山帰来の葉っぱ
- 2008/06/18(Wed) -
山帰来と書いて、サンキライと読みます。そのままですね。ニコニコ。 正面
では、山帰来とは何でしょうか?聞いたことありますでしょうか?

下記のかしわ餅を包んでいる葉っぱが、山帰来の葉っぱです。
写真は、できたてのあつあつのかしわ餅です。勿論、自家製の
かしわ餅。鉄線母がさっき作りました。まめですねぇ~。キラキラ

IMG_1714_convert_20080618200444_convert_20080618202557.jpg

うちの田舎では、かしわ餅を作る時、この山帰来の葉っぱを利用
します。よく店で売られているかしわ餅を包んでいる葉っぱはまず
使わないです。きっと、山にないからだと思いますね。
だから、山帰来の葉っぱを、うちの田舎では「かしわの葉」と呼ん
でいます。ちょうど今時分、山へ入ると、若緑の山帰来の葉っぱが
かしわ餅サイズに成長しています。写真のように蒸し器で蒸され、
茶色くなってしまっている葉っぱも、実は今朝、ある山ん中で摘ん
できたもののようです。まめですねぇ~。山帰来の実も赤くてかわ
いいですので、「サンキライ」で検索してみてください。どこかで見
かけている実、葉っぱかもしれません。生け花とか、ドライフラワー
によく使われています。うちの家では専ら、かしわ餅ですけどね~。

IMG_1717_convert_20080618200650.jpg

今日は生地に餡を練り込んだ練り込みと、中に餡を入れ、生地で
包んだ白いのと、2種類作ったようです。みなさんはどちらが好み
ですか?私はどちらも好みではなく‥‥。手書き風シリーズ汗1 私は辛党ですので、
そうですね~、唐辛子粉を生地に混ぜた赤いかしわ餅とかなら、
食べてみたいと思うかもしれません。かしわ餅。生地に少し砂糖
を混ぜて、韓国のトッポッキのように甘辛い味にしても、オモシロイ
のではないでしょうか。隠し味に少量のテンジャン(韓国みそ)。

かしわ餅のお好きなかた。写真だけで、ごめんなさい。アップロードファイル

                                鉄線


スポンサーサイト



この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「池の月」に似た花
- 2008/06/18(Wed) -
nani_convert_20080618092148.jpg

昨日のお昼、会社の上司に鰻(勿論、かば焼き)をごちそうになりました。
写真は、そのお店に活けられていた花です。何という名の花かご存じの
かた、教えてください。昨夜から気になって気になって仕方がありません。
喉にずっと秋刀魚の小骨が引っかかっているようで...。ニコニコ。 正面

花びらの色が淡く、やさしげですよね。よく見れば、ピンク、黄色、黄緑...
といろんな色から構成されていて、多色使いが好きな私としては、実に
興味深い花です。名前がわからないので、今は「池の月」と呼んでいます。
見た時、「池の月」に似ているなぁ、って思いましたので...。
読みながら「池の月」って何だ?と思われていると思いますが、「池の月」
は、徳島のお菓子、米菓なんです。下記がその「池の月」。えっ?何でも
菓子に喩えるな、って?!

ike_convert_20080618092025.jpg

徳島では嫁入りの際、近隣の人たちに「お嫁さんのお菓子」を配ります。
「お嫁さんのお菓子」は円ではなく、小判型なんですが、味は同じです。
子どもの頃、近所で婚礼があるたび、白い小さなかんぷくろに入れられた
「お嫁さんのお菓子」が何袋も配られ、弟と激しい奪い合いになりました~。
今でも婚礼の際に配っているのかどうかはわかりません。私も嫁になった
ことがありませんので~。

原料は米。薄く焼いて、砂糖を表面にまぶしてあるだけの素朴な菓子なん
ですが、純白の生地に、淡い黄色やピンク、薄い緑色などの彩りがなされ、
そのやわらかで、やさしげな感じが、鰻屋で見た花にそっくりだなぁ、って。

何でも食べ物に喩えてしまうところが色気のないところなんですが...。手書き風シリーズ汗1

                                   鉄線

*東京の豊豊堂さんから早速、名前を教えていただきました。ありがと。
 アルストロメリア(ユリズイセン)という名前の花のようです。キラキラ



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |