キンケイ
- 2008/06/30(Mon) -
IMG_1845_convert_20080629193507.jpg

クロエリセイタカシギに見とれている時に横から視線を感じて‥‥。
視線のほうを見ると、煌びやかなきんきらきんの鶏。(うわっキラキラ豪華キラキラ
おそらく、キンケイと思われます。金鶏。キンケイと聞いて、韓国ドラマ
「大長今」の第6話を思い出したかたもいらっしゃるのでは?実は私も
そうでした~。ニコニコ。 正面

その6話とは‥‥
明の皇室より、中宗王の生誕を祝うためのキンケイが贈られてきたの
ですが、このキンケイの料理を任されたのがチェ尚宮とクミョン。クミョ
ンは料理する日までキンケイの世話も受け持つことになったのですが、
鶏小屋の鍵を締め忘れ、貴重なキンケイを逃してしまいます。それを
知ったチャングムはクミョンを助けようと、2人でこっそり宮中を抜け出し、
代わりのキンケイを探しに行きます。

この時の鶏がこの煌びやかな鶏、キンケイだったように記憶しています。
6話の時も(え~、この鶏、料理して食べるの?!)って思ったのですが‥‥、
このきんきらきんの鶏。私はあまりというか全然食欲が沸かないのです
が‥‥、おいしいんでしょうかね?
                               鉄線


スポンサーサイト
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ミーアキャットと象と赤い花
- 2008/06/29(Sun) -
zx_convert_20080629085033.jpg

zv_convert_20080629084939.jpg

あぁ゛~、蒸し暑ぅ‥‥。何もやる気しねぇ。この暑さ、老体に堪えるぜ。
おまえはいいよな。水浴びさせてもらってよ。儂にも水、かけてくれ~。
ところで、おまえ。最近、園内のあちこちで咲いてるあの赤い花、何って
いう花か知ってるか?枯れた心に、あの赤い色がしみるぜっ。

zc_convert_20080629085120.jpg

赤い花っすか?ちょっとわからないっすね~。果物系は強いんですけど。
飼育員の田中さんも知らないって言うてますわ。じいさん、もっとボクの
そばに寄ってくれたら、鼻で水かけてあげますよ!吹っ飛んで打撲したり、
骨折しても知らないっすけどね~。じゃ、いきますよ~。

あぁ゛~。あいつ、手すりにつかまる前に水かけやがって~。あぁ゛~。

IMG_1798_convert_20080629092112.jpg

あっ、父さん!
あら、あなた。どちらへ?

z_convert_20080629085154.jpg

あいつ、儂をこんな池まで飛ばしやがって。尻打った。イテテテテ‥‥。
飛ばされたもんはしゃ~ない。田中はんが捜しにくるまでここで昼寝でも
するか。しかし、いい眺めだ。きれいな花だなぁ。儂もこの花の名前くらい
は知っとる。えっ~と‥‥。あれ?何だっけ。喉まで出かかってるのに。
あれだよ、あれ。あれだよね?!
                                   鉄線




この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(4) | TB(0) | ▲ top
花と蝶
- 2008/06/28(Sat) -
IMG_1812_convert_20080628142455.jpg

IMG_1761_convert_20080628142547.jpg

IMG_1813_convert_20080628142647.jpg

写真は、クロエリセイタカシギのいた動物園内で撮影したものです。
蝶。積極的には触りませんが、一番下の蝶などは、ブラウンとオレ
ンジの配色や模様がとてもきれいですね!

蝶。私はブルーのラインが美しいアオスジアゲハが好きかな。ちょうちょ

                                鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
スレンダーなクロエリセイタカシギ
- 2008/06/28(Sat) -
たまには場所を代えてウォーキングをと思い、動物園へ行ってきました。
大きな鳥のゲージの中に入ると、何かしら自分も鳥になったようで‥‥。
クロエリセイタカシギのシュッとした美しさに惹かれました。羨ましいほど
スレンダーですよね!キラキラ

ちょうどお昼時で、食事中のクロエリセイタカシギもいましたし、食事を済
ませ、卵を温めに戻ったクロエリセイタカシギもいましたし、子守りしてい
るクロエリセイタカシギもいました。うまいこと保護色になっていて、かなり
見つけにくいのですが、ヨチヨチ歩きの小さな小さなクロエリセイタカシギ。
家に連れて帰りたいほどかわいかったです~。

IMG_1822_convert_20080628130511.jpg

IMG_1824_convert_20080628130627.jpg

IMG_1825_convert_20080628130752.jpg

IMG_1827_convert_20080628131101.jpg

蒸し暑いせいか、哺乳類たちはほとんど昼寝中か、呼んでも愛想なし、
ぼ~っとしてました。zzz 時期的に檻の中は草で草で‥‥。雑草
どうです、この草。オオカミの檻もライオンの檻も‥‥動物たちが少し
可哀相だなぁ、って。

いつも国道沿いを歩くので、たまにはこういう場所でウォーキングも
いいものですね~。
                                    鉄線                                                                     
IMG_1782_convert_20080628140254.jpg

                                    

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ガクアジサイ、Closed!
- 2008/06/27(Fri) -
IMG_1751_convert_20080626222500.jpg

水無月の間、目を楽しませてくれていたガクアジサイ。店じまいしました。
最近では色が褪せ、あわれを感じるようになっておりましたので、完全に
終わってしまわないうちに、少しでも花の形が残っている間にと、来年に
向けて早々と剪定しました。ということで、テンプレートも衣がえ!です。

切ったアジサイは挿し木用として、水を張ったバケツに入れて、「ご自由
にお持ち帰りください」という貼り紙をして、エントランスホールに出してお
きました。あちこちの家で、ブルーのガクアジサイが増えていくといいなぁ~。
ぽん吉さんも、来年はお家でもこのブルーが楽しめるといいですね!ニコニコ。 正面
うまく付いてくれるといいんだけど~。

今年もたくさんの花を咲かせてくれてありがとう。
来年の水無月にまた会いましょう!

aagi_convert_20080627084430.jpg

                                  鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
One Love - 러브홀릭
- 2008/06/26(Thu) -
IMG_0599_convert_20080626070957.jpg

러브홀릭と書いて、Loveholicと読みます。
Jisun(チソン)、Kang Hyunmin(ミン)、Lee Jaehak(ハキス)の3人から
なる、韓国のポップ・ロック・ユニットです。

このOne Loveという曲は、韓国ドラマ「봄의 왈츠(春のワルツ)」でもよく
使われていました。♪I love you so love is the beautiful one~♪という
フレーズを記憶されているかたもいらっしゃると思いますが♪
この曲は「봄의 왈츠」のOSTに収録されていますが、러브홀릭の3集、
「Nice Dream」というアルバムでも聞くことができます。短いですが、
↓↓下記のWebで試聴できますよ。ニコニコ。 正面
http://listen.jp/store/album_hmcx1011.htm

個人的にチソンさんの声が好きなんです~。春の日差しをイメージさせる
というか、たんぽぽの綿毛をイメージさせるというか‥‥あたたかくて、ふ
わふわ感があります。彼女が歌う"이별 못한 이별(別れられなかった別
れ)"という歌も好きなんですが、これは韓国ドラマ「내 이름은 김삼순(私
の名前はキムサムスン)」の中でたびたび使われている曲です。

最近は通勤時の行き帰り、韓国ドラマ「여름향기(夏の香り)」のOSTを聞
きながら走っています。家には韓国ドラマのOSTが山のようにあります。
あっ、「山」は大げさでした‥‥。山のようにはありません。
ドラマのOSTと言えども、ステキな曲がたくさんあるんですよね~。キラキラ

                                   鉄線



One Love / Loveholic (러브홀릭)


맑게 개인 저 높은 하늘 그 푸름보다
밝게 비춘 눈부신 햇살 그 따스함보다 더
가슴벅찬 단 하나 그건 사랑이겠죠

활짝 피어오른 저 꽃에 그 향기보다
촉촉하게 적시는 봄비 그 달콤함보다 더
감미로운 단 하나 이 세상 하나뿐인 One Love
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
all we need is love, real love
 
초록 물길 넘치는 들판 그 설레임보다
한껏 수놓아진 무지개 그 찬란함보다 더
아름다운 단 하나 이 세상 하나뿐인 One Love
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
all we need is love, real love

어떤 감정보다도 어떤 표현보다도
세상 가장 아름다운것 사랑이죠
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
(repeat)

きれいに晴れたあの高い空 その青みより
明るく照らした眩しい日ざし その温もりよりもっと
胸がいっぱいになるただ一つ それは愛ででしょう

ぱっと咲いたあの花の その香りより
しとしと濡らす春の雨 その甘さよりもっと
甘美なただ一つ この世に一つだけの One Love
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
all we need is love,real love
 
緑の水路が溢れる野原 その揺らぎより
力の限り刺繍された虹 そのきらめきよりもっと
美しいただ一つこの世に一つだけの One Love
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
all we need is love,real love

どんな感情よりもどんな表現よりも
この世で一番美しいものは愛なのでしょう
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
I love you so love is the beautiful one
(repeat)



この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日のお誕生日!
- 2008/06/25(Wed) -
hib_convert_20080621081424.jpg

6月25日は幼稚園からの幼なじみ、しほちゃんのお誕生日です!!
しほちゃん、今年もお誕生日、おめでとう!!
職場の環境、大変そうだけど、けんかしないで続けてね~。
どこも同じだよ~。ニコニコ。 正面 また「山の会」をやりましょう!

 *赤いハイビスカスは、あなたのイメージにぴったりの花だと思います!

                               鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
梅雨の中休み
- 2008/06/24(Tue) -
IMG_1738_convert_20080624202240.jpg

今日は「梅雨の中休み」でした。湿度が低かったので、エアコンなしの
事務所にいても過ごしやすかったです。6月いっぱいはエアコンOff…手書き風シリーズ汗1

IMG_1748_convert_20080624202403.jpg

家に帰ると、駐車場でかたつむりを発見しました!かたつむり。かたつむり
田舎に住んでた時は、湧いたようにいましたから、めずらしくも
何ともなかったですが、最近は滅多に見かけなくなりましたからね。
「おぅ~、久しぶり」と言いながら、かたつむりをつまみ上げました。
わりと大きなかたつむりで、iPod shuffleからお察しください。

かたつむりって、殻のBrownのラインと、からだのBrownのラインと
ぴったり合うようになってて、しかも、アクセントになってて、おしゃれ
ですね。殻の渦巻き。どのかたつむりも、時計と反対回りなんでしょ
うかね?

IMG_1741_convert_20080624202507.jpg

                        かたつむりかたつむりかたつむりかたつむり  鉄線 かたつむり

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『カラザ』
- 2008/06/24(Tue) -
下記は、2003年の今頃に書いた短篇小説です。鉛筆
普段、なかなか目にすることのない、また、耳にすることもない
職場での夫の様子を、妻がある日偶然知ることになったら‥‥。
家では満点のパパも職場ではどうなんだろう‥‥。
ふと、そんなことを思ったのがきっかけで書き始めた小説です。

                              鉄線



「カラザ」


 二年前、一粒種の亜衣を県外の大学に出してしまってから、
原田貴恵は夫の詩文とともに結婚当初のような甘露な夫婦水
入らずの生活を送っている。
 お互い二十四の時に見合い結婚して以来、共稼ぎで家を空
ける以外は大抵何をするのも一緒である。ショッピング、映画、
旅行、観劇、図書館、テニス、散歩など、夫婦なのだからいつ
も一緒に行動するのが当たり前と、その価値観も似ている。
 詩文の家事分担は結婚以来、今も変わらない。結婚したらそ
うしようと決めていたのだ。料理のレパートリーは貴恵には敵わ
ないが、味覚は詩文のほうが優れている。何年か前からは見
様見真似で簡単なケーキも焼けるようになっている。貴恵の誕
生日にはハート形のチョコレートケーキを焼き、亜衣の誕生日に
は小さな平屋だが壁がクッキー、屋根が板チョコのお菓子の家
を拵えて祝ってやった。自炊経験のある詩文は台所に立つのが
面倒ではないのだ。貴恵が育児休暇でしばらく家に居た時も詩
文はそれまで同様、家事の半分を受け持つことに変わりはなか
った。妻のご機嫌を損ねたくないとか、共稼ぎだから、とあきらめ
でやってきたわけではなかった。とりわけ、亜衣のオムツ交換や
入浴、離乳食作りは貴恵よりも楽しんでいた。だからかどうかは
解らないが、亜衣はどちらかと言えば詩文寄りの子どもだった。
同じように働き、また同じように家事をこなしていても、亜衣は「パ
パ、パパ」と詩文に懐き、尊敬もしていた。その亜衣も大学生に
なり、東京暮らしである。亜衣に毎晩のようにメールを送る詩文は
まるで亜衣の彼氏みたい、と貴恵は呆れている。亜衣から返事が
来た、と言って喜び、メールを打ち返す詩文を見ていると少し妬け
もした。

「卵に黄身と白身を繋いでる白い紐みたいなのがあるでしょう。
‘カラザ’って言うんだけど、貴恵のところはカラザで繋がれた黄身
と白身みたいね」
「そうそう、結婚して二十年にもなるのに今でもベッタリなんだから」
 貴恵と詩文を「カラザで繋がれた黄身と白身」と例えたのは貴恵
の友人たちである。貴恵も詩文もこの比喩をとても気に入っている。
「いい例えね。気に入ったわ。で、どっちが黄身でどっちが白身?」
 貴恵にそう返され、友人たちは顔を見合わせ苦笑した。彼女たち
も内心、夫ともう一度キュッとカラザできつく繋がれた結婚当初のよ
うな暮らしがしてみたいと思いつつ、今では黄身と白身がすっかり
離れてしまい、今更どうにもならないことを知っている。半分やっか
みが入っているのだ。
 詩文は貴恵の友人たちに受けがいい。日頃からジムで身体を鍛
えている詩文は小柄で童顔なこともあり、四十六だが実際より五つ
六つは若く映る。二十年経っても家事を分担し、狸みたいに腹が出
ていないところに友人たちは高得点を付けるのだ。貴恵もそんな夫
が自慢である。事実、詩文は優しかった。その上、子煩悩だった。
友人たちの前だからといって良い恰好もしなければ、恥ずかしい真
似もしなかった。いつも穏やかで、夫婦喧嘩は一度もなかった。
 貴恵が詩文との結婚においてたった一つ不服があるとすれば、子
どもが一人しかできなかったことだ。しかし、それは詩文の所為では
ない。自分側の身体の不具合で二人目が授からなかったことを貴恵
は少し申し訳なく感じている。詩文にそんな類の話をされたことはな
かったが、子煩悩な詩文が亜衣を溺愛しているのを目の当たりにす
るたび、もう一人、二人産みたかったと出来もしないことをうだうだと
強く願うのだった。
 
 二年前、原田家は転機だった。亜衣が県外の大学に進学しただけ
でなく、詩文も会社が出資している半官半民の会社に出向になった
のだ。詩文の会社は蛍光体を中心とした精密化学品の製造・販売を
やっている県内外でも名の通った会社であり、文系の詩文は総務方
の仕事をしていた。バブル期にできたその第三セクターには三、四年
の周期で一名出向に出されるのだが、このたびは詩文に御鉢が回っ
てきた。同じ外に出されるなら会社の息の掛かった子会社のほうが
気分的に余ほど楽だったに違いない。詩文の新しい勤め先は十人足
らずの、しかも同じような‘御鉢’の集まりだった。互いのプライドからか、
またそれだけの能力と器なのか、出向者同士のコミニュケーションが
まるで取れない集団で、肝心のやっている仕事はと言うと、御上の下
請が殆どで、やりがいがある、というようなものではなかった。
 貴恵は地元銀行のパートを続けている。十年ほど窓口に座っていた
が三五を過ぎてからは少し後ろに下がり、窓口から回されてきた出入
金のチェックをしている。パートにも二、三年に一度、支店間の異動が
あるが、貴恵は最近、詩文の出向先近くの支店に替わったばかりで
ある。会社の近くの支店ということで、仕事中に偶然出会うのもおもし
ろいと思い、貴恵は異動のことは内緒にしていた。
 結婚以来、詩文の昼は貴恵の愛妻弁当と決まっている。弁当のほう
が休み時間をゆっくり過ごせるからいいのだと言う。出向に出されてか
らは接待などないため、弁当を食べた後は休憩室に缶コーヒーを持ち
込み推理小説を読んでいる。原田家は現在、家や車のローン、亜衣へ
の仕送り、学費‥‥と何かと物入りの時期である。「弁当のほうがいい」
と言うだけで前夜の残り物を詰めても文句一つ言わぬ詩文を貴恵はつ
くづくできた夫と感じているが、貴恵自身は昼休みくらいは喧噪から逃
れたくて、詩文には申し訳ないと思いつつ週に三日は外食している。
外食先は銀行横の「ジョイフル」という洋食屋である。席数が多く、簡単
なパーテーションで仕切られた枡席もあり顔を差さない。貴恵はそこの
エビクリームコロッケにご執心だった。

「エビクリームコロッケ定食をお願いします」
 ある昼休み、貴恵がいつもの定食を注文していると、通路を春らしい
萌葱色のベストとスカート、白いブラウスを着たOLが賑やかに通り過ぎ
た。三十前後の三人はパーテーションを挟み、貴恵の後ろの席に座った。
一人はモデルのように長身で、一人は発育不良の小学生のような体つき
で、もう一人は二人の中間ほどの背丈だったが、小太りだった。(見事に
大中小ね)と貴恵が心の中で呟くや否や、大中小は堰を切ったようにしゃ
べり始めた。
「事務所にいると毎日イライラするわね。プリンタが動かなくなった、壊れ
たと言って、還暦前の男三人がプリンタの前であーでもない、こーでもな
いと大騒ぎ」
「そうなんですよ。ただトナーがなくなってるだけなのに。何でピンとこない
んですかね。トナー切れなんて、事務所に来てから初めてじゃないのに」
「トナーがないとようやく解った後もトナーの予備がどこにあるのか解らない。
また、それをどう交換するのかも解らない。トナー換えるだけに共用のプリ
ンタを一時間も止められたらたまんないよね。何回繰り返せばできるんだ
ろう」
 仕切越しにOLたちの会話を聞きながら、貴恵は(どこも同じ)と頷いてい
た。女は全ての男は機械物に長けていると信じているが、それは女の得
手勝手な思い込み、単なる妄想に他ならない。詩文にしても音楽鑑賞、映
画鑑賞は好きだが極めて機械音痴である。テレビとビデオの接続配線す
らできない。パソコンとプリンタの接続、インターネットの設定をしたのも貴
恵である。詩文は家電が動かなくなったら電気屋で迷わずパンフレットを
もらってくる口である。何か不具合があると道具箱まで走り、ドライバ片手
にサササッと直してしまう男に女は惹かれるのである。亜衣が歩き出した
頃、玄関の三和土と廊下の間に高さ十五センチほどの台を詩文に作って
もらった。亜衣が上り下りしやすいようにと貴恵が頼んだものだが、貴恵が
何かの拍子に片足を台に乗せた瞬間、台は紙箱のようにひしゃげてしまった。
                                 
  (つづく・次回掲載は随時です。)

この記事のURL | 小説 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
楊貴妃一匹400円なり!
- 2008/06/22(Sun) -
IMG_0363_convert_20080622163007.jpg

日曜日、時たま朝市に出かけます。魚や野菜をはじめ、この市場
では実に多種多様のものが所狭しと並べられ、売られています。
アメノナカノハイビスカスもこの朝市で購入しました。

人が集まっていると、ついつい(何かおいしいものかなぁ~)と思い、
その塊の中に入っていってしまいますね。「今から一匹200円!200
円!」なんていう威勢のいい声が聞こえてきたので、とりあえず私も
その塊の中へ。

よく見れば、その塊はおっさんたちで構成されていて、私は小柄なの
で、端っこから何が売られているのか覗き込んだら、なんと、めだか
でした。私の位置からは、楊貴妃という美しい見目形のめだかが見え、
「楊貴妃 一匹400円」と札に書いてありました。

「うわぁ、めだか一匹400円てか。高っかい~!」と見たままを口にす
ると、隣で一緒に見ていたおっさんが「一匹400円は安いんでよ!」と
親切に教えてくれました。「へぇ~、そうなんですか~」って言いながら
私が大人しく見ていたのも束の間。本当に一瞬でした。
「えっ、でも、さっき、向こうの店で鮎の開き、一匹100円だったよ~」

そしたら、まん中のほうで「鮎の開きって!」というツッコミと豪快な笑い
声が聞こえてきました。「鮎の開きといっしょにしてもろたらかなんなぁ~」
という声がやさしそうだったので、どんなおっさんが私のボケに素早い
ツッコミを入れてくれたのか見たくなり、おっさん掻き分け、声がしたまん
中あたりの人を覗き込むと‥‥。

「あ‥‥」(;゚д゚)アッ....

そこにいたのは、おっさんではなく、おにいさんでした。高橋克典の
ような。鮎の開きと言った女の顔を見ながら(そこにいた女は私だけ)
高橋克典は(まいったなぁ)という苦笑いをしてましたね。私も店主が
おっさんじゃなくて、思いの外、男前だったので、まいったなぁ、と作り
笑いしながら足早にその場を去りました。どうして縁遠いのか、何とな
くわかる気がしますわ~。ヽ(´Д`;)ノアゥア... わかる気がするでしょ?! 

楊貴妃が一匹400円で売られていたら安いそうです。買ってってくださ
いね~。私はまたアジかカマスの開きを買って帰りますから~。

                                 鉄線
ichi_convert_20080622163053.jpg


この記事のURL | 買いもん | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クリスタル・スカルの王国
- 2008/06/22(Sun) -
IMG_1737_convert_20080622130126.jpg

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国を観てきました。

前作から18年後の設定のシリーズ第4弾。1950年代を舞台に、神
秘的な力があると言われる新たなる秘宝“クリスタル・スカル”を求
めての冒険の旅。

主演のハリソン・フォードは今夏で66歳。第1弾レイダース/失わ
れたアーク《聖櫃》
の頃は40前。第4弾のスクリーンからは、あれ
から約30年の歳月が流れたことを、深い口角皺や遅鈍な動作から
確認、実感することができるが、それはそれでショーン・コネリーが
そうであったように、齢を重ねた分、深く落ち着いた味わい、趣を醸
し出していた。

シリーズ初登場の相棒役であるマットこと、シャイア・ラブーフや、レ
イダースに出演していたマリオン役ことカレン・アレンを含め、今回の
ストーリーはハリソン・フォードの老いを逆手に取ったというか、大い
に、また巧に利用したもので、前作以上にハリソン・フォードの父親
としての魅力や包容力を引き出していた。幾つになってもカッコイイ
ですね、ハリソン・フォード!キラキラ

                                  鉄線



この記事のURL | 映画・ドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
アメノナカノハイビスカス
- 2008/06/21(Sat) -
hib1_convert_20080621081359.jpg

今週になり、昔ながらの梅雨らしい雨が降るようになりました。今も
傘が要らない程度の雨が降っています。この部屋の湿度はただいま
75。昨日、会社のオフィスはなんと、90もありました。蒸し暑いこと、
この上ないですね。

昨夜の今日、珈琲と小ぶりのヨーグルトのみで朝食を済ませました。
一応、ウェイトコントロール‥‥。手書き風シリーズ汗1 でも、やはり少し物足りない。サンドイッチ

ということで、花でおなかを満たすことにしました~。いい考えでしょ。
この雨も植物には恵みの雨になっているようですね。朝起きたら、う
ちのハイビスカスもきれいに開花してました!「恒星と太陽と植物と」
の박사んとこのオレンジ系のハイビスカスもきれいに花開いてましたが、
雨の中のハイビスカスも、なかなかみずみずしくていいものですね~。
花の"赤"が微妙に異なる赤系のハイビスカス。私はたくさんある赤の
中から、この赤を選びました。先週、日曜市で買って帰ったものなんで
すが、300円/鉢だったんですよ!

ということで、Tessen's Cafeへお越しくださった皆様、よい週末をお過
ごしくださいね。キラキラ 私は今からYirumaをBGMに、部屋で原稿書きです。

                                   鉄線

hib_convert_20080621081424.jpg


hib2_convert_20080621081450.jpg



この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
第2回 山の会
- 2008/06/20(Fri) -
今夜は、今年2月以来の"山の会"です。第2回め。ニコニコ。 正面
山の会。昔、山岳部だったメンバーが集まるという、そんな会では
ありません。田舎(過疎の山村)で暮らしていた頃の幼なじみ、幼
稚園の頃からの同級生なのですが、彼女たちとの飲み会です。アップロードファイル
中に来週、誕生日を迎える人がいるので、誕生日パーティも兼ねて。
みんな忙しいので、近くにいてもなかなか会えないけれど、楽しい
夜になるといいなぁ~。雨もこのまま上がっててほしいんだけど...。

                                  鉄線

yoko_convert_20080620161903.jpg

*故郷と対極をなすような、このようなところで生まれ育っていたら、
  わたしも今と違った感じに仕上がっていたでしょうね~。写真は
  フジテレビのある、お台場のようです。東京タワーが見えますね!
  あぁ゛~、たまには、こんな垢抜けた場所でデートしてみたいなぁ~ハート
 
                      (写真提供は、しろ子ダーリン)
この記事のURL | 食事・飲み会 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ものは考えよう一つ
- 2008/06/19(Thu) -
このブログのカテゴリー「ドライブ」でも、時たま掲載させていただいて
おりますが、GW頃から四国別格二十霊場を母と2人で廻っています。
下記の「母に倣い、前向き思考を目指す」というエッセイは、ある寺で
ちょっとした出来事があったのですが、その時、感じたことを書き綴っ
たものです。

今月、東京・秋葉原で無差別殺傷事件がありましたが、人を殺める
事件が後を絶ちませんね‥‥。日頃から、自分自身を追い込まない、
追い詰めない訓練が大切である、と常々感じています。芥川の「侏
儒の言葉」の中に『あらゆる言葉は銭のように必ず両面を具えている。
例えば「敏感な」という言葉の一面は畢竟「臆病な」ということに過ぎ
ない。』と書かれていますが、ものの考え方、捉え方も同じではない
でしょうか。自分(の心)を生かすのも殺すのも自分次第なんですね。

私も若い頃はどちらかと言えば、マイナス思考でした。結論の出ない
ことをいつまでも考えて。それが余りにも精神を疲労困憊させるので
ある時、結論が出ないことで悩むのはやめよう、って。悩んでも、悩ま
なくても一緒なら、悩むのはやめよう、って。なるようにしかならないで
すからね。その時、また考えよう、って。つまり、負の性分を直すよう
意識的に心がけました。相変わらず、せっかちで短気ではありますが
昔より少しは切換上手になったのではないでしょうか?!ニコニコ。 正面

悩んでも結論が出ないことで悩まない!相手が自分のことをどう思って
いるかなど、わかるはずもなく。生きていれば人それぞれ色々あるわけ
で、おそらく人の数だけ悩みがあるのでしょう。自分に降りかかった厄介
を、他人の所為にすることなく、自分できちんと受け止めながら、余計な
ものは受け流していく。負の思考に執着せず、日頃から物事を良いほう、
良いほうに解釈していく。自分を楽にしてあげられる一番は、自分なんで
すから。最後まで自分を大切にし、簡単に見くびってしまわないことです。

自殺者が10年連続で3万人を超えた、という記事が地元紙の夕刊に載
っていましたが、自殺者の7割が男性だそうです。男性は厄介を独りで
抱え込み、なかなか外に吐き出すことをしないですからね。若い世代に
は、気の置けない友人づくりをやってほしいです。異性でも、同性でも、
同世代でも、異世代でもいいと思います。花や木を育てるように学生の
頃からゆっくりゆっくり、お互いの恥部までもさらけ出せる友人関係を育
んでいってほしいです。「いつも謙虚で、前向きに」ですよ!!キラキラ

                                   鉄線


~ 母に倣い、前向き思考を目指す~

 最近、母と二人で四国別格二十霊場を廻っている。先日、境内に
ぼけ封じの観音様が祀られているある寺を訪れた。その寺は本堂
まで長い石段があり、加齢とともに足が脆くなった母は、ぼけ封じの
観音様に手を合わせた後、「私の分も参ってきて」と石段を上がる私
に手を振り、納経所に向かった。
 本堂でお参りを済ませ納経所に行くと、母の様子がおかしい。母に
理由を尋ねると、二冊の納経帳のうち一冊に手違いがあり、別の寺
のところにご宝印を書かれてしまったと言う。見れば、母の納経帳で
ある。書いてしまったものは仕方がない、と母も私もその人に納経の
御礼を言い、次の寺に向かったが、私は車の中で怒り、文句を垂れた。
 しばらくして、助手席の母がぽつりぽつりと話し始めた。 「あの人
が私やほかの参拝者の代わりに、ぼけを引き受けてくれよんかもし
れんなぁ…」 それを聞いた時、私は自分が恥ずかしかったし、幾つ
になっても、何をやっても母には勝てないと痛感した。
 ものは考えよう一つ。自分を楽にさせるのも追い込むのも己の捉え
方一つ。負の思考に執着し、自分を真っ暗な袋小路に追い込まない
ためにも、日頃から母のようなポジティブ思考を心がけたい。
            
           (T新聞・「読者の手紙」08/06/19・掲載済)                       
    
tera1_convert_20080619140519.jpg

(注)写真の寺院は、別格二十霊場の一つですが、上記のエッセイに
   登場する寺院とは何ら関係がありません。

 
この記事のURL | 随筆 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
侏儒の言葉
- 2008/06/19(Thu) -
芥川竜之介 著 「侏儒の言葉」より

 ・人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのは莫迦々々しい。
  重大に扱わなければ危険である。

 ・人生は落丁の多い書物に似ている。一部を成すとは称し難い。
  しかしとにかく一部を成している。

 ・文章の中にある言葉は辞書の中にある時よりも美しさを加えて
  いなければならぬ。

 ・文を作らんとするものは如何なる都会人であるにしても、その魂
  の奥底には野蛮人を一人持っていなければならぬ。

 ・宿命は後悔の子かも知れない。-あるいは後悔は宿命の子かも
  知れない。

 ・あらゆる言葉は銭のように必ず両面を具えている。例えば「敏感な」
  という言葉の一面は畢竟「臆病な」ということに過ぎない。

 ・わたしは度たびこう言われている。-「つれづれ草などは定めしお
  好きでしょう?」しかし不幸にも「つれづれ草」などは、未かつて愛
  読したことはない。正直な所を白状すれば「つれづれ草」の名高い
  のもわたしには殆ど不可解である。中学程度の教科書に便利で
  あることは認めるにもしろ。

 ・古典の作者の幸福なる所以はとにかく彼らの死んでいることである。

 
ここで使われている侏儒(しゅじゅ)とは、見識のない人の蔑称であり
ます。芥川の「侏儒の言葉」という本の中から、心揺さぶられた文章
(短いもの)を拾ってみました。個人的に私は「徒然草」が好きなんで
すが、芥川に言わせると、ぼろクソですね。読みながら、イスから転げ
落ちそうになりました。ニコニコ。 正面

下記のスイレンは昨日の朝、開花したものです。美しいので載せてみ
ました。十人十色。人に限らず、花も同じなんですね‥‥。同じ鉢の、
同じ色のスイレンでも、先週開花し、ブログでご紹介させていただいた
スイレンとは、何となく別の雰囲気を醸し出しているような気がします。
そう思いませんか?同じように見え、やはり、ひとつひとつに「顔」が
異なるのですね。

実は文章も同じなんです。その人の独特の書きよう、言い回しがあり、
性格、人柄などもそこには反映され、笑い。文章を読むだけで、誰が書い
たのかわかるときがあります。私も自分の書いた文章に「灰汁」が出て
やしないか、暑苦しすぎやしないか、など ‥‥ いつも心に留めながら
書いています。
                              鉄線
IMG_1703_convert_20080618224202.jpg




この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山帰来の葉っぱ
- 2008/06/18(Wed) -
山帰来と書いて、サンキライと読みます。そのままですね。ニコニコ。 正面
では、山帰来とは何でしょうか?聞いたことありますでしょうか?

下記のかしわ餅を包んでいる葉っぱが、山帰来の葉っぱです。
写真は、できたてのあつあつのかしわ餅です。勿論、自家製の
かしわ餅。鉄線母がさっき作りました。まめですねぇ~。キラキラ

IMG_1714_convert_20080618200444_convert_20080618202557.jpg

うちの田舎では、かしわ餅を作る時、この山帰来の葉っぱを利用
します。よく店で売られているかしわ餅を包んでいる葉っぱはまず
使わないです。きっと、山にないからだと思いますね。
だから、山帰来の葉っぱを、うちの田舎では「かしわの葉」と呼ん
でいます。ちょうど今時分、山へ入ると、若緑の山帰来の葉っぱが
かしわ餅サイズに成長しています。写真のように蒸し器で蒸され、
茶色くなってしまっている葉っぱも、実は今朝、ある山ん中で摘ん
できたもののようです。まめですねぇ~。山帰来の実も赤くてかわ
いいですので、「サンキライ」で検索してみてください。どこかで見
かけている実、葉っぱかもしれません。生け花とか、ドライフラワー
によく使われています。うちの家では専ら、かしわ餅ですけどね~。

IMG_1717_convert_20080618200650.jpg

今日は生地に餡を練り込んだ練り込みと、中に餡を入れ、生地で
包んだ白いのと、2種類作ったようです。みなさんはどちらが好み
ですか?私はどちらも好みではなく‥‥。手書き風シリーズ汗1 私は辛党ですので、
そうですね~、唐辛子粉を生地に混ぜた赤いかしわ餅とかなら、
食べてみたいと思うかもしれません。かしわ餅。生地に少し砂糖
を混ぜて、韓国のトッポッキのように甘辛い味にしても、オモシロイ
のではないでしょうか。隠し味に少量のテンジャン(韓国みそ)。

かしわ餅のお好きなかた。写真だけで、ごめんなさい。アップロードファイル

                                鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「池の月」に似た花
- 2008/06/18(Wed) -
nani_convert_20080618092148.jpg

昨日のお昼、会社の上司に鰻(勿論、かば焼き)をごちそうになりました。
写真は、そのお店に活けられていた花です。何という名の花かご存じの
かた、教えてください。昨夜から気になって気になって仕方がありません。
喉にずっと秋刀魚の小骨が引っかかっているようで...。ニコニコ。 正面

花びらの色が淡く、やさしげですよね。よく見れば、ピンク、黄色、黄緑...
といろんな色から構成されていて、多色使いが好きな私としては、実に
興味深い花です。名前がわからないので、今は「池の月」と呼んでいます。
見た時、「池の月」に似ているなぁ、って思いましたので...。
読みながら「池の月」って何だ?と思われていると思いますが、「池の月」
は、徳島のお菓子、米菓なんです。下記がその「池の月」。えっ?何でも
菓子に喩えるな、って?!

ike_convert_20080618092025.jpg

徳島では嫁入りの際、近隣の人たちに「お嫁さんのお菓子」を配ります。
「お嫁さんのお菓子」は円ではなく、小判型なんですが、味は同じです。
子どもの頃、近所で婚礼があるたび、白い小さなかんぷくろに入れられた
「お嫁さんのお菓子」が何袋も配られ、弟と激しい奪い合いになりました~。
今でも婚礼の際に配っているのかどうかはわかりません。私も嫁になった
ことがありませんので~。

原料は米。薄く焼いて、砂糖を表面にまぶしてあるだけの素朴な菓子なん
ですが、純白の生地に、淡い黄色やピンク、薄い緑色などの彩りがなされ、
そのやわらかで、やさしげな感じが、鰻屋で見た花にそっくりだなぁ、って。

何でも食べ物に喩えてしまうところが色気のないところなんですが...。手書き風シリーズ汗1

                                   鉄線

*東京の豊豊堂さんから早速、名前を教えていただきました。ありがと。
 アルストロメリア(ユリズイセン)という名前の花のようです。キラキラ



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
루루공주 (ルル姫)
- 2008/06/17(Tue) -
Yahoo!動画で「루루공주 (ルル姫)」の無料配信が始まりました。
上記ハングルは、ルルコンジュと読みます。공주(コンジュ)は、
お姫さまのことです。正しくは、공주(姫)、공주님(お姫さま)です。
ちなみに、王子は왕자(ワンジャ)と言います。よって、王子さまは、
왕자님(ワンジャニム)です。님(ニム)が、「~様」になります。
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00005/v04693/

まだ1話、2話なので「見たいなぁ~」と思ってたかた、今からでも
間に合いますよ!最初からご覧になれます。ニコニコ。 正面 ただ、木曜1話、
金曜1話更新なので、今週の木曜、金曜には最初の1話、2話が
削除されてしまうかもしれません。ご注意を!

お姫さま役は、「パリの恋人」のキム・ジョンウンさん。kao01
彼女が身につけている衣装、装飾品、バッグ、その他、小道具が
かわいいなぁ~なんて思いながら見ています。話の筋が面白いか
どうかは、ちょっとわからないですが‥‥手書き風シリーズ汗1

脳が疲れた夜は、韓国ドラマ!!もちろん、私の場合ですよ!!

                             鉄線


ruru.jpg

(あらすじ→http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/Korea_Drama_princess_name_of_ruru.html)

この記事のURL | 映画・ドラマ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
『テグス』 (最終回)
- 2008/06/16(Mon) -
「テグス」 (6月6日掲載以降)

 ドアの覗き穴の向こうに麻亜子を見た時の宇佐美の驚きようと
いったらなかった。それ以上に麻亜子の髪が黒でなくなっている
ことに心臓が瞬間凍ったようになった。
 麻亜子もスーツ姿でない宇佐美を見るのは初めてだった。宇佐
美が幾ら若く見えると言っても、無精髭に水疱瘡でくたびれた姿は
やはり年相応だった。それ以上に部屋の大半を占領している三セ
ットの百科事典に麻亜子は圧倒された。
「これが壮一朗、和輝、美季ちゃんの百科事典?家族五人、この
部屋狭いでしょう?」
 言いながら麻亜子は何て大人げないと思った。しかし、とにかく
狭い部屋だった。小さな丸いテーブルとシングルサイズのベッド、
百科事典三セットで宇佐美の部屋は飽和状態だった。麻亜子の
嫌味は宇佐美にも届いたはずだった。けれども、宇佐美はそれに
答えるどころか、髪も梳かさず、パジャマ姿のまま着替えもせず、
ほうじ茶を運んできた。その顔には観念の色が窺えた。
「来る途中、考えごとしててお見舞い買うの忘れちゃった。身体の
ほうはもういいの?」
「まだ本調子じゃないけど、この度はゆっくり静養させてもらった」
 ほうじ茶の置かれたテーブルに掛けられたクロスは以前、宇佐
美が娘の誕生日にと買って帰ったベトナム・ターイ族の織り上げた
民族布だった。他にもあった。会社の女の子に頼まれた、お得意
先に配る、上司の奥さんの誕生祝に‥‥と宇佐美が購入してい
った見覚えのある雑貨があちらこちらにあった。宇佐美は自分の
病み上がりの冴えない姿より、雑貨を見られたことのほうが幾らも
恥ずかしかった。
「ここはフランジパニの二号店?‥‥宇佐ちゃんは嘘ばっかりね」
 ほうじ茶の入った湯呑みはバレンタインのお返しにするから、と
購入していったものである。麻亜子は宇佐美をキッと睨み付けた後、
ほうじ茶を一気飲みした。
「麻亜ちゃんとこんなに親しくなれるとは思ってなかったから。勿論、
お客さんとこんなことになったのも初めてで。一番最初に付いた商
品を売るためのお決まりの嘘が次第に自分の首を絞めるようになっ
て苦しかった。テグスを抜きながら今日は本当のこと話そう、明日
は必ず言おうって」
 セールスマンとして麻亜子のマンションを訪れている時のような
軽快さはなかった。病み上がりだからというよりは、目の前にいる
物静かな宇佐美が麻亜子は地のような気がしていた。
「精子の数が極端に少ないらしくてね。それが原因で女房に捨て
られ、何をやるにもそのことがコンプレックスになってきた。『種なし』
と書かれたスイカやぶどうのチラシを見ると、今でも心がざわつくよ」
 麻亜子のように自分のことを欠陥品とさらりと言ってみせる潔さが
五十になってもまだない、と宇佐美は言った。
「潔くもないけれど、最初から持ち合わせていないんだから仕方が
ないじゃない。その分、他人が持ち合わせていないものを与えられ、
生まれてきたと信じてる。今あるものに感謝しながら生きないと。
五十になって、無いものねだりはちょっとがっかりかな」
 宇佐美が独身だったら、と麻亜子はこれまでどんなに思ってきたか
知れない。宇佐美と男と女の関係になってしまったことに後悔はなか
ったが、宇佐美が妻帯者であることで罪悪感に呵まれていたのも確
かだった。宇佐美は誰の者でもなかった、という現実が麻亜子をより
強気に、そして、より優しくしていた。
「嘘は自分の中に土足で踏み込んで来られないための処世術だった。
いい歳して独りだと人は必ず何で?どうして?って反射的に聞く。歳
を重ねるにつれ、セールス先で余計根掘り葉掘り聞かれるようになっ
て、それで架空の家族を作り上げた」
 話しているうちに本当に自分には家族がいるような気がしてきて、
子供たちのために次々と百科事典を買ってしまったと語る宇佐美は、
罪を淡々と認める容疑者のように無防備だった。
 宇佐美はこの一週間、ベッドに横たわりながら女房に捨てられて
からの十五年間を振り返っていた。しかし、思い出されるのは惨めで
恨みがましい十四年ではなく、麻亜子のマンションへ通った心地よい
一年ばかりだった。麻亜子にそう話すことはできても、麻亜子が髪を
染めて現れたことで、さっきから心に小さくもない波が立ち続けている
ことは言えなかった。
「‥‥髪、染めたんだね。もうテグスを抜く必要がないんだね」
 優実から逆三行半を言い渡された時、ドライアイスのプールに突き
落とされたような痛みが全身に走ったのを宇佐美は思い出していた。
全身不安の塊のような宇佐美を見つめながら、麻亜子は何も言わず
バッグからタイピンを取り出した。何度見てもただのくたびれたタイピン
だった。そんなタイピンを麻亜子は目尻に仄かな横皺を湛えながら、
いつまでも眺めていた。(了)


※「テグス」、いかがでしたでしょうか?最後まで読んで下さったかた、
  どうもありがとうございました。
                               
                                鉄線

                          
この記事のURL | 小説 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Canon SELPHYで作る絵はがき
- 2008/06/15(Sun) -
去年、クリスマスにCanonIXYをプレゼントしていただいた時に、
Canon SELPHYというプリンタも一緒にプレゼントしていただい
たのですが‥‥。まめなようで、実は面倒臭がりの鉄線。
①箱から出すのが面倒。
②マニュアル読むのが面倒。
③片づけるのが面倒  etc‥‥

ということで、一昨日まで半年間、押入の中に(勿論、未開封)
しまったままでした。「勿体ない!出して使いっ!」と、しろ子に
強く言われたため、その夜、しぶしぶ押入から出して印刷~。
うわっ、意外と、全然簡単じゃん!ニコニコ。 横向き
「きれいに印刷できるね~キラキラ」と、プレゼントしてくれた人に報告
をしたら、「何?今日初めてプリンタ使ったの?!」と、目が点に
なって、あきれておりました。(すんません。)

昨日は車で走りすぎたので、今日は家でのんびりと絵はがきを
作っておりました。今から、これらの絵はがきを使って、お便りを
書くつもりです。大好きなブルーがとても色鮮やかに発色するの
で、ご機嫌です。ちょっと用紙がお高いのが玉に瑕、でしょうか。

                               鉄線

IMG_1697_convert_20080615143635.jpg



この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
箸蔵寺の彫刻の数々 
- 2008/06/15(Sun) -
昨日の10時間ドライブと、お詣り(石の階段260段や急すぎる坂道)
によって、朝起きて動き出したら、あちこち筋肉痛~。日頃、如何に
運動不足か、ということがよくわかります。毎日Walkingをしてても
階段を上る時に使う筋肉と歩く筋肉とは異なるのですね。
20代後半から30代前半のみなさん、運動不足で身体が硬くなって
しまう前に、日々意識的に身体を動かし、柔軟さを維持してください。
まめにストレッチを続けるだけでも、全然身体の状態が違いますよ。

さて、箸蔵寺は、標高約600mの箸蔵山頂にあり、天長五年(828)に、
弘法大師が開創されたと伝えられる、真言宗の古刹です。 この地
を訪ねられたお大師さまが、箸蔵山頂に漂う不思議な瑞気に導かれ、
ここに登られた、と伝えられています。この雲辺寺同様、箸蔵寺もロ
ープウェイを利用しました。箸蔵寺は寺院の彫刻がすばらしいです。

                                 
hi2_convert_20080615075240.jpg


hi1_convert_20080615075304.jpg


IMG_1650_convert_20080615083418.jpg


IMG_1651_convert_20080615083517.jpg


hi_convert_20080615075334.jpg

先日の満濃池でもそうなのですが、龍のそばにいると落ち着きます。
背後で自分を護ってくれているのは”龍”である、と感じているような
ところがありまして‥‥。決して、「태왕사신기」の見過ぎではありま
せん。この龍は、一番上の写真、本堂に彫刻されている龍です。キラキラ
箸蔵寺へ行かれたかたは、是非、見つけてみてください。
        
                                鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
箸蔵寺→萩原寺→雲辺寺→椿堂→仙龍寺へ
- 2008/06/14(Sat) -
hi8_convert_20080614212334.jpg

箸蔵寺→萩原寺→雲辺寺→椿堂→仙龍寺へ行ってきました。
往復260㎞のドライブでした。zoomzoom005
今回は箸蔵寺と雲辺寺で、ロープウェイに乗りました。写真は
雲辺寺のロープウェイ頂上からの風景です。四国霊場八十八
ヶ所中、最高峰にして海抜1,000m、讃岐と阿波の県境にあり、
「四国高野」と称されているそうです。ロープウェイは苦手です。
軽く酔ってしまいます‥‥。軽くなので、すぐ回復しますが、あ
の独特の揺れがだめみたいです。別に高いところは全然平気
なんですけどね。

hi6_convert_20080614212403.jpg


hi7_convert_20080614212426.jpg


IMG_1674_convert_20080614212242_convert_20080614213635.jpg


u_convert_20080615085421.jpg


あっ、そうそう、箸蔵寺のロープウェイのりば兼売店で、変わった
アジサイを見つけました。ソフトクリームのような形状のアジサイ。
初めて見ました。美しかったか?って?う~ん、ちょっと微妙だっ
たかな‥‥。

今日も極めて狭い山道(仙龍寺)があり、一気に運転疲れが‥‥。
後一つくらい廻れそうな時間帯だったのですが、仙龍寺からR192
に無事に出た途端、あぁ゛~、もう帰ろ‥‥とギブアップ状態でした。
今夜はこの辺で、おやすみなさい。
                                鉄線
IMG_1668_convert_20080614214339.jpg


IMG_1669_convert_20080614214245.jpg



この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雌蕊・雄蕊
- 2008/06/13(Fri) -

普段、これほど顔を近づけて見る、ということがないですよね?!
私もありません。カメラ kissDN を持ってる時だけですね。カメラだから
こそ、ここまで近づけます。雌蕊と雄蕊。花ごとに色々でおもしろい
ですね。花と同じ距離を保ちながら、カメラを覗き込むだけで裸眼で
見えないものが見える。部屋に戻り、写真の中に写り込んでいるも
のを見て、2度驚くことがよくありますね。

IMG_1641_convert_20080613195830.jpg

b_convert_20080420120406.jpg

DSCF0348_convert_20080613200544.jpg

そうそう、この桔梗の花は、巾が7㎝ほどもある大輪なんですよ。
去年買ってた時は、これほど大きくはなかった、と記憶しています。

その下の蕾は明日、開くことでしょう。この状態で、中が覗けたら
いいですね~。雄蕊のように寝っ転がって、五角形のブルーの天
井を見上げたら、きれいでしょうから。やわらかいクッションに寝っ
転がって、まるでプラネタリウムを見ているように感じるかもしれま
せん。そして、そのまま内側から花が開く瞬間を体験してみたい
ですね。雌蕊と雄蕊はいつもそれを独り占めできて羨ましいです!キラキラ

                               鉄線
IMG_1637_convert_20080613202443.jpg

IMG_1643_convert_20080613202536.jpg
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
睡蓮、開花!開花!開花!
- 2008/06/12(Thu) -
d1002_convert_20080612085143.jpg

「かろうじて」から30分後の睡蓮です。朝陽を浴び、見事に開花しました!
睡蓮。去年の今頃に見て以来なので、道で偶然、知人に出会ったような
懐かしさがありますね~。うちの睡蓮、いかがですか?

さぁ、美しい花たちに背中を押されながら、今日も1日、がんばりましょうね!
ファイティン!!ニコニコ。 正面
                                  鉄線
d4004_convert_20080612085221.jpg

                                  

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
睡蓮、かろうじてOPEN!
- 2008/06/12(Thu) -
IMG_1618_convert_20080612073137.jpg

今朝、7時半頃の睡蓮です。太陽は上がっているものの、まだ
直接、太陽の日差しを浴びていないため、完全には開ききって
おらず、かろうじて開花、って感じですね‥‥。あせ

                               鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
睡蓮、すでにClosed!
- 2008/06/11(Wed) -
IMG_1617_convert_20080611185646.jpg

見事に開花した睡蓮を想い描きながら、会社から急いで帰ってきたの
ですが‥‥。今日の睡蓮は既に店じまいしておりました。ほんの少し、
開花してた名残が見受けられましたが、残念でした‥‥。
夕方にはしぼんでしまう、ということで、開花の様子は土曜になりそう
です。土曜まで毎日、咲き続けてくれるといいんだけど‥‥。
明日の朝、開花してくれないかなぁ~。会社に出かける頃はまた今日
のようなゆで卵状態かもしれませんね。

睡蓮の代わりと言ってはなんですが、これまた今朝、開花したばかりの
桔梗の写真をどうぞ。
                                  鉄線

IMG_1615_convert_20080611194914.jpg


j3 004_convert_20080611091945


                            
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
睡蓮、まもなく開花!
- 2008/06/11(Wed) -
家の睡蓮、まもなく開花です。今朝、6時半頃の様子です。この時は
まだ蕾の状態でした。

IMG_1607_convert_20080611075823.jpg



それから、1時間ほどしての様子がこちら。もう今頃はきれいに開花
しているかもしれません。めだかの赤ちゃんが泳いでいるの、わかり
ますか?湧いたように、もの凄い数のめだかがこの中で泳いでいます。
会社から戻る頃には、美しい睡蓮の花をお届けできるのではないか、
と思いますが...。
                                   鉄線

h001_convert_20080611090513.jpg

*近視の私には、ゆで卵に見えるんだけどなぁ~。手書き風シリーズ汗1



                               


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
次は、シエラレオネ共和国へ
- 2008/06/11(Wed) -
大学時代の友人。マザリ・シャリフの次は、アフリカ・シエ
ラレオネ共和国へ行くそうです。
シエラレオネ。聞いた時、どこに位置する国か、わかりま
せんでした。アフリカの西の端、大西洋岸に在るんですね。
う~ん、遠いなぁ~。
インドネシア、ラオス、アフガニスタン、そして、シエラレオネ。

シエラレオネ共和国の情報はこちら↓
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/s_leone/data.html
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=105

内戦が続き、まだまだ復興途中のようなので、マザリ・シャ
リフ同様、いろんなことに気を付けて、より一層、精力的に
仕事をこなしていただきたい、と思っています。街角のレポ
ートも楽しみにしています。がんばってくださいね!キラキラ

                             鉄線

DSCF0349_convert_20080610144925.jpg


この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しろ子さん、復活!
- 2008/06/10(Tue) -
体調を崩し、しばらく休養していたしろ子さんが今日から復活してきました。
まだまだ本調子ではないようだけれど、仕事もたまってるけれど、くれぐれ
も無理はしないでくださいね!!ただでさえ、ジメジメした鬱陶しい時季。
しろ子さんも、アクア里親さんも、このWebをご覧のかたがたも、どうぞご自
愛くださいね!元気が基本。それから、身体は1つ、ですよ!!ニコニコ。 正面

とにかく、しろ子さん、復活してきてくれて、先輩はうれしいです。はぃ。キラキラ

                                     鉄線
IMG_1605_convert_20080610211145.jpg


この記事のURL | くんだら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
どちらが好みですか?
- 2008/06/10(Tue) -
同じアジサイなのですが、みなさんはどちらのアジサイが
好みですか?

私は4日前のアジサイ(下)のほうを壁紙にしています。
淡い若草色のつぼみが新鮮で、やわらかで、「これから」
という息吹きを感じさせてくれるからです。flower2

                            鉄線

a1123_convert_20080609215256.jpg


IMG_1552_convert_20080606205815.jpg


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ