"睡蓮はつとめて"
- 2011/07/31(Sun) -
CA9SCIPK_convert_20110731202414.jpg

今日は、高知県の北川村まで。柚子で有名なところですね!高速代を
節約して、R55~R493で『モネの庭』まで。往復約300km。片道4時間。
途中、開通したばかりの日和佐道路を走りました。いいですね~。福井
~日和佐間、直線で走りやすくなりましたし、早い、早い。トンネルの中
も広いので、圧迫感がなく快適です。

『モネの庭』。遠かったなぁ。長時間の運転は腰にきます。お昼は室戸で
鯨の竜田揚げ定食を、と思いましたが、ガソリン代もかかるので、ローソ
ンのおにぎり2ヶで済ませました。青い睡蓮が見たかったので、一度、訪れ
たいと思っておりました。ピーカンの午後2時前に到着。植物を撮るのに
一番嫌いな時間帯。睡蓮は思ったほどきれいではなかったです。

「睡蓮はつとめて」。早朝がきれいなんですよね。我が家の睡蓮も早朝が
きれいでしたから。いろんな種類のトンボやメダカ、アメンボ、蝉、蝶などが
いました。特に羽が玉虫色に光るトンボが美しく、おまけに人なつっこかっ
たです。"水の庭"で生まれ、睡蓮を見にやってくる人間に恐れを感じてい
ないのでしょう。しあわせなことですね。
                              鉄線

tom.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"葉陰で涼む"
- 2011/07/31(Sun) -
CAO270ST_convert_20110731070452.jpg

母のお使いで、那賀町相生のお茶屋さんまで。そのお茶屋さんの畑に
繋がれているわんこ3匹と遊んでいたら、すぐそばの背の高い植物の
葉陰で縞蛇の子どもが涼んでいました。まだ30㎝くらいで、太さも女性
の親指くらいの、かわいらしい縞蛇でした。雨が降らないから、蛇も暑い
でしょうね。アスファルトの上をニョロニョロは自殺行為です。今頃は、
道路で干涸らびた蛇を見かけることも少なくありません。

7月も今日で終わり。いよいよ踊り一色、祭り一色になりますね。私的
には、いつもと変わらないのが好きなんですが。(笑)今日も暑そうです。
熱中症にならないよう、お気を付けください。

あ!「何で蛇を撮るんですか?!」というご質問なんですが、(笑)私的
には、蛇も蟷螂も蝉も芋虫も犬も猫も人も‥‥撮るのに変わりはない
ですね。毒蛇には気を付けないとあきませんけど、できるかぎり、その
ままにしといてあげたいです。 
                                鉄線
この記事のURL | "田舎の風景" | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Tessen's World "夏草夕景"
- 2011/07/30(Sat) -
CA6H4XS6_convert_20110730071900.jpg

吉野川河口付近の夕景。「夕景」と書いて、「せっけい」と読みます。
『夏草夕景』。夕暮れ時、風に揺れるカヤツリグサや、一様でない
空色から、芭蕉の「夏草や‥‥」の句がふと思い出され、私が撮り
たい世界、"Tessen's World"がそこに在ります。
                                鉄線
この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
"塀の上の気怠そうな白猫"
- 2011/07/29(Fri) -
CA2VLREL_convert_20110729065629.jpg

何となく、猛暑に気怠そうにしている白猫でした。逃げるのが面倒
臭いのか、犬を2匹連れたアジョシが傍を通っても微動だにせず、
私が通りすがりに「ニャー」と呼んでみましたが、一瞥しただけで
「うざぁ~」という空気感。ちょっと夏バテ気味なんでしょうか?!
猫好きとしては、ここで引き下がり、ウォーキングを続けるわけに
はいかない。この日はカメラを持っていたので、撮し始めました。

いきなり、シャッターがおりない不具合。少し前にキャノンに送って、
部品を交換してもらったのだけれど、直っていないようです。直って
いないというよりは、シャッター部に不具合のあるX3に当たったよう
です。電源を入れ直すと、普通に使えるのですが、「今」という時に
何度かシャッターが切れないことがありました。この白猫を撮って
いる時、もう一度、同じ不具合。このような確率でおりない、というこ
とは、この白猫がそうさせているのか?!とも感じました。かなり、
面倒そうな、睨みつける白猫でしたからね。

二度、不具合が起こりましたので、撮るのやめました。白蛇もそうなん
ですが、真っ白な生き物は神秘的ですね。30年ほど前に「ジュリー」
というわんこが近所にいたのですが、毎晩、散歩してこいと放されると、
最終、うちの家の裏の窓のところにやってきて、窓に鼻をこすりつけて、
「きたよぉ~」って。ジュリーも真っ白なわんこで、賢かったですね。
真っ白の生き物は、賢いイメージがあります。見つけると、ついつい寄
って行ってしまいますね。ニャーと呼ぶと、近づいてきて、足にまとわり
ついてくれる猫や犬、人が好きです。(笑)ほんまかいな!

ということで、いちょうの木さん、私のカメラの、例の指摘された部分は、
部品を換えてもどうやら直っていない、直らないみたいですね‥‥。
                              
                                 鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
6号爪跡・住吉干潟
- 2011/07/28(Thu) -
CACTOJDM_convert_20110728204737.jpg

台風6号が去り、吉野川河口から3~4㎞のところにある住吉干潟は
現在、このようなゴミの溜まり場となっています。枯れた葦がほとんど。
流木やタイヤ、コンテナ、バケツなどのプラスチック類も漂着しています。

CAQ3RE2H_convert_20110728205231.jpg

干潟まで下りていくと、ガサガサガサガサ‥‥と一斉に逃げる音が
します。シオマネキをはじめとした生物の逃げる音。ゴミと化した葦
に足を取られ、なかなか泥の中に入ってゆくことができず、動きに
くそうです。

CAE8MO7Z_convert_20110728205810.jpg

台風6号の爪跡。思いのほか酷く、住吉干潟や河口域の美しい情景を
変えてしまっています。土手沿いの伸び放題の夏草を刈り込む時に、
一緒にこの爪跡もきれいに浚えてくれるといいんだけどなぁ‥‥。

                                鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"岩壁に生きる白蛇"
- 2011/07/28(Thu) -
CAYFW1WQ_convert_20110728073944.jpg

 『岩壁に生きる白蛇』(つるぎ町半田、灌頂院にて・2011/07/24)
   
                               鉄線

見た時、本物かと思いました。
白蛇。ただの白化現象を起こしたヘビなのですが、あまり
見かけないので、何だか神秘的に映ります。縁起のよい
ものとされ、神社仏閣で信仰されていることも少なくないですね。
弁才天の使い、水神としても有名で、そういえば、この白蛇の
傍にも、大きな滝があります。
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
大いなるトマトの木?!
- 2011/07/27(Wed) -
IMG_3476_convert_20110727195021.jpg

20年近く川内町で仕事していますが、ご近所にある大きな会社を
見学をする機会に恵まれ、ちょっと行ってきました。

写真は、トマトホールにて撮影。ホールの丸いドームを見上げると、
数本の水耕栽培のトマトから、数え切れないほどのトマトがたわわ
に実っておりました。(現在は、2本のトマト)私たちが日頃、口にして
いるトマトは、土植えのものがほとんどだと思われます。それを水耕
栽培することで、『日々慣れ親しんだものから自らを解放し、育て方
を工夫すれば、まだまだ成長する可能性がある。』というのが、この
会社が作るトマトのメッセージ、なんだそうです。

ものを創る者は、この柔軟な視線、大切ですね。一様な見方しか
できない者からは、新しい発想はなかなか生まれませんね。書き
ながら、撮りながら、いつも柔軟でありたい、そう感じています。

IMG_3499_convert_20110727203105.jpg

見学場所は、川内町から板野町へ。板野町にある工場では、この大豆の
フルーツ大豆バーが生産されています。製造過程を見せていただきました。
おもしろい!(製造ラインは、撮影禁止です。)今日は、バナナの大豆バー
の日(1日、1種類)で、これまた数え切れないほどのバナナ大豆バーが、
練ったり、切られたり、焼かれたり、冷まされたり、袋詰めされたり‥‥
しながら、ベルトコンベアーで移動して行きました。

IMG_3500_convert_20110727204054.jpg

こんなかわいいサイズのフルーツ大豆バーも陳列されていました。これは
糖尿病の患者さんを対象に作られているもので、調剤薬局でしか扱われて
いません。私的には、このサイズのほうがうれしいかなぁ。

IMG_3501_convert_20110727205518.jpg

ちょうどお昼となりましたので、敷地内にある厚生施設レストランで、ランチ
をいただきました。「自然と共生」を工場コンセプトに掲げているだけのこと
はあり、野生生物が観察できる自然林、ビオトープの池などを眺めながら
の食事。おいしくてヘルシーなランチでした。

IMG_3510_convert_20110727211740.jpg

いつも小さな会社で、こじんまり仕事していますから、こういう大きな会社の
見学をさせていただくと、いい意味で感化されますね。スーパーやコンビニ
などで売られている商品が、「世界の人々の健康のため、革新的な製品を
創り出す」という企業理念のもとに作られていて、商品を見る目が少し変わ
りそうです。下記の写真は、板野工場の敷地内にある散歩道。イギリスの
何とかいう公園をイメージして作られたそうですが、その何とかを忘れてし
まいました。(笑)よい機会を与えていただき、ありがとうございました。

                               鉄線

IMG_3506_convert_20110728061013.jpg





この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
写真集『山里そのまま』
- 2011/07/27(Wed) -
CAY6QB5T_convert_20110727072704.jpg

山里の四季折々の風景を切り取った写真集。『山里そのまま』。
山里で暮らす人々の姿をあえて撮影せず、あるのは、「人の名残」。
それが却って「人」の存在を深く感じさせます。

間接的に「人」を感じさせる、という撮り方を私も好み、文章も同じ
なんですが、読んでくださるかた、見てくださるかたのことを信じて
いないと、なかなかできません。ついつい言い過ぎになってしまい
ます。残念ながら、この写真集、絶版重版未定のようです。

                         鉄線

この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | ▲ top
"黄色いジャージのROAD BIKER"
- 2011/07/26(Tue) -
CAO9P4TZ_convert_20110726074659.jpg
(2011/07/10・「四国の右下」ロードライド2011にて)

7月も26日。早いですね。甥っ子兄の誕生日が近づいています。
肉の日、と呼んでいますが、そろそろ送る準備をしなければ‥‥。

最近は、起きるのが早いです。今朝の空を見て、今日も暑そうだ
なぁ、って。そこで、「四国の右下」ロードライド2011の写真を引っ
ぱりだしてきました。

この日、最も大胆にアクションしてくださったかたです。赤松の青
い空や緑の山並みに、黄色いジャージや赤いヘルメットが映えて、
また、均整の取れたボディからシュッと伸びた長い腕も美しいです。
ありがとうございます。ケガされないように走ってくださいね。

                              鉄線


この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"物価高騰と燃料不足による反政府デモ"
- 2011/07/25(Mon) -
CAWKD1PW_convert_20110725073810.jpg

"物価高騰と燃料不足により反政府デモが全国的に起こり‥‥ "
と言っても、日本での出来事ではなく、友人が赴任している「世界で
最も貧しい国の1つ」と言われるマラウイでの出来事でした。

この反政府デモは、首都リロングウェを含むマラウイの3つの都市で、
20日と21日の2日間にわたり行われ、ナタで武装、暴徒化した人々が
物価高騰と燃料不足に抗議するという反政府デモで、死者も出たそう
です。友人も2日間の自宅待機を余儀なくされた、とか。

物価高騰と燃料不足による反政府デモ。日本もいつかそんな時代が
やってくるかもしれない、と、日本の現状を思い浮かべながら友人の
メールを読みました。

先日、友人に宛てたメールに、写真の話を少し書いてあったのですが、
昨日、届いたメールには次のようなことが書いてありました。
「発展途上国から先進国にいくと、美術館なんかあるからいいなぁ、と
いつも思います。食べるものもおいしいし、交通も便利だし。
でも、途上国の不便さは苦になりません。できる範囲で、自分が快適
さをたもてればなぁ、と思っています。」

"途上国の不便さは苦になりません。できる範囲で、自分が快適さを
たもてれば‥‥" という部分に強さと、しなやかさを感じます。なかなか
言えないことですし、飛び込んでいくには勇気の要る世界です。

------------------------------

私は、この土日、めずらしく西のほうに撮影に行っておりました。本日の
写真は、半田町。街より時間の流れが緩やかな分、そこに郷愁を覚えます。
蜩のもの凄い蝉時雨の中、そこに立っていると、だんだん(早く家に帰ら
なきゃ‥‥)という気持ちにもなってきます。甲高くカナカナ‥‥と山に
こだまする蜩や過去の記憶がそうさせるのか、この家並みや山の雰囲気
がそうさせるのか。う~ん、やはり、人気(ひとけ)がないこと、かな。

蝉時雨の中に立っていると、"あわれ"が蝉時雨よりも大きくなっていきます。
たぶん、それは実際に目に見えているものというよりは、自分の心の中の
"あわれ"なんだと思いますけどね。
                                鉄線
 


この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本日も晴天猛暑なりぃ~
- 2011/07/24(Sun) -
CABUH0DX_convert_20110724064335.jpg

台風6号が去るのを待ってたかのように、蝉が一気に鳴き始めましたね。
今も家の周囲で、わんさかシャシャシャ‥‥と鳴いています。
午前7時前。本日も晴天、猛暑となりそうですが、撮影に行ってきます。

                               鉄線
この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
肉ぶっかけの冷たいん(小)、ください!
- 2011/07/23(Sat) -
CAHTRJC5_convert_20110723202258.jpg

うんまぃっ!
写真は、つるぎ町貞光にある「純手打ちうどん のぶ」さんの、
肉ぶっかけの冷たいん(小)。うんまぃっ!
いやぁ、この肉ぶっかけ。食べた後、「もう一杯!」と、おかわり
したくなるほど、うんまぃっす!(笑)

(※当blogが初めてのかたへ。当blogは女性が書いております)

クワトロさんやキャノンデールさんのblogにおじゃました時に、
「のぶ」という、うどん屋さんが登場。(へぇ~、おいしいんだ!)
今日は、朝から西のほうに撮影に行きまして、たまたま「のぶ」
さんの駐車場のカンバンを見つけました。(ん!聞いたことある!)
「のぶ」=「うどんのおいしい店」が、頭にインプットされていまし
たので、ためらいなく入ってみました。入ってよかったぁ~。

しろ子に「何で肉のぶっかけなん!男みたいなな!」と言われそ
うなんですが、炎天下の撮影後、疲れた身体には、少し甘めの
肉ぶっかけが、五臓六腑に沁みわたるのです。はぃ。(笑)

えっ、「疲れてなくても、肉ぶっかけを頼むだろ!」って?!はぃ、
そのとおりでございます!さすが、ようわかっとる!
ということで、「純手打ちうどん のぶ」さん。おいしかったです!
肉ぶっかけの冷たいん(大)にしたら、よかったわ!!

                            鉄線

CA6O246U_convert_20110723205827.jpg




この記事のURL | 食事・飲み会 | CM(2) | ▲ top
緑のカーテンより先に、ゴーヤ三昧!
- 2011/07/22(Fri) -
DSCF1452_convert_20110722160553.jpg

節電対策として、事務所の西側の窓にゴーヤを植え、緑のカーテンを作っています。
(と言っても、私は眺めるだけ、なんですが‥‥) 緑のカーテンは、まだ大きなガラ
ス窓の半分くらい、しかも、まだまだ隙間だらけで、緑のカーテンとして完成されて
はいないのですが、カーテンより先にゴーヤがひとつ、ふたつ‥‥と生り出しました。
写真は、苗を植えてから、本日、初めて収穫したものです。緑のゴーヤが4ヶ。白ゴ
ーヤが1ヶ。フレッシュで、美しいです。食べるのが勿体ないくらい。(食べますけどね!)
緑のカーテンからは、緑ゴーヤ、白ゴーヤの赤ちゃんがたくさんぶら下がっていて、
これから毎日のように収穫できることでしょう!!

我が家の西側の窓にも緑のカーテン。そして、これまたカーテンより先にゴーヤ~。
今日、これから収穫するつもりです。会社のと合わせると‥‥かなり、まとまった量
のゴーヤになりますから、よし、ピクルスにしとこう!!おいしいかどうかと聞かれる
と好みもあるので、あれなんですが、お酢やピクルスのお好きなかたは、大丈夫で
しょう?!ウォーキングの帰り、醸造酢とローリエと粒こしょうを買って帰らないと‥‥。

                                    鉄線



ゴーヤピクルスの作り方(再)

* ピクルスの漬け汁 (漬け込む瓶により2倍、3倍してくださいね)
酢       250cc
ゆず酢    (あれば、お好みで入れてください)
水       75cc(酸っぱすぎる人はもう少し入れて)
ローリエ     2枚
砂糖   小さじ2~3(お好みで少し多くしても可。私は+2)
塩    小さじ2
たかのつめ   2本(輪切りに切ってある唐辛子でも可)
粒コショー 5~10粒(挽いてあるコショウでも可)

* 酢  少し 野菜を茹でる時に、湯の中に入れます。

* ゴーヤ  縦に2つに切り、中の白いわたをスプーンできれいに取って、5mmに切って
          ください。(茹でるので、厚さは揃えといてくださいね。)

*たかのつめ はタネを取り除く。粒コショーはそのまま使用します。

◎ 作り方
鍋に湯を1リットルほど沸かし、酢を少し入れ、その中へ切ったゴーヤを入れ、さっと茹で、
笊にあげてよく水を切ってください。
 ↓
別の鍋に漬け汁の材料を入れ(酢、水、ローリエ、砂糖、塩)、沸騰させ、冷まします。
 ↓
冷ました漬け汁、茹でたゴーヤ、たかのつめ、粒コショーを、熱湯で消毒した保存瓶に
入れ、漬け込みます。(要冷蔵) 1日ほどで浅漬け~って感じのゴーヤピクルスがいただ
けますよ!日が経つごとに醸造酢の酸っぱさがやわらいでいきます。





この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"한국에 가고 싶네요."
- 2011/07/22(Fri) -
CAHBBD3F_convert_20110722075448.jpg

요즈음 한국에 가고 싶어지고 있습니다.
변변치 않은 한국어이지만, 한국의 사람들이라고 회화하면서,
사진을 찍고 싶습니다.

김영아 씨, 멋지네요, 나도 저런 사랑스러운 여성으로
태어나고 싶었지요~(아하하)

어쨌든, 지금, 한국에 가고 싶은 모드입니다.
한국에서도, 심상적인 사진, 찍어 보고 싶네요.

                     철선

CA61N1CS_4278.jpg
(韓国の美をたどる旅/文・写真は、ペ・ヨンジュン)                       
この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Tessen's World "オシリス"に献じられた花
- 2011/07/21(Thu) -
CAA2CM43_convert_20110721071800.jpg

 "オシリス"に献じられた花 (2011/7/16・鳴門市大津町にて)

                             鉄線

元気でない人が元気に、元気な人はますます
元気になりますように‥‥。
この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
"本当は泣きたいのに"が聴きたい夜
- 2011/07/20(Wed) -
CAIIHVJE_convert_20110720212119.jpg

助手席のドアを 今開けたところ
このドアを閉じたら 永遠にさよなら
泣いて頼んでまで ひきとめたくはない
そんな風にしか 生きられないから
嘘をつくことも 甘えるのも下手
まして可愛い振りなど 上手な訳がない
独り 樹の実は熟して落ちて やがて秋が来る
強がり乍ら生きて来たのよ
本当は 泣きたいのに


助手席のドアを 今閉じたところ
振り返りもせずに テールランプが遠ざかる
降り始めた雨に 車の轍が
交わらないままで サヨナラと描いた
寂しがり屋でも 甘えん坊でも
口に出さない限り 誰も気付かない
生きるのが下手な女はいつも背中ばかり見てる
すがりついてもついてゆきたい
本当は 泣きたいのに


嘘をつくことも 甘えるのも下手
まして可愛い振りなど 上手な訳がない
生きるのが下手な女はいつも背中ばかり見てる
すがりついてもついてゆきたい
本当は 泣きたいのに


強がり乍ら生きて来たのよ
本当は 泣きたいのに

---------------------------
『7月のサンタクロース』という記事を2011/07/09にアップした時、
(http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-category-19.html)
あるかたから、「7月のサンタクロース。砂浜に赤い洋服が似合
ってますね。でも、少し寂しそう。」というメールをいただきました。
「少し寂しそうなのはサンタクロースではなく、撮った本人かも
しれません。」というメールを返しました。

"本当は泣きたいのに"という詩です。書いたのは、さだまさしさん。
作曲もさださんで、さださんご自身をはじめ、いろんなかたが歌わ
れています。私は、佐田玲子さんが歌う"本当は泣きたいのに"が
好きなんですね。何となく"本当は泣きたいのに"が聞きたくなり、
CDを引っぱりだしてきて、聴きながら書いています。

                              鉄線
この記事のURL | 音楽・詩 | ▲ top
こんぺいとうのような懐かしさの水彩画
- 2011/07/19(Tue) -
CANH9I6H_convert_20110719190204.jpg

夕方、ローカルニュースの台風情報を見ていたら、終わりのほうで
榎木孝明さんの個展(水彩画)の案内がありました。

昔から榎木孝明さんの描く水彩画が大好きで、画集やポストカード
を買っていました。私は、俳優としての榎木孝明さんより、画家として
の榎木孝明さんにとても魅力を感じています。

最近、本と言えば、写真集ばかり買っていますが、徳島で久々に
に個展をされるとのことで、水彩画展に出かけてみようと思ってい
ます。先頃、スケッチ旅行にも来県されていたようです。画集も古
いものしか持っていないですので、気に入るのがあれば、購入した
いです。

淡くて、しなやかで、こんぺいとうのような懐かしい色彩。見ている
者の心まで、淡くて、しなやかで、こんぺいとうのような懐かしい色
彩に染め、癒してくれます。榎木孝明さんの個展、楽しみです。

上記個展の詳細、yadoさん、ご存じでしたら教えてください。
ぽん吉さんも榎木孝明さんの水彩画、好きでしょう?サイン会も
あるみたいですよ!
                                鉄線

この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(2) | ▲ top
大雨・洪水・暴風・波浪警報
- 2011/07/19(Tue) -
CAXXS995_convert_20110719065843.jpg

台風6号が北上中です。徳島市には、午前7時現在、大雨・洪水・
暴風・波浪の4警報が出ています。四国地方、上陸しそうです‥‥。
吉野川大橋の上を走るの、恐いなぁ。これから、出勤等で外出さ
れるかたは、くれぐれもお気を付けていってらっしゃい!
私も準備ができたら、いつもより少し早く出ます。大橋の上、恐い
なぁ。会社、雨漏りとかしてないといいけど‥‥。

                               鉄線

*徳島県道路防災情報管理システム(通行規制の状況などがわかります)
  http://www1.road.pref.tokushima.jp/c6/frame.html?pathid=036110002108
 
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
"幻に誘われて"
- 2011/07/18(Mon) -
mist_convert_20090505212321.jpg

台風近づく雨の祝日。古いCDを引っぱりだしてきて聴いています。
今、聴いているのは、GEORGE WINSTONの『FOREST』。(1994年)

GEORGE WINSTONのPIANO。"硝子でできた細い細い糸"のイメ
ージを持っています。硝子細工よりも繊細で、そっと触れただけで
壊れてしまいそうな儚さ。

GRACEFUL GHOST "幻に誘われて"という曲を聴いた時、この薄
青の写真が浮かび、引っぱりだしてきました。佐那河内村で撮った
写真なのですが、それから何度訪れても、自分の中で、この日に
撮った写真を超えるような、気持ちにぴったりくる薄青の写真は撮
れていませんし、霧にもめぐりあっていません‥‥。

                             鉄線


GEORGE WINSTON/『FOREST』

1. Tamarack Pines
2. Forbidden Forest
3. Troubadour
4. The Cradle
5. Cloudy This Morning
6. Last Lullaby Here
7. Mon Enfant (My Child)
8. Returning
9. Graceful Ghost
10. Walking In The Air
11. Building The Snowman
12. The Snowman's Music Box Dance
13. Love Song To A Ballerina
14. Lights In The Sky
15. Japanese Music Box (Itsuki No Komoriuta)
16. Night Sky
この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
LOTUS/2011
- 2011/07/17(Sun) -
CA2AAG12_convert_20110717213532.jpg

先日の「堀江寸景」のリベンジ。昨日、LOTUSを撮りに行きました。
一週間経つと、やはり、そこここに咲いていますね。べっぴんさん
のLOTUSには、なかなかお目にかかれませんが、大きな花は、
夏らしく迫力があって、いいですね。昔ながらのひまわりなども
大好き。

今日はめずらしく撮影に行かなかったですね。朝、散髪に行った後、
先輩のお家にいきなり押しかけ、一緒にランチを食べに行ったり、
その後、一度、家に戻り、徳新カルチャー受講生(本校・そごう校)
写真展に展示する写真をセレクトしていました。ほぼ決めています。

その後、Cafeへ。山茶舎さんに3時過ぎに行きましたが、珈琲は
SOLD-OUT。ホットもアイスもすべて。「え~、そんな‥‥」
何もなくても2時間ほど過ごし(笑)、今日は久々に遠出せず、
ゆったり、のんびりの休日でした。

明日は「海の日」。超大型で非常に強い台風6号の動きが気になり
ますね。猛烈にシケそうなので、恐ろしいです。皆さまもくれぐれも
台風6号にお気を付けください。
                            鉄線
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
暑中お見舞い申し上げます!
- 2011/07/16(Sat) -
CASCV8IK.jpg

暑中お見舞い申し上げます!

 毎日遠慮なしの厳しい暑さが続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
 Tessen's Cafe。日頃よりひとかたならぬご愛顧にあずかり厚くお礼申し上げます。
 酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

                                店主敬白  鉄線
 
  ただいま午前6時、鳴門までハスの花を撮りにいってきます!
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
箸をさがす
- 2011/07/15(Fri) -
CADVAD88_convert_20110715074711.jpg

ずっと箸をさがしている。

牟岐の港にいたアオサギが魚を捕らえるのを見ながら、嘴の、
その完璧なフォルムに、箸をさがしていることをふと思い出した。
「使い便利がよさそうやなぁ....」

箸。婦人用の箸はなぜ、紳士用より少し小ぶりなのだろう??
女性の手、指が男性と比べ、小さいから?だろうか??
私が今、使っている箸は婦人用の小さなものではなく、紳士用
である。何の装飾もない、木を削っただけのシンプルなもの。
確か、到来物だったよう記憶している。サイズ的に私は、紳士
用の箸が使い易い。

その箸もかなりくたびれてきた。父の箸と雰囲気が似ているため、
箸立てから取り出す時にわかりにくいこともあり、早く新しいのを、
と思いつつ、紳士用のサイズで、使い易そうで、かわいらしい色、
装飾のものがなかなか見つからない。

ずっと箸をさがしている。日々、長い菜箸を使って、料理を作り、
盛りつけをしているのだから、食べる箸も紳士用と婦人用のサイ
ズをあえて分ける必要はないのでは、と思う。毎日使う箸だから
拘りたい。あ、私が拘っているのは、何も箸だけではなかった、な。

                            鉄線
この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Tessen's World そこに"計り知れぬ多層性"が在る
- 2011/07/14(Thu) -
CADEEENL_convert_20110714070419.jpg

 われわれは、自分がよく知悉していると思っている現実が、まったく
思いがけない異なったものとして認識される経験をもつことがある。
いつも見なれているはずの風景が、輝かしい存在として目に映ること
もあれば、暗い深淵を潜ませたものとして迫ってくることもある。
あるいは、美人と思っていた人が、醜く見えたり、時には夜叉のように
さえ見えることもある。現実というものは、計り知れぬ多層性をもって
いる。ただ、われわれが日常的に生きているときは、現実は一種の
整合性をもち、われわれを何らおびやかすことのない単層的な様相
を示しているのである。しかしながら、そのような表層を突き破り、深
層構造が露呈されることがある。そのような体験を、昔話は実に豊富
に物語っているように思われる。
           (『昔話と日本人の心』より。著者は、河合隼雄 氏)


 写真を撮りながら、同じようなことを感じている。行き慣れた場所や
見慣れた風景が、季節や時間帯やお天気や‥‥、また誰と訪れるか
によって、別の場所として感じられることが少なくない。ただ写真は、
その時の自分の意思により、ボタンを操作することで、別の場所に
することも可能ではあるが‥‥。

 本日の写真は、佐那河内村で撮影したもの。大川原高原への上り
下り、いつも何となく気になっていた空間。見慣れた納屋ではあるが、
先月、"思いがけなく異なった場所"として映ったのである。シトシトと
小雨が降る中、老体をやさしく包み込むよう屹立する旺盛な草群や、
屋根の上の青々としたツタに惹かれ、いつもと違う風景に初めて車を
止めた。

 そこに"計り知れぬ多層性"が在る、と頭の片隅に置いておくことにより、
ものの見え方が変わってくる。風景だけでなく、人もまた同じ。見慣れた
ものの中に、新しきものを発見した時、思いがけないプレゼントに心は
潤い、次への肥やしとなってゆく。
                                 鉄線

 


この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | TB(0) | ▲ top
堀江寸景
- 2011/07/13(Wed) -
CALJDINX_convert_20110713074753.jpg

先日、ある写真家の雰囲気のあるハスの写真を見て、鳴門・堀江
に出かけた。ハスの花はまだまだで、花は一枚も撮らず終い‥‥。

ハスの花咲く頃になると、思い出すものが二つある。思い出すと、
無性にハスの花を撮りに行きたくなる。

三好和義さんの『東大寺・極楽園』という一枚の写真。
それから、藤井梵さんの『芬陀利華』という一冊の写真集。


「○○の頃になると思い出す、鉄線の写真がある。」
自分もまた、そんな写真を一枚でもいいから撮ってみたい。

                             鉄線
 
この記事のURL | 撮影 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
LOTUS・打たれてもなお、空を仰ぐ
- 2011/07/12(Tue) -
CABLJLMO_convert_20110712215955.jpg

午前中、会社のある川内町は、猛烈な雷雨。雷がとにかく半端で
なかったですね‥‥。後から後からの遠慮を知らぬ雷鳴と稲妻は
久々で、恐かったなぁ‥‥。大きな物音、声、うるさいのが苦手です。

そんな中、仕事で北佐古まで。運転しながらの猛烈な雷鳴と稲妻
には、生きた心地がしませんでした。洪水警報が出ているときの
道路も水がたまり、ハンドルを取られ、運転しにくいですね。受付
時間を決められていましたから、雷雨をやり過ごしている時間は
なく、外へ出たくなくても、こういう時は仕方がないですね。

お昼休み。小雨の中、会社の周囲を少し歩いてみました。ハスの
花は、まだまだこれから。ひとつ、ふたつ‥‥と咲いているハスは、
猛烈な雨に打たれ、変形し、哀れな様子で、それでも、空を仰ぎ、
気丈に咲いていました。打たれてもなお、存在感のあるハス。仏さ
んの花。不思議な魅力を持つ花。
                              鉄線
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"赤いCANNONDALE"
- 2011/07/12(Tue) -
CAVZH812_convert_20110712055008.jpg

 『赤いCANNONDALE』
     (2011/07/10・「四国の右下」ロードライド2011にて)

ロードバイク。撮りながら、最初に覚えたのが、PINARELLO。
王子が乗ってるロードバイクですね。以前、見た赤い炎が
ペイントされた、メラメラ燃えるPINARELLOが忘れられない。

次に覚えたのが、CANNONDALE。この赤いCANNONDALE。
赤いジャージとコーディネートされて、赤松のやまなみによく
映えていました。暑さ対策でしょうか。仮面ライダーのような
赤いマフラーが、風になびき、より印象的でした。

この赤いCANNONDALE。私があったらいいな、と思っている
EFレンズより高いのかな??からだを動かすのは昔から好き
なので、いつか自分も走ってたりして‥‥。(笑)
                                鉄線
この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"心に積もるがれきの向こう"
- 2011/07/10(Sun) -
CAYOO6BN_convert_20110710122303.jpg

"友人の気遣いに生き方学ぶ"

 今朝、目覚まし時計が鳴るより先にマラウイからメールが届いた。
日本との時差は-7時間。マラウイはアフリカ大陸南東部に位置し、
タンザニアやモザンビーク、ザンビアと国を境にしている。一年半ぶ
りのメールである。

 メールの送り主は長年、途上国に赴任、国際協力を続けている学
生時代の友人である。現在、マラウイは冬季。朝晩の気温は10℃以
下まで下がるという。また、乾期のために水圧が下がり断水すること、
不定期な停電もあることなどが淡々としたためられていた。友人は今
年の誕生日をこのような環境下で迎えた。日々どのような食事を摂っ
ているのかも容易に想像できる。

 先頃の徳島新聞朝刊に「今冬は電力供給力不足に陥る可能性があ
る」という経産省の試算が掲載されていた。心が波立つ記事を横目に、
友人からのメールの最後には、東日本大震災により少し調子を崩した
日本に対する思いやりの言葉が添えられていた。

 自らの置かれている環境も決して良いとは言えない中、相手を気遣
うしなやかさ、頑丈な精神力を持ち合わせている。最初から無いもの、
無かったものと、ひとたび腹を括ってしまえば、案外、心に嵩高く積も
るがれきの向こうに自分の歩く道は見えてくるのかもしれない。(了)
            
(2011/07/10・徳島新聞「読者の手紙」掲載済)
                                  鉄線
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本日、「四国の右下」ロードライド2011!
- 2011/07/10(Sun) -
CARNRGPI_convert_20110710190604.jpg

本日、日和佐道路全通記念イベント「四国の右下」ロードライド2011が
行われました。海部郡美波町日和佐道路日和佐出入口をスタート。
ロングコースは116km(制限時間9時間)、ハーフコースは60km(制限
時間5時間)で、1市4町(阿南市・那賀町・牟岐町・美波町・海陽町)を
走り、ゴールの旧日和佐高校まで。

私は今日は、美波町の赤松というところで、参加者の皆さんを撮らせて
いただきました。しかし、今日は暑かったですね。走ってる皆さんも今日
は大変だったのではないでしょうか。炎天下、小一時間ほど待っており
ましたが、背後からの太陽、濃紺のジーンズが燃えてるようでした。

今までは望遠レンズで撮らせていただいておりましたが、本日、広角レ
ンズで撮らせていただきました。遠くのほうから色々ポーズをしてくれ
はったかたがたくさんおられましたが、とても小さくしか写りませんので、
シャッターは切っていません。白線ギリギリに構えていた私のすぐ横を
通過した時にシャッターを切ってますので、色々とやってくださった皆さ
ん、すみません。また望遠レンズの時に、遠方、狙わせてください。

CALLFKN9_convert_20110710192301.jpg

先頭集団ですね。お疲れさまです。この中を走ってたかたに「鉄線さぁ
~ん」と呼ばれたのですが、どなたでしたでしょうか?ありがとうござい
ます。うれしかったです。

CAVKGI26_convert_20110710193011.jpg

女性のかたも増えましたね~。黄色いジャケットが風になびいて気持ち
よさそうです。気持ちよさそうに走っておられるのを見ると、撮ってても、
凄く気持ちがいいんですよ。

CABUMAWV_convert_20110710193352.jpg

広角ですので、少し離れると、こんな雰囲気で写ります。小さいでしょう?
一瞬、お友達かな?と錯覚してしまうほど、手を振りながらフレンドリーに
走ってきてくださったお3人さん。普段、男性からこんなに手を振っていた
だくことはありませんので(笑)うれしかったです。どうもありがとうござ
います。

CA8DHV52_convert_20110710194358.jpg

そんな見つめないでください、と思うほど、かなり長い間、レンズを見て
くださってたかたです。ありがとうございます。この前後の写真もしっかり
見てくださっています。少しアンダーでしたね。ごめんなさい。

途中、「鉄線さんですか??」と声をかけてくださったかたがおられ、「はぃ、
そうですぅ!」と答えると、「色々噂、聞いてます~」と走って行かれました。
(色々噂って、どんな噂やねん)と思いつつ‥‥。鉄線はほんまは美人やな、
とかいう噂かな?と思いながら撮っておりました。あははは。今日は暑かった
ですからね。脳もおかしいなるわけです。想像は勝手ですからねぇ~。

CA9R6550_convert_20110710195344.jpg

自転車を撮ってて、今日が一番、暑かったですね~。今頃、皆さん、
焼き肉にビールでしょうか。ええなぁ~。7月のロードレースはちょっと
暑すぎますね。走ってると、そうでもないんですか?暑いですよね?!

今日もたくさんのかたを撮らせていただきました。初めて広角レンズを
使ってみましたので、なかなか思うようなサイズになりませんでしたが、
ロードライド2011がある、というのを知ってから、場所はここ、と決めて
いました。赤松あたりの田園風景が好きなんですよね。ご紹介できな
かった皆さん、ごめんなさい。また何処かのロードレースに出没させて
いただくと思いますので、よろしくお願いいたします。今日はお疲れさま
でした。どうもありがとうございました。うまいこと、撮れませんね‥‥。

                                鉄線

CAQLK03F_convert_20110710215512.jpg
この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
手前味噌な写真121 『7月のサンタクロース』
- 2011/07/09(Sat) -
CA6Y1VIC_convert_20110709195516.jpg

 『7月のサンタクロース』(2011/07/09・徳島市小松海岸にて)

                              鉄線

昨日、四国地方は梅雨明けしたとみられると発表されました。
平年より10日、昨年より9日早いそうで、梅雨入りが早かった
ですものね。早く明ける気がしていました。(笑)

そして今日、いきなり猛暑でしたね~。暑かったなぁ~。あんま
り暑かったので、昼から海水浴場に~。

当方、ナイスバディですので、超ビキニで泳ぎました。あははは。
冗談です。私が水着を着ると、レスラーに見えますので、普通に
写真を撮って、帰ってきました。ビキニやいうもんは、生まれて
この方、着たことがないですね~。え、聞いてないって?!失礼
いたしました。
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
"蘓民将来子孫之門"に出あう
- 2011/07/08(Fri) -
CAQEA3V3_convert_20110708172237.jpg
(F-02C ANTEPRIMAで撮影)

先々月だったでしょうか。近所をウォーキングしている時に、たまたま
「蘓民将来」という貼り紙に出あいました。2010/12/25付けのTessen's
Cafeの記事、『蘓民将来の護符と寂びた橙』(http://tessen413.blog
118.fc2.com/blog-entry-1719.html)を覚えておられるでしょうか?

出羽島で初めて出あった「蘓民将来」という言葉。説話の主人公の名前
でしたね。須佐雄の神様が、一夜の宿を探し、富裕な弟、巨旦将来を尋
ねたところ、断られました。次に神様は、貧しい兄の蘓民将来を尋ねた
ところ、蘓民将来は快く須佐雄の神様を迎え、ご馳走を振る舞いました。
そのお礼に神様は、茅の輪を作って腰に下げれば、災いを免れることを
蘇民将来に教えました。

神社の境内に設けられたこの大きな輪も、魔除けや子孫繁栄の願いが
込められているのでしょうかね。大きな輪の向こうのきざはしに座る父と
子を見た時、まさに「蘓民将来子孫之門」だなぁ~、って。雰囲気の良い
父子でした。次の日、デジイチを持って写しに行った時には、この大きな
輪は既に撤去され、父子もおらず、やはり、写真もまた"一期一会"です
ね‥‥。
                                 鉄線

110515_191300_convert_20110708095727.jpg
(F-02C ANTEPRIMAで撮影)




この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ