夏の香りと代筆
- 2008/07/29(Tue) -
IMG_2144_convert_20080729221855.jpg

産直市のそばで撮影。夏らしいなぁ~、と思って。ゴーヤですね。
ヘチマも同じ棚で一緒に育てられていました。

風呂上がり、母の暑中見舞いの代筆をしていました。絵ハガキは
与島で撮った瀬戸大橋の写真を使用しました。東山魁夷せとうち
美術館のミュージアム・ショップで絵ハガキを買おうかと迷いました
が、家で絵ハガキを作ることができるし、画集は画集で別に持って
いるので、買うの、見送りました。瀬戸大橋をバックに自分の写った
自家製の絵ハガキを使って友人に暑中見舞い。母は喜んでいます!

                              鉄線

IMG_2140_convert_20080729223306.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
突然の激しい夕立
- 2008/07/28(Mon) -
今日の夕方、突然の激しい夕立がありました。雷も遠慮なしで
心臓がキュ~となるくらい物凄いのが4つ、5つもありました。
めちゃくちゃ激しい雷雨でした。今日は夏休でしたので、雷雨の
間中、パソコンをはじめ、部屋の電化製品の電源を全てOffにし、
通り過ぎるのを待ちました。

午後3時頃はまだまだ青空だったのですが‥‥。

j_convert_20080728183217.jpg

午後4時過ぎ辺りから雲行きがどうもあやしくなってきて‥‥。

x_convert_20080728182838.jpg

午後5時前から急に激しい夕立となり、雨。窓に打ち付ける様子
から、斜めを通り越し、横に降ってるような感がありました。

c_convert_20080728184732.jpg

v_convert_20080728182949.jpg

近所のアパートの誰かさんのフトンもずぶぬれに‥‥。かわい
そうに~。今夜、どうするんだろう、この人。まさか、これほど激
しい夕立になるとは思いもしなかったんでしょうね‥‥。

m_convert_20080728183045.jpg

短時間に滝のごとく雨が降りましたから、一時的に冠水しました。
極めてめずらしい光景です。アッという間に引いていきましたが、
ただいま午後7時。ずぶぬれのフトンは今も外に出たままです。
中に入れることもできないし、しばらくあのままなんでしょうかね。
他人事ながら、ちょっとショックです。

n_convert_20080728184759.jpg

金沢や富山、神戸でも大雨による被害が出ていますが、最近の
雨の降りようは、加減を知らないというか、キレたように降りますね。
温暖化が影響しているのでしょうか?ただの雷雨だと思って油断
は禁物ですよ!
                               鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東山魁夷せとうち美術館と与島PA
- 2008/07/27(Sun) -
ki6_convert_20080727191514.jpg

坂出市にある「香川県立東山魁夷せとうち美術館」までドライブに行って
きました。(本日の走行往復220km) 
「香川県立東山魁夷せとうち美術館」は、瀬戸内海に浮かぶ櫃石島出身
の祖父を持つ東山魁夷の版画約280点を所蔵しています。
学生の頃から、東山魁夷の絵が好きで、一度行ってみたかった美術館で
した。今回展示されていた絵は50弱。そのほとんどが画集や過去に見た
ことのあったもので、ちょっと残念に思いましたが、いつ見ても魁夷の描く
ブルー、それも藍のような濃紺に強く惹かれます。 東山魁夷の色づか
いにずっと癒され、これからもそうなんでしょうね、たぶん。
この美術館は、瀬戸大橋記念公園、瀬戸大橋タワーのすぐそばにありま
す。アクア里親さんはこの美術館に行ったことあるかな?
下記がその瀬戸大橋タワーです。(登りませんでした。)

ki2_convert_20080727191450.jpg

-----
坂出市まで来たので、ついでに瀬戸大橋を渡ってみよう!ということになり、
与島PAまで行ってみました。下記の写真は展望台から見た瀬戸内海です。

ki5_convert_20080727191240.jpg

ki4_convert_20080727191345.jpg

ki1_convert_20080727191322.jpg

ki_convert_20080727191417.jpg

IMG_2093_convert_20080727195326.jpg

今日も1日、猛暑。エアコンの効いたアクセラから降りるたびの熱風が半端
じゃなかったですが、夏らしい青い空と白い入道雲、それから太平洋とは異
なる瀬戸内のマリンブルーも美しく、本当に気持ちのいいドライブでした。
                                      鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クォーツ三昧とクライマーズ・ハイ
- 2008/07/26(Sat) -
IMG_2126_convert_20080727190622.jpg

今日も暑かったですね。多治見では39℃まで気温が上がったとか。
ふ~ぅ。お盆まではこの暑さ、続くのかしらん‥‥。

今日も朝から原稿の校正をしていました。昼から少し息抜きに石の
ブレスレットを作ってました。好きな石を使って、極めてシンプルに
作りました。向かって左。ルチルクォーツとクォーツのブレスレット。
向かって右。スモーキークォーツとマダガスカルローズクォーツの
ブレスレット。石のリングと違い、材料費がちょっと高く付くので、石
のリングみたいに大盤振る舞いでプレゼントできないのが玉に瑕、
かな‥‥。

今夜は涼みがてら、今からレイトショーを見に行きます。「クライマ
ーズ・ハイ」を見ようと思っています。混んでないことを祈ります。
友人からのメールに、「西の魔女が死んだ」がおもしろかった、と
書いてありましたが、こっちではそんな映画、やってなくてねぇ~。
とにかく、深夜徘徊、行ってきます。
                                鉄線

 
この記事のURL | 映画・ドラマ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯵、鯵、鯵-鯵到来!
- 2008/07/26(Sat) -
IMG_2072_convert_20080726125943.jpg

鯵。持ってきてくれました。この洗い桶の倍の量を持ってきてくれました。
近所に配った残りがこれ。前回より一回り、大きくなっていました。昨夜、
釣った鯵とかで、銀色に光ってきれいですよね?!今回はこれを三枚に
下ろし、竜田揚げにしていただく予定です。
                                鉄線

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ただいま、松茂美人を蒸かし中‥‥
- 2008/07/26(Sat) -
IMG_2066_convert_20080726093229.jpg

今、蒸し器で松茂美人(さつまいも)を蒸かし中です。入れたばかり
なので、まだしばらくかかります。(粗塩を少し振っています。)
鳴門金時(さつまいも)もそうなんですが、徳島のさつまいもは味は
勿論のこと、この色が実に美しい‥‥。

実家の近所のおばさんが、今から鯵を大量に持ってきてくれることに
なっているので、復路の車ん中で食べて帰れるよう、蒸かし始めまし
た。いつもは焼き芋にするのですが、今日は蒸かしたのが食べたくな
り、蒸かし芋にしています。後、ゴーヤのピクルスも小瓶に詰めて、少
し食べてもらおうと思っています。めずらしいと思いますので。

                                 鉄線
  ↓
  ↓
(もうそろそろ大丈夫のようです!)

IMG_2067_convert_20080726095831.jpg



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おNEWのVENDOR
- 2008/07/25(Fri) -
IMG_2063_convert_20080725214250.jpg

会社に新しいベンダーを入れました。今まではコインを持って
ベンダーまで飲み物を買いに行くものの、買いたいものがなく、
そのまま事務所に戻る、というパターンが多かったのですが、
今回新しく入れたベンダーには買いたい、飲みたい、と思うよ
うなものが並んでいました。わざわざ車に乗って、コンビニに
買いに行かなくて済みそうです。

設置場所は中2階。階段を男性6人がかりで担ぎ上げました。
さすが男性ですね。力仕事、女ではこうはいきません。うちの
ビルは経費節減で玄関ホール、廊下、トイレなどの共用部分
は空調を入れておりませんので、ベンダー会社の6人さんは
もう汗だくになりながらの設置作業でした。大変お疲れさまで
した。店子さんたちも新しいベンダーを見つけ、喜んでおられ
ました。よかった、よかった! 猛暑ですが、冷たい物の飲
み過ぎにはくれぐれも注意してくださいね~。

と、言ってるにも係わらず、冷たい物をがぶがぶ飲んで、おな
かを壊してるのは、どこの、どいつだい!

私だよ!   
                             鉄線

IMG_2053_convert_20080725214355.jpg

IMG_2055_convert_20080725214456.jpg

IMG_2056_convert_20080725214604.jpg

IMG_2062_convert_20080725214703.jpg


この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴーヤのピクルス 2
- 2008/07/25(Fri) -
昨夜作ったゴーヤのピクルス。今晩の食卓に出してみました。
想像してたよりおいしいです。苦みもほとんどなく、さわやか~。
お好みで少し醤油をたらしてもおいしかったですよ。
両親も「うまい」と言って、食べておりました。
いろんな野菜を使って、今度はワインビネガーで作ってみようと
思ってます!!
                           鉄線



                         
この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴーヤのピクルス
- 2008/07/24(Thu) -
IMG_2049_convert_20080724213012.jpg

今が旬のゴーヤ。ここんとこ夏バテ気味なので、ゴーヤを使って
ピクルスを作ってみました。ゴーヤはビタミンCの王様と言われる
ほどビタミンCが多く含まれているそうですね!その他、血糖値を
下げてくれる効果もあるとか。ゴーヤのビタミンCは熱しても壊れ
にくく、疲労回復や夏バテ防止には持ってこいのお野菜。

ゴーヤのピクルス。食べやすいといいですけどね~。私も初めて
作ってみたので、まだ味のほうは何とも‥‥。
苦くて少々食べ辛いゴーヤですが、ビタミンCの王様なので、何か
食べやすい料理を考えてみようかな、と思っています。ゴーヤチヂ
ミとかおいしそうですけどね~。

                               鉄線

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
酷暑の中のDayflower
- 2008/07/23(Wed) -
IMG_2041_convert_20080723184200.jpg

朝、咲いた花が昼にはしぼんでしまうという、ご存じ露草。英名では
「その日のうちにしぼむ花」ということで、Dayflowerと呼ばれている
ようです。

この露草は今朝、会社の駐車場横で咲いていました。この淡い露草
ブルー。見ていると、涼しげで爽やかですよね。熱さまシートほどでは
ありませんが、ひんやり~してきますよね?!いい色です。

今日も酷暑でしたが、この露草ブルーにほんの少し、涼しくなっていた
だこうと、朝っぱらから遅刻しそうになりながらシャッターを切りました。
いかがですか?見た一瞬だけでも暑さが遠のいたなら、撮った甲斐が
あるのですが‥‥。

IMG_2042_convert_20080723185912.jpg

白鷺でしょうか?白鷺も暑いのか(そりゃ、暑いだろう)、池の畔まで
避暑にやってきていました。羽が白くても暑いんでしょうね。(そりゃ、
暑いだろう)腹を空かし、魚を啄みにきていたのかもしれませんね。
聞いてみないとわかりませんけどね~。

露草も田舎にいた頃はそこここに咲いていましたが、今いる空間では
あまり見ることができません。もっと、色も濃かったような気がしますが、
種類が異なるのかな?とにかく、野の花も美しいですね。

                                鉄線





この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
カウンター2000 突破!
- 2008/07/22(Tue) -
tesen_convert_20080722154505.jpg

ふと気がつくと、Tessen's Cafeの訪問者数が2000名様を越えておりました。
これもひとえにみなさまのおかげであります。ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
                                 鉄線


※この間、カウンターを見た時、(もうすぐ2000だなぁ~)と思って、
  ちょ うど2000のかたには、何か粗品を...と思っていたのですが、
  2000を越えてしまっておりました。我ながら段取りが悪いことで..。
     

※このテッセンの画像は、長野県の岡田農園からいただきました。
 ありがとうございました。
 http://members.stvnet.home.ne.jp/kubookada-h/  
  

                        
この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
空の夕焼け、川の夕焼け
- 2008/07/21(Mon) -
IMG_2033_convert_20080721200410.jpg

海の日。3連休最終日。今日も酷暑でした。徳島は今日も夕焼けが
きれいでした。空を朱く染める夕焼けもきれいですが、川面でゆらゆ
らと揺れる夕焼けもきれいでしょう?!スーパーマーケットに行く途
中だったんですけど、夕焼けがあんまりきれいなので、デジカメを取
りに家に帰りました。向こうに見える山は、眉山(びざん)です。
そうそう、一昨日の夕焼けは、1本向こうの橋から撮影しました。

この3連休は家で小説を書いていました。400字詰め原稿用紙で、
100枚近くあったものを半分に削ぎ落としてました。(投稿しようと
思っている文学賞の規定枚数が50枚なので。)書いたものを削る
のは正直忍びないですが、人の原稿を遠慮なく校正しているうち
に、削ぎ落とすことに抵抗がなくなってきました。やっとこさ、55枚
まできましたから、もう一息。締め切りは9月末。後2ヶ月ですね。
今、肩が岩のようになっています。明日はマッサージに行きたい
なぁ~。

                               鉄線


この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
酷暑の中の赤・青・黄
- 2008/07/21(Mon) -
酷暑の中に、赤・青・黄を見つけてみました。

赤は、自家製の梅干しです。めちゃくちゃ酸っぱいです。
見ているだけでパブロフみたいに唾液が出てきます~。
この梅干しでおにぎりを作ると、最高です!
梅を漬け込んだこの赤紫蘇の汁を、そのまま生野菜に
かけて食べてもおいしいです。炊きたての白いご飯に
クルッと一周かけて食べても同様。去年の在庫がなくな
りかけているので、食べ頃に漬かるのが待ち遠しいです。

IMG_2018_convert_20080721151552.jpg
------

次は青、というか緑ですね。スダチです。露地物のスダチ。
この写真のサイズは、ビー玉より一回り大きいくらいでした。
徳島人はユズやスダチがないと生きていけません。県外に
旅行した時、料理に刺身が出てくると必ず尋ねますね。
「スダチ、ありますか?」って。ないですね。99%ないです。
徳島のスダチもまだまだだなぁ~、今度旅する時は旅行鞄
にスダチを放り込んでこよう、と思うのですが、いつもきれい
に忘れています。白菜のぬか漬けにちりめんじゃこをかけ、
そこにスダチを搾り、醤油をかけていただきます。もうそれだ
けで他におかずは要りません。

IMG_2019_convert_20080721151648.jpg
------

3時のおやつでした。みつ豆。みつ豆を前にすると、いつも思
うんですよね。寒天と豆だけのみつ豆はないかな、って。
缶詰のフルーツがいまいち好きではなく、給食でフルーツポン
チがおかずとして登場した日にはブルーでした。ぜんざいが
おかずとして登場した日も同様。今でもありえないと思ってい
ます。

IMG_2020_convert_20080721151740.jpg


酷暑で夏バテや胃腸が弱っている人が思いのほか多いです。
人のことは言えないのですが‥‥寝込まないように体調管理
気を付けましょうね。
                             鉄線


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
더워 죽겠다!(暑くて死にそう!)
- 2008/07/19(Sat) -
IMG_2007_convert_20080719202323.jpg

더워 죽겠다 ~。いやぁ、今日も暑かったですね。「더워 죽겠다 ~」は、
韓国語(直訳)で、「暑くて死にそう~」という意味なんです。「暑くてたま
んない~」という感じでしょうかね。韓国では「○○○して死にそうです」と
いう表現をよく使います。日本人の私にはかなりオーバーな表現に感じ
ますね。

以前、韓国人の知人に韓国土産をもらった時に「좋아 죽겠다」と言って
みました。「좋아 죽겠다」は直訳すると「うれしくて死にそう」という意味
なのですが、「そんなの、誰に習いましたか?」と大ウケでした。その時、
もらったのは韓国のお湯のみ。私が陶器の食器を好むのを知り、買って
きてくれました。私としては本当に「좋아 죽겠다」(うれしくてたまんない)
って感じだったのですが‥‥。あらら、思い出話になってしまいました。

ウォーキングに出ると、夕焼けがきれいでした。この分だと、明日も暑く
なりそうですね。体調、崩さないように気を付けてくださいね。私は少し
胃腸がやられているようです‥‥。ニコニコ。 正面
 
                                  鉄線
IMG_2004_convert_20080719202413.jpg


この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(6) | TB(0) | ▲ top
松茂美人とゴーヤ
- 2008/07/18(Fri) -
imo_convert_20080718133706.jpg

しろ子ははさんより、松茂美人(さつまいも)、ぽん吉さんより、自家製の
ゴーヤをいただきました。

徳島のさつまいも(鳴門金時とか松茂美人)は、粉がふき、甘みもあり、
本当においしいです。その分、値段も高いですけどね~。学生の頃、
新京極の辺りに行列のできる焼き芋屋さんがありました。今でもあるの
かな?(やじんさん、知ってるかな?)そこのお店は当時、鳴門金時を
使っていました!そうそう、写真の松茂美人は、今年の初物なんですよ。キラキラ

ぽん吉さんは家庭菜園で色々野菜を作っているようです。まめですね。
このゴーヤもぽん吉さんが作ったもの。ゴールデンウィークに植えたゴ
ーヤだそうです。さぁ、どう料理していただきましょうかね。あっ、枝豆も
いただきました。湯がいて、ビールのつまみにいいですね。ビール

goya_convert_20080718135526.jpg

goya1_convert_20080718135544.jpg

ゴーヤの花も、ちっちゃい実もかわいいですね。「どんなん?」って聞いたら
ぽん吉さんが写真を送ってくれました。きゅうりっぽいですね。
この子、大きくなったら、私にください。予約、入れておきます。はい。ニコニコ。 正面

                                   鉄線

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ハイビスカスの蕾の落下について
- 2008/07/17(Thu) -
tessenia_convert_20080718133639.jpg

blog・「恒星と太陽と植物と」の博士こと、ちょろんいさんから
ハイビスカスの蕾の落下について、教えていただきましたキラキラ

先日、博士のお宅の庭に植えてあるハイビスカスの蕾が無造作に
落下してたそうです。その切り口があまりにもきれいな断面だった
ので疑問に思い、調べてみたそうです。鉛筆

ハイビスカスは、日照不足、土の乾燥もしくは過湿、根詰まりなどで
ストレスがかかると落蕾しやすくなるとかで、特に鉢植えだと、成長
していくにしたがって根っこが広がるので、ストレスを受け易い要因
が多いために蕾のうちに落ちてしまうケースが実際にあるとのこと。
よって、私のハイビスカスも人為的な落蕾の可能性は低いのではな
いか、というお話でした。

凄いですね~。ストレスで蕾が落ちるだなんて。う~ん、感動です!キラキラ感動
ほんとですよ、博士。今、唸るほど感動しています。①ストレスで落蕾
②落蕾を疑問に感じて調べてみた博士の2点に感動しているのです。
確かに少し大きめの鉢に植えかえして、会社に持って行ったのですが、
環境が変わり、ストレスを感じ、蕾が落ちたのかもしれませんね‥‥。
また家に持ち帰ってきましたが、あれから蕾をつけてません。重症なの
かもしれません。あぁ゛~、しかし、博士、さすがですね~。教えていた
だいてほんとよかったです。花を手折る猟奇的な人が近くにいる、と思
って、気味悪く感じていましたから‥‥。(何のことかわからないかたは
Tessen's Cafe 08/07/03のblogを読んでください。)自然に落ちた、と
わかり、ホッとしました。教えていただき、大感謝!ありがとうございま
した。これから植物に対する見方、接し方が変わりそうです~。ニコニコ。 正面

                                鉄線

※写真のハイビスカスは、うちのハイビスカス”テッセニア1号”です。
  落蕾したのは、”テッセニア2号”です。
  ”テッセニア1号”は、後から後から蕾がたくさん出ています。絵文字名を入力してください





この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
今夜は、あいあい温泉へ
- 2008/07/16(Wed) -
晩ご飯後、「あいあい温泉」というスーパー銭湯へ行ってきました。風呂 車で
20分くらいかかるのですが、県内随一の天然温泉露天風呂(と、露天風呂
の壁に書かれている)があります。入浴料大人500円。時たま行きますが、
最近は暑いので、なかなか長時間入ってられません。その分、夏場は250
円にしてもらいたいです。それは無理か。ニコニコ。 正面

風呂上がり、鏡のある部屋で髪を乾かしていたら、壁に下記のポスターが貼
ってありました。(うわっ、おいしそう~。絶対食べるぞ!)と銭湯側の思う壷!
抹茶のソフトクリームを食べました。250円。思いの外、あっさりしておいしか
ったです。ちょっと私には量が多すぎて、今、おなかが少しグルグル言ってま
す。(あかんがな‥‥)ぽん吉さんも温泉とソフトクリーム、是非、体験してみ
て下さい。家から近いことだし~。

※あいあい温泉‥‥徳島市川内町、高張性中性冷鉱泉の天然温泉。
http://www2.tcn.ne.jp/~aiaionsen/#                                   
                                  鉄線

IMG_1994_convert_20080716202031.jpg


この記事のURL | くんだら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
1週間前の今日のお誕生日!
- 2008/07/16(Wed) -
さっちゃん、7月9日、お誕生日おめでとうございます。
いつもブログを覗いてくれてありがとう。
ごめんね~。1週間遅れの御祝となってしまいました。
日にち。大体このあたりとは覚えていたのだけれど....。
しろ子のおかあさんと同じ誕生日だったんだね。ケーキ

京都に遊びに行ってたんだね。暑かったでしょ?!
私もしばらく上洛していないので、今夏あたり、ふらり~
と行ってみましょうかね。

また「山の会」をやる時、声をかけますね。やる時って
言っても、私も声をかけてもらうほうなんだけどね....。
自分からは「行こう」って言い出さない人間なので。ニコニコ。 正面

山はこちらより涼しいだろうけれど、酷暑の折、体調崩
さないよう、気を付けてね。
                           鉄線
                           
kinkakuji2_convert_20080716084748.jpg


金閣寺が金箔の貼り替えをしてまもなくの頃、雪がわん
さか降った冬の朝、講義をサボって金閣寺に雪景色を見
に行ったことがありました。あの時の金閣は実に美しかっ
たですね~。キラキラ 貧乏学生、カメラなど持っておりません
でした。

※金閣寺の写真は、☆Abaの京都写真・地図・旅行観
光局☆さんよりお借りいたしました。
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
本日の到来物2
- 2008/07/15(Tue) -
IMG_1993_convert_20080715195243.jpg

今年4月に行われた「とくしまマラソン」の写真データをあげたら、
「花の山 四国」という自作のDVD5枚をいただきました。ありがと
ございます。一枚にご自分で撮影された写真が300枚ほど入って
いて、それがスライドのように次から次へと変わっていくそうです。
まだ見てないのですが、たぶん、私が出かけたことのないような
場所で撮影されていると思いますので、今から楽しみです~。
登山と写真。何か、いい趣味ですね~。もっと若ければ(相手が)
一緒に連れてってもらうのですが。とにかく、ありがとございます。

                              鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本日の到来物1
- 2008/07/15(Tue) -
IMG_1992_convert_20080715194526.jpg

知り合いのかたから北欧土産をいただきました。ありがとございます。
この中で一番興味があるのは、小さいチューブのもの。ノルウェーの
人たちがパンやクラッカーにのせて食べている、たらこペーストのよう
です。食パンもクラッカーもないので、ご飯にかけてはだめかなぁ??
ご飯と言っても、私の場合、玄米なんだけど~。

                                鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャラブロック ポケモン ディアルガ 完成!
- 2008/07/15(Tue) -
甥の入学祝いにプレゼントしていた「キャラブロック ポケモン ディアルガ」
無事に完成したようで。よかった、よかった!ニコニコ。 正面
(甥・兄によると、おかあさんに手伝ってもらったみたいだけど.......)

「ね~ね、つぎ、おくってきていいよ~」って、電話口で甥は言ってたけど、
ね~ねは言われるがままに、いつでも買い与えたりしませんからね~。
作らされるおかあさんも大変だしね~。

7月。甥・兄の誕生日が近づいています。今時の中学生は何に興味が
あるんだろう。
                                  鉄線
2008070820370000_convert_20080715073332.jpg
この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『カラザ』 3
- 2008/07/15(Tue) -
『カラザ』 (7月1日掲載以降)


確かに今、「シモン」と言ったような気がする。詩文は広島出張に
行ってきたばかりである。半年くらい前にも青森に行ったような。
単なる偶然だろうか。「シモン」はあだ名かもしれない。「パラパラ」
があだ名で「シモン」が名前か。「パラパラ」のパラは原田の原か?
その後、貴恵はランチがきたのも気づかぬくらい後ろの席に集中
した。
「パラパラは自分が管理しているパートの子には優しいよね。時た
まお昼、食事に連れて行ったりしてるし、私たち一度も連れて行っ
てもらったことないのにね。別にパラパラと食事したかないけど。聞
いてもいないアイちゃんの話を永遠されても困るし」
「そうそう、仕事もろくにできないのにシモンはそういうことはまめ男
だから。外食に行った日は愛妻弁当を三角コーナーに捨てて帰るん
だけど、男って恐いなぁって思う。弁当持ってるのに無理に外食する
ことないし、外食するなら今日は弁当要らないと言えばいいのに」
「パラパラの年がら年中の溜息も耳障りですよね。根性なしというか、
覇気がないというか。ハァーって聞こえるとこっちまで不愉快なりま
すものね。あぁ忙し、あぁ忙し、って言うわりに、よく居眠りもしてるし、
三文の得にもならないセミナーに出かけてはそのまま直帰したりして、
お前は何なんだ、って言いたくなりますよね。どんな奥さんなんでし
ょう。見てみたい」
 亜衣という聞き慣れた名前に貴恵は立ち上がりたいのを必死で
堪えた。いつもの定食は手つかずである。大中小は詩文の出向先
のOLさん達だった。これまで大中小が食事の間、尽きることなく話
していた背のちっちゃい、とろ臭い、仕事のできない男「パラパラ」は
原田詩文、即ち自分の夫だったのだ。マスターキーを一週間も自分
のポケットにしまい忘れ、会社に迷惑を掛けたのも夫。貴恵の脳裡
に洋服ダンスの前で一週間ほどスーツを出したり、入れたりしている
詩文の姿が再生されていた。その時、「何か探し物?」と尋ねても、
詩文は「ちょっと」の一言だった。あの時、詩文はマスターキーを探し
ていたのだ。詩文は会社で何をやっているのだろう。本当に「パラパ
ラ」は詩文なのだろうか?家の詩文と会社のシモンが余りにも違い
過ぎ、貴恵の中でどうしても符合しなかった。

 貴恵は「パラパラ」、「シモン」が、原田詩文かどうか確かめられず
にはいられなかった。大中小に聞くわけにはいかず、珈琲片手に夕
刊を読む詩文から割り出すしかなかった。
「ねぇ、銀行で制服を新しくしようかって話が出てるんだけど、あなた
の会社の女の子はどんな色の制服着てるの?」
「制服?そんなの、着てたかなぁ。‥‥そう言えば、草色みたいなの
着てたかな」
 その瞬間、貴恵は黄身と白身をしっかり繋いでいたカラザが少し力
を失った、気がした。詩文は今の会社に勤め、二年にもなるのに女子
社員が日々どんな制服を着て働いているのかうろ覚えである。プリン
タが止まり、トナー交換の表示が出ていても気づかないはずである。
詩文は家で使っている簡易プリンタのトナーも交換したことがないのだ。
会社の四色のトナーの入ったカラーレーザープリンタのトナーを手際よ
く交換できるわけがない。女子社員に(情けない‥‥)とそっぽを向か
れる中で詩文が必死になってトナーやドラムを交換している姿が貴恵
の脳裡に浮かんでいた。
 パソコンにウイルスが侵入して来たと言っては女子社員に泣きつく。
パソコンのワープロ機能、それも「ただ打つ」操作しか使っていないの
に自分はパソコンがかなりできると信じている。打つ以外の操作は何
度聞いても覚えられない。会社に常連客が尋ねて来ても何処の誰だ
かわからない。自分が直接関係している仕事以外の雑多なことは把
握できないのだ。興味がないから覚えられないし、端から覚えるつもり
もない。受付に客人が来ても自分の仕事以外、何も知らないから恐く
て椅子から立って応対しない。呼び鈴が聞こえているのに聞こえない
振りをする。仕方なく重い腰を上げ客人の対応するものの、案の定、
○×▽□※○‥‥チンプンカンプンで「今、担当の者がいない」とお
決まりのセリフで逃げる始末。文具庫から目の前にあるホッチキスの
針一つ探し出せない。去年できたことが今年はできず、昨日覚えて
いたことを何故か今日は忘れている。
 大中小の話が脚色のない事実なら、貴恵はよく会社が回っている
な、と思うのである。もしかしたら、充分機能していないのかも知れな
い。大中小の愚痴、ぼやきはどれもこれもは仕事以前の問題である。
仕事以前のことをやれないのに、肝心の仕事が敏腕とは到底考えら
れない。そして、その中には詩文も含まれている。貴恵の傍で詩文
は暢気に新聞を読んでいる。詩文の頭からは既に制服の話などすっ
かり消えてしまっているのだろう。貴恵は詩文が出向に出された時、
一度だけ「新しい職場はどんな感じ?」と尋ねたことがある。その時、
詩文は「女の子も親切だし、仕事も量的にそんなにないみたいだし、
のんびりしててなかなか快適だよ」と言った。あれから二年、家で接
する限り詩文に変化は見られない。別に疲れているふうでもなく、会
社に行きたくなさそうでもない。今、同じことを尋ねたら詩文は何と言
うだろう。暗黙の了解を破り、貴恵は質問し続けた。
「ねぇ、もみじ饅頭って事務所にも買って行ったの?」
「饅頭?事務所に……持って行ったけど、何で」
 詩文は今、嘘を付いた。事務所に土産は買っていない。パートさん
の部屋にだけである。だから、わざわざ会社と聞かず、事務所と聞い
たのである。貴恵はショックだった。これまで詩文は嘘には縁がない
人と信じてきた。小さな嘘だった。しかし、嘘に変わりはなかった。そ
の瞬間、また少しカラザが緩んだ気がした。
「ねぇ、いつだったか、洋服ダンスからスーツを出したり入れたりして
たことがあったじゃない?あれって何を探してたの?で、結局あったの?」
「……書斎の袖机の鍵だったんだけど、ズボンのポケットに入ってたよ」
 またまた嘘である。どうして会社のマスターキーをなくしかけたと正
直に言わないのだろう。わざわざ机の鍵と置き換え、何の意味がある
のだ。目の前にいる詩文は本当に原田詩文なのか。自分がこれまで
信じてきた詩文と余りにも違いすぎ、詩文の替え玉と話している気が
した。弁当を捨てて外食に行く心ない行為も貴恵の中で我慢ならない
行為だった。それも連れて行ってもらったことのないイタメシ屋というか
らカチンと来る。
「産休でしばらく銀行を休む子がいるんだけど、休む前に一度食事しよ
うと思うの。会社周辺で何処か気の利いたレストラン知らない?」
「レストラン?……あの辺りで外食したことないから。ごめん、わからな
いよ」
 またまた嘘である。臨時の女の子たちを引き連れ、時たま外食して
いるというレストランの名「ボナセーラ」を詩文の口から聞きたかったのだ。
どうして詩文は隠すのだろう。部下を引き連れ、たまに食事するのも大
切だと貴恵は感じている。特定の部下と毎日食事しなければ、小遣い
の範囲内で賄ってくれれば何ら問題ないのに、詩文は外食の事実を隠す。
弁当を捨てていることも隠している。そんな日も詩文は同じように「ごち
そうさま。おいしかったよ」と言い、弁当箱を貴恵に手渡す。外食したか
ら捨てた、など一言もない。詩文の強かさを目の当たりにし、貴恵は鳥
肌を起てた。

IMG_1983_convert_20080715070246.jpg

 自営業でもなし、職場結婚でもなし、貴恵は詩文の働く姿を見たことが
ない。毎月振り込まれてくる給料がエリート社員の証だと思ってきた。だ
から、これまで一度も詩文の働く姿を見たいと思ったことなどなかった。
家庭での様子から詩文は上司から一目置かれ、部下からも慕われ、仕
事もそれなりに上手くこなしているものと疑わなかった。しかし、大中小
の話によれば詩文は戦力外社員である。「おはよう」の挨拶もろくにでき
ず、協調性に欠け、孤立している。同僚や部下に対して思いやりの欠片
もなく、仕事も割り振られた仕事しかしない。自分の仕事を誰かに手伝っ
てもらうことで頭が一杯だが、他人の仕事を手伝う頭は微塵もない。半日
でできる仕事を一日も二日もかけてやってもいる。昨年、ある仕事を任さ
れたものの、準備段階で人の手配、段取りを上手くやれず、委託先の信
用を失い、三百万の仕事を不意にしたこともあったらしい。その時も思い
通りに事が運ばなかった責任を他人に転嫁し、自分を正当化し、とても
見苦しかったと言うのだ。聞いていても聞き苦しい話である。会社に新規
の仕事が舞い込んでくるや否や逃げ腰で、自分のところにその仕事を持
って来られないよう詩文は「あぁ、忙しい」を連発し非常線を張るらしい。
詩文は出向してから十七時半に家に戻るようになった。ということは、残
業をしなくても日中にこなせてしまうだけの仕事量なのである。
 銀行員はそんなわけにはいかない。若手や貴恵の同世代は毎日二十
一時、二十二時頃まで残業をやっている。その残業がサービスである手
前、銀行内で残業するわけにはいかず、二十四時間営業のファミレスや
喫茶店に仕事を持ち込んで残務をこなしているのである。彼らの仕事ぶり
を見聞きしていると、詩文は何て幸せな、人間的な暮らしをしているのだ
ろう、と貴恵は芯からありがたく思ってきた。それなのに詩文といえば、
専務から「出張報告が雑過ぎる、青森へは旅行に行かせたんじゃない」と
注意された時、「特に書き残すようなことはなかったし、会議の中身もお粗
末だった。他の人の報告書を読んでも大したことは書いていなかったし、
忙しくて書く時間もない」と笑みを浮かべながら話したらしい。自分の不出
来を棚に上げ、人の所為にばかりして逆切れする詩文が貴恵には信じら
れなかった。結婚して解ったことの一つに、詩文はバツが悪くなると笑み
を浮かべる癖がある。貴恵は指摘せずそのままにしているが、好ましい
癖ではないと感じてきた。銀行の信用を落としたり、三百万の仕事を不意
にしたり、自分の鈍腕を棚に上げ、支店長に楯突く行員がいたら、貴恵は
「おはよう」も言いたくないし、一緒に仕事もしたくないだろう。
 二十年ほど前、貴恵は伯父の薦めで詩文と見合いした。聞いていたより
かなり小柄な男が待ち合わせ場所に現れた時は(断ろう)と思ったが、話を
するうちに波長の合いを感じ、温和で優しいところに惹かれてもいった。そし
て、貴恵は伴侶として詩文を選んだ。確かに詩文は家ではできた夫であり、
優しさは今も変わらない。子煩悩で満点パパである。次、生まれてきても、
伴侶とするなら詩文がいいと貴恵はずっと思ってきた。大中小の話を聞くま
では……。
 大抵の妻は職場での夫の仕事ぶりを知らない。貴恵が「出向先で上手く
やれているの?」と尋ねたところで詩文は「問題ないよ」と言うに決まってい
る。詩文は本気でそう思っているのかも知れない。「大らか」は「無神経」の、
「優しさ」は「優柔不断」の裏返しかも知れない、と貴恵は最近思い始める
ようになった。そう思って相手を見れば、人はまた違って見えてくる。男が
気づかぬことに女は気づく。男の目が素通りする、できることも、女は素通
りできず、解決するまで延々とその場所で不服を言ってる。だから、貴恵は
大中小が来る日も来る日も錆びたナイフのような上司に辟易し、愚痴をこぼ
すのもよく解るのだ。女は愚痴をこぼすことでストレスが発散されるようなと
ころがあるからである。それは自分がおかしくならないための処世術でもあ
るのだ。
 
 大中小と出くわしてから貴恵は詩文が解らなくなっている。自分は夫の
何を知っているというのか。何処までを知っているというのか。睡眠時間を
除けば、家より会社で過ごす時間のほうが断然長いのだ。大中小のほうが
自分より詩文のことをよく知っているのではないかとさえ貴恵は思うのである。
長所も裏を返せば短所である。立場が違えば許せること、許せないことが
確かに違ってくる。
 黄身も白身も古びると弾力がなくなり、薄っぺらくなる。カラザはそんな水
っぽい白身と黄身を辛うじて繋いでいるが、カラザ自身も風邪をひいたゴム
のようになっている。古びたカラザを取り除こうと思っても新鮮な時のように
はいかなくなっている。貴恵が今も詩文とカラザで結ばれていることは間違
いない。だが、以前のようにきつくかどうかと言われると解らなかった。もし、
自分の職場に詩文がいたら、自分はどんなふうに接するだろうか。大中小
の話は貴恵の頭の中で何度も再生され、止むことがない。貴恵は詩文を誰
よりも理解しているつもりだった。しかし、知らないことだらけである。二十年、
自分は何を見てきたのだろう。何を感じてきたのだろう。家庭では見えない
ことがあるのだろうか。詩文との甘露な暮らしの中に微量だが確かに塩水が
入り込んできている。だからだろうか、貴恵には今、原田詩文という男が二人
いる気がして仕方がない。(了)

                                    鉄線

※最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました。m(_ _)m
     

この記事のURL | 小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鮎、今夏は豊漁なんですかね?!
- 2008/07/14(Mon) -
IMG_1991_convert_20080714211650.jpg

今年の夏は鮎、豊漁だなぁ~。めずらしくたくさん獲ってくるなぁ~。
鯵を釣りに行ってた人からは鯵をどっさりいただいたし、何か家の
中、思いっきり魚臭いですね。
しかし、一度にこんなに獲ってくるのはめずらしいので、プリントして
記念にあげときましょうかね~。キラキラ

                                鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
蝉時雨、そろそろですかね?!
- 2008/07/14(Mon) -
IMG_1988_convert_20080714180144.jpg

会社から戻り、家の花や木に水やりをしている時に発見しました!!
蝉の蛹。久しぶりに見ました。田舎に住んでた頃はめずらしくも
何ともなかったのですが‥‥。
蝉の羽化。今夏もそろそろでしょうかね?!これは油蝉でしょうか?
背を割って、脱皮する瞬間が見てみたいです。もっとしっかりした
場所で脱皮すればいいのに‥‥。
蝉が鳴き始めると休日、蝉時雨で朝寝坊ができなくなります~。

                             鉄線

  

    蝉を待つ樹々の深みとなりしかな    永井東門居 


この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暑中お見舞い申し上げます!
- 2008/07/13(Sun) -
暑中お見舞い申し上げます!
いつもTessen's Cafeにお越しいただきありがとうございます。
今日もめちゃくちゃ暑いですね~。太陽 体調を崩さないように
お気をつけくださいね。

写真の石のリングは私が作ったものなんですが、暑気払い
としてプレゼントいたします。ロードナイト、ローズクォーツ、
淡水パールを使っています。(←我流の素人作品です。)
欲しいかたは下記の問題に答え、ゲットしてくださいね!ニコニコ。 正面
(※リングのサイズは9~10号くらい?だと思います。)

次の冒頭から始まる小説のタイトルと、その作者を当ててください。
わかったかたはコメント欄に答えを書き込んでください。一番最初
に正解されたかたに写真のリングを差し上げます。(1名様)
リング不要のかたは答え、要らないですよ。いつものノーマルなコ
メント大歓迎です~。


 堂島川と土佐堀川がひとつになり、安治川と名を変えて大阪湾
の一角に注ぎ込んでいく。その川と川がまじわる所に三つの橋が
架かっていた。昭和橋と端建蔵橋、それに舟津橋である。
 藁と板きれや腐った果実を浮かべてゆるやかに流れるこの黄土
色の川を見おろしながら、古びた市電がのろのろと渡っていった。




                               鉄線

 ※暑気払いプレゼントは終了しました。 (7/14)
   正解は、宮本輝さんの「泥の河」でした。
   アクア里親さんのヒントから、ぽん吉さんが2度目に「泥の河」を出し
   てくれましたが、2度目で正解でしたので今回は残念ですが‥‥。

   暑気払いプレゼントのブログを上げてから10分後くらいにEメールで
   宮本輝の「泥の河」という正解をくれたかたがいたのですが、あいにく
   男性のかたでしたので、リングは要りませんとのことでした。
   また石のリングは、次回のプレゼントに回したいと思います。

IMG_1972_convert_20080713133510.jpg

 
 


この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
とつおいつな暮らし
- 2008/07/12(Sat) -
元上司と飲食しながら3時間強。久しぶりに色々と話しました。普段、
深い話をする機会がないので、なかなか充実したひとときでした。

(近況等少し‥‥)
・冬は時間が長く感じられ、熊みたいに冬眠したい。
・あまりにも時間を持て余し、やめていたタバコをまた始めた。 
 朝、目覚めた瞬間、コーヒーを飲みながらの一服が実にうまい。
・食事は毎昼、喫茶店で日替わりランチを食べている。
 夜はスーパーで惣菜を買い、一杯やりながら摂っている。
・食卓に並ぶ食事の好き嫌いを言える(言えた)ことが、とても幸せ
 なことだとわかった。
・『まゆだま』の次は撮りためたスナップ写真から500枚ほど選び、
 アルバムを作成中。
                   ‥‥‥etc

そのアルバムに載せる原稿の校正をまた頼まれました。ニコニコ。 正面奥さんを亡
くされてまもなく3年になろうとしているのに、何かにつけ日々とつおいつ、
孤独は深まるばかりのようで‥‥。今でも安定剤を飲んで寝ているのか?
と尋ねると頷いていました。身の回りのいろんなものを整理しながら、心
のほうも整理しているようですが、知恵の輪のようにいろんな思いが交錯
し、儘ならない感じでした。2人でビールを2本空けた後、大好きな熱燗を
2本、おいしそうに気分よさそうに飲んでました。「久しぶりに話せて楽しか
った」と言ってましたから、あぁ~退屈じゃなかったんだ、とホッとしました。

                                   鉄線

IMG_1965_convert_20080712214202.jpg

~本日いただいたお献立~
・先付  白瓜くらげ和え 
・八寸  ミニトマト、沢蟹、茄子ごまみそ、梅酒ゼリー、もずく、つくね芋
      サザエチーズ焼き、茗荷すし、
・造り  鯛、鮪
・温物  和牛のバター焼、ゴーヤ、玉葱(ポン酢で)
・油物  鱧、こんにゃく、アスパラの天ぷら
・焼物  鮎
・酢物  うざく三杯酢
・汁   じゅんさい、冬瓜のおすまし
・飯   笹ずし
・デザート 水ようかん、山桃ゼリー、西瓜

IMG_1967_convert_20080712214946.jpg

IMG_1969_convert_20080712215042.jpg

IMG_1968_convert_20080712215322.jpg

ごちそうさまでした。m(_ _)m 白瓜くらげ和えがおいしかったかな。    



この記事のURL | 食事・飲み会 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『まゆだま』制作に係わって
- 2008/07/12(Sat) -
IMG_1959_convert_20080712081815.jpg

2006年の春頃だったか、元上司が弊社を訪れ、奥さんの三回忌(2007
年秋)に間に合うように「遺作集」を作りたいから手伝ってほしい、と。
「遺作集」-奥さんが生前、描かれた油絵とかデッサン、書などをまとめ
たもので、私はそのまえがきの校正を頼まれました。奥さんとの思い出
がたくさんありすぎて、また、深すぎて、まとめられなかったのでしょう。
奥さんとお会いしたこともない人間が、小説やエッセーを書くように、持ち
込まれた資料や元上司の話から、尤もらしく原稿を書き上げてもいいもの
だろうか、と。私がやれるかぎり精一杯書かせていただきましたが、ほん
の少し罪悪感のようなものを感じながら加筆修正したことは確かですね‥‥。

まえがきの原稿を渡して、私のお手伝いは終わり、と思っていたのですが、
結局、完成までつきあうことになってしまいました。煮詰まってくると、お呼
びがかかりました。手伝った自分が言うのもなんなんですが、清楚で上品
な遺作集『まゆだま』ができたと感じています。

『まゆだま』-奥さんの生まれ故郷が昔、繭の産地だったみたいで、私の
頭にはそのタイトルがずっと浮かんでいました。本も、繭をイメージさせるも
のであり、かつ、奥さんをイメージさせるものであり、極めてシンプルなもの
がいいなぁ、と。私の頭の中にはやわらかい白が浮かんでいました。
でも、私の本ではありませんから、アドバイスを求められたら話す、というス
タンスで約1年半、制作に係わってきました。
結果として、タイトルは『まゆだま』になり、本のイメージも白‥‥。ここまで
係わっていくことが果たしていいことなのか、出しゃばりすぎなのか、って。

IMG_1960_convert_20080712081931.jpg

奥さんが亡くなられてからしばらくして、元上司が会社を訪れた時、この人、
自殺してしまうのでは‥‥と思いました。それほど弱っていました。口から
出るのは負の発言ばかりで。この『まゆだま』作りというのは、元上司にとっ
て気持ちを整理するのにとてもいい時間だった、と私は感じているのです。
まえがきを持って来られた時よりも、今、見違えるほど顔色もよく、元気に
なられたことは確かで。ネガティブなことを口にしなくなりました。
「モモ」ではないけれど、時間というのは、人の心を癒すという点でも、また、
縁を深めるという点でも、とてもかけがえのないものですね。人に話を聞いて
もらい、自分の心を整理しながら、決して立ち止まらない。投げ出してしまわ
ない。人が気持ちを整理しながら、徐々に徐々に復活していく姿を目の当た
りにしました。

『まゆだま』が無事に完成したのも嬉しかったですが、制作の過程の中で、
元上司が”ご自分”を取り戻されたことがもっと嬉しかったですね。元上司
が再び元気を取り戻すために、この『まゆだま』制作は必要不可欠だった、
と思うと、そう仕向けたのは、天国の奥さんかな、って。たぶん、そうなん
でしょう。目に見えないものは基本的に信じない鉄線ですが‥‥。

IMG_1961_convert_20080712082053.jpg

長くなりましたが、今昼は「手伝ってもらった御礼に」と、その元上司が会席
をごちそうしてくれることになっているのです。『まゆだま』制作に係わって、
いろんなことを思い、感じさせていただきましたから、御礼を言うのは私のほ
うなんですが。
                                     鉄線




この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(4) | TB(0) | ▲ top
オーラのある花、癒しの花
- 2008/07/10(Thu) -
れんこんの花。オーラを感じますね。咲いていると惹きつけられますし、
こうして眺めていると、淡い色彩に癒されますし‥‥とにかく不思議な
花です。

花びらが思いのほか儚げなんですよね‥‥。風に吹かれ、折れていた
り、傷んでいたりして。見かけより、繊細な花のようですね。

それでは、れんこんの花をお楽しみください。キラキラ
                                 鉄線

IMG_1943_convert_20080710212149.jpg

rn_convert_20080710213145.jpg

rn3_convert_20080710212842.jpg

rn4_convert_20080710213015.jpg

rn2_convert_20080710212524.jpg
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
祝・百寿
- 2008/07/09(Wed) -
田舎に住んでた頃、3~4年ほど生け花を教えてもらっていた時期が
ありました。先生は斜向かいの家のおばあさんだったのですが、おば
あさんの孫と、私と、私の家の前の子の3人が週1で教わっていました。

生け花-3人の母親が勝手に決めたことだったんです。ある日突然、
私の家の茶の間に3人集められ、教室が始まりました。3人とも体育
会系で、しおらしく生け花をやるようなタイプではなかったですから、
よくおばあさんに怒られてました。

IMG_1942_convert_20080709193322.jpg

今日、会社から戻ると、お赤飯と紅白まんじゅうが届けられていました。
そのおばあさんが100歳を迎えたとかで、百寿の御祝にお赤飯と紅白
まんじゅうをいただきました。おいしいお赤飯でしたよ。ニコニコ。 正面

IMG_1940_convert_20080709193417.jpg

祝百寿キラキラと書いてあるのを見て、目が点になりました。90くらいかな、
って思ってましたから。しかし、凄いですね。身近で100歳のかたは初
めてです。100歳のかたは現在の日本をどう感じているのでしょうか。
機会があれば聞いてみたいものです。

我が国は昭和45年に高齢化社会になり、平成6年に高齢社会に突入
しました。ヨーロッパ先進諸国の多くが50~100年の緩やかさで高齢化
社会から高齢社会に移行したのに比べ、我が国は24年という速さで移
行してしまいました。特異なケースとはいえ、高齢社会に入り、10年以
上が経ったのに、年金や介護等の問題はますます酷くなるばかり‥‥。

この国はこれからどんなふうに変化していくのでしょうか。ずっとずっと
此岸に留まっていたい‥‥と思えるような、居心地のいい国になって
くれれば、と思いますが、夢さえ抱きにくい世の中になりつつありますね。

末子おばあさん、100歳、おめでとうございます。あの頃、生け花を教え
ていただいたことは、今となってはとても懐かしい思い出です。
これからもお元気でいてください。
                                   鉄線




この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日のお誕生日!
- 2008/07/09(Wed) -
3a_convert_20080702092500.jpg

今日7月9日は、しろ子のおかあさんのお誕生日です。
おかあさん、今年もお誕生日おめでとうございます!!

夏の旅行のご予定などは?おかあさんのことですから、
たぶん、またどこかへ出かけられるのでしょう~。ニコニコ。 正面
暑いですから、バテないように気を付けてくださいね!
いつもいなりずしやら、野菜やら、お土産やら.....
いただいてばかりですみません。ありがとございます。

今日からの1年が昨年以上にお元気で、実り多き1年
となりますように。キラキラ

例の愛称。50000円当たったら、おいしいもん、食べに
行きましょうね!昨日、応募しましたから、後は待つだ
けです、はい。ニコッ♪ (ほんまかいな。)

とにかく、お誕生日おめでとうございます。しろ子に何か
買ってもらってください。遠慮しなくていいですから。ピース

                           鉄線




この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ