- 2010/05/31(Mon) -
CA83HZ13_convert_20100531210547.jpg

何を捕獲するための罠なんでしょう?右下の苗床から、大体の大きさが
お分かりいただけるかと思いますが、山の中でこういった仕掛け、罠に
遭遇すると、ビクッ とします。な、な、な、なにがここら辺におるんよ~。
タヌキとかイタチですかね。

この場所から少し離れた狭い山道の路肩には、大人二人がラクラク入る
ことができるくらいの同型の罠があり、ビクッ な、な、な、なにが山から
ここに降りてくるというんよぉ~。イノシシ?ツキノワグマ?ぁぁ゛、怖い~。

木立の中から、ガサガサと音がするたび、ビクッ ビクッ ビクッ  
山奥の撮影は何とも怖ろしいですね‥‥。何も出ませんように!
                                  鉄線
スポンサーサイト
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(6) | TB(0) | ▲ top
住吉夕景
- 2010/05/30(Sun) -
CA7TLDVU.jpg

今日のウォーキング。日没の前後は私の好きな時間帯。荷物に
なりますが、コンデジを持って家を出ました。
ウォーキングのコースも気分によって色々ありまして、今日は、
この夕景を撮りたかったですので、福島には行かず、安宅から
住吉に戻って、しばらく撮影して帰ってきました。

CAZFEW0M_convert_20100530213450.jpg

この場所にちょうど差し掛かった時、日没後まもなく、といった頃。
川面に写り込む夕日の朱(あか)が、やわらかで控えめでした。

CAJ0PSHB.jpg

何度通っても黄昏時のこの川沿いは、きれいだなぁ、って思いますね。
ボートが繋留されているシーンは、特に雰囲気があり、哀愁を醸し出
しています。
                              鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真72 『トタン小屋』
- 2010/05/30(Sun) -
CAH53UW1.jpg

『トタン小屋』 (2010/05/29・上勝町にて)

この杉木立の中に入り込んだ時、「ここ、好き!」と思ってしまいました。
この日は、はなまるのお天気でしたが、ここを歩きながら、"Mist"を感じ
ていました。実際、全身に心地よい陰と湿り気を感じ、このしっとりした
質感が写真に出せるかな、と思いつつ‥‥。

そうですね、写真に向かってもう少しだけ、霧吹きでシュッシュッと
やりたいです。

はな・はる・フェスタの受賞作品展に行ってきます。阿波おどり会館では
今日までの展示となります。この後、鴨島、阿南、川内と移動展示される
ようです。
                                    鉄線



この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"비가 오는 날엔 ‥‥"
- 2010/05/29(Sat) -
CAWNW0XY_convert_20100529193055.jpg

소녀를 사랑한 소나무

비가 오는 날엔 유난히 생각나
동그란 얼굴만큼 마음도 예뻤던 아이
산에 들에 꽃들이 만발해도
그 소녀는 항상 그자리에
내 곁을 지켜 주었지

그러던 어느날에 눈물이 가득한 채로
내게 기댄 소녀를 안아주고 싶었어 워~
가슴이 찢어져도 아무것도 할 수 없던
내 모습이 정말 싫었었지

그 사람인가요 행복해 보여요
어느덧 몰라보게 시간이 흘러가 버렸나요
이제 다시 못 볼 줄 알았는데
그 때 처럼 그 미소 그대로 나를 울리고 있어

이제는 잊어야 해 뒤돌아 서던 그대를
불러볼 수도 없는 내가 잊어야겠죠 어~
지금 행복하나요 힘이 들땐 언제라도~~
내 그늘에 와서 쉬어가요

나의 사랑~

이제는 잊어야 해 뒤돌아 서던 그대를(돌아선 그대를)
불러볼 수도 없는 내가 잊어야겠죠 어~
지금 행복하나요 힘이 들땐 언제라도~~
내 그늘에 와서 쉬어가요

message…들려?


빅마마の"소녀를 사랑한 소나무"という歌です。"少女を愛した松"
というタイトルなんですが、5集に収録されています。最近、部屋でも
アクセラの中でも、この曲をずっと聴いています。

私が耳で聴いてわかるのは、出だしの♪비가 오는 날엔~♪という
部分、後、知ってる単語が所々です。비가 오는 날엔~は、雨が降
る日には~、と歌っています。とにかく、この出だしが気持ちよくて、
木立の中で、降り注ぐあたたかい雨を身体に感じながら(雨が降る日
には、何と言ってるのだろう)って。

歌っているのは、松の木。韓国語でソナムと発音します。ソナムが、
雨が降る日には特に思い出すと言ってますね。丸い顔ほど心も美し
かった少女。山や野原に花が満開の時も、その少女はいつも自分の
そばにいてくれた、と。

ある日に涙をいっぱいにため、自分に寄りかかる少女を抱きしめて
やりたかったができなかった。今、その少女が大人になって再び、
ソナムの元へ。いつのまにか時が流れて、2度と見ることができない
と思っていたが、ほほえみはあの時のまま。

もう忘れなければならなくて。後ろを向いた少女を呼んでみることも
できない私は忘れなければならないのだろう。今、幸せですか?
疲れた時はいつでも、私の木陰に休みにきてください、と。

こんな感じの内容だと思います。たぶん‥‥。韓国音楽の"行間"から
感じてくる비(雨)が大好きです。雨は、雨のことが気になります‥‥。

                                鉄線
この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鳥獣保護区にて
- 2010/05/29(Sat) -
CA961B1B_convert_20100529063427.jpg

今朝も何だか肌寒いですね。6月がもうそこまでやってきているというのに、
17℃。3、4、5(月)と忙しかった仕事も、ようやく落ち着いてきました。毎年
この時期、精神的に最もしんどい時期です。神経がずっと"決算"に縛られ
ていて、何をやってても解放されません。楽しめないのです。もう20年も
心からGWを楽しんだことがないですね‥‥。そういう気にならない、という
のが本当のところでしょうか。県外の撮影会も、まだまだゴールが見える
状態ではなかったですので、よう行きませんでした。行っても気になって
楽しめないでしょうから。ぁぁ‥‥でも、"一本桜"は、いつか撮りに行って
みたいですね。時期的に定年を迎えるまでは無理かな。桜。私の花なのに。

楽しめない、と言いつつ、この時期、気の向くままに撮る写真に助けられて
いる気がしています。美しい新緑にも大いに気持ちをほぐしてもらいました。

                                 鉄線

この記事のURL | "田舎の風景" | CM(8) | TB(0) | ▲ top
青と白の儚げな写真を2枚
- 2010/05/28(Fri) -
CA8I02OB_convert_20100528070347.jpg

ぁぁ゛~、今朝は肌寒いですね。この前もらった携帯型熱中症計を
起きた瞬間に押してみる‥‥。16℃。うわっ、寒ぃ!!このくらいの
気温になると、手の指先、足の指先が少し冷たいです。ということで
朝からエアコン。もちろん、暖房のほうですよ!ん?信じられない?

携帯型熱中症計。夏の炎天下だけでなく、普段からこんなふうに使
えるから便利です。その日の着衣を調整できます。今日はシャツ一
枚、中に着とこうかな。ストッキングを厚めにしとこうかな、薄めにし
とこうかな、首に何か巻いて行こうかな、てな感じですね。暑いのは
平気なんですが、寒いのはからっきしだめで、機嫌も悪くなって凶暴
になります。(笑)

この写真を撮った日も肌寒かったですね。ウィンドブレーカーを着て、
首にも巻物をしていましたが、それでも、まだ寒くて‥‥。
あれですね~、寒い時と、腹が減ってる時って、何か気持ちが心細く
不安なってきますよね?!

そうそう、心細いと言えば‥‥

CANDPK8D_convert_20100528075005.jpg

白いたいやき!心細いというか、頼りないというか、焼けてないというか。
昨夜、冷蔵庫を開けたら、中に5匹がぐったりして寝てました!ぐったり。
まさに、そんな感じ。おぉ~、これが噂に聞く白いたいやきかぁ。いつもの
ように手に取り、嗅いで、触ってみる。腹の辺りを重点的に押してみる。
う~ん、こんなものか、と一人で納得し、そのまま冷蔵庫の扉を閉める。
え?食べんのかい?!って。ちゃんといただきましたよ~、しっぽだけ。

白いたいやきって、何か、とても儚げね‥‥。
                               鉄線

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
おかげさまで、70,000アクセス突破!
- 2010/05/27(Thu) -
CAY0SSZG_convert_20100527210849.jpg

2008年2月にOPENしたTessen's Cafe。
おかげさまで、本日70,000アクセス!を突破いたしました。

いつも遊びにおいでてくださるかた、コメントを寄せてくださるかた、
陰からそっと見まもってくださるかた、そして、今日初めて覗いて
くださったかた....多くのblogの中からTessen's Cafeにご来店
いただきまして、誠にありがとうございます!店主、心より感謝い
たしております。これからも"読むビタミン&見るミネラル"をモット
ーに、がんばってまいりますので、今後ともTessen's Cafeをご愛
顧のほど、ヨロシクお願いいたします。
                             鉄線
                           
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
記念品は、"Tag Light "
- 2010/05/26(Wed) -
CA4QBPH6_convert_20100526204902.jpg

「はな・はるフェスタ2010」と「徳島LEDアートフェスティバル2010」を
テーマにした徳島新聞カルチャーセンター・フォトコンテストのLED
部門入選の賞状と記念品をいただきに行ってまいりました。

LED部門入選ということで、LEDの"Tag Light "かどうかは知りませ
んが、このような記念品をいただきました。夜、ウォーキングに出る
時にいいかもしれませんね!大きさは、指の第1関節ほどのサイズ
です。裏側には様々な用途が書かれています。

CAAJN81U_convert_20100526205658.jpg

早々と受賞作品展にお出かけ下さった皆様、どうもありがとございます。
いつも写真を見ていただいて、とてもうれしいです。ありがたいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
                               鉄線
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
緑萌ゆる
- 2010/05/26(Wed) -
CAUW3TIT_convert_20100526061534.jpg

お日さま。何か久しぶりぃ~。でも、一週間も降り続いていたわけではなく、
久しぶりでもないのですが、かなりまとまって降りましたからね。今朝は、
窓からのお日さまに起こされました。「うわっ、晴れとる!」と嬉しくなり、
5時半から起きて、部屋でごそごそしております。

ある本を最近また読み返していて‥‥‥、「ある芸術家は自分の"腹の
虫"、つまり、自分の心の内の価値のままに自身の芸術を作ったときは
社会的値打ちのないもので、世の中には、腹の虫の命ずるままに踏み
出したものの、結局、社会的に何の値打ちも生み出せなかった人は画家
でも作家でも写真家でも数知れぬほどいる。でも、その人自身には価値
のあることをした」と。自分の心の内の価値のままに動いて、作品作りを
したのですからね。

「むしろ一般的にいえば、社会的に価値のあるものを生むには、自分の
心の声を押さえて、世間に迎合するような仕事をする。そんな人のほうが、
世間で成功する例が多いのは確か。心の声にしたがって行為した人は
世間のスタンダードに合っていないから、なかなか世間には迎えられない」

この著者は腹の虫のような頑固なものは押さえていったほうが世間的に
迎えられることになるし、多くの人がそうしているし、自分も世間的に迎え
られることはうれしいし、人間、壮年期にはそんな時期が必ずくるから。
その年代が社会的にも家庭的にもいちばん責任のある頃で、その時期に
人間は社会や家庭からいちばん拘束される、と。そして、壮年期を終えた
後、どう生きるか。そのまま世間に迎合して生きるか、腹の虫に聞きなが
ら生きるか。この著者は心の声にしたがい、動き出したアジョシなんです
が、今はもうハラボジになっておられますが‥‥‥、

書いたり、撮ったりしながら、そっくりこんなことを思うことがあります。
以前、この本の、このくだりを読んだ時は、今ほど強くからだの中には
入ってこなかったのでしょう。自分の書いたり、撮ったりしているもの
をより客観的に見れるようになってきたのかもしれません。客観的に
見れるようになってきたからといって、書き分けたり、取り分けたりでき
るほど、私は器用ではないのですが‥‥。

何が言いたいのかと言えば、最近、この世間に迎合して生きるとか、
腹の虫にしたがって生きるを、からだに感じながら、昔も書きながら
感じてはいましたが、今ほど強いものではありませんでしたね。今だか
らこそ、著者の言葉が自分のことのように入ってきます。何事にも時期
があるのでしょう。昔、心に響かなかったものが、今になって響くってこ
と、ありますよね?!その反対もあるのでしょうが。

写真は那賀川です。この山緑。陸でも萌え、川の中でも萌え、私も
これほど器用だったらなぁ、なんて思いながら、Tessen's Cafeに
アップしました。
                            鉄線


この記事のURL | "田舎の風景" | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Butter Knife
- 2010/05/25(Tue) -
CA0IURW2_convert_20100525070716.jpg

毎日毎日シリアルだと厭きてくる。今朝は久しぶりに食パンを焼いて
食べた。台所のいつもの場所にマーガリン。を付けるためのバター
ナイフが見当たらない。水屋の引きだしを目一杯開け、奥のほうから
ナイフを探し当てた。

手に取った瞬間、何て美しいフォルムなんだろう、としばし見とれる。
もちろん、朝っぱらからである。(カリカリ、ぬくぬくに焼けた食パン、
冷めてしまうちゅうねん!)ナイフの裏を見ると、Sybillaと刻印されて
いる。その文字を見て、「う~ん、やっぱりな」と独りで納得している。
もちろん、朝っぱらからである。

Sybillaとは波長が合うようだ。「いい感じ!」と手に取ってみるもので、
Sybillaのものは多い。今、このナイフは台所の水屋の引きだしから、
私の部屋の引きだしへと移された。(なんでやねん!)

このバターナイフのフォルムが持つ安堵感。やわらかで美しいライン。
そばに置いて、時折、眺めたいのだ。みんながみんな、バターナイフ
に使用しなくてもいいだろう。鑑賞用"Sybilla Butter Knife"(笑)

「バターナイフ知らんで?」と聞かれたら、「う~ん、知らん。どしたん、
ないん?」と返すだろう。また新しいナイフを買ってこないといけない。
美しいフォルムのナイフを買うと、また部屋の引きだしの中に入れて
しまうため、ほどほどに好みのナイフを探して、台所のいつもの場所
に挿しておこう。
                              鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
佐那河内 "Blue Mist "
- 2010/05/24(Mon) -
CARGZEKE_convert_20100524070241.jpg

昨日のシンポジウムの後、17時前だったのですが、大川原高原まで
霧を感じに行きました。霧の出は、それほどではありませんでしたが、
久しぶりに "Blue Mist "が撮れたので、霧のブルーに癒され、満足
しています。途中で、降りてくる車と1台すれ違っただけで、大川原
高原は貸切でした。さすがに自転車乗りも走っておらず、あははは。
当たり前か!

貸切の時は貸切で、何かちょっと寂しかったり、心細かったりするん
ですよね~。お天気も悪いですし、霧がますます深くなってきたら
どうしようと、自分の心も、しばし霧に包まれます。でも "Blue Mist "
を感じたくて、雨の休日、時たま上がって行ってしまうんですよね~。

霧の大川原を立ち漕ぎで駆け上がっていく自転車乗り。幻想的なこの
"Mist Blue "で、一度撮ってみたいものです。この木のようにシルエット
でラインが浮き上がってまいりますから、美しい筋肉をお持ちのかた、
よろしくお願いします。(笑)
                                 鉄線
この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐那河内までシンポジウムを聴きに
- 2010/05/23(Sun) -
CAHFXDYJ_convert_20100523211803.jpg

佐那河内村役場まで、佐那河内活性化シンポジウムを聴きに行って
きました。徳島新聞社の移動編集局『名東郡』で、最近、佐那河内村
が取り上げられていますが、その一貫のシンポジウムです。
テーマは、「むらの元気をどう生みだすのか」
宇都宮大学農学部農業経済学科の守友教授が上記テーマで講演。
その後、パネルディスカッションが行われました。

再生のための3つの柱というのがあり、その一つに、参加の場づくり
なんていうのがありました。住民総参加の道を追求、それから、村外
からの参加。外の視点から村を見ることのできる人の参加の大切さを
説いておられました。

外からの参加。私もこの歳になり、ふるさとのために何かお役に立て
ることはないかと思うようになりました。年齢的なものでしょうか。
実が熟するのと同じように、心が動くには時期があると感じています。
私は30年前にふるさとを後にした者ですから、ふるさとのイベントに
参加するにしても、会社が休みの時のイベント当日しか参加できま
せん。準備なども手伝えず、こんな気まぐれ、中途半端でいいのだ
ろうか、と内心感じています。おいしいとこ取りのような参加の仕方。
実際、どこまで踏み込んでいいのか、という距離感も難しいです。
自分のふるさとですら、こんなふうに色々と思うのですから、よその
町村への参加となると、ますます難しいですね。参加の仕方にも、
いろんなやり方があるのでしょう、自分の性格に合ったやり方が。

いつか、どこかの集落の廃屋でも借りて、田舎暮らしを再開できたら
いいなと思います。一時、南がいい、海のそばがいいと感じていまし
たが、やはり、山の中にいると落ち着きます。ふるさとにこだわらず、
自分ができることで、"自分のふるさと"、"誰かのふるさと"の活性化
のお手伝いができたらいいですね。まだ漠然としていますが、私が
できることと言えば、文や写真でその良さを発信していくこと、かな。
村の活性化のためにエネルギッシュにがんばっておられる、たくさ
んの人たちを目の当たりにして、私も元気をもらいました!

パネラーの一人、冨長さんという村の未来塾代表のかたの村の現状、
日常などのお話を聴きながら、那賀奥のことを思い出していました。
自分のことのように村を実感できるのは、私もやはり、「山の人間」
なんだな、って。もう山で暮らした倍以上の時間を徳島市内でこうし
て暮らしていますが、書く時、撮る時‥‥物事を考える時、自分の
中でベースになり、主になって動いているのは、山の時代に培われ
た感覚、感性だなと最近、感じています。写真を撮りながら、その
感覚はますますよみがえってきているような気がしています。佐那
河内に、ホタルを見に行きたいですね~。

そうそう。私の後の席のかた達が、講演が始まる前に「ごまはどう
やって植えるのか?」という話をされていました。山はそういうのが
いいんですよね!
                              鉄線
この記事のURL | くんだら | CM(12) | TB(0) | ▲ top
"푸른 비 "
- 2010/05/23(Sun) -
CAULID23_convert_20100523080510.jpg

雨。よく降りますね。しかも、思いのほか激しい雨で。ということで、
雨の写真を探して、引っぱりだしてきました。

タイトルの"푸른 비 "は、"蒼い雨"と書いてあります。雨だけど、
蒼い写真を見ていたら、蒼い写真を撮りに行きたくなったなぁ~。
ちょっと撮りに行ってこようかな。
                               鉄線
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第9回 はな・はる・フェスタ フォトコン 夕刊掲載!
- 2010/05/22(Sat) -
IMG_4799_convert_20090307113421_convert_20100523200340.jpg

「はな・はるフェスタ2010」と「徳島LEDアートフェスティバル2010」を
テーマにした徳島新聞カルチャーセンター・フォトコンテストの入賞
入選写真が、昨日と今日の徳島新聞夕刊に掲載されています。

昨日は一般部門。推薦一点、特別賞一点、特選二点、準特選四点
が掲載。

本日はLED部門。特選一点、準特選二点、入選五点が掲載されて
います。

私もさっき、新聞販売店に夕刊を買いに行ってきました。「何が載っ
とん?」と聞かれ、「撮った写真が載ってて、滅多にないことなので
新聞を買いにきました」と言うと、「いろんな人に配り!」と、夕刊を
たくさんおまけしてくれました。ありがとうございます。

やはり、実際の写真と、新聞に掲載されている写真では、色が少し
異なっておりますので、お時間のあるかたは是非、受賞作品展に
お越しください。私も他のかたが撮ったLED写真を見てみたいです。


今日はめずらしく家にいて、冬物の片づけや洗濯をして、その後、
一本原稿を書いて、今はカレーを作っています。これから少し部屋の
模様替えをして、今日はタイマーをちゃんとセットしてますから、
カレーが焦げる心配はありません、はぃ。さぁ、こたつを終うぞぉ!

                              鉄線

Curry_convert_20100523113940.jpg

この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(8) | TB(0) | ▲ top
携帯型熱中症計
- 2010/05/22(Sat) -
CAOINRIK.jpg

携帯型熱中症計をご存じでしょうか?これから暑い中での撮影ということで、
しろ子がプレゼントしてくれました。

たまごっちほどの大きさで、ピッとボタンを押すと、気温と湿度が画面に表示
されて、熱中症になる危険性を5段階評価してくれます。ほぼ安全、注意、
警戒、厳重警戒、危険の5つ。後の2つになると、ブザーが知らせてくれます。
どんな音が鳴るんだろう???

今、6時半なんですが、どれどれ、ピッ。22.5℃。湿度57%と出ました。
私の部屋は、ほぼ安全というランプ。冬布団や電気毛布、こたつ布団をそろ
そろしまわないと、こっちのほうで熱中症になりそうです。ご飯食べて、雨が
降ってくる前に入れ替えでもしますか!
                                  鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
"角材の中の私"
- 2010/05/21(Fri) -
CAJCCU9D_convert_20100521072838.jpg

田舎の製材所に積んであった角材。一辺約3㎝。どうして赤や青の
彩色がなされているのだろう?「何で?」と思った瞬間、シャッターを
切ってることに気づきました。

フィルム(リバーサルフィルム)で撮っておられるかたは、一回シャッ
ターを切ると、50円なんだそうです。50円。高いですね!一枚50円
のフィルムで、この写真や黒板に書かれたドラえもんを撮るだろうとか
ふと考えます。撮らないだろうなぁ、と思います。書いたり消したりでき
るデジタルで撮っておられるかたでも、大抵の人が素通りしていくだろ
うと思います。でも、私はこういった写真が撮りたくて撮りたくてたまら
ない。うーん、と思いながら通り過ぎ、やっぱり撮りたい!と戻って撮
ることもあります。だから、撮りたい時は心残りがないよう、撮ります。(笑)

向かって左のまん中のブルーの角材。撮りながら、あれは私だなって
思うのです。きれいに積み上げられた中に、中心から少し距離をおいて、
また少し斜(はす)に構えていて、角材の中に私を発見します。被写体
の中に自分が見えた時、撮らずにはいられない。廃屋の中にも、きっと
私がいるのでしょう。
                                 鉄線

この記事のURL | "田舎の風景" | CM(12) | TB(0) | ▲ top
第9回 はな・はる・フェスタ フォトコンテスト入選
- 2010/05/20(Thu) -
CA1YVQZC_convert_20100521055943.jpg
                    (2010/05/20付けの「徳島新聞」より)

「はな・はるフェスタ2010」と「徳島LEDアートフェスティバル2010」を
テーマにした徳島新聞カルチャーセンター・フォトコンテストがあり
ました。前者は一般部門。推薦一点、特別賞一点、特選二点、準
特選四点、入選十点、佳作二十点。後者はLED部門。特選一点、
準特選二点、入選五点、佳作十点。コンテストには、146人が509点
を応募。私もLED部門に応募し、入選しました。

受賞作品展は、阿波おどり会館にて、5/24(月)~ 5/30(日) 10時
~17時。お時間のあるかたは、是非、会場までお出でてくださいね。
いつもTessen's Cafeにご来店いただき、誠にありがとうございます。

                               鉄線

この記事のURL | 写真、彫刻、絵画、焼物など | CM(8) | TB(0) | ▲ top
妙見という名の神社
- 2010/05/20(Thu) -
CAHNAJO2_convert_20100520070529.jpg

佐那河内にある小さな神社。堂宇にお祀りされている、まんまるな石に
惹き寄せられました。カメラバッグからお賽銭を取り出し、(撮らせてくだ
さいね)と、いつものようにお願いした後、撮影。この神社は正面からより
このアングルのほうが、杜の感じや神社の雰囲気がよかったです。

このポイントで撮影していると、集落への通り道とあって、村のハラボジ
や、ハルモニがニコニコしながら通り過ぎます。「こんにちは」と挨拶を
すると、「こんにちは」と優しく返してくれます。前からの知り合いのような、
そんな挨拶をしてくれます。誠に雰囲気のある神社、空間でした。438
から少し入ったところにあるため、目立たない神社なんですが。山の神
なんでしょうかね。
                                鉄線
この記事のURL | "田舎の風景" | CM(2) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真71 『木立の中をゆく』
- 2010/05/19(Wed) -
CAH67A0Y.jpg

『木立の中をゆく』 (2010/05/04・那賀奥にて)

この瞬間、(この道はこんなに狭かったかなぁ)と‥‥。

この日は徒歩でこの山道を歩いたが、いつもはアクセラで走る。
普段なら躊躇しながら、心で泣きながらしぶしぶ走るような狭い
山道であり、見なかったふりをして「やめとこ」とUターンして帰る
ようなガードレールのない酷道である。

だが、この道はためらいなくアクセラで入って行ける。この杉木
立や、杉木立の間を抜けてくる光がそうさせるのだろうか。古里
だから走れるのだろうか。古里と言っても、決して走り慣れた道
ではない。何がある、というわけではないが、何度でも行きたく
なる空間。この狭い山道の奥に、Tessen's Cafeが在る。勿論、
妄想Cafe!
                             鉄線

この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とんじんさん、厚揚げが!
- 2010/05/18(Tue) -
今日のウォーキングの帰り、明日のお弁当に久しぶりに厚揚げを
焚いていこう、と厚揚げを買って帰りました。

帰るなり台所へ行き、鍋で厚揚げを焚き始めました。弱火にして、
2階の自分の部屋に上がり、メールをチェックしていると、昨夜、
とんじんさんに添付した写真が間違っていたようで、再度送り直
すのにパソコンの前に座ってしまい‥‥、どれほどの時間が経
ったのでしょう~。

ん?何か臭い!

とんじんさんにメールを書いてるうちに、時間が経ち、経ち過ぎ、厚
揚げを下で焚いてることをすっかり忘れてしまっていた私。もの凄い
スピードで鍋の前まで降りて行きましたが、鍋の中は既に煮汁がな
くなり、黒い煙が上がっておりました‥‥。ぁぁ゛、とんじんさん、私の
厚揚げが、こんなことに‥‥。

IMG_8763_convert_20100518210826.jpg

とんじんさんのせいではなく、言うていくところがありません。ぁぁ゛~
ショック。明日のお弁当のおかずが一品、減ってしまいました。という
ことで、しろ子、明日の厚揚げは「なし」ということで。勿体ないなぁ。
きめの細かな、いい厚揚げだったのにぃ。全く、情けないですね~。

書きものをしていると、ついつい時間を忘れて書いてしまい、よく焦が
してしまいます。よくでもないのですが、書いてる時はだめですね‥‥。
Tessen's Cafeに最初から来てくださっているかたは、「真っ黒の食パ
ン」の写真を覚えておられるのではないでしょうか。書く時は、調理を
しないこと!!
ですね。ぁぁ゛、厚揚げが食べたい。食べれないとなると、
無性に食べたくなりますね。おっちょこちょいな話でした。
                                    鉄線
この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
鉄線、神出鬼没?!
- 2010/05/18(Tue) -
CAVMRGZS.jpg

昨日のお話。

会社に出入りしているアジョシに、「ひょっとして日曜、木沢におらん
かったで?」と言われました。「木沢にはおりませんけど、那賀奥には
おりました‥‥。え~、どこで見たんですかぁ?」(笑)

実はこのアジョシ。このバイクの集団の中にいたそうです。お昼頃、
この辺りを通過した、というので間違いないです。何でも、べふ峡に
行ってたみたいで、その帰りに長安のこのポイントで、カメラを構え
ている私を見つけたようです。すれ違った瞬間、「今の人、どっかで
見たことあるぞ!」って。ぁぁ゛、べふ峡か。私も行きたいなぁ~。
温泉に入って、森林浴。気持ちよかったでしょうね、アジョシ。

CA7LSG1R.jpg

アジョシは黄色いバイク、と言ってましたから、たぶん、このバイク?
周囲を走っている人たちのバイクはBMWなんだそうです。部品を直し
つつ、こんなふうに集まって走るのが好きなんだそうです。アジョシの
バイクは普通のバイクのようですが、BMWと普通のバイクの違い。
私にはようわかりませんが、しばし、そのすばらしさを力説して帰りま
した。しろ子、この黄色いバイクの人、○出ちゃんよね?!

何か、徳島は狭いですね。あ、そうそう。この日、自転車を300枚くらい
撮影しましたが、「赤いジャージの前を走っていた!」と言うかたが
昨日いただいたコメントの中にいらして、あははは、ドカさんですね。

CARS3RCJ.jpg

先頭を走っておられるの、ドカさんですね?!バイクの画像をダウン
ロードした時にチェックしてみました。この場所は、標識の太いポール
が気になるんですよね。気になりつつ、う~ん、やっぱり、このポール
が邪魔でしたね。次回への反省材料です。
                                 鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
"本流に注ぐ"
- 2010/05/17(Mon) -
CAHTOOZ1.jpg

『本流に注ぐ』 (2010/05/04・那賀町水崎大橋から)

                           鉄線

この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | TB(0) | ▲ top
那賀川センチュリーラン 王子、鉄線に見とれる?!
- 2010/05/17(Mon) -
CA9ZJD6M.jpg

昨日の那賀川センチュリーラン。初期の撮影ポイントを移動。少しダム
寄りに戻り、カーブミラーを使って、走り込んでくるのを撮ってみようと、
1人、2人‥‥と撮り始めました。3人めの人を撮った直後に大きな音が!

3人めの人が私の10~15m先で転倒してしまいました。(あ!転けた!)
カーブミラーに向かって撮ってる段階では、今、誰を撮ったかまでは判別
できていません。それに品質の悪いカーブミラーが多く、かなり凸凹。
だから、転倒した3人めの人を見た時には、もうびっくり!びっくりなんて
いうもんじゃなくて、信じられなかったですね。2度見、3度見でした。

CAA006FG.jpg

「王子ぃー!いけるん!」

はぃ、転倒したのは王子でした。いやぁ、こんなことが‥‥。ほんで、また
よりにもよって、私のすぐそばで転けるなんて。王子、もしかして、私に見
とれてた?! それはともかく、ハンカチも絆創膏も持っておらず失礼
しました。

転倒した際、王子のそばに自動車やバイクが走ってなくて、また、谷とか
川、溝に落ちなくて幸いでした。ほんまによかったです。母が少し離れた
ビーバー館のところで見ていましたが、そこでも転倒されたかたがいて、
自動車がそばを走っていて、危なかったと言ってました。

泣きたいくらい痛かったでしょうね‥‥。左の腕から出血してました。
ゼッケンも安全ピンが一箇所、取れていましたし、太陽のウェアも‥‥。
身体の左半分が腕もウェアもこすれたようになっていましたから、左側
から地面に叩きつけられたのでしょう。美しい白いピナレロもハンドルや
タイヤにダメージ。王子、凄いなぁ。そこでタイヤを外し、直し始めました。

「自分にかまわず、写真撮り」と王子が言うので、直しているところを
じっと見られるのもやりにくいかな、と思い、少し王子から離れました。
その後、橋の上で万歳して走ってくるキャノンデールさんを撮影。何枚か
撮った後、やはり気になるので現場へ。キャノンデールさんが自転車を
止めておられました。キャノンデールさんだけでなく、現場を通りすぎる
たくさんの自転車乗りたちが、王子に声をかけていきます。いいシーン
でした。

CAB781QU_convert_20100517060949.jpg

せっかくなので?!那賀奥を背景に写させていただきました。王子、笑っ
てるけど、全身痛かったんだろうなぁ‥‥。それからしばらくして自転車
を乗れるようにして、王子とキャノンデールさんは折り返し地点の木沢支
所に向かって走って行きました。「10分でまたここに帰ってくるから!」

CAQYQT05_convert_20100517053147.jpg

予定の10分を過ぎても走り込んでこないので、痛みがひどいのかと心配
しましたが、王子、ちゃんと折り返して戻ってきました。やっぱ、走ってる
姿、かっこいいですね。転倒した時、今日は長安でリタイヤするのかな、と
思いましたが、"太陽の男"、痛みに耐えながら、最後まで完走しました~。
さすがですね。

CA662GC8.jpg

那賀川センチュリーラン、お疲れさまでした。これからも走っていると、
思いがけないことが起こると思います。どうか、くれぐれも気を付けて
走っていただきたいと思います。ご無事でほんと、何よりでした。

王子だけでなく、他の自転車乗りの皆さんがたも、いろんなことに充分
気を配りながら走ってくださいね。また撮りにまいります!
                                    鉄線
 
CA85GILP_convert_20100517063615.jpg






この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
那賀川センチュリーラン 新緑の那賀奥を駆け抜ける!
- 2010/05/16(Sun) -
CA5GVBHL_convert_20100516181809.jpg

今日は、第21回 那賀川流域センチュリーラン羽ノ浦大会の日でした。
私にとっては、第2回めの那賀川センチュリーラン。と言っても、私は
走らないのですが。例のあの人のテルテル君4号のおかげで、本日この
通りの"自転車日和"、"撮影日和"でした。写真は菖蒲谷からの風景です。
こうしてこの場所で撮影していると、「護られている」という気がしています。

CAQLFZFN_convert_20100516183733.jpg

前回の撮影ポイントに着いたのが午前9時過ぎでした。既に駐車場には
3/4近くオートバイが止まって休憩しており、空いてるところにアクセラを
止めて、撮影ポイントを探しに歩きました。

今回は、背景に長安口ダムを入れてみよう!と思い、橋を渡り、しばらく
行ったところで待機。適当にオートバイが通過してってくれましたので、
撮る練習もでき(笑)10時半頃、トップの集団が走り込んできました。
予想通りです。写真は、104さんかな?

CA6ACVAC_convert_20100516183012.jpg

この場所で撮っていると、今日もまた何人もの人たちに「鉄線さぁ~ん!」
「こんちはぁ!」って声をかけていただきました。ありがとうございます。
生まれてこの方、これほど男性に声をかけられたことはなく、あははは。

CAUK6S08_convert_20100516184049.jpg

自転車。思いの外、速いので、背景しか写ってない時があります。あははは。
枠(背景)を決め、自転車がその枠の中に入ってくるのを待ちます。自転車の
走り込んでくる音でシャッターを切っていますから、遅れたり速かったりですね。

CA0FRNR3_convert_20100516184832.jpg

この場所でしばらく撮った後、ガソリンスタンドのほうに戻りました。トップの
集団がそろそろUターンして戻ってくる時間帯でしたので、撮影ポイントや
撮り方を少し変えてみよう!と。

CA9ZJD6M_convert_20100516185200.jpg

カーブミラーを使って、走り込んでくるのを撮ってみようと、1人、2人‥‥と
撮り始めました。3人めを撮った直後に、アクシデントが!!!!このアク
シデントにつきましては、後の記事にて。いやぁ、とんでもないことが‥‥。

CA3FBYDN.jpg

しばし、撮影を中断した後、現れたのがキャノンデールさん。余裕の走り!!
キャノンデールさんは、いつも気持ちよさそうに走ってますね~。

CAHA4L3J_convert_20100516190010.jpg

CHULLさんです。去年の秋、チャレンジサイクルでお会いして、今日で2度め。
覚えててくださって、うれしかったですね。1度めも2度めも爽やかなCHULL
さんでした~。「I 那賀川」。私もそうです!

CAYK3T9H.jpg

CA37CATF.jpg

CA11LQ6J.jpg

CAM7MSV9.jpg

那賀川センチュリーランを走られた皆さん、暑い中、お疲れさまでした。私も
3時間近く太陽の下で撮影。干物になってしまうのではないかと思いました。
とにかく、暑かったですね~。

2回めの今回、色々と撮影ポイントを変えてみましたが、去年より上手く撮れ
ているでしょうか。(昨年の那賀川センチュリーランの記事は、2009/05/17)
少しずつですが、どこでどう撮れば、どういう写真が撮れるのか、わかって
きました。動いてるものは一瞬ですから、トップの集団が対岸の新緑の中に
チラッと見えた時、もの凄く心臓がドキドキしていました。撮り落としては
いけないと思うと、緊張します。だから、「鉄線さぁ~ん」と声をかけてって
くださるの、いつも本当にありがたく感じています。いつも撮らせていただき、
ありがとうございます。いつもTessen's Cafeにお越しいただき、ありがとう
ございます。

私の故郷。格別何があるっていうわけではないのですが、こうしてなんや
かんや戻っていますね。
                                 鉄線

CAK0KBB4_convert_20100516192029.jpg








この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
誰が描いたか、ドラえもん
- 2010/05/15(Sat) -
CANE4SBX_convert_20100515204107.jpg

田舎のバス停を覗くの、好きなんです。小屋になってるバス停なんですが、
味があります。バス停なんですが、中に新聞受が3つ、4つ‥‥並んでい
たりしますね。あまりにも奥深い山の家は、残念ながらバス停まで新聞を
取りに来なければならないようですね。

写真的には、田舎のバス停に誰か人がいて、待ってたりなんかすると絵に
なるのでしょうが、バス停は大抵、空ですね。外からだけではなく、中にも
入ってみました。

CAYN75QF_convert_20100515205208.jpg

バス停の中の黒板に描かれていた、ドラえもんです。お世辞にも男前の
ドラえもんではないですが、私的には、このドラえもんの絵、大変満足な
んですが。ここで小学生や中学生が描いたり、消したりしながら、ドラえ
もんを無心に描いているのを想像するだけで楽しいのです。

実際に人はそこにいないけれど、そこに人の気配を感じることができます。
私は間接に撮るのが好きなようです。自分の感じたものを写真から同じよ
うに感じ取ってもらえると、とてもうれしいですね!
                                  鉄線



この記事のURL | "田舎の風景" | CM(2) | TB(0) | ▲ top
さすが、"太陽の男"
- 2010/05/14(Fri) -
CA1XEE8X_convert_20100514060923.jpg

今度の日曜。「曇り時々雨」だったのに、今、天気予報を見たら「晴れのち
曇り」になっている!傘のマークが消えているではあ~りませんか‥‥。
明日、明後日と、雨が降っては困るため、例の"あの人"に「てるてる坊主
を作って、吊しといてぇ~」とお願いしてあったのだが、その効果が早速、
顕れたようである。凄いなぁ~。さすが、"太陽の男"である。"太陽の男"
が作る"テルテル君"は効果絶大のようである。いやぁ、こんなことって
あるんだなぁ~。(以上、独り言)

ということで、日曜のCR、エントリーされている皆さん、車や転倒‥‥etc
いろんなことに気を配りながらがんばってくださいね。お天気も良さそうです。
今回、Tessen's Cafeの常連さんたちは、何色のジャージで走るのかなぁ?
聞いたところで、その人を狙って上手く撮れるという保証は全くないのですが、
(あかんがな‥‥)よかったら教えてください。私は去年と同じポイントで
撮ろうと思っています。寝坊しないようにしないと。

写真はCRが行われる町で撮影したものです。コース外の場所ですが、今、
那賀奥は新緑や鶯のさえずりが、すばらしいことでしょう。

                                    鉄線



この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
"あいぜんばし"界隈Ⅱ
- 2010/05/13(Thu) -
CAOP4EZB.jpg

"あいぜんばし"の畔です。公園になっていて、休憩小屋でお弁当を
食べてる家族がいました。水陸両方が楽しめる空間です。

CA28M2PJ.jpg

ひょうたん島の周遊船が、撮影している30分ほどの間に2度3度、
走っていきました。新町川に帯ができる瞬間。

CAQWA1CE.jpg

水際のお家って、いいですね。毎日、こういった景色が楽しめます。
徳島市のひょうたん島周辺の水際。ほんとにきれいな憩い、癒しの
空間になりましたね~。緑豊かな水際には、ついつい引き寄せられて
しまいます。
                          鉄線

                         
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(6) | TB(0) | ▲ top
自動車税納付の頃
- 2010/05/13(Thu) -
CADFMA63_convert_20100512225210.jpg

自動車税の納付の頃となりましたね。ぁぁ゛高いなぁ~。
自動車の任意保険も今月、引き落とし。ぅぅ゛高いなぁ~。
年明け早々には車検も控えていて‥‥。車がないと、
やっていけないですから、仕方がないですね。

この白い車。ある古刹の駐車場に止まってた車なんですが、
この車も自動車税を払ってるんでしょうか?
                                 鉄線
この記事のURL | くんだら | CM(4) | TB(0) | ▲ top
うーん、という話を三つほど
- 2010/05/12(Wed) -
CAFF3ZBF_convert_20100512060706.jpg

う~ん、このところずっと野菜が高いですね。野菜が高いからかなぁ~
"レタス"の夢を見てしまいました。一昨日、しろ子にレタスとブロッコリー
をもらったからかなぁ~。なかなかレタスの夢は見んよなぁ~。
別に自身がレタスになってる夢ではなくて、抱えきれないほどレタスを
持ってる夢なんですが、それも、食い意地が張ってるから抱え込んで
放さない!!あははは。

それはともかく、
今週末の天気予報。今、ニュースを見てたら、土日ともに「曇時々雨」
になってる!少し前に見た時は、まだ許せる「曇」だったのになぁ~。
う~ん、今週末は土日ともに撮影の予定が入っており、雨は困る!!!

そういえば、去年のCRも最初、雨が降ってて、途中から晴れてきたの
だけれど‥‥またあの人に、でっかいてるてる坊主を作って、吊しといて
もらいましょうかね、土日が晴れるように~。私もてる子ちゃん、吊してお
こうっと。てる子ちゃん、頼んます!

一ヶ月に一度、髪を切りに行ってた美容室が今月末で店じまいすること
になった。うーん、それは困る‥‥。徳島市内のお店を畳んで、実家の
ある三加茂に帰って、店をやるとか。私はその人のカットがお気に入り。
だから、いなくなるのは痛い。非常に痛いんですよね。いちいち予約しな
くてもよかったですし、「今から行きたいんですけど、いいですか?」と
連絡したら、いつでもやってくれましたし、三加茂まで散髪しに行こうか?!

今からお弁当作り。今日の野菜は、もちろん‥‥。
                                   鉄線

teruko_20091008075104.jpg

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
"ジレンマ"
- 2010/05/11(Tue) -
CA8SC9LK_convert_20100505231021.jpg

 『ジレンマ』 (2020/05/05・大川原高原にて)
この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ