空と山と川と‥‥
- 2008/11/30(Sun) -
CARPTR2Z_convert_20081130191122.jpg

那賀町相生のもみじ川温泉横の橋から撮影した写真です。もう少し下ると
川口ダムがあるため、この辺りの那賀川の流れはとても緩やかです。
子どもの頃から見慣れている空と山と川の風景。見慣れ、見飽きているは
ずなのに気持ちをホッとさせてくれます。見慣れているからこそ、ホッとでき
るのかもしれません。最近は特に用事がなくても、田舎に帰りたくなります。
何なんでしょうね。別に帰郷したところで何があるわけでもないのですが、
自分が生まれ育ち、多感な時期を過ごした自然や人々に囲まれていると、
気持ちが和みます。故郷がある、帰る場所がある、というのは、とても恵ま
れていることだと、贅沢なことだと、この歳になって感じています。人って、
時間とともに変わりゆくものなのですね‥‥。

橋を挟んで、上流と下流ではこんなにも様子が異なります。不思議ですね。
別の場所みたいでしょう?!

11月も今日で終わりですね。明日から12月。12月は月末が26日です
から、いつもより営業日が少ない分、バタバタしそうでイヤですね~。年末
年始のお休みが多いのはうれしいことなんですけどね~。
今年もあと1ヶ月、けがや病気に気を付けて、元気でがんばりましょうね!

                                  鉄線

CA34HHEI_convert_20081130193129.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋うらら-18階のレストランでランチ
- 2008/11/29(Sat) -
IMG_3500_convert_20081129143356.jpg

11月も終わりですね。秋麗の今日、あんまりよいお天気なので、家から徳島
駅までぶらぶら撮影、秋の名残を楽しみながら歩きました。この写真、澄んだ
秋のクリア感がよく出ているのではないかと撮りました。そうそう、『蒼い記憶』
に登場するパークホテルは、今、このマンションが立地しているところにあった
徳島パークホテルをイメージしています。

IMG_3501_convert_20081129143455.jpg

城山を見ても、眉山を見ても、今秋の紅葉も今週限り、といった感じでした。
この後、母と待ち合わせをして、某ホテルの18階でランチをいただきました。
12月はボーナス月ということで、また、外食は久しぶりとあってちょっとだけ
奮発しました。ムッシュMのシェフズランチ(3,500円)。おいしかったです~。

CANJG64Y_convert_20081129143528.jpg  びんちょうマグロのカルパッチョです。

CAYPT5HB_convert_20081129143552.jpg  ごぼうとじゃがいものスープです。甘くなくてナイスでした。

CA63DLAJ_convert_20081129143616.jpg  帆立と豆のムニエル。大きくてやわらかい帆立でした。

CA40Q9HE_convert_20081129143637.jpg  牛ヒレステーキ。きのこやブロッコリーが添えられています。

CAUBH4IB_convert_20081129143700.jpg  いちごのシャーベット。りんごのタルト。栗のプリン。コーヒー。

秋澄む中、18階のレストランからの眺めがとても気持ちがよかった
です。なかなか中心部を俯瞰するということがないので、おいしい
ランチに、おまけが付いてきた感じで、何か得した気分でした。

久しぶりにデパートにも寄り、冬用の帽子も買いました。デパート、
えっとぶり(久しぶり)でした。他に欲しい物もなかったので、帽子
だけ買うと、帰ってきましたが。最近はショッピングも疲れます、
はい。
                                    鉄線

IMG_3521_convert_20081129150158.jpg

image1_convert_20081129155311.jpg LANVINの帽子(前)

image2_convert_20081129155334.jpg 後ろ。5種類ほど色違いがありました。




この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
寒い夜には오미자차
- 2008/11/29(Sat) -
いやぁ~、寒くなりましたね。らびぞうさんは「寒さ対策グッズ」を
まめに揃えておられるみたいですが、私は最近、韓国伝統茶の
一つである오미자차を飲んでいます。風 身体が温まりますよ。

「오미자차」は、「五味子茶」と書き、「オミジャ茶」と読むのですが、
私が飲んでいるのは写真の오미자차です。「꿀오미자 이야기」
(はちみつ五味子物語)と書かれた瓶入のものですね。
오미자차をお湯に溶かしていただくのですが、アセロラ飲料のよ
うな赤い色をしており、味も甘酸っぱいです。

060802-1_convert_20081129092219.jpg

五味子は、落葉性のつる植物でアセロラのような実をつけるそう
ですが、この実を乾燥したものが「五味子」とよばれる生薬になる
とか。“五味”とは、甘味、酸味、苦味、辛味、塩味のことで、塩味
と酸味の成分は肝臓を、甘味は子宮を、苦味と酸味は肺を強化す
ると言われています。体調により、味の感じかたが異なるとかで、
私は今のところ、甘みと酸味しか感じ取ることができません。

Tessen's Cafeでは小鉄と2人、いつもコーヒーか紅茶ですので、
たまにはこういう韓国伝統茶で身体を温めるのもよいものです。

                                 鉄線


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
小鉄、旅から戻ってまいりました!
- 2008/11/28(Fri) -
小鉄とカウンター。おとといからのブロック現象で、いったん削除した
のですが、削除しても相変わらずなので、復活させました。
ぽん吉さんが「小鉄がいなくなってさみしい~」と言うので、もちろん
私も何かブログ内が物足りない気がして。やはり、Tessen's Cafeの
お留守番は小鉄でないと。なぁ、小鉄!

会社の複合機。PCで枚数他、管理しているのですが、このナビゲー
ターもTrendプロテクトによってブロックされておかしくなり、エラーメッ
セージ。今日、複合機のサービスマンにコールして来てもらい、復旧
してもらいました。やはり、最近ブロックがきつくなっているようです。

                                鉄線

 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』 4
- 2008/11/27(Thu) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg

『蒼い記憶』

「いえ、そのどちらでもありません。私はそれほど器用ではありませんから。
…釣書をお読みになっていらっしゃらないようなので、少しでも知っていた
だけたらと思いまして。やっとこうしてお会いできたんですからね。…勿論、
縁があって。ただそれだけです。中野さんの機嫌を取ろうとか、困らせよう
だなんてとんでもないです。私の態度が気に障ったなら謝ります。それに
遅刻したことも」
「それだけですか。謝ることは本当にそれだけですか!」
 もうそれ以上、口にするんじゃない、と必死で止めるもう1人の自分を、私
は圧殺した。
「その衣装は何ですか。そこら辺の居酒屋や飯屋とはわけが違うんです。
あなたが個人的にそれを着て、ここに来るのは構わないわ。でも、今夜は
相手がいるの。そんな姿を望まない相手だっているんです。その髪、その
服、その手。いったいどういうつもりなんです。私、今日が初めてのお見合
いなんです。あなたの恰好、あまりにも無神経過ぎやしませんか」
 高地への悪態を止められない自分が腹立たしかった。言わねばならない
相手を取り違えていることも充分すぎるほどわかっていた。だが、止められ
なかった。内に住むもう1人の自分をどう制することもできなかった。
「それを言われると返す言葉がありません」
 高地は立ち上がると、深々と頭を下げた。その痛々しい光景に私は涙ぐ
んだ。そして、高地は後20分だけ時間をください、と言い残し、有無を言わ
せぬ勢いでレストランから飛び出して行った。高地が何をしに行ったのか、
皆目つかめなかった。このまま戻ってこないような気がしたし、そうしてくれ
たほうがありがたかった。惨めでお粗末な自分の心を、高地という鏡を通し、
もうこれ以上見るに忍びなかった。黙って帰ろうと思った。2度と会うことは
ないのだから、高地にはメモを残しておけばいい、と手帳の破り、先に帰る
という旨の伝言を残し、高地のコーヒーカップの横に置いた。そして、帰ろう
と椅子を後ろに引いた時、高地が勢いよく駆け込んできた。その姿に私の
目は釘付けになった。何と高地は正装して戻ってきたのである。淡いグレー
の上等のスーツに身を包み、跳ねて癖の付いた髪もきれいに梳かされて
いた。私は高地に気づかれないよう、先ほどのメモを回収した。
「また5分遅れました。ルーズすぎるって同僚にもよく注意されるんです。
時間だけでなく、身なりも、それから、女性にも」
 高地が自分の望んだ姿になって戻ってきたというのに少しも嬉しくなかった。
高地の軽いジョークにも笑うことができなかった。やはり、帰りたかった。この
まま何も言わず、走り去りたかった。高地とこの後、一緒に食事などできない、
と感じながら、後から後から込み上げてくる涙を抑えるのに精一杯だった。
自分でも涙顔になっているのがわかった。このまま高地に先に優しい言葉を
かけられたなら、滲む涙は間違いなく落ちると思った。
「本当に嫌味な人ね。何もそれ見たかって着替えて来なくたっていいじゃない。
用意してたんなら、初めから着てくればいいでしょう。1時間待つのも2時間
待つのも一緒よ。相手が私だからって、手を抜いたんでしょう、どうせ断る女
だからって」
「違う!違います。そんな、いい加減なこと絶対しません。中野さん、もっと力
を抜いたらどうです。あなたを見てるとこっちまで胸が痛くなる…。そんなふう
に、ただいたずらに突っ張らなくても、あなたの護ろうとする領域にまで踏み
込むつもりはありませんから。どうしてそんなふうに悪ぶるんです。泣きたい
時は気持ちを殺してしまわず、声を上げて思いきり泣けばいいじゃないですか。
人間はみな弱い。ずっと独りで生きられる道理はないんです。殻にこもれば
こもるほど辛くもなる。惨めにもなる。何がわかって、何がわからないのか、
何がよくて、何が悪いのか不確かで、理解しにくいと思うんです。だからこそ、
頑なな生き方は損だと、」
「わかったような口きかないで。あなたに私の何がわかるの。何を知ってる
のよ。ねぇ、何を知ってるの。何も知らないじゃない。たった2、3枚の釣書を
読んだからって、偉そうなこと言わないで。それとも、何かわかった?何もわ
かるはずないわ。私の受けた傷なんて、あなたのような無神経にはわからな
い。一生かかっても理解できっこないわ。理解してほしくもない。そうよ、侵し
てほしくない領域にまで入ってこないで。もうこれ以上、私の気持ちを引っ掻
き回さないで。お願いだから、このまま帰らせてください。」
 私の罵声はもはや見合いを断らせるための演技などではなかった。いつの
間にか私は立派すぎるほどイヤな女になっていた。心の疼痛に全く係わりの
ない人にまで当たり散らすほど手が付けられなくなっていた。高地に言いたい
放題、好き勝手なことを吐き捨てる変わり果てた自分に対する驚愕の念が
心を飽和状態にさせた後、気づかなかった己の荒みに、より深く、果てしなく
打ちひしがれた。

 (つづく・次回更新は任意です。)
                                    鉄線



※昔、書いたものは、自分でもゾッとするくらい会話文が長いですね‥‥。
  やはり、読み返していると、(若いなぁ‥‥)って思いますし、こなれて
  なくて、お恥ずかしいです。
                               


この記事のURL | 小説 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
京都・大原三千院散策とTrendプロテクトによるブロック障害
- 2008/11/26(Wed) -
昨日の早朝から母が旅行中です。田舎の幼なじみ6~7人で「京都・湖東
三山」方面へ出かけています。大原三千院、寂光院、興聖寺、光明寺、
東福寺、西明寺、金剛輪寺‥‥と、お寺ばっかり。今夜は琵琶湖の温泉で
泊まっているようですが、気心知れた女同士、今頃は食べて、飲んで、また
食べて、わいわいとカラオケ大会をやっていることでしょう♪

母くらいの年齢になると、"散策"が難しくなります。親孝行したい、と思って
おられるかたは、親の足腰が達者なうちにあちこち連れて行ってあげてくだ
さい。仕事(パート)をやめて、時間的に余裕ができたからと、いざ旅行にで
も連れて行ってあげよう!と思っても、足腰がかなり老化、できることなら歩
きたくない状態になってしまっています。母が50代、60代の元気な頃は、私
が金銭的に余裕がなく(今もないですが‥‥)、何かうまく行かないなぁ、って。
無理をしてでも母が元気な時に海外旅行に行っておいたらよかったなぁ、って。
足腰が痛い、だるい、とか思いながら旅するの、イヤですものね~。アクセラ
に乗って、あちこち移動するのが、母は一番ラクチンみたいです。

大原と言えば、学生の頃、学科の友人3~4人で訪れた思い出があります。
季節はいつだったのか、ちょっと忘れてしまいましたが、大原女(おはらめ)
の装束を着て、散策しました。別に大原女になりたくてなったわけではなく、
偶然、その前を通りかかり、店の人に勧められて。若気の至り‥‥。
装束の中に脚絆があるのですが、私のだけ何となく小さくて。
「すみません、ちょっと小さいんですが、もう少し大きいのありますか?」と
尋ねると、「脚絆が小さいのではなくて、脚が立派なのよ~」って。
アハハハ。言わなきゃよかった。私だけ、脚絆から肌が見えておりました。

普段は注目などされないのに、大原女になった途端、「写真、いいですか?」
と何人もの観光客に声をかけられました。「はい、こんなブサイクでよかったら」

大原へ行かれる機会のあるかた。大原女姿で散策してはいかがですか?
今となっては懐かしい思い出です。
久しぶりに私も京都に遊びに行きたくなりました~。京都、大原三千円~♪
と、ふざけて歌っていたら、三千院とすっと言えなくなりました。よい子はマネ
しないようにね!

突然、ウイルスバスター2009のプロテクターが強力になってしまい?!FC2ブログ
を更新しようとすると、いちいち「危険」とかでブロック、ストップしてしまいます。
今までどおりスムーズに更新ができません。今も写真が挿入できないです。
どうやったらいいでしょうか?何かここをこうしたら今までどおりの作業、動作
ができますよ、ってご存じのかた、優しく教えていただけるとありがたいです。

今、Trendプロテクトを一瞬、無効にしたら、写真を挿入することができましたが、
ちょっと、これでは手間がかかって仕方がないですね。どうしよう‥‥。


                                   鉄線




                                  
この記事のURL | 思い出 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北の大地からの贈りもの
- 2008/11/24(Mon) -
IMG_3494_convert_20081123192834.jpg

3連休の最終日、雨になりましたね。ここんとこ、怠けていたので、
今日は朝早くから小説の原稿を書いています。書き疲れたので、
ちょっと休憩しよう!と思って、Tessen's Cafeを開き、本日のブロ
グを更新。アハハハ。書いてばっかり。

昨日、北海道の友人が、かぼちゃとじゃがいもを送ってくれました。
じゃがいも。早速、じゃがバターにしていただきました。ホクホク、
サラサラって感じのいも質で、バター醤油に絡まって、めちゃくちゃ
おいしかったです。何個でもいけそうなくらい。それくらいおいしか
ったですね!

「くらい」で思い出しましたが、ドライブの途中、あるラブホテルの横
を通ったら、そこのかんばんに『1時間、2,300円くらい』と書いてあり
ました。それが高いのか安いのかはよくわからないですが、「くらい」
っていう表示の仕方が大体で、思わず笑ってしまいました。

もとい。かぼちゃも楽しみです~。kao03 シンプルにかぼちゃ煮にして
いただきます。

美瑛はもう雪が積もっているのでしょうね。いつも北の大地で育った
おいしい野菜、じゃがいも、かぼちゃ、アスパラガス、トウモロコシ‥‥
送ってくれて、どうもありがとう!野菜もうれしいですが、今でもこうし
て、途切れることなく、連絡を取りあえていることが何よりなんです。

                                 鉄線


この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
どなりの黄葉とおめでたメール
- 2008/11/23(Sun) -
CAY0K1HG_convert_20081123143621.jpg

システム手帳に入れる2009年の月間表を買いに出たついでに、土成まで
ドライブに行ってきました。まだ紅葉が残ってるかなぁ、と思って行ったので
すが、宮川内ダム~御所周辺の山々は紅葉というよりは黄葉という感じで
した。ちょうどお昼時でしたので、御所名物のたらいうどんのお店に入り アップロードファイル
食事しました。

「はんぼう」と呼ばれるたらいに、釜揚げの手打ちうどんが入って運ばれて
きます。私はこのところ、うどん続きでしたので、釜飯をいただきました。
周囲の人たちは、みんな、たらいうどんを食べてて、やっぱ、私もたらいうど
んにしたらよかった~と、ちょっと後悔しました。麺類、大好きです!

CAIKJCQV_convert_20081123144916.jpg

CAKJCIVW_convert_20081123144937.jpg

ゴスペルをやってた時の友人から今朝、メールがありました。「おばあち
ゃんになりました」というおめでたいメールでした。かわいい赤ちゃんの 赤ちゃん
写真も添付してくれてあって、またその女の子がかわいいのなんのって。
あまりの愛らしさに、しばらく携帯画面を見つめてしまいました。
その友人は私よりも年上なのですが、それにしても、早くもおばあちゃん
とは‥‥。縁あって、今から結婚したとしても、もう子どもを産む馬力はな
いなぁ~と、漠然と考えている自分とはあまりにも次元、環境が違いすぎ、
何か複雑ですね。

私は"世間"という列車に乗り遅れ(乗らなかったのですが)、その分、道
草し過ぎて結婚や出産の機を逸してしまったようです。後悔ではないけれ
ど、列車に乗りながらの途中下車というやり方もあったかな、って。
鉄線、相変わらず幾つになっても不器用です。

                                  鉄線

IMG_3489_convert_20081123144143_convert_20081123171730.jpg


この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』 3
- 2008/11/23(Sun) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg

『蒼い記憶』

「いやぁ、お待たせしてしもて、どうもすみません。雨で道が混んどる上に
今日中にどうしても仕上げなあかん仕事が入りまして、約束の時間に遅
れんように出かけるつもりやったんですが…、本当に申し訳ないです。ア
イスクリーム、溶けてしもたんですね…」
 計算どおり、高地はドロドロに溶けたバニラアイスを見るなり、心底申し
訳なさそうな顔をした。待たされた仕返しができ、私は心の中で軽く舌を
出した。それから高地は従弟を呼ぶとコーヒーを2つ注文した。
「…もうおらんのやないかって焦りました。でも、よかった、居てくれて。本
当に。こんな天気の日にわざわざ出てきてもろて、1時間も待たせた上に
食事もさせずに帰したとあっては、後日どんな小言を食らうことか」
 誰に?という表情を私は高地に返した。
「中野さんの親戚の、かなり強烈な伯母さんにですよ!」
 私は異性の前で何年かぶりに笑っていた。笑いながら、さっき注文を取
りに来たウエイターが伯母の息子であることを教えた。こんなふうにテーブ
ルを挟んで異性と向かい合うのも、声を上げて笑うのも坂崎に捨てられて
以来だった。だが、私は笑うのをやめた。目の前の分不相応な薄汚れた
作業着が許せなかったからである。時間の遅れを気にしながら疾走して
来たのだろう。高地の額や鼻の頭には汗が光っていた。早く拭き取って
ほしかったが、どう見てもハンカチを持っているようには思えなかった。そ
う感じてハンカチを貸そうと無造作にハンドバッグの止め金に手をかけた
自らを私は戒めた。
(もう少し髪をきちんと梳かしてくるとか、もう少しマシな服を着てくるとか…)
 坂崎と高地を一つ一つ比べている自分に、私はひどくハッとした。高地
の放つ汗の匂いに時の流れを感じながら、自分があの時から何も変わっ
ていないことを強く思い知らされていた。

 伯母は高地が週一で講師をしている市民藍染教室の生徒らしく、高地
が未だに独身という話を誰かから聞きつけ、それなら私がと妙に張り切っ
てしまったらしい。寄りにもよって伯母はその相手に私を選んだ。母が義
姉の寄越した見合い話を断り切れなかったように、高地もまた教室の生
徒から勧められた手前、仕方なく今夜の見合いを引き受けたに違いなか
った。気が進まぬ証拠に、仕事を理由に1時間以上も遅れてきた。おまけ
に見合いらしからぬ恰好。高地に対するそんな身勝手な想像が私の気持
ちを少し楽にさせていた。
「あの、砂糖は幾つですか?」
 相手がいることを忘れ、しばらく考えごとをしていた私に、高地はすまな
さそうに尋ねた。一つ、そう言いかけて、高地のスプーンを持つ指先に私
は目を囚われた。その困惑の視線を感じ取ってか、高地は一瞬、わずか
に手を引いた。
「急いで工房を飛び出してきたもんですから、ゆっくり洗ってる暇がなくて。
ゴム手袋をしとけばよかったんですが。服もこんな汚れた作業着じゃなく、
スーツを着る予定だったんですが、とにかく時間がなくて申し訳なかった
です。気持ちが悪ければ、砂糖、ご自分で入れてください」
 高地は持っていたスプーンを砂糖の入った真っ白な容器に戻した。高地
を懲らしめているような目の前の光景が何だか物悲しくてたまらなかった。
「一つ、入れてください。ミルクは多めに…」
 そう言いながらも、私は高地の青い指先から目を離すことができなかった。
爪の甘皮の奥にまでしっかりと染み込んだ、濁りを知らぬ藍の深い青。細
長くて繊細な高地の指先には藍の青がよく似合うと思った。だが、砂糖を
入れ終えた高地は、テーブルの下に両手を隠してしまった。無責任な私の
視線が高地を確かに傷つけた。きっとこんなふうに私は坂崎のことも傷つけ
ていたに違いなかった。捨てられて当然、と思うと、高地の顔が急にぼやけ
て見え、私は慌てて話しかけた。
「高地…、高地なんて言うんですか?」
 私の無礼な質問と涙目に、高地は驚きと戸惑いの表情を見せた。だが、
そんな表情を見せたのが間違いだったかのように、高地は一瞬、私から
視線を外した後、それと同じ速さで向けられた瞳の中に戸惑いの色はな
かった。高地から滲み出る人としてのぬくもりが、日の光のように私の肌
にも届いていた。そんな男が気にならないはずはなく、惹かれてはならな
いと思うほど、心は高地に引き寄せられた。
「高地壮一朗です。年は29、身長が180で、体重は75kだったかな。えっと
趣味はと、」
 見合い相手の名前も知らぬ女に、高地は不愉快な表情を見せることもな
く、それどころか聞きもしないことを次から次へと笑みを浮かべながら話し
始めた。自分のことを話したくない、聞かれたくないと思っている私の頑なな
心が高地には見えているかのように。それが計算された心遣いなら堪らな
かった。
「やめてください。聞いてもないことを次から次へと。それって、釣書を読んで
こなかったことに対する私への当てつけですか?それとも遅れてきたことに
対するあなた流のご機嫌の取り方かしらね?」
 高地の穏やかな目尻が微かに痙攣しているのがわかった。だが、高地の
柔らかな声のトーンは差ほど揺らがなかった。

 (つづく・次回更新は任意です)
                                  鉄線





この記事のURL | 小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳島空港の愛称決定!
- 2008/11/22(Sat) -
IMG_2512_convert_20080906201203.jpg

2010年の春、徳島空港の滑走路は2,500mに延長され、新ターミナル
ビルもオープン予定です。それに伴い、徳島空港のイメージアップを
図ろうと、愛称が募集され、21日、その愛称が決定、ニュースや新聞
等で発表されました。その愛称とは、

『徳島阿波おどり空港』 です。

う~ん‥‥。

なかなか、新しい概念というものは成り立ちにくいものですね。自分
自身がそうであり、現在(いま)ある殻というか、枠から抜け出すこと
が思いのほか難しくて。保守的であればあるほど、殻から出るには
相当な勇気が必要ですね。

愛称。個人的にはもっと冒険してもよかったかな、と思います。名古
屋のように。
                                 鉄線

IMG_2525_convert_20080906184138.jpg

この記事のURL | くんだら | CM(4) | TB(0) | ▲ top
安馬、応援しています!
- 2008/11/22(Sat) -
今場所の安馬、がんばってますね~。千代の富士の引退後、
初めて(応援したい!)と感じた力士が安馬でした。他の力士に
比べ、痩身で軽量だった安馬も、最近は場所ごとに、いい身体
になってきました。安馬の中に、千代の富士を感じています。キラキラ

一昨年、お父上を亡くされ、その時、泣きながら勝利インタビュー
を受けていたのが、今でも記憶に新しいです。安馬の話は勝利
インタビューの時しか聞く機会がありませんが、シャイで、まじめ
で、ひたむきな子だなぁ、というのが私の印象です。

今場所、このまま勝ち進み、大関になれるといいなぁ、と思って
います。そして、いつか、白鵬の横に並ぶのもいいのではないか
と秘かに願っています。夢かどうかは、やってみなければわかり
ません。今後もますます心身ともに磨きをかけ、ケガに気を付け、
精進していただきたいものです。陰ながら応援しています。kao03

                              鉄線



この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しろ子サンタがくれたものは‥‥
- 2008/11/21(Fri) -
北欧雑貨、iittala (イッタラ)のRed Origoシリーズでした。

クリスマスにぴったり、私にぴったり(多色使いが大好き)の色調です。キラキラ
iittalaの製品って高いんですよね~。高いので自分ではよう買いません。
下記2点。しろ子サンタからもらったプレゼントです。マグは容量的にも、
形状的にナイスです。何でもOK!っていうのがうれしいです。日本茶でも
紅茶でも、コーヒーでも、ビールでも、ワインでも、焼酎でも...。キャー、
使うの勿体ないなぁ~。でも、使わせてもらいますけどね!ありがと。ニコニコ。 横向き

mug-red-135135.jpg マグカップ  直径8cm/高さ9cm/250cc


20-up-red-135135.jpg プレート 20cm/直径20cm/高さ2cm

早速、使わせてもらっていますよ。プレートに載っているのは、藍Clubの
半熟焼きスフレです。ショコラスフレとチーズスフレの2種類があり、私は
断然、ショコラスフレが好みです。このスフレも、しろ子からもらいました。
ごちそうさまでした!
                                  鉄線

CA1O11T3_convert_20081121190351.jpg



この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
サンタクロースがやってきた!
- 2008/11/21(Fri) -
CADYMTBW_convert_20081121125509.jpg

早々と サンタ がやってきました! サンタクロースツリー サンタクロース サンタクロース サンタクロースサンタクロースツリー

しろ子サンタです。大きなおなかをして、わざわざ持ってきてくれました。
そんな、しろ子ったら、クリスマス・プレゼントなんていいのに...。
来週はちょっと難しいので、また再来週あたり、お昼、出られそうな時に、
久々にランチを食べに行きましょう。私が大丈夫でも今度はしろ子が難し
くなるかな。とにかく無理無茶は禁物ですよ。大事な時期ですからね。
ほんまに。無理せず、行けたら行きましょう。

今日はどうもありがとう!中身はお家に帰ってからゆっくりと見せてもらい
ますね!今年も1年、ありがとう。ハート そして、来年も元気でヨロシクです!

                                鉄線

  
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏、ナツ、なつ!夏が恋しぃ‥‥
- 2008/11/21(Fri) -
CATUX3Q6_convert_20081121075701.jpg

今朝も寒かったですね。朝方、目覚ましのアラームより先に寒さで起こされる
というのがイヤなんですね。今季はまだ電気敷き毛布を登場させておりません。
過去、冬季には必ず1~2度、熱を出して会社を休むという日がありましたが、
電気敷き毛布を使うようになって以から、ここ何年も発熱知らずです。

なのに、どうして、寒がりの私が、まだ電気敷き毛布を出していないのか?!
電気敷き毛布も長短ありますからね~。正直、出しあぐねております。寝る時、
温かいのはいいのですが、全身を温めることに疑問を抱いていて、これまで電
気敷き毛布を使用し、自分の身体が感じていることは、足腰(日頃、不具合の
ある箇所)のコリやハリがひどくなる、ということ。ほどほどに足先だけ湯たんぽ
とか、靴下、レッグウォーマーとかが、身体のためにはいいのかもしれません。
だから、胸から下あたりを6時間も温め続けることをためらっているわけなんです。
元々、冷え性なので寒さで眠れなくなってきたら使うしかないですが、できる限り、
自然に近い状態でがんばってみようと思っています。

CAN0QZ6X_convert_20081121075723.jpg

あぁ゛~、早く夏、来ないかなぁ~。私はやはり、夏がいいです。暑い夏が好き
ですね。暑さにはかなり強いですから、「1年中、ずっと夏がいいなぁ...」と
今頃の朝、いっつも思います。何が恋しいって、暑い夏が恋しいです。後7~8
ヶ月待たないとだめですね...。早く、寒さに気を遣う時季が終わってほしい
ものです。外気が冷たいと動きも鈍りますしね。

Tシャツとジーンズという軽装で、来夏も竹ヶ島の美しい海を見に行きたいなぁ~。
夏よ来い!早く来い!
                                     鉄線




この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マラカイトグリーンとクォーツのリング
- 2008/11/20(Thu) -
CA3P2BQ1_convert_20081122204746.jpg

今夜も寒いですね。先ほど近所の郵便ポストまで自転車を漕いで、
投函しに行ってたんですが、寒いの、なんのって。今、紅茶で暖を
取っています。おいしぃ~。

写真は、マラカイトグリーンとクォーツのリングです。久しぶりに作って
みました。今日の午後、ただいま産休中のしろ子よりメールがあり、
ショック!というタイトルだったので、何かあったのでは、とドキッとしま
した。

読んでみると、「指輪が車のハンドルにひっかかってちぎれた~たらん
という内容でした。ちぎれたのは写真と同じマラカイトグリーンとクォー
ツのリング。妊娠がわかった時に、しろ子にプレゼントしたものでした。
マラカイトグリーンにはストレスを和らげてくれる効果があると言われ
ています。しろ子曰く、「この指輪をしていると、心が落ち着く」とかで、
それ以来、いつもリングをしてくれておりました。作った本人としては、
とても嬉しいかぎりです。(ぽん吉さんも、見るたび身につけてくれて
いるので嬉しいです~)

しろ子はかなりの心配症なので、(何でちぎれたんだろう)と、不安を
感じてやしないかと思い、「何かの身代わりになって、ちぎれてくれた
と思とき」と言いました。本当にそうだったかもしれません。違うかもし
れません。いつも言ってることなんですが、ものは考えよう一つで。
心配症なら余計、プラス思考のほうが心はラクですものね。今まで肌
身離さず身につけていたものが急になくなると、何か落ち着かないで
すよね。私にも覚えがあります。あったほうが気持ちが落ち着くなら、
持ってたほうがいいと思います。お守りと同じ感覚なんですが。

ということで、しろ子にマラカイトグリーンとクォーツのリング第2号をプ
レゼントします。さっきの郵便で送っておきましたからね。明日は無理
でも、明後日には届くと思いますよ!
                                 鉄線


この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
グッピー、旅立ってしまいました...
- 2008/11/20(Thu) -
IMG_3462_convert_20081120201349.jpg

昨日、今日と日中は晴れているのですが、何だか急に寒くなってしまって...。
アクセラの温度計-昨日の朝は6℃。今朝は5℃を表示していました。昨日
の昼は9℃。昨日の夕方は朝と同じで6℃。この分だと昨夜は、ずいぶんと
冷え込んだのでしょうね。大川原高原あたりは積雪してた、とあるかたが言
っておられました。

この急激な寒さによるのかどうか、ちょっとわからないのですが、先日、ぽん
吉さんにいただいたグッピー10匹、昨日から今朝にかけて全滅してしまい
ました。全滅、です...。ショックでした。たらり 今朝、急いでぽん吉さんにメー
ルして知らせると、「また持って行きましょうか?」とのやさしいお言葉~。キラキラ
夏は暑すぎ、冬は寒すぎる、全天候影響型の我が家。家 う~ん、そうだな~
グッピーのヒラヒラができてからください、と厚かましいお願いをしました。
ほんと、寒いですからね、我が家は。(毎冬、東広島チームは寒いのでは
ないかと気にしております。)今朝などは、大邸宅の水より、水道水のほう
が温かかったですから、きっと寒かったんでしょう。グッピーには、かわいそ
うなことしました。今、稚魚をもらっても、またすぐに大邸宅内で死んでしま
ってはかわいそうですからね。設備の整ったあたたかいお家で大きくなるほ
うが、グッピーにとってもシアワセでしょう。夏のコッピーといい、今回のグッ
ピーといい、我が家に養魚に出され、早々と旅立ってしまいましたが、それ
を思ったら、野外の鉢にいるめだかやキンギョはタフですね...。

ぽん吉さん、全滅させて、ごめんなさい。これに懲りずにまたよろしくです!

                                    鉄線



この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』 2
- 2008/11/19(Wed) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg

『蒼い記憶』

 そんな経緯で私は坂崎詩朗と付き合い始めた。一方的な想いが
あまりにもすんなりと受け入れられ、内心、恐いほどだったが、そん
な杞憂が掻き消されるのも時間の問題だった。坂崎は寡黙だったが、
とても優しかった。恐縮するほど、あれこれ気遣ってもくれたし、実際、
気の利く男だった。平日の昼は時間を合わせ、外で一緒にランチを
食べた。また、夜は夜で欠かさずに会った。坂崎とわりない関係に
なるのも差ほど時間はかからなかった。
 信じがたいほどの夢心地な日々が約1年、このまま順調にゆけば
間違いなく結婚だった。だが、1年を境に、坂崎と会う回数が次第に
減り始めた。仕事が忙しくて時間が取れない、というのだから仕方が
なかった。もう少しすれば一段落するから、という言葉が聞けたから
こそ、イライラしながらでも待っていられた。それらの嘘の数々が、坂
崎からの別れの前奏だとは少しも気づかずに‥‥。気づけなかった。
坂崎からの連絡は日を追うごとにますます少なくなり、鈍い私の心に
もようやく疑いの波が立ち始め、こちらからの連絡がうまく交わされて
いると気づいた時、それを問いただそうとする私より先に、坂崎から
別れを宣告されたのだった。それは、坂崎らしくない、相手に有無を
言わせぬものだった。

 坂崎にはよそに女がいた。しかも、坂崎より6つも年上で、始まりは
私の恋とほぼ同時期だった、と話した。それ以外は何をどう尋ねても
口を閉ざしたままだった。坂崎には私との恋が遊びだったのだろうか。
それとも、私との愛が本当だったのだろうか。本当なわけはなかった。
あの時、坂崎の取った半端な態度が4年経った今でも心から消えない。
私はどうして紙屑みたいに、ある日、突然捨てられたのだろう。
 割り切れない思いとは裏腹に、私は何の恨み言も言わずに坂崎と
別れた。あれほど病み、やっとの思いで得た坂崎の手をなぜ、言われ
るがままに放してしまったのか。別れるのは嫌だ、と駄々を捏ねれば
私のそばに残ってくれたかもしれないのに。捨てられたとわかってい
ても、私は坂崎のことが好きだった。愛していた。とても楽しかった1年
を思うと、坂崎を責められなかった。私の曲がなさ、不甲斐のなさが原
因だったのかもしれない。決して、坂崎だけに問題があったのではない
というおめでたい思いが私の中にはあり、ビルの中で偶然会えば、以
前と同じように私は挨拶をした。
 そんな未練がましいような、芝居じみたような空気を感じとってか、坂
崎が突如、行方を眩ませた。「探さないでもらいたい」とだけ書き置きを
して。会社の同僚も、家族もその行方を掴めなかった。顧客から依頼さ
れていたソフトは完成してあったという。それを同僚から聞かされた時、
私は坂崎の身に何かただならぬことが起こったのだと思った。自分を慰
めるためにもそう思いたかった。捨てた女と顔を合わせるのが嫌で姿を
消したとは思いたくなかった。坂崎の律儀さや責任感、優しさや思いや
りが仕事だけに働くとは思いたくはなかった。

 それ以来、デートの誘いには一切、取り合わず、見合い話にも耳を傾け
られずにいる。坂崎のことが未だに吹っ切れないからかもしれない。坂崎
を今でも愛しているのかどうか、自分でもよくわからなかった。確かにわか
っていることは、まだ見ぬ先の悲しい結末ばかりが頭をかすめ、人を愛す
るのが恐くなってしまった。一途なやり方しかできない自分が恐かった。
私はたった一度の恋に破れ、参ってしまった。それほど大きくはないと感
じたあの時の心の傷が未だに塞がらずに癒えない。あれほどの苦い思い
はもうたくさんと、心が異性を受け付けられないでいた。
 このパークホテルにもできることなら来たくなかった。母の頼みでなけれ
ば、間違いなく受けなかった。断るとわかっていながら見合いするのは心
苦しかった。ホテルの最上階で、こうして1時間以上も見合い相手を待ち
ながら、これからやって来る高地という男の前では癇に障る嫌な女に徹し
ようと考えていた。そんな意地悪なことを考えるだけの時間は充分あった。
高地は本当に遅かった。私は約束の30分前に到着したから、かれこれ
1時間半も待っていることになる。正直、待たされるのは気分のいいもの
ではなかったが、今日は違った。このまま会わずに済むなら、そのほうが
よかった。
(後、30分待って来なければ帰ろう)
 目の前のバニラアイスは既に液化している。厨房からの肉を焼く匂いに
ふと口寂しくなった私は再びコーヒーを注文した。その折、バニラアイスの
器を下げようとするウエイターにそのままにしておくよう頼んだ。20過ぎの
ウエイターは今夜の見合いを仕組んだ伯母の四男だった。付き合いの薄
い親戚なこともあり、その従弟のことは名前しか知らなかったが、明朗で
人懐こい印象を受けた。
 そして、その従弟と入れ替わるように、高地壮一朗が現れた。   

    (つづく・次回更新は任意です。)
                                  鉄線

この記事のURL | 小説 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
これからクリスマスにかけて聴くCD!
- 2008/11/18(Tue) -
今朝の通勤時から、アクセラの中はクリスマスCDが流れています♪
私の大好きなクリスマスCDは下記の3枚。毎年、この3枚を繰り返し
聴きながら、クリスマスを迎えます。迎えます、といっても、その日に
スペシャルなことは何もないのですが...。クリスマス

私の大好きなクリスマスCD-人によって嗜好が異なりますのでお薦
め!というわけではなく、最近はこんなん好きで聴いてます~って感
じでしょうかね。kao03

img10144875.jpg

1枚めは、Big Mamaの「Gift」というCDです。

31SWSRGY3WL__SL500_AA240__convert_20081118123316.jpg

2枚めは、マライヤ・キャリーの「Merry Christmas」です。

4124MDRX7ZL__SL500_AA240__convert_20081118123500.jpg

3枚め、カーク・フランクリンの「Christmas」です。

                                    鉄線

この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イルミネーションが似合う季節
- 2008/11/17(Mon) -
IMG_3457_convert_20081117204511.jpg

イルミネーションが似合う季節となりました。イルミネーションは夏より
断然、冬がいいですよね!外気が寒いほうが空気も引き締まり、より
クリアに見えますからね。寒いからこそ、暖色のイルミネーションが、
より心を和ませてくれますよね。ニコニコ。 横向き 個人的に明かりの点いた部屋を
外から眺めているのが好きなんです。ほのぼのしてて、オレンジ系の
明かりだと最高!です。何となく、哀愁を感じてしまいます。あの部屋
に入りたいなぁ、なんて思いながら、他人の家の前を通り過ぎます。
その時、おいしそうな夕餉の匂いとか、させていたら、もう言うことなし
です、はい。

写真ではかなりイルミネーションがこじんまりと、というか、地味に雫
映ってしまっているのですが‥‥、実物はもっともっときれいに点灯し
ています。家の近所の個人のお宅なのですが、毎年、今頃からクリス
マスにかけてイルミネーションを点灯、通りがかりの目を楽しませてく
れています。シーズン中、電気代がどのくらいかかっているのか、こっ
そり聞いてみたいものです。毎年、1~2度、そのことが頭を掠めます。
小市民ですから~。まぁ、電気代が気になる人はイルミネーションなん
て無理でしょうね。子どもがいないもので、(ダンナもいないが、)クリス
マス・ツリーを飾らなくなって、何年、何十年が経つのでしょう~。毎年、
ムードもヘッタクレもない、普段と一緒のクリスマスを過ごしています。

あぁ゛~、イルミネーション。実際はもっと豪華に点灯しているのですが、
私の腕ではこのくらいが精一杯。残念です~。また気が向いたら、デジ
カメのマニュアルを読んでおきます。マニュアルそっちのけで、何でも気
合いで使っている鉄線です。キラキラ 気合いだ、気合いだ、気合いだ!
(何か、いつもとテンションが違う気がするが‥‥。)

                                   鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オーガニックセイロンティに柚子皮を添えて
- 2008/11/16(Sun) -
image_convert_20081116201910.jpg

ただいまティータイム。東京の豊香堂さんにいただいたGOLDEN RINGという
オーガニックセイロンティを入れて飲んでいます。ストレートでいただいていま
すので、昨日、焚いた柚子皮を甘みに添えてみました。

9月末に小説を投稿して以来、はや1ヶ月半が経ちました。この休日からまた
新しい作品を書き始めました。鉛筆
                                     鉄線


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』
- 2008/11/16(Sun) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg

平成5年に、ある文学賞に投稿した小説です。よかったら、読んでくだ
さい。これを書いていた当時はNECの「文豪」というワープロを使ってて、
今はもう「文豪」も、その時のデータもないので、(仮にデータがあった
としても機械がないので読み込めないですが、)印刷原稿を見ながら、
ブログに入力しています。データのCopy、貼り付けに慣れてしまってい
るため、今回、なかなか掲載に時間がかかります‥‥。あせ 


『蒼い記憶』 

 第一章  疼  痛

 台風19号が四国地方を一気に駆け抜け、日本海へ出た日の夕方、
私は初めての見合いのため、徳島市内のパークホテルにへ出かけた。

 一昨年あたりから、私のところにも見合い話が来るようになり、27を
迎え、世間の適齢期をほんの少し越えてしまってからは、それが顕著
になった。親戚は元より、恩師、学生時代の友人に先輩、隣人、保険
会社の外交員-そういった人々が、私によかれと思い、見合い話を運
んできた。それに対し、私の両親からは見合いの見の字も出ないのが
不思議だったが、思い当たらなくもなかった。否、その心遣いを内心、
とてもありがたく感じていた。
 パークホテルでの見合い話は、あまり付き合いのない母方の親戚か
らきたもので、見合い話にはこれまで距離を置いてきた母に「会うだけ
でいいから受けてほしい」と懇願され、仕方なくだった。あまり付き合い
のない親戚の手前、母も断りづらかったに違いない。母の顔を立て、し
ぶしぶ了承した見合いが今夜の見合いだった。会うだけ会い、断る話
だから、と私は釣書を一度も開かなかった。しかし、相手を間違えては
拙いからと、母から手渡されたスナップ写真を出かける前に一瞥し、伯
母が話を持ってきた時に絶賛、連呼していた「高地(こうち)」という名字
を2度復誦し、出かけたのだった。

 5年前、私はある男を好きになった。好きで好きでたまらなかった。今
でもあの頃のことを思い出すと、心はひどく切なくなる。私は大手製薬会
社の徳島分室に勤めていた。オフィスは徳島市内中心部の海上火災ビ
ルの5階の一角にあり、わずか20坪ほどの空間に室長含め、社員7名
が勤務し、男性社員6名は終日営業活動に奔走し、オフィスにほとんど
いなかった。分室の紅一点である私はそこで事務の仕事をしていた。
 私が我を忘れるほど好きだった男は、同じビルの8階にあるコンピュー
タソフト会社のSEだった。出勤時や昼食時の移動の際、エレベータの中
で私はその男と奇妙なほど乗り合わせた。男のどこに惹かれたのだろう。
気がつけば、仄かな想いを寄せるようになっていた。男を意識するように
なり、私は偶然から偶然を装ったしたたかな出会いを半年ほど続けた。
その甲斐あって、男は私の顔を見れば挨拶をし、いちいち言わなくても5
階のボタンを押してくれるようになった。
 それからまた半年。私は仕事に集中できなくなっていた。いつも男のこ
とを考えるようになり、用もないのに仕事を拵え、エレベータに乗った。
だが、会えない時はどんな小細工をしても会えなかった。気ばかりが焦り、
次第に情緒不安定になった。半年間ずっと張りつめた胸は何かの拍子に、
ドアノブの静電気にさえ反応し、音を発て裂けてしまいそうだった。食事も
儘ならず、半年の間に体重が5㎏も落ちてしまった。これでは身が持たな
いと思い、早く楽になりたい一心から告白しようと決めた。結果はどうであ
れ、初めてともいえる心の疼痛をどうにか収めたかった。初恋ではなかっ
たが、これほど自分の気持ちをコントロールできないのは初めてだった。
 男に手紙を書いた。書いては書き直し、何日もかかって仕上げたものを、
いつもバッグに入れて持ち歩いた。エレベータの中で2人になった時、手渡
すつもりだった。私がそんな思い切った行動に出たのも、自分を見失うほど
男に入れあげたのも、その男が最初で最後だった。
  (※つづく・次回更新は任意です。)
                                    鉄線


この記事のURL | 小説 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
柚子の皮を焚いたもの
- 2008/11/15(Sat) -
CAWVFCQX_convert_20081115185753.jpg

柚子酢を搾った後の皮を、砂糖、酒、みりん、だし醤油、塩で焚いたものです。
コトコトと弱火で、気長にじっくりと煮詰めていきます。2枚めの写真の状態時、
家の中には柚子のよい香りが拡がっております。柚子の皮を焚いたものは、
マーマレードジャムのように甘いだけでなく、少し苦みがあって、大人の味に
仕上がります。決して、メインになる料理ではありませんが、箸休めにおいしい
ですよ~。今晩、早速、いただきました。キラキラ 食べてばかり。要注意です!

                                     鉄線

CA6LVESB_convert_20081115185823.jpg

CA2G1OEJ_convert_20081104194500_convert_20081115190018.jpg



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
매우 매운 떡볶이
- 2008/11/15(Sat) -
IMG_3437_convert_20081115161152.jpg

おやつに떡볶이(トッポッキ)を作ってみました。今回、ソースはヘッチャン
ドルの떡볶이のソースを使用しました。このソースは、かなり辛い!です。
韓国の屋台で買って食べた떡볶이の辛さに匹敵するくらい辛かったです。
おいしくいただきましたけどね!間食したので、さぁ、今からウォーキング
に行ってきましょうかね~。 
                                   鉄線
img55565646_convert_20081115162556.jpg

IMG_3441_convert_20081115161226.jpg


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
お食事処・ぴんぴん
- 2008/11/15(Sat) -
CAUZDYZ3_convert_20081115141015.jpg

この一週間、魚系を口にしてなかったので、ガソリン給油のついでに、
新鮮なお刺身を食べてきました。

「びんび家」は今日も混雑していて入れないだろうから、と、いつもの
「讃岐屋」へ車を走らせておりました。案の定、「びんび家」の駐車場
は満車状態で、お客さんも並んでいました。(やっぱりなぁ‥‥)
三津トンネルを越え、もうすぐ「讃岐屋」というあたりまで来た時、前々
から気になっていた鮮魚店横の「ぴんぴん」という定食屋に途中下車。
どんなものができるのか、ちょっと覗いてみよう!と思いまして。

やはり、鮮魚店のご主人がやっている定食屋さんでした。以前、地元
のテレビで紹介されていたので何となく頭に残っていて、「ぴんぴん」
で食べることにしました。ご主人。虎キチのようです。親切で感じのいい
お店でした。お店のすぐ前は太平洋。新鮮な魚介類がいただけますよ。

CAC7NXB8_convert_20081115141102.jpg

私は刺身定食をいただきました。今日のお刺身はハマチということで、
脂っこいので鯛に変えてもらいました。久しぶりの魚。おいしかったぁ~。
食後、隣の魚屋さんで、いわしと、ひめちの干物を買って帰りました。
北灘あたりもきれいに紅葉していましたよ。紅葉

                                  鉄線
CAS5449S_convert_20081115141129.jpg

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
大邸宅へお引っ越し!
- 2008/11/14(Fri) -
CAFFCPDL_convert_20081114213249.jpg

先週だったか、ぽん吉さんにもらったグッピーたち。一匹も欠けることなく、
小さなガラス瓶から大邸宅へ引っ越しました。 祝 引っ越し!!
実家に空いてたガラス容器がありましたので、母に持って帰ってきてもら
いました。ずっと「早く引っ越さなきゃ」と思っていたので、ホッとしています。

CAQT7W1R_convert_20081114213314.jpg

どうです。ぽん吉さん、生きてるでしょう。全匹、お見せできないのが残念!

                                  鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
何十年ぶりかの高校生気分~
- 2008/11/14(Fri) -
CA0NLGW9_convert_20081114123402.jpg

11月から、お昼は自家製弁当をいただいております。それまでは外食と弁当と
半々くらいだったのですが、今月に入り、100%自家製弁当になりました。あぁ゛~、
ちょっといい加減、弁当にも飽きてきました。たまには外食に出て、気分転換を
したいのですが、今も事務所には私だけ...。今の環境が変わらないかぎり、
しばらくは「弁当生活」が続きそうな感じです。高校生の時は、これを3年も続け
ていたのですから、たぶん、3年生の頃はイヤイヤ弁当を作り、詰め、フタで隠し
ながら食べてたんでしょうね。今日も大したものは入ってませんでしたが、コマツ
ナの和えもの。若鶏のから揚げ。カニシューマイ、ご飯、梅干し、みそ汁。こんな
ものでも、コンビニ弁当よりは(味が)おいしいですけどね。コンビニ弁当は味が
独特ですよね?!量もカロリーも多いですし。

私の今、使っている弁当箱です。ネスカフェの景品でもらった弁当箱。食べた後、
1/2サイズになるので、気に入ってますが、ちょっと容量が大きいようです。ご飯
は小さい容器に入れてますが、半合も入ります。最後の何口かはイヤイヤ食べ
てますね...。それなら少し減らして入れてくればいいのですが、仏飯器と同じ
で、いっぱい入れないと何か不安、物足りない...。アハハハ。だから、もう少し
小さい弁当箱を買おうと思っています。

CAEA76HM_convert_20081114125320.jpg

こんなふうに、大きな容器に、小さい容器が納まります。こういう弁当箱で、容量
の一回り小さいサイズがあればいいですが....。弁当箱、たくさん置いてるとこ
ろ、ご存じの方、教えて下さいね。かわいいのがいいです。

お昼休みもそろそろ終わり。では、午後の部、仕事を始めますぬ!今日は19時
までの残業です。がんばります。

                                   鉄線



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
一昨日の夕焼けと今宵の満月
- 2008/11/13(Thu) -
IMG_3409_convert_20081113210043.jpg

会社の事務所からの夕焼け。何かしら、心を不安にさせる赤だなぁ‥‥、
って。一昨日の夕焼けです。夕焼けの赤にもいろんな赤があるのですね。
私は淡い赤、朱のような夕焼けが好きですね。しかし、この写真を眺めて
いると、黒雲の間から、四神の朱雀が現れそうな気がしてきます。

今夜はお月さんがきれいですよ。満月です。昨夜、外のポリバケツに生ゴ
ミを出しに行った時、(明るい!)と感じたんですよね。その時は空を見上げ
たりはせず、月光に照らされ、心持ちブルーに映る地面を(趣のある色合い
だ)と暫し眺めておりました。月明かりの下。本を読んだりするには暗すぎま
すが、しなやかな月明かりや、まんまるな月は、ストレスをゆっくり、ゆっくり
和らげてくれる不思議を持っていますよね。まだ起きてるかたは外へ出て、
満月を眺めてみてください。実に美しい満月ですから!ニコニコ。 横向き

心を不安にさせる一昨日の夕焼けに、心を癒してくれる今宵の満月。私たちは
日々いろんなものに影響を受けながら暮らしていて、自然もその一つですね。


                                   鉄線




この記事のURL | くんだら | CM(9) | TB(0) | ▲ top
仏飯器を割ってしまいました‥‥。
- 2008/11/12(Wed) -
image_convert_20081112221406.jpg

1人だとご飯、あんまり炊かないんですね。おにぎりを買って
きたり、ご飯を1パック(余る‥‥)買ってきたり。

今日も19:30頃、家に帰ってきて、復路の車の中で、帰ったら
あれと、あれと、あれを作って食べよう!って、ずっと考えなが
ら走ってたのに、いざ家に着いたら、作るの、面倒になり、あり
合わせのもので済ませました。

仏飯。昨夜は生協で買って帰ったご飯1パックを半分ずつした
しなぁ‥‥。今夜は炊いて、お祀りしないとシャレにならないか
なぁ‥‥と、晩ご飯の後、ご飯を炊き出しました。(昨日から両
親は実家で柚子搾りのため、不在。)

その間に風呂に入り、ご飯も炊きあがり、仏壇から仏飯器と湯
のみのセットになったものを下げ、洗っていたら、なんと手が滑
って湯のみが仏飯器の上に落ち、仏飯器の細いところが、蓮の
花の下の部分ですね。2つに割れてしまいました。キャー、どう
しよう~。

それで、また急いで、着替えてスーパーに仏飯器を買いに行き
ました。いつも買い出しに行ってるキョーエイ。何でか今日は真
っ暗~。チェーンが引かれ、閉まってました。えっ、そ、そ、そんな‥‥。
ここで挫けてはなるものか。チリンチリン♪自転車を走らせ、今度
はセブンへ。(←めちゃくちゃローカル)

ありました。仏飯器。でも、うちが使っているものより一回り小さい。
大きさが同じなら一つ買えばよかったのに、ないから仕方がない。
左右大きさが違うのもイヤなので、2つ買って帰りました。
炊きたてのアツアツのご飯とお茶をお祀りして、チーン!
「不注意で割ってしまいました。どうもすみませんでした!」ニコニコ。 横向き

仏飯器。家族の何かの身代わりになって、壊れてくれたと思うことに
します。忙しい時は仕事も家事も‥‥何となく雑になりがち。気を付
けなければ、と仏飯器に教えられました。代わりのきかないものもあ
りますからね。代わりがあっても、やはり、「丁寧に真心を込めて」が
基本ですね。鉄線、反省‥‥。

しかし、仏飯器が一回り小さくなったこと、うちの母、気づきますかね?

                                鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今日のお誕生日!
- 2008/11/12(Wed) -
IMG_3356_convert_20081111221445.jpg

今日、11月12日は、らびぞうさんのお誕生日です!
らびぞうさん、お誕生日おめでとうございます~。モンブラン

いつもコメント、ありがとうございます。らびぞうさんもblog、やられて
いたのですね!先ほど、勝手ながらリンクさせていただきました!
毎月、らびぞうさんからのレターを読ませていただきながら、(らびぞ
うさんは筆まめだなぁ~)って感じていましたので、やはり、書くのが
お好きなんですね。鉛筆 納得、納得!

今日からの1年が、らびぞうさんにとって、健康で充実した1年であり
ますように~。今夜はバースデー・パーティですか?!
                  
                                鉄線


この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
“참이슬”ストラップ (ぷちサンプル)
- 2008/11/10(Mon) -
img55651933_convert_20081110193852.jpg

韓国焼酎、チャミスルのストラップです。う~ん、ちょっとだけ惹かれる
なぁ~。キラキラ辛ラーメンのカップ麺のストラップ(景品でした)を持ってい
るので、揃えたいけれど‥‥、500円/個は高いです!!

image_convert_20081110185937.jpg

こういう、ぷちサンプルってかわいいですよね~。今でもこういうものを
見るとほしいなぁ~って思います。アハハハ。リーメントの、ぷちサンプ
ルシリーズなんかを見ていると、時間を忘れています。わざわざ買いま
せんが、あると、うれしいでしょうね~。楽しいでしょうね~。ニコニコ。 横向き
下記は、しろ子さんがくれた韓国食材シリーズです。たばこのカンバンは、
昭和初期のシリーズだったと思います。 http://www.puchi-sample.jp/
レストラン、食堂のウィンドーサンプルも作ってみたいですね~。

                               鉄線
image_convert_20081110191621.jpg


この記事のURL | くんだら | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ