『蒼い記憶』 15
- 2009/02/28(Sat) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg


『蒼い記憶』

 第五章  再   会

 伊藤と別れてから8ヶ月が過ぎた。その間に私は誕生日を迎え、
また一つ歳を重ねた。8ヶ月-長かったのだろうか。それとも、短
かったのだろうか。高地との見合いから丸一年を思うと、あっと言
う間だった気がしないでもない。しかし、そんな特別な情を除いて
みても、最近の1年は以前より速いペースで遠慮なく過ぎてゆく。
そして、その速さに焦りばかりが付きまとい、それは適齢期への
焦りではなく、言うなれば、自己回復への焦燥だった。
 現在(いま)から遡っての1年。何もなかったと言えば嘘になる。
坂崎から受けた傷が4年という歳月を費やしても塞がらず、陰にこ
もった最低の生活をしていた。そんな中での高地との見合い。最
初から断るつもりの不純なものだった。誰と会おうと、何が起ころう
と、坂崎への愛はこのまま揺らがない-そう信じていたにも係わら
ず、その想いは脆くも崩れてしまった。坂崎以外に心を許す薄情な
自分を許せず、高地への熱い意識を必死になって否定し続けた。
にも係わらず、後から後から沸き上がる想いに心はひどく戸惑い、
狼狽え、苦しんだ。私は高地の中に見え隠れする同じ匂い、同じ
波に必然的に引き寄せられたのかもしれない。だから、高地の感
受性を恐れてもいた。私の神経質で脆弱な心を見透かされている
ようで、近づきたい以上に避けたい心も真実だった。恥ずかしいほ
どの弱さを高地に真っ向から指摘されるのを恐れていた。温度を失
い、絡んで凍り付いた心の状態を、自分より正確に言い当てられる
ことに、私はひどくビクついていたのだった。
 伊藤とのことが流れて8ヶ月。最も大きな出来事は、製薬会社を
退職したことだった。坂崎を否応なしに思い出してしまうビルに、こ
のまま通い続けることが何かしら偽りのような気がして、5年勤めた
会社に辞表を提出した。我ながら思い切ったと思う。不思議なほど
仕事にもビルにも未練はなかった。逆に神経に触っていた心の過
重が少し取り除かれたような気がしていた。伊藤がくれた嘘は決し
て質の良いものではなかったが、幾ら感謝してもし足りなかった。
 私は臆病で、何を始めるにしても他人の何倍も勇気や思いきりを
要した。心配症で人見知りがひどく、おまけに照れ屋だったから、
想うだけで動けず、やらずじまいで済んでしまうことがほとんどだっ
た。案の定、次の仕事も決めかねていた。ハローワークにも毎日の
ように出向いてはいるが、他に行くところもすることもないから通って
いるようなものだった。
 高地のことにしてもそうだった。想わない日はなかったが、ただ想
うだけだった。臆病に負け、次にこうしたいという欲や望みの欠片も
湧かなかった。否、無理から湧かせなかったのだ。だが、高地と結
びついていたいがためにやっていることが一つだけあり、それは藍
染の作品展へ出かけることだった。時折、デパートや産業会館、文
化会館などで開催される藍染展へ、高地が携わっているという理由
だけで出かけて行った。それまでは何の関心もなかった藍染。会場
に展示された作品の数々を、どんな人々が染め抜いたのかはわか
らなかったが、深海の青のような藍染の中に身を置いているだけで
緩やかで満ち足りた気持ちになれた。間接的で幼稚な子供騙しと
わかっていても、それ以外に為す術を持たぬ今だった。
 台風13号の余波で市内は朝から強雨に見舞われた。荒れ模様
の天気とあって、このままハローワークから家に直帰しようかどうか
迷っていた。迷いの理由は、駅前のデパートで開催中の『県内藍染
作家11人展』で、今日がその最終日だった。横殴りの雨をハロー
ワークの窓から眺めながら、迷っているなら行くべきと、私はデパー
トへ歩き出した。デパートの屋上から垂れ下がる藍染展告知の幕に
心は驚くほど高鳴った。
 8階の会場入口で受付を済ませ、展示案内を片手に心持ち足早に
なっているのが自分でもわかった。だが、逸る足は5、6歩歩いたとこ
ろで急停止した。不意の目の前の笑顔に、私の身体は硬くなった。 
「‥‥しばらくぶりです。こんな雨の中をわざわざ来ていただいて、あ
りがとうございます。受付のほうを覗いたら、いらしたんで驚きました。
光栄です。お元気そうですね。パークホテルでお見かけしたかたとは
今年あたりご結婚されるんですか?明るくてしっかりした男性でしたね」
「‥‥別れたんです。色々と思うところがあって、会社もやめました。
もう半年もこうして毎日ぶらぶらしてるんですよ。実は今もハローワーク
の帰りなんです。ハローワークと言っても、ただ何となく行ってるような
ものなんですけど」
「前にお会いした時より血色がよくなられたんで、ご結婚が近いのかと。
すみません、またいらんこと言いました。さぁ、中へどうぞ。ゆっくり観て
って‥‥」
 言葉の途中で高地の視線が私から離れた。私の少し後方に注がれた
高地の厳しい視線に、何かただならぬ気配を感じた。そして、高地が呟
くように口にした人の名を耳にするや否や、私は振り返らずにはいられな
かった。
「坂崎‥‥」

 (つづく・次回更新は任意です。)
                                 鉄線



スポンサーサイト
この記事のURL | 小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日のお誕生日!Part1
- 2009/02/27(Fri) -
CAH82QAA_convert_20090223221244.jpg

今日、2月27日はアクア里親さんのお誕生日です。

アクア里親さん、お誕生日おめでとうございます。シュークリームモンブランロールケーキ
アクア里親さんとの付き合いも20年以上になりました。学生の頃、
よく等持院から嵐山の私の下宿までやってきて、2人でお酒を飲み
ながら、鍋を突っついていたのが昨日のことのように思い出されま
す~。キラキラ アクア里親さんの身長は176㎝。私が用意したふとんから
いつも足がはみ出してましたね。最近、コメントが入らないので少し
寂しい思いをしていますが、またパソコンが直ったら、Cafeに遊びに
きてね!kao03 待ってます~。

今日からの1年が元気で、アクア里親さんにとって充実したもので
ありますように。身体、くれぐれも大事にしてくださいね!
これからもどうぞヨロシクです。お誕生日、おめでと!

                          鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
壷屋焼の小陶板をペンダントに
- 2009/02/26(Thu) -
CAP66UMC_convert_20090225212524.jpg

大好きな沖縄陶器の「壷屋焼」に、こんな遊び心いっぱいの魚文の
小陶板を見つけました!これらはどれも、金城敏昭さんの作品なん
ですが、見つけた時、「これはペンダントトップに使えるなぁ~」って。ネックレス
また、休日に手芸店に行って、ペンダントの部品を探してみるつもり
です。このチェーンを使うよりは、ひも(革ひも?)のほうがいいでし
ょうかねぇ?!

ハイビスカスいっぱいの沖縄に、「壷屋焼」の旅に行きたいなぁ~。

                              鉄線

2a_convert_20090226084129.jpg


この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
いちご、いちご、いちご
- 2009/02/25(Wed) -
CAZKGJEH_convert_20090225065735.jpg

さちのかという品種のいちごです。昨日、上司にいただきました~。
朝、出勤すると、私のデスクの上にこのいちごがドーンと。
「うわっ、でっかいいちごやな。これ、3時に食べれるように切って
冷やしとこか?」って尋ねると、「おっさんらはええけん、家に持っ
て帰って食べ」
(えっ~、家に持って帰って食べ、ってか!これ、全部?いいの?)kao03

CA6K90M3_convert_20090225065809.jpg

ということで、遠慮なく。ほんとに大きくて立派ないちごでしたよ。
何もかけず、そのままで。おいしかった~。いちご、高いのにあり
がとうございます。

朝からかなりな量の雨が降っています。さっき、雷も鳴ってました。
今朝は東京まで飛行機に乗って行かれるかたがおられるので、
揺れないといいのですが。飛行機、飛ぶんですかね?!

                              鉄線

CAYIEY2K_convert_20090225071201.jpg



この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
もの言うまなざし ふたたび
- 2009/02/24(Tue) -
ume1_convert_20090224092239.jpg

ブログを遡ってみると...、私が「おくりびと」を観たのは、去年の10月
だったのですね。月日の経つのはほんとに早いものですね...。最近、
特にそう感じます。

「おくりびと」は、本木雅弘さんの慈悲深いまなざしがとても印象深い映画
でした。「おくりびと」が米アカデミー賞の外国語作品賞を取りましたから、
また全国の劇場で上映されることと思いますが、時間があれば、もう一度
味わいに行きたいです。スクリーンからの真摯な気色が、見ていてとても
心地よかったです。

起きたら雨。起きたら雨。朝から雨が降っていたり、曇っているとテンション
がなかなかあがりません。花粉症のかたには、こういう天気のほうが楽で
過ごしやすいのかもしれませんが、しばらくお日様を見ないと、お日様や青
空が恋しくなってきます。ということで、本日の写真は、明谷の青空の写真。

こういうぐずついたお天気の朝はテンションを上げるために「長崎小夜曲」
を繰り返し聞きながら会社までやって来ます。しんどい、と思っていると、
余計、しんどくなってきますし、ただでさえ、私のデスクのそばには、ため息
星人がおり、年がら年中、ため息を吐いてますから、巻き込まれないように
しないと...。

自分を楽しませるのも、しんどくさせるのも自分の心根次第!今日はまだ
火曜。金曜までは長い長い。まだまだがんばってまいりましょう。kao03

                                 鉄線



     「長崎小夜曲」  

疲れた時には帰っておいで 都会で溺れたやさしい鴎
ため息は終着駅の改札口で預けておいで
悲しみはいつか紫陽花の様に おだやかに色を変えてゆくはず
西風にのせて唄ってごらん この町の黄昏はとてもやさしい

NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみ僕の
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしい鴎

傷口は多分 坂道みたいさ 登りにするか下りにするか
あした決めよう


愛の重さや 夢の値段を 数える程に寂しい時は
石畳と教会の屋根をすり抜けて丘へ上がってごらん
宝石箱に身を投げた様な港の夜を 抱きしめてごらん
大空に深く 横たわる川がこの町に注ぎ込んで光る海になる

NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみ僕の
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしい鴎

傷口はすべて坂道づたいに あしたの朝、晴れた海に
流してしまおう

NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみ僕の
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしい鴎


                          (作詞:さだまさし)                             
この記事のURL | 映画・ドラマ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
おろしがねのような踵には‥‥
- 2009/02/24(Tue) -
CA0MAZPE_convert_20090223233852.jpg

おろしがねのような踵には‥‥。この三愛のハンドクリームが一番だと
思います。今まで使ったハンドクリームの中では、このブルーの蓋のも
のが一番効果がありました。母から教えられ、(そんなに効くわけない
じゃん‥‥)と思いつつ使ってみたら、これがいい感じで~。夜、寝る前
に塗って寝るのですが、朝起きたら、おろしがねでなくなってました。kao04

しろ子の手がもの凄く荒れていたのですが、このハンドクリームを勧め
ました。(そんなに効くわけないじゃん‥‥)と思いつつ使っていたと思
いますが、「あのハンドクリーム、いいわぁ~」って。なくなっては買い、
なくなっては買い‥‥、今では手放せないクリームになっているようです。

踵が荒れてると、ストッキングが履けないんですよね‥‥。
おろしがねのような踵をされているかた、手荒れのひどいかたは一度
使ってみてください。そんな、高いハンドクリームではありません。
私は徳島市元町の三愛薬局で買いましたよ。キラキラ

                              鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
びんび家と讃岐家とシロウオのすまし汁
- 2009/02/23(Mon) -
CADEO1WI_convert_20090223225315.jpg

休日のお昼、えびたま丼が食べたくなると、香川県東かがわ市にある
「讃岐家」まで行きます。丼もおいしいのですが、このわかめのみそ汁
もおいしいんですよね~。「あらし」と言い、「讃岐家」と言い、こういう活
魚料理店のおみそ汁は魚のダシがたっぷりで、実においしいですよね。
できたら、私は赤みそにしていただきたいのですが~。赤だし、大好き。

わざわざ香川まで行かなくても、とお思いでしょうが、鳴門市北灘町に
ある「びんび家」がいつも満車で、長蛇の列。最近ますます増えてきた
ような‥‥。と言って、空いてる10時半とかに食べに行くのもちょっと。
そこまでびんび家にはこだわってはいないです。私は待つのが苦手で
すから、いつも、びんび家の前を徐行しながら、店を覗き込み、あぁ、だ
めだ!と確認すると、そのまま讃岐家へ。ここもお客さんが決して少な
いわけではなく、駐車場と店がびんび家より広い分、ほとんど並ばなく
て済みます。

CAKRUELH_convert_20090223230438.jpg

今夜、シロウオのすまし汁を焚いてましたが、会社から戻ると、3匹だけ
撮影用に置いてくれてありました。見ていると、かわいい~。しかも、元
気元気。このままスイレン鉢に入れて飼ってみよう!と提案するも即、
却下!4㎝くらいありました。シロウオ。透きとおって、きれいでしたよ。
おめめパッチリだし、口元もかわいらしくて、この後、「食べ」と言われま
したが断りました。すまし汁の中で白くなったシロウオは、今まで飼って
死なせてきためだかやグッピー、コッピーを思い出させ、何となく食べた
気がしませんでした‥‥。(食べましたけどね。)ちりめんじゃこも同じじ
ゃん、と言われるかもしれませんが、何かシロウオのすまし汁は、リアル
なんですよね、浮かんでる感じが。kao05

                                鉄線

CA73TQO3_convert_20090223231504_convert_20090223232837.jpg

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
賢治の「毒もみの好きな署長さん」
- 2009/02/22(Sun) -
51BAe8Rs4bL__SL500_AA240_.jpg

河合隼雄さんの本を読んでいたら、宮沢賢治や彼の書いた「毒もみの好きな
署長さん」という作品のことに少し触れられていて、「毒もみ」を読んだことの
なかった私は「毒もみ」というフレーズがもの凄く気になり、ユーズドでこの本
を購入しました。賢治が盛りだくさんです。ニコニコ。 横向き

毒もみというのは、何かと云いますと床屋のリチキはこう云う風に教えます。
山椒の皮を春の午の日の暗夜(やみよ)に剥いて土用を2回かけて乾かし
うすでよくつく。その目方一貫匁(かんめ)を天気のいい日に、もみじの木を
焼いてこしらえた木灰七百匁(もんめ)とまぜる。それを袋に入れて水の中
へ手でもみ出すことです。  「毒もみの好きな署長さん」より


今週の週間天気は、金曜まで「曇り時々雨」の予報ですね。雨 これって、
菜種梅雨なんでしょうかね?雨が続くようなので、鞄を革から濡れても平気
な素材のものに入れ換えました。曇りの日、雨の日。何となくテンションが
上がりませんが、今週も元気でまいりましょう。2月はほんと、あっと言う間
でしたね。そして、来月はいよいよ年度末。決算等でまたしばらく忙しくなり
そうです。
                                鉄線


「もう一度読みたい宮沢賢治」(別冊宝島)

■賢治の童話
どんぐりと山猫
注文の多い料理店
烏の北斗七星
かしわばやしの夜
鹿踊りのはじまり
風の又三郎
虔十公園林
やまなし
グスコーブドリの伝記
セロ弾きのゴーシュ
よだかの星 銀河鉄道の夜
北守将軍と三人兄弟の医者
オツベルと象
氷河鼠の毛皮
土神ときつね
なめとこ山の熊
紫紺染について
税務署長の冒険
フランドン農学校の豚
洞熊学校を卒業した三人
毒もみのすきな署長さん

■賢治の詩
春と修羅
雲の信号
休息
林と思想
高原
永訣の朝
無声慟哭
過去情炎
岩手軽便鉄道 七月(ジャズ)



この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | TB(0) | ▲ top
杉の花と糠漬け
- 2009/02/21(Sat) -
CA01LHPD_convert_20090221161257_convert_20090221230552.jpg

所用があり、那賀奥の実家まで行ってきました。zoomzoom005 現在、杉山は
赤錆色に見え、近づいてみると写真のような杉の花が咲き、山を赤
錆色に染めているようでした。この杉の花が花粉を放ち始めたら、
花粉症のかたはしばらくお辛い日が続くことと思います。私は今の
ところまだ大丈夫なんですが、何れ、発症するかもしれず、他人事
ではありません。

CAQHHE0I_convert_20090221161359.jpg

IMG_4648_convert_20090221164313.jpg

ついでに糠漬けを持って帰ってきました。左から、白菜、大根、まな
です。炊きたてのご飯と樽から上げたばかりの糠漬けがあれば、
他におかずは何も要りません。「(樽から)上げたらついでに分けて
よ~」とファンも多い、鉄線の母が漬ける糠漬けです。まぁ、でも、
漬け物だけでは寂しいので、今から何か作ります。ニコニコ。 横向き

                               鉄線

IMG_4649_convert_20090221165618.jpg

CA32NSHK_convert_20090221184858.jpg



                                
この記事のURL | 撮影 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今年も椿泊のシロウオ漁が見たい!
- 2009/02/20(Fri) -
ryo_convert_20090220073948.jpg

今朝のローカルニュースで、椿自然園(橘)の椿が咲き始めたことを週末
情報として流してましたが、ニュースを聞きながら、そういえば、去年行っ
たなぁ~、はや1年か、って。1年って早いですね。(しみじみ...)

椿自然園へ行った帰り、シロウオ漁に遭遇しました。椿はもう充分なんで
すが、このシロウオ漁は今年も是非見たいですね。シロウオ漁というよりは、
シロウオ漁を含めた、この川沿いの町並みや風景が、言いようのないくらい
のどかで味わい深いんですよね~。私のとっておきのドライブコースです。zoomzoom005

この川沿いは、春の桜も実に美しいんですよね~。早場米の稲を植えてる
頃もほんと、ほのぼのして、いつまでも田植えの光景を眺めていたいです。
もし、近くまで行かれることがありましたら、ちょっと覗いてみてください。
シロウオ漁の頃は花がないので、桜の頃と比べると少し華やかさに欠けま
すが...。このポイントは、椿自然園に行く途中にあります。ニコニコ。 横向き

あっ、そうそう。椿自然園へ行こうと思っておられるかたは、道が途中から、
超・狭い上りになりますので、予め、覚悟が必要です。えっ....って躊躇
するような道ですね。大山寺とか高越山へ上がる道よりもまだ狭かったです。
仙龍寺までの道と、どっこいそっこいでしょうか。私も結構、狭く荒れた道を
走ってますね~。皆さんもお気を付けてお出かけくださいね!

私って、曇り女?結構、曇天の写真が多いかも...。
                                    鉄線
 
ryo3_convert_20080302151346.jpg

ryo2_convert_20080302150848.jpg

s3_convert_20080405151547.jpg

s1_convert_20080405151623.jpg
                                  
(※写真は、去年の3月~4月に撮影したものです。)
この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨と蝸牛
- 2009/02/20(Fri) -
IMG_1748_convert_20080624202403.jpg

夕方から雨になりました。今、24時過ぎですが、結構まとまった雨が
降っています。今夜は音楽を消して、外からの雨音をBGMに『蒼い記
憶』を更新し、その後、メールを書いていました。kao03
今週はやっと金曜って感じです。何となく、長かったですね。

それはさておき、最近、蝸牛を見かけませんね?
あ、寝なきゃ。そろそろ、おやすみの時間です。jumee☆faceA82 (24:20)
おやすみなさい。
                               鉄線


この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』 14
- 2009/02/19(Thu) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg

『蒼い記憶』

「伊藤さん、よそに女がいたそうじゃない。おまけにその人のおなか
には赤ちゃんまで‥‥。聞いた時、心臓が止まるかと思ったわ」
 伊藤は嵐山にいる私との電話の後、この話はなかったことにして
ほしいと、父に電話を入れたらしい。
「亜希子、すまなかった。この通り。父さん、自分の目を買い被りす
ぎていた。辛かっただろう。よそに女がいることもわからず、申し訳
なかった。それにしても、なめた男だ。今でも信じられん。勝手なこ
とを言うようだが、今回のことは早く忘れてしまおう。今度こそ、亜
希子を大切にしてくれる人を見つけてくるからな」
「でも、結納の前日にわかってよかったわ。後になればなるほど傷
も深くなるってものよ。そんなところに立ってないで早くお上がんな
さい。お腹、空いてない?母さん、何か作ろうか?ほら、元気出して。
ファイト、ファイト!」
 伊藤が大きすぎる嘘を付いた。あの日、伊藤の残した最後の言葉
の意味がやっと理解できた。伊藤は心のままに生きる道を与えてく
れただけでなく、双方の家族や世間の冷たい視線から私を護ってく
れた。だが、その心遣いを胸に、本当のことを何度家族に明かそうと
思ったかしれない。そのたび、伊藤の最後の声が頭を何度もかすめ、
私の軟弱な衝動の邪魔をするのだった。狡くて身勝手な私だけが家
族に労られ、その絆も少しも揺らぐことなく、今後も温室のような幸せ
な生活を続けてゆく。それに比べ、伊藤は私の家族から人でなしの
レッテルを貼られ、一生、最低の男であり続ける。父は父で自分の人
を見る目に疑いを抱き続け、私が無事に嫁ぐ日まで少なからず負い目
を感じながら生きることになるのだろう。今後のそんな幸せとは言えぬ
展開を想うと、胃がチリチリと痛んだ。心に蓋をし、嘘に知らぬ顔してい
られるほど、私は器用でもなかった。伊藤に会い、打ち明ける了解を
取り付けなければならない。何が何でも本当のことを打ち明けたかった。
 何日かして、私は家の外から伊藤の勤める銀行に電話をかけた。伊
藤の声は思いの外、明るかったし、会ってほしいという虫のいい望みを
拒みもせず、銀行近くのCafeで会う約束をした。
 伊藤は少しやつれたように見えたが、そのことにはあえて触れなかっ
た。会うたびの華々しい笑顔や体育会系のすがすがしい挨拶はもうなか
った。そして、私が口を開くより先に、伊藤が訥々としゃべりはじめた。
「あなたにして差し上げられる最初で最後の好意をつぶさないでいただき
たい。あなたのことだ。きっと、そのことで会いに来られたんでしょう?!」
「どうしてあんな嘘を。周囲に誤解されたままで放っておくことなんてでき
ません。今後の出世に響くかもわかりませんし‥‥」
 伊藤は大根役者のように取って付けたような笑い方をした。
「世間ではありがちな話ですからね。気にすることはないですよ。中野さ
んが今までどおり、あの家で居心地よく暮らせるなら、それでいいじゃな
いですか。色恋のことで家の中が何となくギクシャクして、暗くなるのは
ごめんですからね。それに、こんなことで響く出世なら、しないほうがマシ
です」
「父は伊藤さんのこと、息子のように感じていたんです。でも、あれから
自分の人を見る目に自信を失い、時々遠くを見つめてはボンヤリしてい
る時があって、」
「だから、何です。あなたは自分の言ってらっしゃることがお分かりにな
っていないようだ。あなたは誰のために、何のために、俺との付き合いを
やめたんです。自分のためでしょう。自分を護るために、俺から去って行
ったんでしょう。そして、望みどおり、願いは叶えられた。その結果、犠牲
者が出ないはずはないでしょう。万事うまく、誰も傷つかずにすむように
など、きれいごと言わないでください。違いますか?それでもまだ真実を
明らかにしたいとお思いなら、俺の気持ちを一番に優先させてほしいです
ね。最も傷ついている俺の気持ちを、です。あの夜、どんな思いで芝居を
打ったのかを考えていただければ、明らかにするなどできないはずです。
すまないという気持ちが少しでもあるのなら、黙っててください。男と女の
ことなど、他人からすれば取るに足らないことですよ。何十年かすれば、
俺の名前など思い出そうとしても思い出せなくっていますから。たぶん、
その程度のことなんです。中野さんが心を痛めるようなことではありません。
振られた本人さえ、こうして納得してたらそれでいいんです。いいですか。
振られた者が優先です。嘘は嘘なりにきっといい働きをしてくれるでしょう。
所詮、全ての人を納得させられる嘘なんてないんです。そろそろ銀行に
もどらなくては。あなたを裏切った男とは、もうこんなふうに会わないほう
がいい‥‥。想いを寄せてる人とうまくいくよう、祈ってますから」
 伊藤は自分の気持ちを言うだけ言うと、私の呼びかけなどお構いなしに
店から飛び出して行った。有無を言わせぬ強さがあった。大好きなコーヒ
ーにも口を付けず出て行った。伊藤も家族も高地も、どうして他人のことを
考えながら生きてゆけるのだろう。私にはその余裕がない。余裕があれば、
この私でも他人を思いやることができるのだろうか。空(から)になった目の
前の席に視線を落としながら、今、自分が会っていたのは、5年前の自分
のような気がしていた。「別れてほしい」と坂崎からただ一方的に突きつけ
られ、捨てられた自分を伊藤に重ね見ていた。坂崎に捨てられた理由を
私は未だに想像でしか語れない。それはずっとわからないに違いない。そ
の時の悲しみ、傷みは次第に癒されてゆくかも知れないが、完全に消えて
しまうことはないだろう。しかし、私が伊藤に与えてしまった悲しみや傷みは
短時間で消え去ってくれるように願っている。やはり、私は自分のことしか
考えていない。自分の心を満たすこと、よく見せることしか頭にないのだ。
殻の中を護ることばかりに気を取られ、相手を思いやることのできない片輪
なのだ。嘘を明らかにしたい最大の理由は自分の気持ちをすっきりさせたい
がためだった。自分を護るために付いた嘘と、相手を護るために付かれた嘘。
伊藤の吐いた重厚な言葉が、私の身体に無数の針となって突き刺さっていた。
伊藤の心遣いをありがたく受けようと思った。その他諸々のことを考える余裕
はまだなかったけれど、伊藤に出会えて本当によかったと感じていた。
その瞬間、私の身体を何かしら熱いものが稲妻のごとく走り抜けた。

 (つづく・次回更新は任意です。)
                                   鉄線


この記事のURL | 小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私の名前は、バリケンじゃ~!
- 2009/02/18(Wed) -
CA07K2B0_convert_20090216200959.jpg

みろく温泉の隣にある池のほとりを歩いていたこの鳥なんですが‥‥、
(また、ブッサイクなこの鳥か‥‥)、(この鳥はもういいよ‥‥)と言わ
ないでください。らびぞうさんが名前を見つけ出してくれました!!

「バリケン」 という名の鳥のようです。

らびぞうさん、教えていただき、ありがとうございました。さすがですね~。
バリケン-何か、見目形にピッタリの名前ですね?!
やはり、全国的にめずらしい鳥のようで、この写真は貴重ですぞ?!

                              鉄線

(バリケンについての詳細はこちら↓)
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/qa2-bariken.html
この記事のURL | くんだら | CM(4) | TB(0) | ▲ top
alinさんからのお直し鞄と皮下脂肪厚の単位
- 2009/02/18(Wed) -
image4_convert_20090218124156.jpg

alinさんのお店で購入したグァテの鞄のビスが外れたので年末に修理に
出してあったものが、今日、タイ現地でお直しされて戻ってきました~。
何が嬉しいって、alinさんのオリジナル巾着に入って戻ってきたのが凄く
嬉しかったですね~。この巾着、大きくて重宝するんですよね。キラキラ

このグァテの鞄(M)は容量的も形的も私にはナイスな鞄でして、色違い
のブラウンまで買ってしまいました。(コーチの鞄の1/4位のお値段です)
最近はどこへ出かけるにも、この鞄ばっかり。かわいいブレスレットも、
おまけに付けてくれてありました。アフターもバッチリ。きれいにお直しし
てもらった上に、巾着やらブレスレットやら...何か、得した気分です。
alinさん、お世話になりました。次回は是非、テカリのない革で、明るい
色めのグァテの鞄(M)の入荷をお願いします!!バッグ

image2_convert_20090218124244.jpg image3_convert_20090218124219.jpg

2009/2/13付けの『手作り弁当は大いにダイエット効果あり?!』で、
会社の定期健康診断があり、皮下脂肪10㎝減と書きましたが、10㎜減
の誤りでした
...。肩胛骨の下で厚みを測るのですが(皮下脂肪厚)、
30㎜→20㎜になっていたようです。単位が違ってました。笑い。 20㎜でも
少ないくらいです、と女医から言われましたが、違う部分(下半身)にしっ
かりお肉付いてますから、もう20㎜で充分です、と腹の中で返事しておき
ました。
                                  鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バッサリ?いかせていただきます!
- 2009/02/17(Tue) -
CANJOSU7_convert_20090216091030.jpg

昨日に引き続き、今日も気温、なかなか上がりませんでしたね。
夕食後、あいあい温泉まで浸かりに行ってました。寒いけど、
露天は気持ちがいいですね~。やはり、出た後のぽかぽか感は
この間のみろく温泉の生薬薬湯が1枚も2枚も上ですね。
ぽん吉さん、是非、出かけてみてね!

今日、会社から戻ると、手紙が届いてました。元上司からです。
結婚式の披露宴のスピーチを頼まれた、とかで、そのスピーチ
原稿の校正をお願いできないか、との旨。同封されていた原稿
を読ませていただくと、もうこれで充分、上等ではあ~りません
か!という内容。まぁ、ちょっとだけ長いかな、という感がありま
すので、この後、少し削らせていただきたいと思います。絵文字名を入力してください

なかなか自分で書いたものは削り難しなんですよね‥‥。気持
ちはわかります。私も以前はそうでした。書いたものを勿体なく
て削ることができませんでした。今は時間を重ねた分、バッサリ
落とすことに抵抗がなくなりました。むしろ、そのほうがいいです。
石を研ぐように削って削って、余分なものを削ぎ落とし、完成して
いくことに魅力を感じています。

では、今からバッサリ?いかせていただきます。鉛筆

                            鉄線


*** 事務連絡 ***
 2/18 原稿。本日、発送しときますね~。kao03



 
この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私のお内裏様はいずこに?!(もうすぐひなまつり)
- 2009/02/17(Tue) -
CACQITMB_convert_20090216084724.jpg

土日、春の陽気でびっくりするくらい暖かかったですのに、今朝は
寒いですね。またまた冬に戻ってしまいました。厚めのコート、クリ
ーニングに出してしまわなくてよかった‥‥。シャツ(緑ボーダー) 外気は2℃。 
  
hina_convert_20080214085212.jpg

さて、もうすぐひなまつりですね。ひな人形を飾っておられるお家も
あるかと思いますが、私はひな人形を持っていないので、自分の
撮った写真でTessen's Cafeに「ひなまつり」を演出してみました。

ところで...、私のお内裏様って、どこ道草食ってるんでしょうね?!
いまだに私のところにはやって来ないんですけど~。えっ、知らない
って?!う~ん、そろそろ捜索願を出さないとだめかしらん...。kao03

勝浦のBigひなまつり、引田のひなまつりの幟も国道沿いに見られ
るようになってきました。こちらの開催もそろそろですね!
そして、れんげ畑や遊山箱の似合う季節!遊山箱もこんなふうに
ミニひな壇として利用できるのですね。かわいい~。

                               鉄線

IMG_0665_convert_20080413162333.jpg

IMG_4208_convert_20090217073255.jpg

IMG_4211_convert_20090217071935.jpg

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たずね人ならぬ、たずね鳥 
- 2009/02/16(Mon) -
CA07K2B0_convert_20090216200959.jpg

みろく温泉の隣にある池のほとりを歩いていた鳥なんですが、何の鳥?
でしょうか?めちゃくちゃ人慣れしている鳥で、15㎝、20㎝の距離まで
近づいても全然微動だにしない。単にメタボで動くの、大儀だったりして。
しかし、愛嬌のある顔の鳥ですね。一度見たら、忘れない顔してます!
黒鳥でもなく、黒家鴨でもなく、う~ん、この鳥は一体‥‥。
この鳥もこれほど近くで撮影されるとは思ってなかったんでしょうね~。
恥じらいで顔が火のようでしたよ~。笑い。 えっ?元々って?!

CAQ1YG4G_convert_20090216201106.jpg

顔は愛嬌がありましたが、羽は光沢のある深いグリーンで、とても美し
かったです。ん?このメタボオヤジ、まさか、ガチョウじゃないですよね?!
ガチョ~~~ン! (やけに古いな‥‥焦る3
この鳥が何ていう鳥かご存じのかた、情報をお待ちしております。音符
動物専門家のらびぞうさんはご存じかな?!
                               鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
海陽町浅川・「南阿波名物 さばせ大福」
- 2009/02/16(Mon) -
image_convert_20090216122627.jpg

ぽん吉さんに「さばせ大福」をいただきました。徳島県海部郡海陽町浅川、
鯖瀬口にある「さばせ大福 ・大福うどん店」さんが作るとても有名な大福
です。別格4番 鯖大師本坊のすぐそばにあります。白餅、黍餅ともに1個
63円。ぽん吉さんたら、6個も~。kao03

昨夜、ぽん吉さんからのコメントに「鯖大師っさんへ行った」と書いてあった
ので、(また、大福買って食べたんだろうなぁ...)って思ってたら案の定。
おまけに私にまでおみやげ~。いつもありがとうございます。あんこは無理
かもしれないけれど...。黍粉の入った餅は大好き。初めていただくので
楽しみです。

豆大福にしても、どうして中にあんこを入れるのでしょう?豆大福は和菓子
や、あんこが苦手な私でもめちゃくちゃおいしそうに見えます。外から見ると、
豆大福はあんこが入っているとは思えないですよね?!だから、おいしそう、
と感じるのだと思いますが...。店の人に「あんこ、入ってます!キラキラ」と張り
切って言われると、もう、がっかり。「あ、じゃ、いいです...。」
豆と餅だけ。余分な甘みなし。あんこ抜きの大福も作ってほしいです。あっ、
それはただの餅か!

そうそう、このさばせ大福。早めにお店に行かないと、売り切れちゃいますよ!

                                    鉄線

p01_convert_20090216124425.jpg




この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
右折し損ね、大川町・みろく温泉へ
- 2009/02/15(Sun) -
IMG_4622_convert_20090215155514.jpg

香川県大川郡大川町の弥勒自然公園内にある、みろく温泉まで行ってきました。
R11を高松方面に向かって走っていくと、津田町の辺りで右折して高松方面に
進むR11と、R11を直進して長尾・三木方面に進む県道2号の分かれ道があり、
高松方面に向かってドライブするつもりで走っていましたが、zoomzoom005 「みろく温泉」と
書かれた看板に見とれていて、右折し損ない、そのまま長尾・三木方面へ直進
してしまいました。(あぁ゛~、曲がれない~)

高松方面に向かってはおりましたが、目的を決めずの温泉ドライブでしたので、
”弥勒”に反応してしまったことだし、走ったことのない道だし、このまま「みろく
温泉」に行ってみるのもいいか、と‥‥。津田の分岐点から約6キロ、約12分
ほど県道を走っていくと、 広~い弥勒自然公園があり、「みろく温泉」はその中
にありました。大人600円。

IMG_4606_convert_20090215151635.jpg

泉質は炭酸水素ナトリウム冷鉱泉です。18.7℃を加温しています。この温泉で
よかったのは、生薬薬湯「薬仁湯」という薬湯。森下仁丹(株)が研究開発した
薬湯剤「薬仁湯」入りの薬湯なんですが、血行をよくしてくれる薬湯剤なのか、
あまり汗を掻かない私ですが、汗がしばらく出続け、入浴後もぽかぽかが長続
きするような感がありました。あの生薬薬湯には、また入りたいな、と思いました
ね。温泉好きの方、県内の温泉が厭きたら、香川のほうにも足を伸ばしてみて
ください。温泉 弥勒自然公園は、ウォーキングにも最適です。

本日のトップの写真は、鳴門スカイラインの展望台からの風景です。今頃は何
が釣れるのでしょうね??この小屋舟を借りて釣るらしいのですが、トイレはどう
してるんでしょう??韓国の北野武と言われているキム・ギドク監督が撮った映
画に、こういう小屋舟が出てくる作品がありました。えっ~と、何て言うタイトルだ
ったかな。えっ~と。あ、そうそう、『魚と寝る女』 だったかな。結構、強烈で印象
深い映画でした。

休日は時間があっと言う間に過ぎますね。花や温泉から活力をもらいました。
また一週間、がんばってまいりましょうね!
                                     鉄線
 
IMG_4621_convert_20090215155911.jpg



この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マクロビオティックなランチの後は、梅を求めて神山まで
- 2009/02/14(Sat) -
IMG_4558_convert_20090214181848.jpg


CAV4GTF2_convert_20090214163315.jpg

春の日を思わせるとても暖かい土曜日でしたね。お昼は南末広にある
マクロビオティックレストラン「ガス灯」へ行きました。
スローフードをテーマに身体に優しい健康的な食事が楽しめるレストラ
ンです。写真は、白身魚のムースと細かく切った野菜や枝豆を白菜で
巻いた物と白身魚(鱸)焼いた物。白菜の中身は優しい味付けでした。
薄味ではなく、やわらかい感じで、野菜の旨味が感じられました。この
お店は、当ブログでも何度かご紹介させていただいている店主お気に
入りのお店です。今日は暖かかったですので、シーサイドテラスからの
風が心地よかったです。今日は、スペシャルランチのAをいただきま
した。神山鶏のカツレツもお薦めです。

IMG_4562_convert_20090214164154.jpg

この陽気で梅の花も一気に開花したに違いない!と思い、先週の明谷
の雪辱戦!ランチの後、とりあえず、南に向かって車を走らせました。zoomzoom005
(どこの梅を見に行こうかなぁ~)と考えているところに「神山森林公園」
の道路標識が~。よし!神山へ行こう!

入田町を通り、神山森林公園の看板のほうに左折すると、そこから山
頂の公園までは15分ほどなのですが、中腹辺りに梅の木がたくさん
ありまして、そこの梅の花が今、満開でした!先日、四○放送も取材
にやって来たとかで、私が写真を撮っていると、神山特産物の売店の
アジョシ(おじさん)が放送局が撮影した場所まで私を案内してくれま
した。気さくで、かわいらしいアジョシで、案内、どうもありがとうです!

CA75J9TU_convert_20090214164528.jpg

CAY3P1FW_convert_20090214164721.jpg

CA95QAMZ_convert_20090214164924.jpg

CATVZK5J_convert_20090214165131.jpg

IMG_4585_convert_20090214165322.jpg

撮影の後、山頂の森林公園まで。写真は公園少し手前から撮影した
景色です。見下ろせば、『山くじら』の主人公、猪野鉄線が暮らしてい
そうな家、集落がありました。こういう景色を眺めているとホッとします。
ちょっと遠方を撮ると、靄ってますけどね‥‥。

CADFIOIK_convert_20090214175945.jpg

CAO2CJ36_convert_20090214180011.jpg

CAKT06RF_convert_20090214175912.jpg

桜が咲いたら、このコースは凄くきれいでしょうね。桜の頃にまた行っ
てみるつもりです。

                                鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』 13
- 2009/02/14(Sat) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg

『蒼い記憶』

 その夜、伊藤に電話した。繋がるまでに切っては掛け直すを4、5回、
繰り返した。寒くもないのに身体がガタガタと震えた。
「中野です。こんばんは‥‥。ええ、元気です。いいえ、家からでは‥‥、
何処からかは勘弁してください。ええ、もうしばらくは戻らないつもりです。
だから、明日の結納も、そうじゃなくて、延期じゃなくて、なかったことに。
そうです、白紙にです。こんな間際にではなく、もっと早いうちに話すべき
ことでした。言葉にする勇気がなくて今日になってしまいました。こんなこ
とが許されないこと、よくわかっています。でも、私、これからの長い時間
を伊藤さんと一緒にやっていく踏ん切りが最後までつきませんでした。愛
おしい、大切にしたい、と思う気持ちがない私に、あなたと結ばれる資格
はないと思います」
「‥‥奥歯に物が挟まったような言い方をしますね。聞き苦しいですよ。
はっきり言ったらどうです。俺には嘘は付かない約束でしたよ。あなたは
本当に嘘が下手だ。他に好きな男がいる、忘れられない男がいる、って
何で堂々と言わないんです。それをあれこれ小細工して。心を開いてくれ
るまで待つつもりでした。多少時間が掛かっても構わないと思ってました。
とにかく、あなたの気持ちを大事にしたかった。妹さんから行方がわから
ないと聞かされ、それがあなたの返事だとわかっていました。僕の気持ち
は今も変わりません。あなたを大切に護っていく自信はあります。しかし、
あなたに喜びや幸せを感じさせてあげられるかどうかはわからない。多く
を語らないあなたの心を今一つ、つかみきれない俺には残念ながらこんな
漠然とした言い方しかできないです。自分のことばかり話す俺など、単に
鬱陶しいだけの男だったかもしれませんね。じっくりと待つつもりが急ぎす
ぎたようです。あぁ、肝心なことがいつも上手く言えない‥‥」
「好きな、気になる人がいます。伊藤さんと知り合う少し前に出会った人で、
その人のことなど何も知らないのに、想うと確かに切なくて。まだ愛とか恋
とか、そんなレベルの話ではないのかもしれません。自分でもよくわからな
いのです。どうしてこれほど気になるのか。伊藤さんのことは尊敬していま
す。大切にしていただけることも感覚で理解できます。でも、私がふと想っ
たり、考えたり、知らず知らずのうちに私の心をいっぱいにしているのは、
伊藤さん、あなたではないのです。だから、ごめんなさい。許してください」
「あなたにとって俺は唯一ではなかった。俺でなくてもやっていける、という
ことですよね?!今の俺に必要なのは潔さのようですね‥‥。明日の件は
俺に任せてください。あなたは黙っていればいい。家に戻っても何も話さな
いことです。いいですね。得心するまでそこで過ごしたら、普通に家に戻っ
てくればいいですから。何も言わないでくださいよ」
「それはどういう、」

 まだ話の途中だった。向こうから聞こえてきた受話器を静かに置いた時の
音に、私は伊藤のやり切れぬ心を感じていた。かつて、私が嫌と言うほど味
わった失恋の痛みが今、伊藤を襲っていると思うとたまらなかった。伊藤に
は本当に申し訳なかった。そんな気持ちを散らせるため、私は持参した藍染
めのタペストリーを旅行カバンから出した。
 伊藤は皆が思うほど竹を割ったような性分ではなく、人一倍、孤独を嫌う寂
しがりだった。人が大好きで、いつも人を求めて動く伊藤。例えそれが取引先
の厄介な接待でも一向にかまわなかった。大勢の人たちと楽しく賑やかに過
ごせるなら、それが最良だと伊藤は言った。もしかすると、人の集まるところ
なら、伊藤は地獄でもよかったのかもしれない。外面の大抵が偽りであること
を伊藤は知っている。それを承知で動いている。孤独や寂寥に取り憑かれない
よう、忙しさに身を委ねることが伊藤の安心薬だった。口数が少なく曲がない、
どちらかと言えば聞き上手な私も安心薬だったのかもしれない。安らぎの場と
して私を求め、傷んだ心を私で癒そうとしたのかもしれない。だが、私はその
求めの殆どに嘘を使って逃げてきた。だから、最後くらいは心のこもった言い方
がしたかった。伊藤に掛けた電話に心残りを感じながらも、拡げるごとに高地の
染めた藍の青に惹かれてゆく自分を、もう抑えることはできなかった。だが、最
早、高地に近づく資格が自分にはないこともわかっていた。

 結局、私は2週間、正確に言えば11日、京都で身を潜めた。次のたばこ屋
の角を曲がれば我が家だった。懐かしさを感じている余裕などなかった。気を
張っていないと足はその場に停止し、ふにゃふにゃと崩れてしまいそうだった。
伊藤は普通に家に戻ればいい、何も話すな、と言った。その意味を未だに解く
ことができないし、そんなことは許されるはずもなく、家族に全てを話し、伊藤
にはもう一度だけ会い、心から詫びるつもりだった。次に進むためにもそうした
かった。
「‥‥お姉ちゃん」
「麻希子、ただいま。はい、これお土産!」
 私の声を聞きつけた父と母は競うように玄関まですっ飛んできた。
「亜希子、すまんかった。父さんが悪かった。許してくれ、このとおり‥‥」
 想像していた帰宅の光景とは180度違う。謝らなければならないのは私の
ほうだった。私はひどく心細くなり、母を見上げた。

 (つづく・次回更新は任意です。)
                                   鉄線


 

 
この記事のURL | 小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手作り弁当は大いにダイエット効果あり?!
- 2009/02/13(Fri) -
IMG_4547_convert_20090213072922.jpg

午前中、会社の定期健康診断があるため、今朝は朝食抜き。昼弁を
作りながら、おなかがグゥ~って鳴りっぱなし!です。あぁ゛~おなか、
空いたぁ‥‥。テンション、低ぅ‥‥。

今日の昼弁は、玄米+白米のブレンドご飯。小松菜の胡麻和え、シャ
ケの焼いたの、ミニハンバーグ、ちくわの磯部揚げ、えびのチリソース。
(文字にしているだけでグゥ~って。)kao06 ハンバーグから後ろは冷凍も
のを利用しています。弁当箱の隙間を埋める用に買い置きしています。
今日利用している冷凍ものはどれもおいしく、普段、冷凍うどんくらい
しか利用しないので、冷凍食品でも侮れないなぁ、と思っているこの頃
です。

しろ子が11月から産休中なので、(それまで昼は外食やコンビニ弁当
を利用していた。)ずっと家から弁当を作って会社に持参しています。
11月以降、緩やかではありますが、体重が減ってきていますから、実
は今日の体重測定が楽しみなんです。前回の健診もちょうど1年前でし
たからね。女医の所見を聞くのも楽しみです。家にはアナログの古~い
体重計しかないので、正確ではありませんが、それでも、3~4Kは?!
減っていることと思いますね。朝も夜も口にする物、口にする量は以前
と変わっていませんので、やはり、昼を外食から手作り弁当にしたこと、
玄米ご飯が大きい?!と思われます。昼にどんだけ食べとったんや!
という話になりますが、出てきたものを残さず、きれいに食べておりまし
たから、食べ過ぎは食べ過ぎでしたよね?!普段、好きなものをいた
だき、特にダイエットを意識していない私ですが、体重が減るのはうれ
しいものです。この後、実際に測ったら差ほど変わってなかったりして‥‥。kao03
それより、インフルエンザをもらってこないようにしないと。今頃の病院、
行くのイヤだな...。
                                    鉄線


*やはり、体重は去年の同じ時期に比較して4K減でした。皮下脂肪も
10㎝減。(10、10、10㎝って!) 相変わらず、血圧も低かったです~。
体重は衣服を着たまま、測っていますから、裸だともっと明らか?!
体重が減るのは大歓迎なのですが、胸まで減るのはちょっとね~。
ただでさえ、ないのに...。



この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
黄砂はクレイの香り
- 2009/02/12(Thu) -
IMG_4542_convert_20090212191527.jpg

徳島市内で11日夜、黄砂が今年初めて観測されたようです。写真は
今夕、福住橋からの景色です。黄砂で眉山が霞んでいるのが、おわ
かりになりますでしょうか?今年の黄砂は昨年(3月3日)より、20日
も早かったそうです。

さっき、小1時間ほどウォーキングに行ってきましたが、空気からクレ
イの匂いがしてました。砂ではなく、泥、粘土の匂いです。身体の中
に黄砂が入るの、イヤだな‥‥と思いつつ、今夜は歩きました。ダッシュ

粒径が2~1/16mm (62.5μm) のものを砂。1/16mm以下のものを泥
と呼んでいるようですが、泥はさらに細かく分類され、1/16mm(62.5
μm)~1/256mm(4μm)のものをシルト(silt)、それ以下のものを粘
土(clay)と区別しているようですね。実際、黄砂の中を歩くと、洗顔ソ
ープやパックに使われているクレイの匂いがしましたから、もしかした
ら、黄砂は砂というよりは、泥に近いのかもしれません。感覚でモノを
言っておりますので、間違っていたらご容赦くださいね。

普段より黄砂で見通しが悪くなっています。車、気を付けて運転したい
ものです。
                                鉄線

IMG_4540_convert_20090212191613.jpg


この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョコとコーヒーとベビーシッター
- 2009/02/11(Wed) -
IMG_4522_convert_20090211172433.jpg

今、イルマの『PIANO MUSEUM』を聴きながら、コーヒーを飲みながら、
ストロベリーチョコを食べながらの「くつろぎタイム」。イルマはいつもより
少し大きめにかけています。休日の1日は、アッという間ですね‥‥。

今日は朝から、しろ子の家にベビーシッターに行ってました~。赤ちゃん赤ちゃん
しろ子と双子ちゃん。年が明けて、しばらく実家にお世話になっていた
のですが、しろ子のおかあさんがインフルエンザにかかってしまい、急
遽、自宅へ避難して3、4日。今日はしろ子のダンナも仕事でお留守と
いうことで、1日中、1人で双子ちゃんの世話は大変だろうと、お昼ご飯
を持ってのアシスト訪問となりました~。家

双子ちゃん。訪れるたびに大きく、重くなってますね。この子たちが早く
私のことを覚え、名字(二文字)を呼び捨てに呼んでくれる日が来るのが
待ち遠しいです。お昼前に授乳し、その後、すんなり寝てくれましたので、
久しぶりにしろ子とゆっくりお昼ご飯を食べました。刻み葱たっぷりのかき
揚げうどん~。おいしかった。1人じゃなかなかゆっくり昼食も摂れないだ
ろうと思います。何でも2倍!2倍!ですので、ほんと、ヘトヘトになること
と思います。2日連続で双子ちゃんが深夜2時半過ぎまで寝てくれず、か
なり寝不足のしろ子でしたが、思いのほか元気そうで何よりでした。キラキラ
子育てを経験していない私が行ったところで、差ほど役には立たないと思
いますが、いつでもアシストに行きますよ!kao03 しろ子、ファイティン!!

帰ってきて、しろ子の家に持っていったカレーの残りを食べました。いつか、
双子ちゃんにもTessen's Curryを食べさせたいです。カレーライス

                               鉄線

IMG_4526_convert_20090211194419.jpg



この記事のURL | くんだら | CM(8) | TB(0) | ▲ top
アフリカ・シエラレオネだより 3
- 2009/02/10(Tue) -
robai_2264_convert_20090210085402.jpg
(写真は、fuulさん撮影の「素心蝋梅*」です。)

約2ヶ月ぶりにシエラレオネ在住の友人からメールが届きました。 キラキラ

明谷梅林で撮影した梅の写真を添付した近況メールを送ってあった
のですが、そのRE:MAILです。前赴任先のアフガニスタン・マザリシ
ャリフ同様、過酷な環境下で日々がんばっているようです...。
マザリシャリフにはマザリシャリフの過酷さがあり、シエラレオネには
マザリシャリフとは違った過酷さがあり...。平和で、清潔な日本で
生まれ育った日本人には、どちらも過酷な環境下であることは間違い
ないでしょう。身体以上に、心を害しないように気を付けていただきた
いです。

シエラレオネは、12月下旬~2月初旬くらいまで、サハラ砂漠から
吹く北風で気温が下がり、空も砂塵で覆われており、空気が極めて
悪かったようです。気温も25℃くらいになり、現在、マラリアの時期
ということで、体調不良を訴えるかたが続出のようでした。

マラリア-マラリア蚊に刺されても、元気であれば自己免疫も高いの
で、マラリアになる確率は低いようですが、疲れていると罹患率は上
がるそうです。友人も今まで服用していなかったマラリア予防薬を、
2週間前から服用し始め、この薬というのが、副作用の強い薬のようで、
倦怠感、むかつき、微熱の症状が出ているようです。こういう状態での
仕事、なかなか厳しく、捗らないでしょうね。辛いだろう、と思いますね。

友人からメールをもらうたび感じます。恵まれた環境下で日々生活で
きることに感謝しなければ、と。ついつい忘れがちになります。

                              鉄線

*
「素心蝋梅」

黄色い蝋梅。fuulさんから「素心蝋梅」と呼ぶことを教わりました。
ちょうど同じ頃、私も冬の『歳時記』を見ていて、たまたま季語が
「蝋梅」のページが開いて、読んでいくと...中国から渡来した
もので唐梅ともいう。(略)‥‥厳冬の頃、葉にさきがけて暗紫色
の花を開く(略)‥‥。と書いてあり、(えっ~、暗紫色?!)って
不思議に思っていたところでした。蝋梅の花は元々は暗紫色で、
私が一目惚れしたものは、素心蝋梅という種類のものだったよう
です。



この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『蒼い記憶』 12
- 2009/02/10(Tue) -
IMG_3455_convert_20081116141248.jpg


『蒼い記憶』

「誰でもボーッとすることはあるんだから。気にしない、気にしない。
ドライブのコース、考えといてよ。俺も探してみるから。さぁ、そろそ
ろ出ようか。あぁ、うまかったなぁ~。お言葉に甘えまして、ごちそ
うさんでした。」
 伊藤の言葉に、私は眉毛をマジックで描かれた情けない犬のよ
うな顔をするのでやっとだった。高地が横を通り過ぎた時の微風が、
私をひどく感傷的にさせた。涙がこぼれ落ちそうだった。これで終わ
った、終わったんだ、と諄いほど自分に言い聞かせた。そして、上
機嫌な伊藤の「もう一軒、どっかへ寄って帰ろう」という誘いを、野の
花をちぎるみたいに断った。疲れていた。全身が泥のように重たく、
怠かった。家の戻ってからの私は、ホテルでの饒舌がまるで夢の中
の出来事であったかのように密やかだった。
 伊藤との淡泊すぎる恋。そんな煮え切らぬ思いとは裏腹に、年明
け早々に結納を取り交わすことが決まった。来年の早いうちには結
婚、ということになるのだろうか‥‥。それを純粋に喜ぶ家族の眩し
すぎる笑顔と私の心はひどくかけ離れている。結納が決まってから、
私の気持ちは底なしで沈下し続けていた。伊藤と一緒になることが
最良なのだと、自信のない催眠術師のように諄いほど自分に言い
聞かせた。そして、この時、間違いなくそう進んでゆくものと誰もが
思っていた。

 第四章  嵐   山

 新しい年を迎え、私は一層、心情をおかしくした。挙げ句の果てに、
家の者には内緒で京都までやって来てしまった。というのは狡い言
い方で、逃避、逃亡したのだった。パークホテルでの食事以降、伊
藤とは会う機会に恵まれなかった。銀行の年末年始の忙殺に、電話
まで途切れがちになった。伊藤との関係がますます疎遠になっても
大したことではなかった。極力、会わないようにしたのは私なのだから。
電話のベルが鳴らない夜のほうが心は沈静を保つことができた。独り
の時間を利用し、伊藤についても考えた。誰にでも欠点はあり、伊藤
も例外ではない。伊藤の欠点を癇に障って仕方がないほど許せない
わけではなかった。と言って、その欠点を全て包み込んでしまえるほど、
私は懐の大きな、豊かな心の持ち主でもなかった。残念なことに私は
伊藤の欠点が気にならなかった。どうでもよかったのである。それだけ
に始末が悪かった。癇に障り、イライラしたほうがまだ話は早かったの
かもしれない。自分にない伊藤の良さも単なる客観的な良さで留まって
いる。もうこれ以上、今の気持ちが愛しさに発展するとは考えられない。
全身を流れる体液は、熱いどころか、ぬるま湯にもなり損ね、元よりも
冷ややかな液体になってしまった。
 伊藤でなくてもやっていける-そう確信したのは初詣に行った時のこと
だった。手を合わせて祈る伊藤の大きな背中が、半歩下がった後方から
見えた時、そう痛感したのである。もしかして、伊藤は私との幸せを願い、
熱心に祈り続けていたのかもしれない。しかし、私は目の前の伊藤や家
族に申し訳ないと思いながらも、この話が流れることだけを必死で祈った。
その時、上洛を思い立ったのだった。その企てを決行することで、我が身
に如何なる罰が当たっても構わなかった。そんな子供じみたことをしてま
で自分の心の熱さにもう一度だけ拘ってみたかった。
 伊藤との結納は明日、取り交わされることになっている。間に合うように
戻るつもりはなかった。そんな身勝手な行為が残された者たちに、どれほ
どの苦痛を与えるのかもわかっていた。一時的に逃れたとしても何も変わ
りはしないのだろう。上洛してから毎日、保津川の対岸を走る列車の上り
下りをマッチ棒で数えながら、ぼんやりと魂が抜け出たように過ごしている。
私が自殺を図るのではないかと、仲居が入れ替わり立ち替わりポットの
お湯の交換にやってくる。自分でも計りかねている今の複雑な心のうちを
伊藤にはどう説明したらいいのだろう。うまく整理して話せるかどうか、不
安だった。
 私は考えをまとめるために外へ出た。旅館の自転車を借りて化野へ向か
った。冬の嵐山の早朝とあって人影少なく、途中で自転車を押しながら歩
いた。私は冬の京都が1年のうちで最も好きだった。6、7年前、私は右京
区にある私立大学に通うため、嵐山に下宿を構えた。卒業し、坂崎に捨て
られた時もここに来た。そして、また、性懲りもなくここにいる。何年経っても
変われない一番は自分だった。古都の厳しい外気が私の頬を容赦なく刺し
て通り過ぎた。

 (つづく・次回更新は任意です。)
                                   鉄線


 
この記事のURL | 小説 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「距離測β」、久々に登場!
- 2009/02/09(Mon) -
昨日は、夕食前にウォーキングに行きました。吉野川の堤防からの
景色があんまりきれいだったので、下流から吉野川を遡り、R11に
出ず、また下流へと引き返してきました。結構、距離がないようで、
あるんですよね...。久しぶりに「距離測β」で測ってみると、
http://www.mapion.co.jp/c/f?nl=34/03/45.583&el=134/33/41.173&uc=1&grp=route

昨日歩いたコースは、5.3km、時間にして1時間40分。大体、合って
ますね。久しぶりに長距離を歩いたので、復路、誰かに迎えにきてほ
しいくらいヘトヘトでした。しかし、昨日に限って(大抵、いつもだが、)
携帯もお財布も持ってなくて...。もう歩きたくないなぁ~と思ってる
ところへ、パンを焼くいい香りが...。それ以降、家に辿り着くまでの
15分ほどは、頭ん中が(あんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱん.....)、
パン一色になってしまいました。時間は5時前。夕食前+歩き疲れて
身体が甘いものを求めていたのでしょうね~。普段、これほど強烈に
「食べたい、食べたい」と脳を冒されることはないんですけどね。かお

この時、思い出したのが、ベルママさんの焼いた「よもぎ大納言」でした。
最近、ベルママさんのblogで見て、(春を呼ぶグリーンだなぁ。おいしそう)
と思ったのが、頭に強く残っていたようです。kao03
ベルママさんは、私の甥っ子が住んでる町でパンの先生をされています。

ウォーキングも1時間くらいでちょうどいいですね。昨日は寝るまで疲れ
が残り、だるかったですね。風も強かったですし。気持ちいい、心地よい、
と感じている間に終わらなければだめですね~。体重は減ってましたが。

                                  鉄線 

img227ccc3azikazj.jpg
img29292408zik2zj.jpg
(「よもぎ大納言」の写真は、ベルママさんのblogよりお借りしています。)



この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(8) | TB(0) | ▲ top
事件は『大根の月』が出ていた頃に‥‥
- 2009/02/09(Mon) -
IMG_4513_convert_20090209070234.jpg

8日、お昼のニュースで、前日の7日、高知県室戸市の椎名漁港で、
覚せい剤120kgの入ったバッグが4個も見つかっていたことが判明。
7日といえば、高知県のすぐそば、宍喰の竹ヶ島までドライブに出か
けていたので、ニュースを見ながら(怖っ‥‥)と思いました。

「7日午後4時ごろ、第5管区海上保安本部の航空機が室戸岬沖で
不審船を発見。連絡を受けた高知海上保安部は同9時半頃、県警に
通報した。また同じ頃、漁港から不審な男2人が車で立ち去ったとの
情報があり、徳島県内でこの2人とみられる中国籍の男を見つけ、事
情を聴いている。」とのことでしたが、先ほど、みのさんのニュースで
中国人を6名、逮捕したとのことでした。

怖いですね‥‥。ドライブしている時に車を止められ、逃走するため
にアクセラを奪われたら‥‥。歩いて徳島市内まで帰るの、大変!
(えっ?そういう問題じゃない!って。)車だけならまだしも、私まで
奪われたら‥‥。(まだ一度も嫁に行ってないのに、それは困る!)
考えたら、ほんと、怖いですよね。犯行時間が少しずれていたので
犯人にも検問にも遭わず済みましたが、ニュースで「水床トンネルを
どうの、こうの‥‥」と言ってた時には、実際に運転して通ったトンネ
ルでしたから、益々怖かったです。海岸沿い、漁港はこんなことがあ
るんだ、といい教訓になりました。

ちょうど、写真のような『大根の月』が出ている時に、事件は起こって
いたようですね。7日の『大根の月』です。ほんと、どこで、何が起こる
か、わからないものです。護身用に車の中にバットとグローブとボー
ルは積んどかないといけませんね。グローブとボールは必要ないの
ですが、バットだけだと、検問の時、あやしまれても困りますからね。
それでなくてもあやしいのに‥‥。(誰がやねん!)kao03

                               鉄線
IMG_4512_convert_20090209075719.jpg



この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Tessen's Cafeは、今日が誕生日!
- 2009/02/08(Sun) -
IMG_4403_convert_20090208092738.jpg

Tessen's Cafeをオープンしてから、今日で1年となりました。
いつもCafeにお越しいただいている皆様、どうもありがとうございます!
これからもお越しいただいた皆様が、元気になるような、一息つける
ようなCafeにしてまいりたいと思っています。
よそ様のお店のような垢抜けたものは、なかなかお出しすることが
できませんが、これからもTessen's Cafe、ご愛顧のほど、ヨロシク
お願いいたします。

あっ、そうそう、忘れるとこだった‥‥。
オープン一周年記念「石鹸とハンドクリームのセット」プレゼントの
当選者は、厳正なるあみだくじの結果、らびぞうさんに当たりました。
明日、お渡ししますね!おめでとうございます!!

                                鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
"此谷の梅の遅速を独り占む " 明谷梅林~竹ヶ島まで
- 2009/02/07(Sat) -
CAYIJHKC_convert_20090207190220.jpg

明谷梅林まで梅を見に行ってきました。全体の95%は蕾でした。
来週末から再来週あたりが見頃と思われます。花が本当になくて、
撮るのに難儀しました。Uターンして帰る車が続出でした。せっかく
来たのだからと、根性で撮っていたのは私だけでした。kao03

   『此谷の梅の遅速を独り占む』 
                       高浜虚子


CA2C08CR_convert_20090207190301.jpg

CA2ZEAEM_convert_20090207190320.jpg

CAY4WTZZ_convert_20090207195229.jpg

CADHQRGB_convert_20090207190452.jpg

CARUZ8IC_convert_20090207190702.jpg

白梅の次は、紅梅をどうぞ!すぐ下の写真。まさに「紅色」ですね!
美しい発色です。白梅を好み、紅梅はあまり好きではなかったの
ですが、この少し沈んだような紅色を見て、紅梅もいいものだなぁ~、
と思いました。紅梅にもいろんな色がありますね~。

CAP1FJ77_convert_20090207190601.jpg

CAN30B59_convert_20090207190535.jpg

CA8WI8FG_convert_20090207190432.jpg

CAIVKBT1_convert_20090207190516.jpg

CA3DXVYP_convert_20090207190345.jpg

その後、またまた南のほうへ。どうせ見るなら美しい南の海を、と思い、
イルマのピアノを聴きながら、宍喰・竹ヶ島まで車を走らせました。往復
200kmのドライブでした。zoomzoom005

内妻、浅川、竹ヶ島の上空は、雲で覆われており、海はいつもの
美しいブルーではなく、かなり深く黒ずんだ色をしており、ちょっと
残念でした。内妻から竹ヶ島あたりの国道から見える青々とした
海がとても好きなので、今日はお天気に恵まれませんでした‥‥。

CA2IL1IK_convert_20090207192236.jpg

竹ヶ島橋から撮影していると、鳶が下りてきました。人気(ひとけ)が
なかったので、鳶も気を許して、かなり低空までやってきたのでしょう。
この美しい透明感、貴重です。

IMG_4484_convert_20090207193600.jpg

CAWTUWOI_convert_20090207193403.jpg

IMG_4483_convert_20090207200729.jpg

この後、宍喰温泉に入って帰りました。今日はたくさんのお遍路さん
たちとすれ違いました。バスツアーのお遍路さんなんですが、景色の
いいところだけを?!歩いているようです。そして、先回りしている観
光バスにまた乗り込み、また景色のいいところで降りて歩く。こういう
ゆっくりペースのツアーもあるのですね。道の駅 宍喰温泉でもお遍路
さんが休憩しておられました。この海辺でサーフィンをやってる人もい
ました。南はいいですね。何度訪れても厭きることがないです。きっと、
この海が私を呼ぶのでしょうね。曇天を除き、いいドライブでした。

                                 鉄線

IMG_4485_convert_20090207194331.jpg


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ