ふと立ち寄りたくなるCafeをめざして
- 2010/12/31(Fri) -
CA33HWMP_convert_20101230233259.jpg

大晦となりました。今年一年、Tessen's Cafeをご愛顧賜りまして、誠に
ありがとうございました。今年も皆様のご来店が、日々の更新の原動力
となってまいりました。多くのblogの中からTessen's Cafeへのご来店、
心より感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈りいたします。

来年も書いたり、撮ったりしながら、疲れた時にふと立ち寄りたくなる
ようなCafeをめざし、がんばって更新してまいりたいと思っております
ので、2011年もどうぞTessen's Cafeをよろしくお願い申し上げます。
来年が皆様にとって、お元気で、充実した年でありますように‥‥。

それでは、よいお年をお迎えください。今年もありがとうございました。

                              店主 鉄線

CAPW9UR9_convert_20101231082951.jpg
p.s.
大晦-雪の朝となりました。今日から3泊4日の予定で、広島から
弟夫婦、甥っ子たちが帰省してまいります。彼らのリクエストである
柚子酢たっぷりのハマチのお寿司も既に完成。雪が降っています
から、気を付けて帰ってほしいものです。しかし、ここにきて雪が降
るとは‥‥。車でお出かけのかたはくれぐれもお気を付けください。
寒さで肩胛骨が凝りに凝っています。
                                  鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年は18,000枚、撮りました!
- 2010/12/30(Thu) -
CA9UTGOP_convert_20101230092341.jpg

写真を習い始めてから一年と3ヶ月。その5ヶ月前にデジイチを買い
ましたから、デジイチを手にして、まだ2年が経過していないですね。
税法上、カメラの減価償却期間は、5年のようですから、う~ん、まだ
まだ買い換えの時期ではないですね。猫に小判、豚に真珠‥‥我慢、
我慢。別にほしいカメラもないんですけどね。(笑)ええ写真撮るなぁ、
と感じている写真家が使っているカメラは(ええなぁ。同じのん、ほしい
なぁ)と思いますが、それを自分が使ったところでええのが撮れるわけ
でもなく、数を増やしたり、レンズを長くしたりすると、自分の動きが悪く
なるだろう、というのもわかっていますから。自分の性格に合っていない。

鉄線という女は、非常にまめであるけれども、非常に面倒臭がりでも
あります。自分で「猫みたい」と感じています。カメラを持って自由に走
れる状態というのが、私にはベストだと感じています。あれこれ準備して
‥‥とかなると、途端に億劫になりますね。計画を立てる、というのが
できないんです。(笑)決められる、のも嫌いなんです。少し先の旅の
プランを考えるのも、何か予定を組まれるのも、約束なんていうのも苦手
ですね。(笑)明日の朝まで予定は未定で、起きてからいつも決めます。
いつも行きあたりばったり。大味な女ですね。(笑)

今年の元旦から今日まで、一年かけてどのくらい撮ったのかな?って
数えてみました。数えてみました、といっても、データにはカウンタが付
いていますから、引き算しただけなのですが、2010年は、約18,000枚
撮影していました。う~ん、比べる人がいないので、多いのか少ないのか
ようわかりませんが。(笑)今年も毎日毎日、Tessen's Cafeにお出でて
くださった皆様、どうもありがとうございます。来年もよろしくお願いいたし
ます。
                               鉄線


この記事のURL | "田舎の風景" | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『風そよぐ』を眺めながら昔話
- 2010/12/29(Wed) -
IMG_9789_convert_20101229171250.jpg

滋賀県で静養されている元上司からお手紙が届きました。正しくは、
元上司の娘さんからいただいたのですが、お手紙を拝見し、とても
嬉しかったですね。今年の秋、元上司からお手紙をいただきました折、
読みながら(徳島に帰りたいだろうなぁ‥‥)と感じ、元上司の古里が
たくさん掲載されている写真集『風そよぐ』を送って差し上げました。
(※詳しくは、2010/09/02 『手紙に「風そよぐ」を添えて』をご覧下さい。
   http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-1552.html)
本日のお手紙は、その時のお礼のお手紙で、娘さんは、私と同世代か、
少し上くらいでしょうかね。

『(略)なつかしい場所がたくさんあるステキな写真集を、何度となく
眺めてはポツポツと昔話をしてくれる父です。おかげさまで安静に
して、体調を保ってくれております。(略)』


私もこの元上司が話してくれる昔話が好きでした。なかなかこんなふう
に、昔のことを話してくれるかたがいません。良い写真は、その中に
自分が入っていけますから、きっと、元上司も『風そよぐ』を見ながら、
その心は写真の中を自由に歩き回っていることでしょう。『風そよぐ』は
包み込むようなしなやかさや温かみを持ち合わせた写真集ですから、
眺めながら、和んでおられるでしょうね。近くにいたら、私も元上司の
昔話をゆっくりゆっくり聞きたいものです。

もっともっと元気になってください。
                                 鉄線
kaze_convert_2041.jpg
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水屋箪笥
- 2010/12/28(Tue) -
CAYTSE7S_convert_20101228071834.jpg

下記の台所がある土間には、このような水屋箪笥も置かれています。
地震には弱い水屋ですが、こうして大好きな食器を並べ、楽しむには
味わいのある素敵な水屋箪笥ですね!棚、最下段中央にあるポット。
紅茶を入れるのに使いたいなぁ、なんて思いながら眺めていました。
全体的にとても雰囲気のよい空間でしたが、金色に光るこの錠だけが、
余計でしたね。
                                 鉄線
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土間にある台所
- 2010/12/28(Tue) -
CAHB2BS5_convert_20101227234353.jpg


寛政3(1791)年に建てられた、つるぎ町貞光にある庄屋屋敷の台所。
土間におくどさんや、流しがあり、懐かしいなぁ、なんて思いながら
眺めていました。私の実家も、30年ほど前までは土間の台所でした。
土間の台所で作った食事を、縁(えん)を上がったところにある茶の
間に運び、そこで食べていました。ソースがない、小皿が足りない、
というと、縁を下り、下履きを履いて、土間にある冷蔵庫や棚に取りに
行ってました。脱いだり、履いたり‥‥、今、あの頃の家で生活しろ、と
言われたら、ちょっと面倒臭いかな。段というのは、物を運ぶのに危険
ですし、幼少時代、私はこの縁から土間に落ちて、腕の骨を折ったそう
です。本人は記憶に全くありません。土間から30~40㎝の高さがあった
でしょうか。さぞかし、痛かったでしょうね。

実家の玄関はいつも開けっ放しで、入ってすぐ土間ですから、よく近所
の人たちが自由に出入りしていました。縁に腰かけて、かあちゃん連中
は、よく井戸端会議をしていました。一軒、二軒‥‥、いつの間にか、周
囲はみんな家を新しくし、新しくしたと思ったら、みんな家の玄関ドアを
閉めるようになり、私が子どもの頃は、どの家も玄関はオープンだった
んですけどね~。今では、家を建て替える馬力の無かったうちの家だけ
がオープンで、(笑)開けっ放しの玄関を見て、「もんとんえ?」と近所の
人たちがやってきますね。今は土間をなくして、茶の間から裸足のまま
台所に行けるようにリフォームしましたから、縁がなくなってしまいました。
井戸端会議のスペースがなくなり、ちょっと残念ですね‥‥。隣近所、
地域の繋がりが弱くなってしまったのも、玄関ドアをきちんと閉めるように
なってしまったからではないかな。町中などは特にですね。

                                鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真106 『かごもり』
- 2010/12/27(Mon) -
CAAIX71C_convert_20101227072540.jpg

 『かごもり』(2010/12/26・つるぎ町貞光にて)

                       鉄線

最近は、こういうフルーツ籠盛りを見かけなくなりましたね。
フルーツ缶詰の詰め合わせなどもいただかなくなりました。
個人的に、みかんの缶詰が苦手でして、あの甘~いシロッ
プの中に、きれいすぎるくらいきれいに剥かれたみかんが
入っていて、そのままのほうが幾らもおいしいだろ、って思
うのですが。昔、給食のおかずとして、フルーツポンチが出
てきましたが、あれも私の中ではNGでした。フルーツポンチ、
それから、ぜんざいは、おかずにならんだろ、って。とにかく、
甘~いものは、ほんの少しで満足です。店先の『かごもり』。
何か、この色調になつかしさを覚え、シャッターを切りました。

                             鉄線


この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
酒と饅頭を持って、梵刹に
- 2010/12/26(Sun) -
CASLK9W4_convert_20101226193450.jpg

つるぎ町の貞光に行ってきました。今日は、徳島自動車道を走らず、
R192をひたすら西へ西へ。たまには、ゆっくり走るのもいいかな、と。(笑) 
国府にある竹内製菓の前を通った時、(今年の夏、棒ういろを持って、
梵さんに会いに行ったなぁ~)と思い出したら、無性に梵さんに会い
たくなり、ちょっとだけ徳住寺に寄り道をしました。

途中、コンビニでお酒と、おまんじゅうを買いました。梵さんはお酒が
とてもお好きだったようですから、今度、会いに行く時はお酒を、と思
っておりました。どら焼きはお好きだったかどうか、ちょっとわからない
ですけれど‥‥。何しろ、一度もお会いしたことのなかったかたです
からね。梵さんが残された写真集が原動力となり、面識のない私を
徳住寺まで引き付けます。今年購入した梵さんの3冊の写真集、
『倶会一処』、『現世流転』、『芬陀利華』は、人の出会い同様、私には
とても大きな存在の本、出あいとなりました。文章のセンスも凄くいい
んですよね~。面識がないかたで、こんなことをするのは梵さんだけ
ですね。
                             鉄線

CAZY9U75_convert_20101226201025.jpg
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"이상의 집 "
- 2010/12/26(Sun) -
CAXYE8A4_convert_20101221074921.jpg

"이상의 집 "

여러분의 이상의 집이란, 어떤 집입니까?

나의 이상의 집은, 아침, 일어났을 때에
사랑하는 사람이 건강하고 옆에 자고 있어
그리고, 창으로부터 이런 산의 아름다운
경치가 보이는 것일까‥‥.

요즈음의 유행의 집이 아니어도 괜찮습니다.
큰 집이 아니어도 괜찮습니다. 낡은 작은 집에서,
사랑하는 사람과 두 명 온화하게 보낼 수 있으면,
그것으로 충분하네요.

철선





この記事のURL | 随筆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蘓民将来の護符と寂びた橙
- 2010/12/25(Sat) -
CA81DQ1V.jpg

出羽島の小さな集落を歩いていると、民家の軒先に、このような護符が
掛けられていて、「蘓民将来子孫門也☆」と書かれていますね。一番頭
の文字が難しいですね。蘓。この異体字が蘇ですから、「そみんしょうら
いしそんのもんなり☆」と読むのでしょうか。

蘓民将来というのは、何なんでしょう?どうやら説話の主人公の名前の
ようですね。むかし、むかし、須佐雄の神様が、一夜の宿を探し、富裕な
弟、巨旦将来を尋ねたところ、断られました。次に神様は、貧しい兄の蘓
民将来を尋ねました。蘓民将来は快く須佐雄の神様を迎え、ご馳走を振
る舞いました。そのお礼に神様は、茅の輪を作って腰に下げれば、災いを
免れることを蘇民将来に教えたと言います。この教えを守った蘓民将来の
娘だけが後に災いから逃れたと言います。この護符、「蘇民将来之子孫」
は、このような説話からきているようです。五芒星、こちらも守護の意味が
ありますね。

ということで、家の軒先にこのような護符を吊り下げておくのは、魔除けや
子孫繁栄の願いが込められているようですね。我が家の軒先には、大麻
比古神社の赤い注連縄が一年中、掛けられています。これも魔除けになり、
毎正月、新しいものに更新されます。しかし、この橙か蜜柑か‥‥いい感じ
で、寂びていますね。出羽島は海に囲まれていますから、腐り落ちることな
く、きれいにドライ化されたのでしょう。
                                鉄線  

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマス・プレゼントは「青い車」のお話!
- 2010/12/24(Fri) -
CA24MDK0.jpg

朝、ブログをアップした時点で、今日がクリスマス・イブというのを
すっかり忘れておりました。あかんですね~。イルミネーションを
撮りに行ってるわりには、いつがクリスマスなんだか理解していな
いというありさま‥‥。よって、Cakeの予約注文もなし~。

会社に着くと、しろ子が写真を見せてくれました。下記の写真なん
ですが、ちょっと小さいサイズであれなんですが、双子ちゃんです。

car.jpg

彼らは、叔父さんからリモコンカーをクリスマス・プレゼントしてもら
ったみたいで、「おぅ、今日はクリスマス・イブか!」と、この時、はじ
めて思い出した次第‥‥。黄色いジャンバーを着ているのがおに
いちゃん。リモコンカーは、青いほうが当たりました。かわいいチェッ
クの柄を着ているのが、しろ子、じゃなかった(笑)弟くん。リモコン
カーは、赤いほうが当たりましたね。私は、男の子にこういうものを
買うという発想がなく、彼らには本をプレゼントしました。マーカス・
フィスターという人の「にじいろのさかな」と「にじいろのさかな うみ
のそこのぼうけん」。きらきらうろこの絵本で、とてもきれいな絵本。
私の甥っ子兄がとても好きだったシリーズなんです。

それはさておき、おにいちゃん。もらったばかりの車を見ながら、
頻りに何かを言ってる模様。何を言ってるんだろうと、しろ子が近づ
き、よ~く聞いてみると‥‥、なんと!「○まのくるま、○まのくるま、
○まのくるま‥‥」と言ってたのだとか。(※ ○まは、私の名字です。)
いやぁ、凄いですね~。まだ2歳になったばかり。私も1年に数える
ほどしか顔を出していないのに、私の車が青い車だということ、よく
記憶していましたね~。名前は完璧に覚えてくれていますし、車まで
覚えてくれていて、嬉しかったですね~。成長著しく、すばらしい!!
この青いリモコンカーほど、私の車はかっこよくはありませんが、
そうやって私のことを覚えていてくれるのは、とてもありがたいな、と
感じています。今朝、しろ子からこの「青い車のお話」を聞かされた時、
私にとっては、何よりのクリスマス・プレゼント♪だなぁ~、なんて
思っていました。

夕方になり、会社までクリスマス・プレゼントを持ってきてくださった
かたがいて、わざわざすみません。どうもありがとうございました。
家に戻ると、アクア里親さんからもプレゼントが。いつもどうもありが
とう。少し早めにくださった方々も、いつもありがとうございます。
そして、双子ちゃんたちも、いつも私の心をあたたかくしてくれて、
ありがとね!

Tessen's Cafeにお越しの皆さまにとって、今日も明日も、HAPPY
CHRISTMASでありますように‥‥。 風邪に気を付けて下さいね!

私も今から、Cakeを買いに行ってこようかな?!寒いけど。(笑)
ない、と思ったら、食べたくなるものです、はぃ。

                               鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜のメタセコイヤ
- 2010/12/24(Fri) -
CA8RE4GZ.jpg

日中、家の中にいたため、夜、イルミネーションの撮影に出かけました。
昨日のお天気は、ぬくい回りでしたから、撮っていても寒さは楽でした。
日の入り前から2時間ほど撮影して帰ってきましたが、撮影はブレブレ
楽ではなかったですね~。あすたむらんど。楽しかったですけどね!

帰りは、滋養をつけるために、えっ、「もうそれ以上、つけなくていい!」
って?!鳴門の藤崎屋に寄って、定食を食べて帰りました。う~ん、
おいしかったぁ。久しぶりのうなぎ。今年の業務もあと3日。月末、年末は
事務屋の多忙な時期。休むわけにはいきません。がんばらねば!!

                               鉄線

そうそう。冷えや風邪による喉のイガイガには、
きとうむらの、この「柚子生姜」がいいですよ~。
甘みも抑えて作られていますから、甘い飲み物が
苦手な私も大丈夫でした。あっと言う間に一瓶が
終わってしまったので、買いに行かなくっちゃ!!

yuzu123.jpg
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
柔らかな木香に包まれて
- 2010/12/23(Thu) -
CA3OLV3I_convert_20101223110224.jpg

いい雰囲気のお家でしたね。外からの雰囲気も素敵なんですが、内装も
また心を揉みほぐしてくれます。ね、何とも言えぬ柔らかな色調でしょう?
やさしい木の色や、懐かしい室礼に気持ちが溶け入っていきます。居候し、
棲みつきたくなるような、なかなか離れがたいお家でした。

今日はめずらしく?!朝から家におります。山のようにたまっている雑多
を片づけております。そろそろお昼。休日、家でお昼を作って食べるのは
めずらしいことです。いつもは何処かに車を止め、おむすびとか菓子パン
ですからね。(笑)本格的な風邪。ねぎチヂミでも焼いて食べますか!

                                鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
パワースポットは案外、身近に?!
- 2010/12/22(Wed) -
1CAI1052Y.jpg

「パワースポット」って、何なんでしょう?人を元気にしたり、健康に
する力があると信じられている場所のこと、なんでしょうが、最近、
京都に次々と新たな「パワースポット」が誕生し、全国から人が集ま
っているという記事を読みました。「パワースポット」と称して、商い
に利用している、と思ってしまうのは私だけでしょうかね~。徳島に
もそんなパワースポットと呼ばれるところが在るのでしょうか?全く
興味がないのでわかりません。

実際、そこへ行くと、心が気持ちいいと感じたり、疲れた心を元気に
してくれる場所があり、そこがその人にとってのパワースポットで
いいのではないでしょうか。たくさんの人が集まる、名の知れたパワ
ースポットに出かけたところで、全ての人がそこでパワーに預かれる
わけではなく、人それぞれのパワースポットがあって然りだと思って
います。自分に力を与えてくれるパワースポット、場所であり、人で
あり、物であり‥‥自分で探せばいい、と感じています。

もしかしたら、「パワースポット」というのは、自分の中に眠っている
ものなのかもしれません。日頃より精進し、自分を磨き、心身が成熟
してきた時、それがパワーやエネルギーとなって内から現れてくるの
ではないかな。パワーやオーラを放っている人たちが、足繁くパワー
スポットに通っているとは思えなくて。(笑)パワースポットという言葉に
惑わされず、一人ひとり、自分が元気になれるもの、気持ちよくさせて
くれるものを見つけたり、育てていけばいいと思っています。

私が勝手に「神山のビーナス」と呼んでいるこの木が在る場所も、とて
も気持ちのよい空間で、このビーナスを見つけた時は、見つけたという
よりは惹き寄せられましたね。私に力をくれる木、神山のビーナスです。

                                鉄線


この記事のURL | 随筆 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
本日冬至 2010
- 2010/12/22(Wed) -
CAR6QB8O_convert_20101221233616.jpg

今年は今日が冬至。先日、撮影に行った先で、こんなふうにゆずの皮を
干してありました。冬至に風呂に浮かべ、ゆず風呂を楽しむんだそうです。
干した皮だけ、というのは、やったことがないですね。濃厚ないい香りが
しそうです。機会があれば、まねてやってみようと思います。

我が家はまんまるのゆず玉をそのまま風呂の中に入れ、風呂に入ります。
ゆず酢を搾った後の見ばえの悪い、小さなゆず玉を冬至のゆず風呂用と
して使っています。残り物のゆずですから、きれいなゆずではありませんが、
冬至にゆず湯の風呂に入ると、『元気で1年中、風邪をひかない』と言われて
いますからね。う~ん、でも、昨日からちょっと喉に違和感。風邪かな??

CAH790JI_convert_20101221235000.jpg

最近は新高梨くらいの大きさのゆずがあり、「シシユズ」と呼ばれています。
大きくて、非常にきめの悪いゆずで、大きなかぼちゃみたいに、観賞用なん
でしょうかね。冬至のお風呂用かもしれませんね。確か、酢はあまり出ない
ようなことを言ってました。

本日冬至。朝は食パンに、Hさんにいただいた「徳島の恵みジャム」の"さわ
やかゆずジャム"をパンに塗り、夜はかぼちゃ煮を食べ、その後、ゆず風呂
に入り、無病息災を祈りましょうかね!!Tessen's Cafeへお越しの皆様も
体調を崩さぬよう、ご自愛くださいね。いつもCafeを覗いていただき、どうも
ありがとうございます。
                                 鉄線
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムクノキと祠
- 2010/12/21(Tue) -
CA2YMDZ9_convert_20101219225841.jpg

昨日、若猫と戯れた後、樹齢約200年のムクノキを撮って帰りました。
牟岐町指定の天然記念物なんですが、いい形のムクノキですね~。
また、いいポジションにこじんまりした祠があって、気持ちいいなぁ、
なんて思いながら撮りました。約1年前にもここを訪れていますが、
(http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-1060.html)
雰囲気の全然異なるムクノキ写真に仕上がっています。撮り方、
感じ方もそうなんですが、短期間のうちに変わるもんなんですね。
自分でも驚いています。
                              鉄線
この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鉄線、猫と戯れる!
- 2010/12/20(Mon) -
CAXU5V4H_convert_20101220071210.jpg

昨日は所用があり、牟岐町の親戚の家まで行ってきました。久しぶりに
行くと、若猫が4匹もいて、『ウェルカム、腕噛む、どこ噛むねん!』 と
大歓迎してくれました~。お歳暮を渡して、さっさと帰るつもりが、あんま
りかわいらしかったので、カメラを持ち出し、しばらく撮影~。小一時間、
親戚を放ったらかしで若猫を撮る、撮る。(笑)

CAT56HEV_convert_20101220071419.jpg

他の子を撮っていると、この子が両脚の間から~。『なに、撮ぃよん?!』
うわ~、こいつ、かわいい!『こっち向いて~。ん?あんた、鼻汚れとんでぇ』
カメラがめずらしいらしく、最初はみんなが寄ってきました。私は、牛柄の
猫って好きなんですが、鼻が汚れたこの子と、鼻がピンクの子がおりました。
私を見上げているこの子は、一枚めの写真左上の端っこにいてる子ですね。
私がこっそり持って帰ろうとしてた子は、一番右にいる鼻がピンクの牛柄若猫
くんで、猫はかわいいですね~。牛柄2匹が♂で、後の2匹は♀だと言ってま
した。昔は犬派でしたが、最近は猫がいいですね~。猫の一方的な甘え上手
で、気まぐれなとこが好きなのかもしれません。ここは、広い庭や畑があり、
こんなところで育ててもらえる猫はしあわせですね。車も滅多に通りません。

                                    鉄線
この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真105 『特等席Ⅱ』
- 2010/12/19(Sun) -
CAUTGGFL_convert_20101219084833.jpg CAAYKMT7_convert_20101219084908.jpg CA0O615P_convert_20101219084937.jpg

 『特等席Ⅱ』 (2010/11/06・徳島県立文化の森総合公園にて)

2010/12/12付けのTessen's Cafe、手前味噌な写真103 『特等席』を
アップしましたが、最近出かけた場所で、陽当たり良好、絶景のポイ
ントをもう一席。文化の森のなかにあります。見つけてください。
その辺りには、私の大好きな蝋梅の木がたくさん植わっています。
昔、お見合いの後、文化の森でデートしました。今では薹が立ってし
まいましたが、これでも見合いしたことが何度かあり、若気の至りと
でも申しましょうか‥‥。あははは。

それはさておき、文化の森の特等席。赤とんぼに先を越されてしまい
ました。紫外線によるシミ、ソバカスが怖くなければ、気持ちのよい
お席なんですが!徳島は市内のあちらこちらを碧い川が流れていて、
規模はかなり小さいけれど、美しい町だと感じています。

                             鉄線

CAUTGGFL_convert_20101219093909.jpg

CAAYKMT7_convert_20101219093938.jpg

CA0O615P_convert_20101219094009.jpg
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真104 『赤と黒の路地』
- 2010/12/18(Sat) -
CAAM1I1F_convert_20101218142722.jpg CAGVXIQ9_convert_20101218142625.jpg 

 『赤と黒の路地』 (2010/11/28・牟岐町牟岐浦字出羽島 にて)

                            
今、ある島が無人島になって10年の写真を眺めている。古びた家の
箪笥が写し出されているのだが、抽斗からストッキングや靴下がだら
りと出て、挟み込まれたまま閉じられているのだ。無人島になるという
ので、家を後にしたのだろうが、こんな状態で、長年棲んだ家を離れる
だろうか。靴下に限らず、目覚まし時計、急須、仏具、扇風機、洗濯板
など、様々なものが棄てられたままである。

"廃の世界"。昔から気になる被写体、モチーフであり、これからもそれ
は変わらないであろう。この写真集は元々、小説を書くための参考資料
として買ったものであるが、小説の方は今もなお、未完成のままである。
見る側だけの時は、見る側の意識しかなかったが、写真を撮り始めた今、
写真集を見ながら自分ならこんな撮り方はしないだろう、と思う。この
写真家が撮った写真の中に自分を送り込んでみた。(勿論、空想です。)
この無人島でたった独り、撮影している自分を想像したら、とても切なく、
泣き出したい衝動に駆られた。それはたった独りだからではなく、写真が
そうさせるのである。

私の師からは、"廃の世界"だからこそ美しく、と教えられている。「目を
そむけるようなものであってはならない」と。その考え方には撮りながら
非常に共感できるものがある。そこはかつて、誰かの古里であり、家で
あり、学校であり、集会所であり、銭湯であり、診療所であり‥‥。無人
島に限らず、そこを何かの理由で後にした人々が写真を見て、懐かしさ
を覚え、心がほんわかとあたたかくなるような撮り方ができたら、撮り方
をしていきたい、と思っている。箪笥の抽斗を開けるなど、以ての外である。

母は私が"廃の世界"を撮るのを嫌う。たぶん、それは、私の撮り方が
まだまだで、拙いのだろう‥‥。
                                鉄線 



この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原稿用紙2枚分と、とんじんさん!
- 2010/12/18(Sat) -
CAOHIC5D.jpg

今年もあと2週間になってしまいました。「そんな気がしないなぁ」と
いうことはないのです。年末調整事務をやっていますからね。(笑)
毎年「年末」ということを強く意識しながら12月を過ごしています。

年賀状の原稿もやっと書き上がりました。私の年賀状は裏面、文字
だけの年賀状でして、砂糖で出来たハガキの上に、蟻がわんさか群
がっているイメージを頭に思い浮かべてください。それが私の年賀状
です。「老眼泣かせ」と言われております。(笑)今回、自分で原稿を
書きながら、印刷して校正する時に「ん?ちょっといつもより見にくい」
などと思ったりして‥‥。(笑)私の年賀状は、400字詰め原稿用紙に
換算すると、どれくらいになるのだろう、と数えてみました。あははは。

800字もありました。 原稿用紙2枚分。「ぺんる
~む」で500字くらいですから、正に裏面は真っ黒って感じですね‥‥。

昨日は、会社にめずらしいかたがお出でてくれまして、誰だと思いま
すか?わからないと思いますが、なんと、とんじんさんでした。
いやぁ、びっくりしましたね~。ヘルメットに、ジャージ姿ではなかった
ですから!(え、びっくりのポイントはそこかい!って?!)あははは。

いつも写真を撮らさせていただいていますが、自転車のかたはヘルメ
ットに、サングラスをかけてはりますから、正直、素顔がわからないん
ですよね。とんじんさん、やさしそうな雰囲気のかたでしたね。スーツ
だと雰囲気が全然違いますね。"仕事師"って感じでしたね~。

とんじんさん、わざわざありがとうございました!来年も"自転車"を撮
らせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
今年はお忙しい中、写真展にも足をお運びいただきまして、ありがとう
ございました。明日の『県道3号線~109峠』。どうぞ、お気を付けて
走ってくださいね!いってらっしゃい!!
                                 鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
"光の花"イルミネーション
- 2010/12/17(Fri) -
CAJY9PXP_convert_20101217075958.jpg

こんなイルミネーションもあるのですね。やはり、私は、暖色系の
イルミネーションが好きです。見ていて、暖かい気持ちがしてきます。
ブルーは好きなんですが、イルミネーションは、赤やオレンジがいい
ですね~。変わったイルミネーションを見つけると、燃えます!!

                             鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ケンチョピア・イルミネーション
- 2010/12/16(Thu) -
CA7E94K7.jpg

スミナリエばかり撮っていたので、他の場所のイルミネーションも
撮ってみよう!ということで、ケンチョピアに行ってみました。イルミ
ネーション見物というよりは、夜間の撮影の練習?!です。

夜の撮影は滅多にしませんので、いざ撮る時に撮れません。三脚
もまだ2回しか使用したことがなく、うまく立てられず、また、うまく
使えず、途中でカメラを外してしまう始末‥‥。三脚が苦手という
よりは、そこに固定されて撮るのが苦手です。性格上?!でしょう。(笑)

スミナリエは、電球が豊富ですから、かなり明るい中で撮影でき、
比較的、撮りやすいですが、ケンチョピアは思いの外、暗いので
感度を上げてもなかなかシャッターが切れません。ヒヨッコには
なかなか難しい場所です。撮りながら、三脚を使わないと、撮り
たい写真が撮れないなぁ、と、はじめて三脚の必要性を感じました。

今日から、あすたむらんどでもLEDのイルミネーションが点灯さ
れるとか。このところの夜の寒さ、ちょっとゆるんでほしいなぁ~。
Tessen's Cafeにお越しの皆様、風邪ひかないよう、お気をつけ
くださいね!!

                            鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひけた鰤、一本届く!
- 2010/12/16(Thu) -
DSCF1288_convert_20101215235251.jpg

昨日、会社の元上司から、鰤を一本、いただきました。毎年この時期、
しろ子と一本ずつ、計二本が会社に届けられます。今冬の鰤も、めち
ゃくちゃ大きな鰤で、自分では捌ききれないので、会社近くのスーパー
に持ち込み、1/4をお刺身、残りを切り身にしてもらいました。900円。

早速、刺身と塩焼きにして食べました。家のゆずをぎゅっと搾っていた
だきました。いとこや姪に電話し、取りに来てもらいました。先輩の家に
もおすそ分けしに持って行きました。まだまだあります。売れるくらいあ
ります。(笑)今日のお弁当にも焼いていこうと思っています。しばらく
鰤、鰤、鰤が続きそうです。鰤の寿司用に薄く切ってもらったらよかった
なぁ‥‥。うっかりしてて、寿司用に切ってもらうの、忘れていました。

しかし、とても見事な鰤だったなぁ~。どうもありがとうございます。

                            鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"난 여자이니까 ‥‥ "
- 2010/12/15(Wed) -
CAQ0HIUZ_convert_20101214232559.jpg

"여자 "/빅마마(Big Mama)

내겐 힘이 들었어 다시 살아가는일
아프고 슬픈이별에 대이고 다쳐서
너무 하고싶었어 다시 사랑하는일
여리고 지친 내맘을 기댈자리를 찾는 여자이니까

나를 사랑한다면 아무것도 바라지않아
손을 대면 차가운 내가슴 안아주면되
깊게 새긴이별도 바보처럼 벌써 잊은거냐고
그런말은 내게 묻지 말아줘

잊어내고 싶었어 버림받은 상처는
사랑을 도려내버린 텅빈내맘을 이젠 매워보려고

나를 사랑한다면 아무것도 바라지 않아
손을 대면 차가운 내가슴 안아주면되
깊게 새긴이별도 바보처럼 벌써 잊은거냐고
그런말은 내게 묻지 말아줘

삼켜버린 눈물이 혹시라도 입에 가득고여
새버릴까봐 나를 사랑해도 되냐고
묻고 또 물어도 대답은 못하지만

나를 사랑한다면 아무것도 바라지 않아
손을 대면 차가운 내가슴 알아주면되
깊게 새긴 이별도 바보처럼 벌써 잊은거냐고
그런 말은 내게 묻지 말아줘

언제라도 괜찮아 누구라도 나는 괜찮아
버릇처럼 흘리는 내눈물 가려주면되
쉽게 사랑한다고 그러다가 나만 다칠거라고
그런말은 내게 하지말아줘

http://www.youtube.com/watch?v=62Ao4PeeDN4


빅마마(Big Mama)の"여자 "という曲です。時たま、"여자 "という
言葉が、このTessen's Cafeにも登場しますが、"女"という意味です。
"ヨジャ"と読みます。タイトルは、"난 여자이니까 "としました。
ナン ヨジャイニカと読み、"私は、女だから"という意味になります。

失恋した女が苦しくて悲しい別れに生きていくのが大変だと思っていて、
それでもまた誰かを愛することをしたいと思っている。傷ついて疲れ果
てた自分の心を休ませてくれる場所を探していて、なぜなら、女だから。
愛してくれるなら何も望まなくて、手をあてると冷たいこの胸を抱いて
くれればいい。深く刻まれた別れもバカみたいにもう忘れたの?なんて、
そんなこと私に聞かないで、というような意味でしょうかね。こういう女性
は生きてくの、大変でしょうね‥‥。
                               鉄線
この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サンタクロース・マトリョーシカ
- 2010/12/14(Tue) -
CAW41BHF_convert_20101214221512.jpg

サンタの中にまたサンタ。そのサンタの中にまたサンタ。そのまた
サンタの中にまたサンタ。またまたサンタ。またサンタ。合わせて
5体。サンタクロース・マトリョーシカ。クリスマスプレゼントとして、
しろ子からもらいました。どうもありがとう。めちゃくちゃかわいい
ですね。とても気に入ってます!!

マショトーリカだと思ったら、マトリョーシカなんですね。何度聞い
ても、いつの間にやらマショトーリカになってしまっています。

マトリョーシカは、ウエストの部分で上下に分割でき、中になるほど
小さい人形が入っています。これがサンタクロース・マトリョーシカ
の場合は、4回繰り返され、5体めのサンタはとても小さく5㎝ほど。
早速、部屋に飾りました。何か、ほのぼのしてて、いいプレゼントです。

                           鉄線
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"青龍"の懐を走る!
- 2010/12/14(Tue) -
CA1N1AWW.jpg

別子ラインに在る"青龍橋"。(Tessen's Cafe 2010/11/23(Tue) "青龍"
という名の橋、をご覧ください。)青龍の懐に潜り込んで、見上げると、
ど迫力です。橋のうねりや橋脚が、青龍や大蛇を思わせます。蛇は脚
がないですけどね。(笑)

"青龍"の懐を端出場エリアに向かって下ってきた自転車が一台。自転
車。反射的に撮ってしまいますが‥‥。(笑)出かけた頃はちょうど紅葉
が美しい時季で、絶景の別子ライン沿いを下ってきたのでしょうね。

那賀を走っていると、自転車で走っている人たち何人かと最近は必ず
すれ違いますね。こんな山奥まで走ってくるんだなぁ~、と思いつつ、
何処から来られたのかわかりませんが、自分の古里を走ってくれるのは、
凄くうれしかったりしますね。

この写真の男性も一日、走っているのでしょうね。一日撮ってる人間が
いるみたいに‥‥。(笑)仕事でも、趣味でも‥‥、やりたいことがあり、
元気でやれるのは、とても贅沢で、ありがたいことですね。

                               鉄線
この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自家製・ゆずジュースと甘藷蒸切干
- 2010/12/13(Mon) -
CAWIXIDQ_convert_20101213202032.jpg

残ったゆずで、ゆずジュースを作っています。ゆずを洗い、1㎝の
輪切りにし、(種は取り除いておきます。)保存ビンに入れます。
そこに、角砂糖と、蜂蜜を少々入れるだけ。ゆずと角砂糖は1:1の
割合ですが、お好みで加減してくださいね。いい感じでジュースが
できています♪

この濃厚なゆずジュースを水や炭酸水などで、好みの甘さに割って
いただきます。私は角砂糖を入れた際、ホワイトリカーを入れたかった
のですが‥‥、却下されました。ホワイトリカーを入れると、おいしい
ゆず酒ができるのになぁ~。ジュースだなんて、勿体ないですね!(笑)

CA6AGRXC_convert_20101213204203.jpg

もう一つ。鳴門金時の干しいも。こうして蒸かして、皮を剥いたものを
切って、天日に干します。オーブントースターできつね色に焼いてい
ただきます。たくさん干してタッパーに入れておいても、あっと言う間
になくなってしまいますね。ほら、今も下から「チ~ン!」という音が。
う~ん、誰が食べてるんでしょ?!
                               鉄線

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
独立、厳格という花言葉を持つ花
- 2010/12/13(Mon) -
CAAPCIID_convert_20101213073503.jpg

昨日は久しぶりに、心臓をバクバクさせながら、アクセラで那賀町の
山道を上って行きました。(車よ、下りてくるな!下りてくるな!)と猛
烈に祈りつつ‥‥。下る時に1台、軽トラに出合っただけで、対向車
もなく、何よりでした。避けるところが限られている山道を上って行く
時は、神経を遣います。細い山道を見た瞬間、行くのが億劫な時も
ありますが、この道を行かなければ、そこに行けないと思うと、最終
的には行ってしまいますね‥‥。早くコンパクトな車に乗りかえたい
のですが、先立つものがございません‥‥。今日は右足のふくらは
ぎが筋肉痛。山の急な上り坂、アクセル踏みすぎて筋肉痛になった
ようです。アクセラ、エンジンのわりに、ボディは重たいですからね。
踏み込まないとなかなか上りません。

目的地に到着すると、まだアザミが残っていました。何か、この時期
に不意にアザミを見つけ、感激してしまいました。よくぞ、今まで‥‥
という感じでした。こういうシーンは、何度巡り合っても、とても嬉しい
ものです。誰かに千切られることなく、そのまま残っている、というのも
健気で嬉しかったですね。「独立、厳格」という花言葉に相応しい光景
でした。昨日はお天気もよく、気持ちのよい撮影日和でした。

                            鉄線
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真103 『特等席』
- 2010/12/12(Sun) -
CAPQNQ5K_convert_20101212084623.jpg

 『特等席』 (2010/11/23・美波町にて)

                           鉄線

午後、この海辺の細道は、陽当たり良好になります。通るたび、
この手作りの木のベンチに腰かけて、ゆっくりしたい、と思います
が、この細道を通る時はいつもセカセカしてて、まだ一度も腰を
かけ、休んだことがないですね。とっておきの場所、特等席であ
るにも係わらず、勿体ない話です。ここからの眺め、絶景かな。

                             
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
歌って、踊るサンタ・イルミネーション♪
- 2010/12/11(Sat) -
CAHVGCDP.jpg

ご近所のイルミネーション。何か、いろんなパターンのイルミネーションが
飾られているので、ついついカメラを持って出かけてしまいます。ISOを最
大に上げて撮っています。このサンタ。人が近づくと歌って、踊り始めます。

CAXMLILX_convert_20101211212723.jpg

サンタハウスの部屋の明かりが点き、動き出したため、サンタの顔や脚が
1枚目の写真と違っているのが、わかりますでしょうか????このサンタ
ハウスを見上げている時の、子どもたちの表情。実にいいんですよね~♪
夢のある、とても贅沢なイルミネーションです。

CAJBB6D7_convert_20101211213241.jpg

クレーンを使って飾られたクリスマスツリー。まるで、プラネタリウムを
見ているようです。星-流れます。子どもたちに見てほしいイルミネー
ションが、ほんと!たくさんあるんですよね~。

CA2ZXUET_convert_20101211213612.jpg

こんな雪だるまのイルミネーションもかわいらしいですよね~。この両端
には、雪だるまと同じような雰囲気のミッキーマウス、ミニーマウスが立
っています。よくこれだけ、揃えましたね。毎年毎年、凄いです。これこ
そ、見るビタミンですね。どうもありがとうございます。
                                 鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日は双子ちゃんのお誕生日!(2歳)
- 2010/12/11(Sat) -
CAJ5QNOG_convert_20101211074346.jpg CARPM57A_convert_20101211074423.jpg
12月11日は、しろ子んちの双子ちゃんのお誕生日です。

2歳、おめでとう!

しろ子んちのインターホンに訪問者の画像データが記憶されていて、
「みせて」とせがまれ、双子ちゃんはたびたび画面を覗き込んでいる
ようです。私のオッサンみたいな顔が出てくると、双子ちゃんは、
「○ま、○ま」とハッキリ言うそうで、覚えてくれているみたいですね。
眼鏡で記憶しているのかな?と、しろ子と話をしました。そこで、眼鏡
を外し、すまし顔で、しろ子の携帯で撮影してもらい、家に帰って二人
に見せたところ、「これ、だれ?」との質問に、兄くんは「○ま」と正解。
離れたところで遊んでいた弟くんにも同じ質問をすると、「○ま」とこち
らも正解。いやぁ~、ちゃんと私の顔を記憶してくれているのですね。
時たましか顔を出さないのにちゃんと覚えてくれていて、うれしいこと
ですね。やはり、美人は記憶されやすいのか?!あははは。2歳でも
ようわかっとるねぇ~。あははは。

1年前のTessen's Cafeには「君たちが私の名前を呼んでくれる日が
来るの、とても待ちどおしいです。」と書いてあり、凄いですね。1年後
にはちゃんと、「○ま」と呼んでくれていますね。ありがとう。ところで
しろ子、双子ちゃんは、そろそろモデルデビューできるかしらん?!

兄くん、弟くん、これからも元気でたくましく、まっすぐに育ってね!
今夜は、お赤飯を焚いて、盛大なBirthday Partyをやるのかな?
いいですね~。さぞかし、にぎやかな夜になることでしょう♪♪♪
12月。これから双子ちゃんは、Cakeが2回、食べれますね。Party
の様子、「しろ子の双子日記」で見たいなぁ~。(笑)

今日もいいお天気ですね。でも、下り坂なのかな??

                               鉄線
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ