私は、シャプラニールの「ステナイ生活」という考え方に惹かれ、今まで
使用済み切手や使用済みテレカを送ってました。そういえば、あまり聞
かないCDや古本も送ったっけ。(あぁ゛~、だから、クラシックのCDが手
元に1枚もなかったんだなぁ‥‥。手書き風シリーズ汗1)後、JOCSなども利用しています。

ところで、届いた手紙やハガキはどうしてますか?何か、捨てられなくて
押入に入れてたんですが、別に振り返って読むわけでもなく、スペースに
余裕もないので、切手の部分にハサミを入れたのを機にシュレッダーに
かけてしまおうと思っています。

しかし、減ったと言いつつも、普段からこまめに切手を切り取っておかない
と、一度にやると疲れますね~。ふぅ~。
                                  鉄線
IMG_1405_convert_20080521211647.jpg


この記事のURL | くんだら | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『お下がり』 (最終回)
- 2008/05/21(Wed) -
「お下がり」 (5月17日掲載以降)


「いつ話してくれるだろうってずっと信じて待ってたのよ。あの子を
追い込むな、って言うから何も聞かなかったし、言わなかった。そ
したら昼間っからこんなところに出入りして。人の気持ちも知らずに
全くいいご身分ね。おまけにそんな変装までして」
「探しても探しても仕事がなくて死のうと思った。でも、死ぬ勇気が
ないとわかった後は家族を護るために格好なんて言ってられなか
った。君ほど高貴ではないけれど僕にだってプライドはあったから
ね。今、ここで働いてる。他人の情事の後始末をするのが僕の仕
事。親父のお下がりをもらった男にはお似合いの仕事だろう?」
 十年の間、多加雄が家で見せたことのない表情に志野はまだ
耐えることができた。しかし、「親父のお下がり」には全身の血が
凍ったように、そのまま倒れそうだった。
「君はただ三つ上の、きれいな嫁さんじゃなかった。僕には出来
過ぎと思ったんだ、あの会社に入った時みたいにね。何もかも僕
の知らないところで親父が動いてた」
 これが寡黙で感受性に欠けると思ってきた同じ夫かと思うほど
多加雄は自分のことをよく話した。淡々と内面を露わにする夫に
志野はリーチを掛けられたみたいに急に不安になった。無意識の
うちに多加雄を自分より格下に置き、悟朗から聞いた先入観だけ
でこれまで接してきたかも知れないと思ったからだ。悟朗とのこと
も結婚前のことであり、鈍い多加雄にそのことが知れることはない
と志野は高を括っていた。自分の居場所を求め、尊敬していた父
親の書斎に入ったが、そこにも自分の居場所はなかった、と多加
雄は煙草に火を付けた。悟朗のお下がりに目をつむり、何も聞か
ずにきた多加雄が志野にはこの上なくお人好しに思え、たまらなく
愛おしかった。悟朗が生前話していた多加雄の優しさを志野は軟
弱、優柔不断と違えることなく実感した。
「お下がりと知って抱かなくなったの?」
 横目で仲睦まじくホテルへ入っていくカップルを見ながら志野は
聞いた。
「まだ気持ちの整理が付かない。でも、身内のやったことだから、
いつか許せると思う、たぶん。親父とは何年?」
「煙草、家でも吸えばいいのに。私、多加雄さんに似た別人と話
しているみたい。悟朗さんとの十年がとても苦しかった分、あなた
との十年に私はあぐらをかいて暮らしてきたように感じてる」
 多加雄のパートナーは自分のようなしっかり者でないと務まらな
い、と志野は思い込んできた。悟朗にもそうやって説得された。で
も、そうではなかった。志野のパートナーは多加雄のような男でな
ければやっていけないことを悟朗はちゃんとわかっていたのだ。
「僕と別れたいかい?」
 志野は首を横に振った。多加雄は煙草を足下に投げ、消した。
「寝室のシャガール、外してもらっていいかな?」
 志野は首を縦に振った。多加雄を失うことを思えばシャガールを
手放すなど何でもなかった。
「今からお互い隠し事はなしにしよう」
 多加雄は今、志野の後でも前でもなく、同じラインに立った気が
していた。そして、悟朗よりも長い年月をこれから志野と過ごすこと
で、多加雄は初めて悟朗を負かした思いがしていた。多加雄は志
野を抱き寄せ、長いキスをした後、「家に帰る」という志野に向かっ
て目元に笑みを湛えながら尋ねた。
「子ども達は親父のお下がりじゃないよね」
 志野は縦にも横にも首を振らなかった。(了)

                              鉄線
 

※最後まで読んで下さったかた、どうもありがとうございました!
 
私は、Chagallのこのブルーがめちゃくちゃ好きなんです。 「ノッティング
ヒルの恋人」という映画にも、Chagallの絵が小道具に使われていましたね!
個人的に、この映画のヒュー・グラントは実にかっこよかった~。
↓この画集、持っていますが、いつか部屋に飾るリトグラフがほしいです。
 
c_convert_20080521085100.jpg

           
この記事のURL | 小説 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今日のお誕生日!
- 2008/05/21(Wed) -
IMG_1323_convert_20080520210135.jpg

5月21日は、高校ん時からの友人、おぐのお誕生日です!!
おぐ、今年もお誕生日、おめでとう!!キラキラ

実家はスープの冷めない距離なんだけれど、今は離れているので、
なかなか会えなくて残念です。帰ってきたら、また会いましょうね!!
そうそう、残念なお知らせが...。COOPのそばの例のジェラート屋
さん、気がついた時には、店じまいしておりました。
その代わり、クラウンの向かい側に、たこ焼き屋がオープンしました。
今度帰ってきた時、子どもたちを連れて、行ってみてください。
あの通りも以前と比べ、店の入れ替わりが激しいです...。

今日からの1年がおぐにとって健康で、実り多き1年でありますよう。

                              鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自家製・にんじんジュース!
- 2008/05/20(Tue) -
IMG_1404_convert_20080520213435.jpg

写真は、自家製の洋にんじんジュースです。今が旬である洋にんじんを
産直市でどっさり買い込んできまして、それをジューサーにかけ、冷やし
て飲むだけです。

100% 洋にんじん!と言うと、にんじんが苦手なかたは、(う~ん‥‥手書き風シリーズ汗1
と、腰が引けてしまうかもしれません。騙された!と思って、飲んでいただ
きたい代物です。

収穫したばかりの洋にんじんは思いのほか甘く、そして、例の独特の匂
いもありません、少ししか。なかなか産地でないと、こういうものは味わえ
ないですが、もしも、新鮮な洋にんじんが手に入るようでしたら、ジュース
にして飲んでみてください。コンビニで売ってる野菜ジュースの類が水っ
ぽくて、飲みたくなくなりますから。ただ個人的に、このジュースの糖度が
どのくらいなのか、気になるところですが。それくらい甘みがあります。

IMG_1403_convert_20080520213533.jpg

真上から撮しても、やはり、にんじんジュースは、にんじんジュースですね!
バナナジュースになるのを期待してたかた。それは無理というものです、はい。
‥‥でも、にんじんが苦手のかたは、もうこの色からしてイヤなんでしょうね?!
だめですよ!好き嫌いしては。花

                                  鉄線


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白戸家「同窓会」篇で流れる曲は?
- 2008/05/19(Mon) -
5月10日から、SoftBankが流しているCF。"おとうさん"が同窓会に出かけ、
初恋の人に再会する、という設定の分。白戸家「同窓会」篇というタイトルの
CFのようですが、毎回、おもしろいCFを作ってきますねぇ~。

今回、映像のバックで流れている曲を聴いた時、(うわっ、懐かしい‥‥)と
思いました。同時に、少し切ないような気持ちにもなりました。何の曲だった
かな、って思いつつ、(まぁ、いいか)とそのままにして‥‥。
次、聴いた時、やはり、何の曲だったか気になり、SoftBankのWebを覗いて
みました。(SoftBank Web→http://mb.softbank.jp/mb/campaign/3G/cm/)
どうりで‥‥。

流れている曲は、”過ぎ去りし日々/ 向田邦子スペシャルテーマ”でした。
どうりで、懐かしいはずです。切ない気持ちになるはずです。

エッセイの取材中、飛行機事故に遭い、急逝してしまってから今夏で27年。
向田邦子の新作を読みたい、と、私は今でも想い続けているのです。

                             鉄線




この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「猟奇的な彼女」の主題歌
- 2008/05/18(Sun) -
韓国映画「엽기적인 그녀 (猟奇的な彼女)」の主題歌です。
歌っているのは、신승훈 (シン・スンフン)。「I Believe」は、
彼のalbumの第8集に収録されています。
「I Believe」を聞くことができます。→ http://www.youtube.com/watch?v=AoLiQnbUqgI

最近、TBS系列で放送されている「猟奇的な彼女」は、見た
ことがないです。だから、主題歌も誰が歌っているのか、しり
ません。タイトルを見て、日曜劇場「猟奇的な彼女」の主題歌
情報と思って覗いてくださったかた、ごめんなさいね‥‥。

「I Believe」 ― どんな内容の歌かと言うと、

君はボクのそばにはいないけれど、このまま別れではないでしょう
ボクのところへ来る道は、少し遠回りなだけなんでしょう
ボクは信じているから。待っているからね。ボクは君じゃないとだめだから
君が来る道を忘れても待っているから。ボクは君じゃないとだめだから


要するに、ボクは君じゃないとだめだから―「난 그대여야만 하죠」
と歌っています!韓国映画「엽기적인 그녀 」は、好きな韓国映画の1つ。
いつも同じシーンでジーンときて、泣いてしまいます。泣 はい。

                               鉄線

I Believe 

I believe 그댄 곁에 없지만 이대로 이별은 아니겠죠
I believe 나에게 오는 길은 조금 멀리 돌아올 뿐이겠죠
모두 지나간 그 기억속에서 내가 나를 아프게 하며 눈물을 만들죠
나만큼 울지 않기를 그대만은 눈물 없이 날 편하게 떠나주기를
언젠가 다시 돌아 올 그대라는 걸 알기에 난 믿고 있기에
기다릴께요 난 그대여야만 하죠

I believe 내가 아파할까봐 그대는 울지도 못했겠죠
I believe 흐르는 내 눈물이 그댈 다시 내게 돌려주겠죠
자꾸 멈추는 내 눈길 속에서 그대 모습들이 떠올라 눈물을 만들죠
나만큼 울지 않기를 그대만은 눈물 없이 날 편하게 떠나주기를
언젠가 다시 돌아 올 그대라는 걸 알기에 난 믿고 있기에
기다릴게요 난 그대여야만 하죠

나 그대 알기 전 이 세상도 이렇게 눈부셨는지
그 하늘 아래서 이젠 눈물로 남겨졌지만 이 자릴 난 지킬게요

그대란 이유만으로 나에게는 기다림조차 충분히 행복하겠죠
사랑한 이유만으로 또 하루가 지나가고 오는 길 잊어도 기다릴게요
난 그대여야만 하죠
난 그대여야만 하죠
この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初夏・あすたむウォーク ~カルミアとアジョシと極楽寺~
- 2008/05/18(Sun) -
「初夏・あすたむウォーク」に行ってきました。あすたむらんど内に
2㎞ほどのウォーキング・コースを作り、7ヶ所のチェックポイントで
スタンプ押して戻ってくる、というもの。2㎞では少し物足りなかった
ので、夜、またいつものウォーキングに出かけるつもりです~。
第1チェックポイントまでに、アメリカハナミズキが咲いていました。

IMG_1360_convert_20080518134300.jpg


第1チェックポイントのあたりで、たわわに実る梅の実を発見!!
市販の梅酒はかなり甘ったるいので、家では氷砂糖を控えめに
梅酒を作ります。そういえば~、近所のスーパーの一角に梅酒
の瓶やホワイトリカー、氷砂糖が置いてありました。「そろそろ
梅酒を作れ!」ということですよね~。

IMG_1364_convert_20080518134533.jpg

IMG_1365_convert_20080518135541.jpg


第4チェックポイントの風車の丘で、かわいい花を見つけました。キラキラ
カルミアという花です。花を見た時、昔、こういう感じのクラッカーが
あったなぁ、って。何となくなんですが、前田のクラッカーに似てる
と思いながら撮りました。ピンク系と白系の2種類咲いていました。
(※菓子は、前田のクラッカー。何となく雰囲気、似てるでしょ?!手書き風シリーズ汗1

IMG_1381_convert_20080518184656.jpg

IMG_1372_convert_20080518135741.jpg

IMG_1374_convert_20080518140651.jpg
              
03_cracker0.jpg


第6チェックポイントを押して、最終チェックポイントへ向かう途中で
モデル撮影会をやっていました。芳しい香りを放つかわいい花に
群がるハチのように、カメラマンがモデルさんに群がっていました。
一緒に歩いていた連れに「あなたも撮れば~」って言われたので、
(じゃ!)と私の感性で撮ったのがこの1枚!
私は、『モデルさんを撮ってるオジサンたち』を撮りました!kissDN
私が女だからでしょうか?モデルさんに全く興味や関心が沸かな
かったです。それよりも、モデルさんを撮ってるオジサンたちの姿が
実に活き活きして興味深かったですね~。オジサンたち、いい写真、
撮れたのかしらん??ニコニコ。 横向き

IMG_1389_convert_20080518140952.jpg


ウォークラリーを終え、記念品にあすたむらんどのオリジナルハンド
タオルをいただきました。その後、緑の中で 家 家から持参した手作り
のおにぎりを広げ、食べていたら、どこで見てたんだか、スズメが飛
んできて、「ちょうだい!」って。5粒ぐらい投げてやりましたら、おいし
そうに啄んでいました。何て人なつっこいスズメなんでしょう~。かわ
いいやつ。すずめ(チュン!)

IMG_1392_convert_20080518144058.jpg


あすたむらんどを後にし、四国霊場八十八ヶ所の二番札所「極楽寺」に
寄り、参拝。ニンジンジュース用のニンジンもたくさん買って帰りました。
今頃の旬の洋ニンジンはジュースにすると、甘みがあってとてもおいし
いんですよ。もちろん、100%ニンジンで、他には何も足しません。オレンジジュース

ただいま、3時。台風の影響か、少し風が出てきました。明日は雨かな。

                                鉄線
IMG_1393_convert_20080518145313.jpg
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
市立植物園 ~スモーク・ツリーとエゴノキ~
- 2008/05/18(Sun) -
IMG_1319_convert_20080517221124.jpg

スモーク・ツリーという木です。チャンチンフラミンゴ同様、初めて
見ました。花がまるで儚げな煙のようで、スモーク・ツリーという
名前がピッタリですね!かなり背の高い木ですが、背が高いこと
よりも、この色で周囲とは異なる空間を作っていました。キラキラ

IMG_1313_convert_20080517221815.jpg



白い花のつり下がった木。エゴノキというネームプレートが掛か
っていました。エゴノキも初めて見ました。この花のそばを通った
とき、とてもよい花の香りがしました。どんな香水も自然のフレグ
ランスにはかないません。この花の香りをお伝えできないのが
残念です‥‥手書き風シリーズ汗1

IMG_1307_convert_20080517221238.jpg

IMG_1337_convert_20080517223001.jpg

                                鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日のお誕生日!
- 2008/05/18(Sun) -
5月18日は、甥の誕生日です。7歳、おめでとう!!ショートケーキ

マリオカートは甥からのリクエスト!
あまりゲームばかりして、おかあさんを困らせないでね~。懐かしい携帯ゲーム機(黄)
また会えるの、楽しみにしています。お正月かな?!キラキラ

                             鉄線

IMG_1290_convert_20080517205058.jpg
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
久しぶり!大根の月
- 2008/05/17(Sat) -
IMG_1356_convert_20080517211318.jpg

空を見上げると、久しぶりに「大根の月」を見かけた。
何でもない昼間の月なのだが、見つけた途端、得したような気分になる。

                                 鉄線


※向田邦子が書き残した本の中に『思い出トランプ』という
  短篇集があり、その中に『大根の月』という小説が収めら
  れている。その中で向田は昼間の頼りなげな月を「大根
  の月」と表現していた。
  → 詳細は、08/02/19のブログをご覧ください。
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シミは女心を萎えさせる!
- 2008/05/17(Sat) -
紫外線は波長によって、UV-A、UV-B、UV-Cに分類され、
地表に届くのは、UV-A、UV-Bの一部

紫外線予防のサンスクリーン剤には、その防止効果を示す
SPFPAが表示されているの、既にご存じですよね!ニコニコ。 正面

PAは、UV-Aの防止効果を表し、「+」の数によって、効果の強さを表示。

PA+     効果がある
PA++   効果がかなりある
PA+++  効果が非常にある 

SPFは、UV-Bの防止効果を数値で表現しています。個人差はありますが、
SPF1で、UV-Bを約20分防いでくれます。だから、SPF3で、UV-Bを約1時間。
SPF30なら、約10時間という計算になりますね。

4月~8月は紫外線がピークを迎える時期。曇天でも紫外線は強いですので
お天気に関係なく、UV対策はしっかりしてお出かけください~。太陽

おっと!お出かけの時だけでなく、室内にいる時でも要注意!!!ニコニコ。 横向き
室内でもUV-Aの80%、UV-Bの30%が窓ガラスを通して、肌に届いている
そうです。その上にレースのカーテンを引くだけで、UV-Aを50%、UV-Bを
20%に抑えてくれるそうです~。 (ORBIS4月号より抜粋)

海水浴とか行かれる場合は別にですが、普段の生活には、SPF25~30
PA++くらいの表示がなされたサンスクリーン剤で充分なのではないでし
ょうかね。加齢とともにシミはできやすく、また、いったんできたシミは非常
に取れにくくなります。「まだまだ自分は若い」「紫外線なんてへっちゃら」
と思ってるそこのあなた!!後で泣くことになりますよ、私のように~。手書き風シリーズ汗1
シミは、いかにも「老化」って感じで、女心を萎えさせますし‥‥アハハハ。

今日も明日もお天気よさそうなので、紫外線対策をしっかりして行動して
くださいね!さぁ、今日もいっちょ行くか!zoomzoom005
                                 鉄線

IMG_1306_convert_20080517135811.jpg

この記事のURL | くんだら | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『お下がり』 4
- 2008/05/17(Sat) -
「お下がり」 (5月10日掲載以降)


 それからも志野は週一のペースでやって来たが、いつも部屋に
入った後だった。そのたび、多加雄は車を蹴り飛ばし、鋭利なもの
で車体を引っ掻いた。だが、志野は車の傷やへこみについて何も
言わなかった。多加雄は志野の白に耐えかね、傷みについて尋ね
ても志野は誰かのイタズラと平然としていた。多加雄のほうが何か
隠し事し、嘘を付いているような妙な気になった。志野には聞きたい
ことが山ほどあった。嘘や隠し事をどんなふうに心に納めれば、あれ
ほど冷淡でいられるのだ。多加雄は結婚以来、志野のことを最も見
ていた。
 志野は多加雄がリストラされたことを知っている。半年ほど前、那
岐が学校で怪我したことを多加雄に知らせるため会社に連絡した際、
そのことを受付嬢から聞かされた。夫がリストラされたことより、その
ことを話してくれぬことが志野にはショックだった。そして、志野は今
も気づかぬふりを続けている。
「女はすぐ『何で何で』と聞きたがるが、余り戴けないな。女みたいに
何でも全部言ってしまわないのが男だからね。本当に言わなければ
ならないことは必ず言うから」
 悟朗と付き合っていた時、志野は一度諭されたことがあった。そし
て、多加雄と結婚する前日にもう一度念を押された。
「あの子は君ほどやり手ではないからね。一緒に暮らしながらもどか
しく感じることが多々あるだろう。だからといって、何で何でと追い込
み、潰さんでやってほしいんだ。私なんかと違って、あの子はとことん
優しいぞ」
 振り込まれる給料に不安を感じるようになっても志野は悟朗との約
束を守った。家計をやりくりするため、志野は自分の定期を切り崩して
いた。まだ小学生とはいえ、那美や那岐の塾や稽古事の月謝もバカ
にはならなかった。
「リストラされることがわかっていたら、あの時家を買っといてもらうん
だった。車も中古にしたのに」
 定期を崩すたび、志野は心の中でそう愚痴った。志野は悟朗の勧め
で結婚した。幾ら愛する人の勧めでも結婚相手に嫌悪感を抱いたなら
結婚はしなかった。悟朗の言うように多加雄は優しかった。自分のこと
を殆ど語らなかったが、十年の肩身が狭い恋に終止符を打たせてくれ
る男と思うと志野は嬉しかったし、優しさに別れの傷を癒してももらった。
悟朗との別れはこれからのことを思い、両者納得済みの清算だった。
十年の間に数え切れぬほど志野は悟朗に抱かれてきたが、抱かれて
も抱かれても悟朗を自分だけのものと感じたことは一度もなかった。多
加雄に抱かれているとそれが感じられたし、自分だけを見ていてくれる、
何処にも行かないのがわかるから安心できた。多加雄の愛し方はお世
辞にも上手とは言えなかったが、志野は満たされていた。だが、もう何
年も多加雄との交わりはない。子育てに追われて疲れていても多加雄
に優しくされたいと思う夜がある。『何で何で』と多加雄に聞きたいことが
志野にはたくさんあった。
 
 志野は近所に住むコーラス仲間、横田有紀と電話で話していた。
「ねぇ、今日の午後、また車貸してもらえます?」
 有紀は志野より九つ下の三十六だったが、子どもがいない所為か五つ
六つは若く見える。最近、有紀は誰かのコンサートで知り合った大学生と
逢瀬を重ねている。マイカーを持たぬ有紀はそのたび、姉のように思って
いる志野に車を借りにくるのだった。愛車がどういう使い方をされているの
か志野は薄々勘づいていた。修理代や口止め料込みのガソリン代は申し
分なかったし、車のローン返済に充てることができた。
「この間、あるところで多加雄さんを見かけたんだけど、最近何か変わっ
たことない?」
「別に、いつもと変わらないけど。あるところって?」
 有紀は電話の向こうで一瞬、言い渋ったがチューブの中味を一気に絞
り出すようにラブホテルの名前を口にした。
 その夜、志野は体調が悪いと嘘を付き、食事の支度をボイコットした。
そんなことをしたのは結婚以来初めてである。次の朝も志野は起きなか
った。志野が悪いのは体調ではなく、機嫌であることを多加雄は何となく
勘づいていたが、敢えてその訳を聞かなかった。多加雄は子ども達に食
事させ、自分の弁当を詰め、仕事に出た。食卓には志野の分の目玉焼
きや珈琲が用意されていた。
 塩コショウを忘れた目玉焼きにかぶりつきながら多加雄が入れ上げて
いる女はどんな女なのだろうと志野は考えていた。今の自分を悟朗が見
たら、「君らしくない」と顔をしかめるだろう。しかし、多加雄も一端の男だ
ったと思うと足はひとりでにホテルへ向かった。昔、ちょっとばかし持て、
仕事ができたからといって自分もただの一人の女、夫の浮気に嫉妬し、
狼狽える普通の女なのだと志野は苦笑いした。
 今ひとつ垢抜けないラブホテルに志野は納得しながらビニールのカー
テンを通り抜け、奥まったところに車を止めシートを倒した。多加雄が今
日訪れるという保証はなかったが待たずにはいられなかった。
 部屋でシーツの交換をしていた多加雄は一服するため、駐車場に煙
草を吸いに出た。煙草は公園で仲良くなったリストラ仲間から勧められ
て始めた。
今では押しも押されもせぬヘビースモーカーである。リストラ同様、喫煙
も志野には内緒で、隠れて吸っていることが何となく後ろめたい。隠れる
ようにして煙草をくゆらせていると多加雄は遅咲きの不良少年になった
気がした。煙草に火を付けながら志野の車が停まっているのに気づいた
多加雄は反射的に車に向かって歩き出していた。
 志野にも近付いてくる男の姿が見えていた。変な色の作業服を着た中
年男は煙草をくわえ、その顔も険しいのが遠目でもわかった。手には棒
のような物を持っている。志野は怖ろしくなって身をかがめ、目を閉じた。
 車の中の人影に驚いたのは多加雄である。原型がなくなるほど爪先で
煙草を踏みつけた後、ドアを開けた。
「こんなとこで何してる」
 聞き慣れた声に志野は目を開けた。ラブホテルに多加雄が現れたこと
より、くたびれた作業着を着た人相の悪い男が多加雄だったことに志野
は驚いた。
「あなたこそ、何でこんなところにいるの」
「君こそ、いつもここで誰と会ってるんだ」
 前科もあることだしな、と多加雄は小声で付け足した。
「車、友だちに頼まれて貸してるの。知ってるでしょ、有紀。ガソリン代
弾むって言うし、あの頃、今もそうだけど格好なんて付けてられないし。
…何でリストラされたこと言ってくれなかったの」
 その光景は授業をサボタージュした息子を問い詰める母のようだった。

 (つづく・次回更新は随時。最終回です!)
                                    鉄線



この記事のURL | 小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
少々お疲れモードの金曜
- 2008/05/16(Fri) -
IMG_1212_convert_20080515223728.jpg

爽やかな五月晴れです!こんな日はビルの中で仕事するのが勿体
ないなぁ~、って思いますよね!

今週は、(あぁ゛~、やっと金曜か)って感じです。現在、肩胛骨、肩の
コリをはじめ、少々お疲れモード‥‥。汗 こうやって、デスクやパソ
コンに向かっての入力や書く動作が、肩胛骨がらみで、しんどいです。
時たま、こういうカチカチ状態になりますね‥‥。要は運動不足かな。

明日、明後日は、こんな花や緑豊かな空間で、本でも読みながら、
ゆっくり過ごしたいなぁ~。

とは言うものの、今日も1日、がんばってまいりましょう!
동방신기から元気をもらいましょうかね~。ファイティン!jumee☆mark6a

                               鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ