2011 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 04
"夕日を挟む "
- 2011/03/29(Tue) -
CAJAEAW1.jpg

本日の退社時の夕日です。赤いようが美しい夕日でした。18時過ぎ。
ちょうどおなかが空いてる時間帯で、(菜箸でゆで卵の黄身を挟み込
んでる感じだなぁ)なんて思いながら眺めていました。夕日って、落ち
るの、早いですね。「今、夕日がきれいですよ!」なんていうメールを
送信している間に、すっかり落ちてしまいました。明日もお天気のよう
です。
                              鉄線

                            
スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東照寺・夜の聖観音
- 2011/03/29(Tue) -
CAGFHHVO.jpg

毎晩のウォーキングコースに在る東照寺。新四国曼荼羅霊場の
第79番札所。聖観音様がおられるから、わざわざ暗い裏道を歩
いているようなものでして‥‥。このお寺は、しだれ桜が美しく、
観音様の付近だけ、花が咲いていました。それも不思議ですね。
一番先に咲き始める部分が観音様のそばの桜だなんて、偶然
ではない、と思うのが私なんですよね。これからだんだんとウォ
ーキングが楽しみになるしだれ桜です。

このお寺の木造地蔵菩薩半跏像は、1911年(明治44年)に国の
重要文化財指定。鎌倉時代後期から室町時代初期の作品と言
われています。長寿祈願の延命地蔵として信仰されています。

                            鉄線
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
"ユズの腐敗臭に過疎化感じる"
- 2011/03/28(Mon) -
CA90ZLP0_convert_20110328071559.jpg

~ユズの腐敗臭に過疎化感じる~

 私の古里である那賀町はユズの産地である。毎年晩秋になると、
町はユズの収穫期、ユズ酢づくりの季節を迎える。

 その頃、町を歩くと、そこかしこからユズの香りがし、何とはなし
に満ち足りた気持ちになる。子どもの頃から当たり前のように感じ
てきた晩秋の香り。柑橘系の香りの中でも気品があり、その香りに
包まれたくて、とりわけ用がなくても古里に戻ることがあるのも事実
である。
 
 古里を離れて三十年。いつの頃からか、中山間地域の田畑には
ユズが植えられ始めた。過疎化や高齢化に伴い、比較的手のかか
らないユズ栽培が好まれたのだろう。我が家も古里を離れる時、畑
にユズの木を植えた。

 いつしか大きく成長したユズの木。たわわに実っても手付かずの
まま、放置された木が少なくない。収穫されずに放置されたユズが、
今時分になると、独特の臭気を放つことを知ったのは最近である。

 木にぶら下がったまま腐りゆくユズ。晩秋の香りを知っている者
にとっては、その腐敗臭がやるせない。臭いそのものよりも、臭い
の奥に在る過疎化など、地域の抱える問題に心が締め付けられる。
ユズの香りだけでなく、私の中の「山」の記憶が、ゆっくりと書き換
えられている気がしている。(了)

(2011/03/28・徳島新聞「読者の手紙」掲載済)
                                 鉄線 
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トロッコトレイン「絆号」試運転!
- 2011/03/27(Sun) -
CA1CCJ8S_convert_20110327203955.jpg

午後、勝浦町に行ってみました。第8回勝浦さくら祭りの会場を訪れた
ことがなかったので下見がてらと、ひな祭りが終わった後の坂本集落
を歩いてみたかったのと、以上2点。アクセラを走らせました。

よってね市に車を止め、ぼんぼりの吊された生名ロマン街道のほうに
歩いて行くと、町の人たちがゴミ袋と金ばさみを持ち、道路のゴミ拾い
をして歩いていました。ゴミ拾いとは別に、5~6人のおじさんたちも大
きな箱物を相手に格闘中で、トロッコ列車を何処かから出してきたとこ
ろでした。「かわいい列車ですね~。これから何が始まるんですか?」
と尋ねると、「今から試運転させるんよ」、「そうですか」、「乗るで?」と
言ってくださったので、即「いいんですかぁ♪」と私。(まるで子ども!)

CATYPBH0_convert_20110327212725.jpg

トロッコトレイン「絆号」は、往路、私と、女の子と女の子のおじいさんの
3人を乗せて試運転。出発~。写真を撮っていると、「宣伝しといてよ!」
とおじさんの1人に声を掛けられ、「まかしといてください~」と私。女の子
よりはしゃいでいたかも‥‥。トロッコトレインは、生名ロマン街道をゆっ
くりゆっくり、歩く速さで走ってくれます。いい眺めでした。

CARF5X54_convert_20110327212756.jpg

この列車に、しろ子んちのふたごちゃんを乗せてやりたいな、と思いま
した。メインイベント当日の3日はこのトロッコトレイン「絆号」も混雑す
ることでしょう。無料で乗せてもらえます。その頃はさくらも咲き、美しい
風景が拡がっているでしょうね。写真の桜の木に各自、花を咲かせて、
想像してみてください。夜もライトアップ中とのことでしたが、桜がまだ
ないですので、ちょっと寂しかったですね。生名ロマンの会のおじさん、
トロッコトレインに乗せてくださって、どうもありがとうございました。

CABR8HNS_convert_20110327213018.jpg

第8回勝浦さくら祭り ~生名ロマン街道~の詳細は、下記のWebを
ご覧になってくださいね。来月3日のメインイベントでは、イケメンコン
テストやファッションショー、もちなげ大会もあるみたいですよ。
生名ロマンの会blog → http://roman.betoku.jp/article/0376034.html

さくらはまだまだですが、坂本集落の森本家のあたりまで行くと、少し
咲いていました。蜂須賀桜かな。ピンク色の鮮やかな桜です。数え切
れないほどのメジロが桜の蜜を啄んでいました。坂本集落。ひな祭り
の頃と集落の雰囲気が全然違いました。弥生3月も後4日となりました。
早いですね。時間が経つの、って。久しぶりに肩凝りがひどいです。

                             鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
菜の花をいくつ摘んだら‥‥
- 2011/03/27(Sun) -
CA6CHB41_convert_20110327074230.jpg

行き先を決めずに撮影に行くことが大抵。こんなふうに集落を歩き
ながら、心惹かれるシーンをカメラで切り取っている時が、今は一番
充実しているひとときかもしれない。家に戻って、こうしてCafeにUP
することも楽しみの一つではあるけれど。

菜の花の摘みとりがあちらこちらで行われている。我が家の食卓にも
時たま、菜の花の辛子和えが食卓に上がる。作業。見ていると、長時
間、中腰で大変である。「写真を一枚」と思っても、結局、誰もに声をか
け、撮らせてもらうことができなかった。一生懸命、作業しているのに
なかなかそこに割り込んで行くのはためらわれる。撮影した帰りも同じ
道を通って帰ったが、農家の人たちは3時間後も、同じ姿勢で作業を
続けていた。

作業するハラボジの前方には、新しい家がずらりと建ち並ぶ住宅地が
あり、おじいさんの背後には古い民家が残る集落がある。菜の花を摘む
ハラボジを眺めながら、「菜の花をいくつ摘んだら、向かいのような家が
建つのだろう」と思った。小高い丘の上で暮らす人たちは、見下ろせば、
美しい菜の花畑や田舎の風景が拡がるのを知っているだろうか。

                              鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯛と文旦のカルパッチョ
- 2011/03/25(Fri) -
CAPAUI9S_convert_20110325200756.jpg

いちょうの木さんにいただいた土佐文旦を使って、鯛のカルパッチョ
を作ってみました。生魚はそれほど積極的にいただかないのですが、
今夜は文旦の酸味とオリーブオイルで、しっかりいただきました。
こまつ菜とほうれん草の白和えもあり、フルーツ、野菜、豆腐、玄米
‥‥今夜はヘルシーでした。文旦を使ったカルパッチョ。今度は蛸
や烏賊でやってみましょうかね~。生魚だけでなく、オリーブオイル
にも弱いため、あまり調子に乗って食べると、胃が痛くなります。

以前はそうではなかったのに、勿論、嫌いでもないのに、食べると
いつもおなかを壊してしまう料理が増えてきました。何なんでしょう?
蟹などはその一つ。大好きなんですが、後でおなかを壊しますね。                            鉄線
この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真113 『12月の熱帯夜』
- 2011/03/25(Fri) -
IMG_5962_convert_20110325062822.jpg

 『12月の熱帯夜』 (徳島県板野町あすたむらんどにて・2010/12/23)
   (第2回 『光の八十八ヶ所めぐり』フォトコンテスト最優秀賞・2011/03)
 
                               鉄線

作品展期間中(2011/03/15~2011/03/25)、徳島県庁1階
県民ホールまで作品を見に来て下さった皆様、どうもありが
とうございました。そして、このたびの地震で被災された方々
のお心に明かりが点り、再び安寧に暮らしていけますように。
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
老子・第八章 『上善は水の若し』
- 2011/03/23(Wed) -
yoshinogawa.jpg

『老子』 第八章。

(原文)
上善若水。水善利萬物而不爭、處衆人之所惡。故幾於道。
居善地、心善淵、與善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。
夫唯不爭、故無尤。

(現代語訳)
 最上の善なるあり方は水のようなものだ。水は、あらゆる物に恵みを
与えながら、争うことがなく、誰もがみな厭だと思う低いところに落ち着く。
だから、道に近いのだ。
 身の置きどころは低いところがよく、心の持ち方は静かで深いのがよく、
人とのつき合いかたは思いやりを持つのがよく、言葉は信(まこと)で
あるのがよく、政治はよく治まるのがよく、ものごとは成りゆきに任せる
のがよく、行動は時宜にかなっているのがよい。
 そもそも争わないから、だから、尤(とが)められることもない。
                    (『老子』岩波文庫/(訳)蜂屋邦夫氏)



『老子』の第八章、上善(じょうぜん)は水の若(ごと)し。水は善(よ)く
万物を利して而(しか)も争わず‥‥、この水のくだりは好きな章である
が、このたびの東北関東大震災で怪物のごとく荒れ狂った水の様には、
畏れをなしている。これまで抱いてきた水の美しいイメージは、311の
大震災により掻き消されてしまった。水は時として逆流し、あらゆるもの
を呑み込み、破戒してしまうことがある。神同様、畏れ慄く存在である。

                                鉄線


この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『第51回 写楽会写真展』のご案内
- 2011/03/22(Tue) -
CAJQS6C9_convert_20110322215816.jpg

 『第51回 写楽会写真展』 のご案内
をいただきました。主催は、徳島写楽会。いつも楽しみにして
いる写真展の一つです。日時、場所は、下記のとおりです。

日時は、4月8日(金)~10日(日)の3日間。10:00~18:00。
場所は、徳島市元町1-24・アミコシビックセンター5Fギャラリー

入場は無料です。なお、最終日の入場は17:30まで、とのこと。
お出かけの際には、ご注意くださいね。

                            鉄線

この記事のURL | 写真、彫刻、絵画など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春を告げる花・ミツマタ
- 2011/03/22(Tue) -
CARQC74H_convert_20110322070333.jpg

春彼岸の頃になると、生家のある那賀町にお墓参りに出かけます。
生家から墓地に行くまでの間に、毎年こうして一本だけミツマタが
花を咲かせます。杉の木に寄り添うように咲くミツマタ。この花を
見ると、「あぁ、今年も春がやってきたなぁ~」と思うのです。

春彼岸の頃といっても、こうして戻る日にタイミングよく咲いている
ことは何年かに一度。開花は年により、早かったり遅かったりしま
すね。最近は民家のすぐそばまで鹿が下りてきたりして、このミツ
マタもやられるのだそうです。今年は鹿より先にこうして味わうこと
ができてLuckyです!

この場所は生家から30秒ほどの場所。凄いでしょう?こんな山の
中で15の時まで暮らしていました。花粉症のかたは、訪れるのが
ちょっと難しいです。家の向かいの山を見上げると、黄色い帯状の
花粉群が、天の川のように空を流れていますから。もの凄いです。

群れといえば、ミツマタの花がい~っぱい咲いてるとこ、一度見て
みたいものです。
                            鉄線         
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真112 『団子泥棒』
- 2011/03/21(Mon) -
CA6TCSG1_convert_20110321134135.jpg

 『団子泥棒』 (2011/03/20・那賀町にて)

                      鉄線


春彼岸。あいにくのお天気となりましたね。うちのお墓は
小高い山にあるため、雨が降ると足元が悪いのです。
昨日、雨が降らないうちにお墓参りに行ってきました。
写真は親戚のお墓をお参りした時に撮影したものです。

ちょっとわかりにくいですかね?カラスが銜えている白い
もの。お団子です。お墓にお供えした瞬間に持っていかれ
ました。春分の日の今日は、朝から家にいて、原稿を書い
たり、調べものをしたりしています。肩凝りが酷いです。

この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Tessen's World "山に還る家"
- 2011/03/20(Sun) -
CA71B3RF_convert_20110320071429.jpg

徳島市の山間部にある川のそばの廃屋。5月~6月になると、この
辺りでは螢が飛び、幻想的な光景を見ることができます。赤い橋が
なければ、山に還りつつある廃屋に気づかなかったことでしょう。
やがて、人は土に帰り、廃屋もまた山に帰ってゆくのですね‥‥。

このたびの大地震で被災した人たちに、一日でも早く自分の家を、と
思います。小さくてもいい、古くてもいい、借家でもいい、自分の家が
一番くつろげる空間だと思いますから。仮設住宅も考えられているの
でしょうが、あちこちに空き家がたくさんあります。そういう家を利用で
きないものかと思っています。空き家。"山に帰る家"ばかりではなく、
充分暮らすことのできる家が少なくないです。明かりが点る、暖かい
家に、一日でも早く住むことができますように‥‥。

                              鉄線
                           
この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いちょうの木さんから"土佐文旦"
- 2011/03/18(Fri) -
CAD2E22Z_convert_20110318213859.jpg

このたび、「光の八十八ヶ所めぐり」フォトコンに入賞したということで、
Tessen's Cafeの常連さんであり、写真の先輩でもある、いちょうの木
さんからお祝いをいただきました。 『特選土佐文旦10kg箱4L特大』

見目形のとても美しい文旦です。外見が立派なだけでなく、中身も
みずみずしくプリプリ。酸味もほどよく、さっぱりした甘さ。実におい
しい文旦でした!!文旦と白身魚のカルパッチョの作り方が書かれ
た冊子が箱の中に入っていましたが、この文旦と鯛や鮃を和えると
おいしいでしょうね~。蛸や烏賊でもいいなぁ~。

いちょうの木さん、お祝いをしていただきまして、どうもありがとうご
ざいました。早速、風呂上がりに剥いていただきました。文旦はビタ
ミン、ミネラルがたっぷりとのことで、ますます美しくなってしまいそう
で恐いです。(笑) えっ、勝手に言うとれ!って?!冗談はさておき、
ビタミンとミネラルが豊富なところは、Tessen's Cafeと同じですね?!
いつも色々とありがとうございます!!お祝い、うれしかったです。

                                鉄線
                           
この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Big Mama "하루만 " (一日だけ)
- 2011/03/18(Fri) -
CA0OV4IZ_convert_20110317205355.jpg

빅마마 "하루만 "
http://www.youtube.com/watch?v=GC08knYNDD4
----------------------------
Big Mamaの"하루만 " という歌です。"ハルマン"と読み、一日だけ、
という意味です。何かの理由で彼女と別れたのでしょう。でも、하루만
이라도 잠시만이라도  一日だけでも少しの間だけでも 내 곁으로
다시 돌아와줘   僕のそばにまた帰って来てくれ、と歌っています。
사랑해 사랑해 愛してる愛してる 이 말로도 차마 채울 수가 없는
この言葉でもどうしても満たすことができない 늦어버린 나의 고백
遅れてしまった僕の告白‥‥告白もしていなかったのかもしれません。

『私は"魔性の女"。この歌のような未練には全く縁がないですね~』
と一度でもいいから言ってみたい。(笑) 「未練」というのは男性の
専売特許?!と思っているので、ここでは、"僕"と訳しています。

                              鉄線

혼자 길을 걸을 때 문득 니가 떠올라
고개를 떨구곤 해
세월에 날 맡긴채 여기까지 왔지만
니가 참 그립다..

잘 지내니 다 잊었니
아직 너에 생각에 잠 못드는 나를
하루만이라도 잠시만이라도
내 곁으로 다시 돌아와줘..

한없는 사랑에 나를 감싸주던 나만의 너란걸
뒤늦게서야 알았어
My destiny..

하루 해가 저물고 밤이 깊어질 때쯤
그리움이 밀려와
떨쳐내려 할 수록 가슴 한구석까지
시리도록 아파..

듣고 있니 기억하니
누구도 할 수 없는 우리 둘의 사랑
그저 하루만이라도 잠시만이라도
내 곁으로 다시 돌아와줘..

한없는 사랑에 나를 감싸주던 나만의 너란걸
뒤늦게서야 알았어
My destiny..

지독했던 이별도 서툰 사랑까지도
모두 멀리 떠나 보내자
다시 사랑하면 돼
조금도 막지 못할 사랑..

바보같다해도 마지막까지도
니 곁에서 꿈을 꾸고 싶어..

사랑해 사랑해
이 말로도 차마 채울 수가 없는
늦어버린 나의 고백
My destiny..

この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「思い」や「こころ」は、感じるもの
- 2011/03/17(Thu) -
CAXS561F_convert_20110315214405.jpg

夜の撮影をはじめ、"己の無力を感じる瞬間"に出くわした時、情けなくて、
情けなくて、情けなくて‥‥。それが自分の努力ではどうしようもない時、
噛みしめた奥歯が砕け散ってしまうのではないか、と思う。その思いが強
ければ強いほど、深ければ深いほど、底なしの闇穴に突き落とされたよう
な無力感が、自分のからだを水を含んだ綿のように重くする。

今、暗くて、長いトンネルの中にいる人は、トンネルの向こうに、明るく暖か
な春の日差しを思い描いているだろうか。トンネルの中で後ずさりせず、日
差しを思い描きながら、前へ前へと歩いているだろうか。思い描くことは希
望である。希望を捨ててしまっては、春の日差しを見ることができない。感
じることすらできない。辛くても不安でも前へ向かって歩いて行ってほしい。

「思い」は 見えないけれど、「思いやり」は だれにでも見える。
「こころ」は だれにも見えないけれど、「こころづかい」は 見える。


というコマーシャルが、最近、よく流れている。「思い」は感じるものである。
「こころ」も感じるものである。見ようとして見えるものではない。"己の無力
を感じる瞬間"に出くわした時、相手の「思い」や「こころ」を想うことが大切。
暗くて、長いトンネルの中にいる人の、「思い」や「こころ」を必死になって感
じ取ろうとすることが大切。「思いやり」や「こころづかい」すら、見ようとしな
ければ、見ることができないのだろう。

暗くて長いトンネルにいる人の「思い」や「こころ」を全身で感じてほしいと思う。
そして、元気な者が、暗くて長いトンネルにいる人の、暖かくて明るい春の日
差しに少しでもなれるよう‥‥。己に無力を感じながらも、そんな思いが届き
ますよう‥‥。
                                鉄線 
この記事のURL | 随筆 | TB(0) | ▲ top
ふたごちゃんは建設機械がお好き?!
- 2011/03/16(Wed) -
CAANUZI8_convert_20110316210832.jpg

この間の日曜、山間部で撮影して歩いていると、広場や路肩に建設
機械が置かれていました。こういう写真、普通は撮らないのですが‥‥。

しろ子んちのふたごちゃんが車が大好きで、乗用車やトラクター、シ
ョベルカーやブルドーザーなど。彼らはミニカーもたくさん持っていて、
私にも貸してくれたりしますね。(笑)
http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-1819.html

ミニカーを貸してくれたので、お返しに、と建設機械の写真を撮って
帰った次第です。(笑)ショベルカー、ブルドーザーの写真3枚。
プリントして、しろ子に持って帰ってもらいました。

12futago.jpg
(※この写真は、しろ子より提供)

2人ともブルドーザーやショベルカーの写真をとても喜んだみたいです♪
寝ながら写真を食い入るように見ていますね。さすが、おにいちゃんが
3枚のうちの2枚を持っていますね。(後でけんかになったそうですが)

しかし、2人が写真を見ている姿って、そっくりですね~。おもしろい!
それに、2Lサイズの写真が、とても大きく見えます~。これほど喜んで
くれたら、撮って帰ってよかったな、と思いますね!!たぶん、また建設
機械やかっこいい車を見つけたら、撮ってしまうだろうなぁ~。(笑)

                               鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『光の八十八ヶ所めぐり』フォトコン入賞作品作品展
- 2011/03/15(Tue) -
CAJRC606_convert_20110315212207.jpg

『光の八十八ヶ所めぐり』フォトコンテスト入賞作品の作品展が
本日から開催されています。お時間のあるかたは、徳島県庁・
県民ホールまで見にお出でてくださいね。

1.期間  平成23年3月15日(火)~3月25日(金)
2.場所  徳島県庁1階 県民ホール(徳島市万代町1-1)

                        鉄線

この記事のURL | 写真、彫刻、絵画など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Tessen's World "鈍る太陽"
- 2011/03/15(Tue) -
CAZFEXH1.jpg

曇天の午後。ある漁港近くの1シーン。曇天を撮りながら、曇天は
鈍天だなと思う。厚い雲のカーテンに遮られ、一円玉のように鈍く
光る太陽。私は燦々と輝く太陽より、カーテンの向こうの意味深な
太陽に惹かれる。意味深な太陽の下では、何もかもが意味深だ。

                            鉄線

この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | TB(0) | ▲ top
君の名は?アリウム・コワニー!
- 2011/03/14(Mon) -
IMG_0474_convert_20110314150513.jpg

昨日、撮影に出かけた先で、白い花をいただきました。「なんていう
名前の花ですか?」と尋ねたら、「コアニ」だと言う。

コアニ、コアニ‥‥はじめて耳にする名前。何かにメモしないと忘れ
るなぁ、と思いつつ、ペンとメモ用紙がそばにない、自分の家のPCに
携帯からメールを送る間もなし‥‥。案の定、家に帰ったら忘れてい
て、あかんなぁ~。

コではじまり、3文字というのは覚えていて、コナミ、違う。コアラ、違う。
コスモ、違う。コイケ、違う。コユキ、コマツ‥‥となかなかヒットしない。

今日も時たま、コなんだったかなぁ~と考えていた。昨日、白い花を
いただいた時のシーンを頭の中で再生してみた。「ありがとうございま
す。なんていう名前の花ですか?」、「コアニって言うんよ」

コアニ!検索してみると、コアニがない。でも、コアニーというのが引
っかかってきた。アリウム・コアニーというのもある。で、アリウム・コワ
ニーに辿り着いた次第。君の名は、アリウム・コワニーって言うんだ!!

                             鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真111 『おとしもの』
- 2011/03/14(Mon) -
CARGI11Q_convert_2011031412.jpg

  『おとしもの』 (2011/03/13・那賀町にて)

                         鉄線


那賀町の山の中を歩いていると、道の真ん中に犬の首輪が
落ちていました。ん?どこのわんこの首輪かな?と、キョロ
キョロしながら、おもしろいので撮影していると、「わしのじゃ」
とわんこにポンポンと背中を叩かれました。

冗談ですが、近くの民家のわんこの首輪でした。飼い主の
かたが「かんまんけん、おいといて~。後で取りに行くけん」
と。軽トラに踏まれたら困るだろうと、路肩に片づけ、その場を
後にしました。ポチ、名前、ちゃんと書いとかなあかんよ!

 



この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
お雛様の在る生活Ⅱ
- 2011/03/13(Sun) -
CA9EIGMR_convert_20110313074010.jpg

昨日、また坂本に行ってきました。来月行われる「正御影供」(おしょう
めっく)のポストカード用の写真を撮りに。今年の「正御影供」は、4/23。
ポストカードにするためにはコンデジで撮らないと、私が持ってる機器
類では印刷できなくて、もどかしさを感じながら撮影しています。久しぶ
りにコンデジで撮ると、ファインダーを覗き込んでしまい、苦笑い。自分
の気持ちにぴったりくる写真(雰囲気)にならないので、ポストカードは
やめようかと考えたりしています。もっと違う形で。

CAJ0V9XN_convert_20110313080348.jpg

3月も2週め、10日を過ぎると、お雛様を見に来られる人が、めっきり
減ってしまいますね。午後になると、余計なんでしょうかね。お雛様も
先日よりも少しくたびれてる気がしました。あと一週間ほど。がんばれ!

CAVYFSVN_convert_20110313081438.jpg

民家の軒先に、こんなふうに展示されております。私は好きな空間で、
たまにはコースを変えて、お散歩がてら坂本集落を歩かれるのもいい
かもしれません。山を歩くのは、とても気持ちのよいものです。

CAD4IERY_convert_20110313082007.jpg

今日も今から「正御影供」用の写真を撮りに山へ行ってきます!!

                             鉄線
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
返却されてきた弁当箱の中に...
- 2011/03/12(Sat) -
しろこんちから、シチューのお裾分けを入れ、渡してあったタッパーが
戻ってきた。ふたごのおにいちゃんのほうが、保育園に出かける前に
初めて見るキティちゃんの巾着袋に入った弁当箱を見つけ、しろこが
「○まのべんとうばこ」と言うと、ひとしきり振って、機嫌よく踊っていた
ようである。しろこは「○ま、おなかすくけん、もどして」と言い、やっと
こさ弁当箱を返してもらい、会社でしろこから弁当箱を受け取った私。

「ん?何入れてくれたん?」

DSCF1384_convert_20110311124722.jpg

巾着の中を開けると、中から仮面ライダーとミニカーが出てきた!
「いつの間に、こんなん入れたんだろう???」としろこ。
「私におみやげかな?私のこと、こどもと思とんかえ???」

まだ2歳。小さくても殿方からのプレゼントはうれしいものである。
仮面ライダーだったのがうれしいのではなく、私に届けられる弁
当袋の中に、自分の大切なものをこっそり入れ、巾着を締めた
のを想うだけで心はほんわかし、とてもうれしぃ。

仮面ライダーとミニカーは、しろこに持って帰ってもらった。
「貸してくれてありがとう!って言うといてな」としろこに言伝。
家に帰って仮面ライダーを渡すと、ふたごの弟くんが、「○ま、
これであそんだぁ?」と尋ねたそうである‥‥。

う~ん、やはり、私のこと、子どもと思っているのだろうか???
ふたごちゃん。2歳になったばかりなのに、物事何でもよくわか
っていて恐ろしいほど(笑)。しろこからいつもふたごちゃんの話
を聞かせてもらっているが、成長著しく、実におもしろい~。私が
その場にいなくても、彼らの話題に上がっているのが小さなシア
ワセ、かな。 暖かくなったら、またあすたむらんどに行きたい。 

                             鉄線



この記事のURL | くんだら | CM(2) | TB(0) | ▲ top
写文集『岡本太郎 神秘』
- 2011/03/11(Fri) -
taro_shinpi_convert_20110311072734.jpg

写真家としても、物書きとしても、岡本太郎は、すばらしいと
感じさせてくれる一冊。岡本太郎は、"芸術のオールラウンド
プレーヤー"ですね!個人的には、物書きとしての岡本太郎
に魅力を感じます。
                          鉄線
この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひなまつりの後は、さくらまつり(勝浦町)
- 2011/03/11(Fri) -
CA3ADS53_convert_20110311064532.jpg

3月20日まで、勝浦町生名や坂本地区では、ひなまつりが行われて
いますが、25日からは「第8回勝浦さくら祭り」~生名ロマン街道~
が開催予定です。生名ロマン街道 夜桜ライトアップが25日~4月の
10日まで。メインイベントが、4月3日(日曜)、人形文化交流館にて
芸能大会やもち投げ大会、歌って踊ってファッションショー、それから
イケメンコンテスト、なんていうのもあるみたいですよ!!なんでも、
イケメンコンテストに参加できるのは、30歳以下とか未満の男子とか。
残念ながら、それよりお年を召したかたは、男前でも参加することが
できないみたいです。我こそはイケメン!と感じておられるかたは、
3日のお昼に勝浦町へ。『王の男』のイ・ジュンギみたいなイケメンが
現れるでしょうか?!地域おこし。勝浦町はおもしろいイベントを色々
とやってますね!
                               鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Yiruma 『From The Yellow Room』
- 2011/03/09(Wed) -
CACH10B4_convert_20110208075520.jpg

最近、アクセラの中ではずっと、Yiruma 『From The Yellow Room』を
聴いています。このCDを聴いていると、雜賀雄二さんの写真集『月の
道』が頭の中に浮かんできます。昔、このCDを聴いていた時に、やっ
ていたことって、このCDとセットになってしまっていて、聴くたび、その
頃の朧気な空気感が"香り"のようによみがえってきます。クリアでは
なく、朧気です。(笑)このCDは、2003年のものですね。

http://www.youtube.com/watch?v=5NE2LGcK7iI

この曲は、The Scenery Beginsという1番めに挿入されている曲です。
音楽を聴きながら写真は撮れないですが、撮りながら、イルマの音楽
を感じていることはあります。反対か。イルマの音楽を感じながら、写
真を撮ることがある、が正解ですね。

イルマ。今、会って、話がしたい一番の人ですね。
                                鉄線

Yiruma 『From The Yellow Room』

01. The Scenery Begins
02. Chaconne
03. Yellow Room
04. Indigo
05. Kiss The Rain
06. The Day After...
07. Sometimes... Someone
08. Falling...
09. The Moment
10. 27. May
11. With The Wind
12. Indigo 2 (with Guitar)
13. Chaconne 2 (with Guitar)
14. ....
この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"金網の向こうの家"
- 2011/03/08(Tue) -
CA8RFTES_convert_20110308072204.jpg

 『金網の向こうの家』(2011/01/09・那賀町にて)

                         鉄線

ある学校の校庭から見下ろしたところに在る廃屋。
校庭から子どもたちの元気な声や、チャイムの音、
カレーライスや鯨の竜田揚げなどの給食の匂い‥‥
を山や桜とともに長年、共有してきたのでしょう。
この廃屋は緩やかにほほえんでましたね。何だか
老いを楽しんでいるようでした。
この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳島環状線・川内工区、まもなく開通!
- 2011/03/07(Mon) -
DSCF1358_convert_20110307201226.jpg

会社の周辺は徳島東環状線の大工事中。ここ1~2年の間に慣れ親し
んだ徳島市川内町の景色が見るたび変わっていきます。県道徳島環
状線・川内工区(国道11号交差点から徳島総合流通センターまでの
約1.3km区間)のバイパス道路が完成に向け、急ピッチで工事が行われ
ています。大げさではなく、バイパス道路を一本通すために、既存の道
路が右に左に斜めにと、通るたびに付けかえられています。通るたびに
道が変わっている、というのは、運転しながら戸惑います。その県道徳島
環状線・川内工区のバイパス道路が、まもなく開通予定です。ほんの1.3
kmですが、開通すれば、徳島総合流通センター等への通勤交通の分散
による国道11号の渋滞緩和や利便性が向上することと思います。藍住、
北島方面からブレインズパーク徳島や徳島総合流通センター通勤する
人たちや、あいあい温泉を利用する人たちには、走りやすくなるのではな
いでしょうかね~。もちろん、鳴門方面のかたも。吉野川大橋のほうから
やってくる私は、どうでしょうか???開通後、走りにどんな変化がある
のか、楽しみです。

DSCF1363_convert_20110307201322.jpg

こうして一本、道が通ると、景色が様変わりしますね。一枚めの写真が
吉野川大橋の方向(南)、二枚目の写真が鳴門の方向(北)です。3月
17日に開通するようで、走りにくい会社周辺の道路もあと10日ほどの
辛抱です。川内工区が完成しても、東環状大橋をはじめ、まだまだ環
状線の工事は続きます。新しい道路ができることで、その地域の経済
や産業が衰退、人口減少などマイナスに作用することなく、プラスに
働いてほしいものです。
                             鉄線
この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お雛様の在る生活
- 2011/03/06(Sun) -
CAMK7EJZ_convert_20110306073115.jpg

3月3日のひなまつりは終わってしまったけれど‥‥徳島県勝浦町
坂本地区では、3月20日頃まで「お雛様の在る生活」が継続中です。
よってね市(産直市)や、ビッグひなまつりの会場から、5㎞奥にある
坂本地区。母の娘時代の友人が暮らす集落でもあります。こんなふ
うに民家、空き家のあちらこちらに雛人形が飾られています。ピンク
色の梅の花や菜の花も咲いていたり、遊山箱を飾ってあるお家もあ
りましたね。近づく春を体感することができますよ♪♪ 無人販売の
ハッサク、おいしかったなぁ。もっと買っとけばよかった!

                              鉄線
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニッコウヨク!
- 2011/03/04(Fri) -
CAQB4HS4_convert_20110304073618.jpg

今朝は、カーテンからこぼれる陽光で目覚めました。ひなまつり寒波。
寒かったですね~。もうダウンジャケットも厚めのコートも要らないかな、
と思っていたのに、この寒波。またまた引っぱりだしてきました。

あ~、春の日差しは気持ちいいですね。ここんとこ降ったり止んだりの
冴えない天気が続きましたから、今日は久しぶりの太陽~。 日差
しだけでなく、"春"が混ざった空気も心地よいものです。ニッコウヨク!
日光浴は洗濯物の専売特許ではありません!皆さんも外へ出て、日
光浴してみてはいかがでしょうか?私も何度も深呼吸しながら日光浴
しましたよ!!今朝はかなり寒かったですけどね。あははは。アクセラ
もガリガリに凍ってました。雪、いつの間に降ったんでしょ????

DSCF1356_convert_20110304074637.jpg

エアコンを付けていても、足元が冷えますので、足温ペットボトルをして
います。ポンジュースの1Lのペットボトルに、熱湯を入れて、タオルで巻
いて使用していますが、充分足温器の代わりになります。ペットボトルは
もう少し大きく、四角いタイプがいいかもしれません。足先が冷たいと感
じているかたは、エコ足温ペットボトルをやってみてくださいね。うちの母
は、これを湯たんぽ代わりにして、この冬中、ぬくいわぁ~と言いながら
寝てましたよ。3月、4月、5月。活動するにはよい季節ですが、事務屋
はまた決算で忙しくなります‥‥。
                                 鉄線
    


この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『光の八十八ヶ所めぐり』フォトコンテスト入賞
- 2011/03/03(Thu) -
『光の八十八ヶ所めぐり』というのをご存じでしょうか?徳島県では、
「LEDといえば徳島!」という地域ブランドを確立するため、徳島県
内にLEDを効果的に取り入れた「光の名所」を「光の八十八ヶ所」
として認定しています。

昨年、幻想的な光のイルミネーションが街を彩るクリスマスや年末
年始の時期に、「光の八十八ヶ所」の魅力発信をテーマにフォトコン
テストが徳島県において実施されました。

昨日、その審査結果が徳島県のホームページ上で発表されまして、
最優秀賞1名、優秀賞2名、入選15作品が決定されました。

http://www.pref.tokushima.jp/docs/2011022200147/

幸運にも当方も賞をいただくことができました。ありがとうございます。
入賞作品の作品展か下記のとおり開催されるそうですので、お時間
のあるかたは、是非是非ご覧ください。

1.期間  平成23年3月15日(火)~3月25日(金)
2.場所  徳島県庁1階 県民ホール(徳島市万代町1-1)

                          鉄線

                              
CALG4WCB_convert_20110303084420.jpg

いつもTessen's Cafeにお出ていただき、ありがとございます♪
これからも皆様の「読むビタミン&見るミネラル」となりますよう、
がんばってまいります。ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!
この記事のURL | 写真、彫刻、絵画など | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ