手前味噌な写真186 『山犬嶽の化身』
- 2014/06/30(Mon) -
128山犬 - コピー

 『山犬嶽の化身』 (徳島県勝浦郡上勝町。標高997.2m )

ここは、山犬嶽の山頂。山名の由来は、元禄14年に大崩壊があり、山頂の
岩石が山犬の牙をむいた形状に似たところからついたとの言い伝えがある。
(上勝町誌より)。また、1660年の夏、旱天続きで雨乞いの祈祷をしたが、
効果が現れないので、牛肥をまき散らして山を穢すと、空はかき雲り、7日
7夜にわたって雨が降り続いて山頂より岩石が崩れ落ちたと残されている。

私も昨日、山犬嶽山頂で、神様を護っている化身に遭遇。何とも苔むした
風格のある化身で、人のようであり、山犬のようであり、翼も持ち合わせ、
翼竜のようでもあり...。山犬嶽に棲む化身は、山犬嶽山頂で神様をお護
りするとともに、下界を見下ろし、私たちの暮らしも見護ってくれているようだ。

                               鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
樫原の棚田~山犬嶽①
- 2014/06/29(Sun) -
007山犬

上勝町を通るたび、何となく気になっていた「山犬嶽」という木の案内板。
今時分は、苔が美しいとのこと。今日は、樫原の棚田より少し手前にデポ
して、山犬嶽に山登りしてきました。pilot師匠と一緒です。

143山犬

デポしたところから、この登山口まで2kmほどでしょうか。結構、勾配があり、
ここに来るまでに息が切れています。久しぶりに樫原の棚田を見下ろしまし
たが、やはり、ここの棚田は美しいですね。

064山犬

登山口から30分ほどで、苔群が現れました。

069山犬

個人的には、木が好きですので、苔より、下記の美しい杉木立に大いに
惹かれて歩きました。

085山犬

丸太で階段や橋を作ってくれていますが、これがまた苔で滑る滑る。
今日、初めて山用のシューズを履きましたが、歩きやすいようで、
歩きにくいようで、慣れが必要です。脚、膝のほうは、今日は全然
平気でした。

099山犬

pilot師匠のデータをコピーさせてもらいました。山犬嶽というのは、
山頂で997.2mの高さがあります。こうして、山の形を見ても、勾配
があるのがわかりますね...。

今日は、午前10時過ぎに出発して、往路、苔群では、陽光が差し込み、
陰と陽の感じがきれいでした。復路は、少し雲が出てきまして、苔群を
通過した時には陽光が差してなくて、一枚も撮らずに下りてきました。
ここは、午前中がいいのでしょうか?

山犬嶽というところは、また登りたい、と思わせてくれるコースでした。
苔もさることながら、木ですかね。以前、写真家が撮った山犬嶽の苔群
を見て(機会があれば行ってみたい...)と思っていましたので、やはり
写真家は撮るの、上手いなぁ~と実際、現場に行ってみて感じました。

                               鉄線

img_8.png
*pilot師匠、今日もお世話になりました。


この記事のURL | 山登り | CM(2) | ▲ top
梅雨の晴れ間に
- 2014/06/29(Sun) -
IMG_7222.jpg

梅雨の晴れ間。今日は、山登り。ただいま、午前7時10分前。
さぁ、そろそろ出かけようかな。
                           鉄線

  
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(2) | ▲ top
雨あがりのLotus 2014
- 2014/06/28(Sat) -
IMG_7424 - コピー

雨あがり。会社の行き帰りに気になっていたので、ちょっとだけ、
撮りに行ってきました。まだまだ蕾が多く、これからが本番。

                          鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
練り香水
- 2014/06/27(Fri) -
002練り香水

京都で出あった練り香水。
なかなか寝付けない、一晩のうちに何度も目が覚めてしまう私は、
この練り香水を就寝前のアロマオイルみたいな感覚で使用しています。
やわらかい和のかほりが、気持ちをゆったり、リラックスさせてくれます。
今、使っている「すずらんのかほり」の容器は、猫が描かれています。

                               鉄線
この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く35
- 2014/06/27(Fri) -
068やさか - コピー

 京都市東山区上田町にて

街中にそびえ立つ五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、
高さ46mの五重塔は、東山のシンボルになっています。
京都が舞台のサスペンスに、この辺りはよく登場します
ね。(笑) 
                        鉄線

この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
白い梟
- 2014/06/26(Thu) -
IMG_7404 - コピー

大麻比古神社で出あった白い梟。
梟なんて動物園でしか見ないから、ずっと見ていたい。
啼くところ、見てみたいな。

猫もニャーニャー啼いて返事をする子は、かわいらしい。
ひゃんひゃんは、ただいま子育て中。5~6匹育てている。
大体どの辺で子育てしているか、確認できた。我が家に
来ると、ひゃんひゃんはニャーニャー挨拶した後、三和土で
ウトウトしている。子育てで疲れているようで、最近はすぐ
伏せて休憩。暫し独りになりたくて、おなかが空いていない
時でも我が家に来ている感じかな。

この梟の親はどこにいるのだろう。餌を運んでくるところや
一緒に並んでいるところを見てみたいな。名前は付いている
のだろうか。呼び続けると、梟も名前を認識するようになるの
だろうか。
                          鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
ティータイムは、阿闍梨餅で
- 2014/06/26(Thu) -
003あじゃり - コピー

京菓子司「満月」の阿闍梨餅(あじゃりもち)。
餡はあっさり、皮はもっちりの半生菓子。消費期限が製造日より常温で5日
と短いので、なかなかすぐにお渡しできない人のお土産には不向き。
しかし、この阿闍梨餅は、とてもおいしいので、生八ッ橋もいいけれど、この
餅を見かけたら、その場でひとつ買って食べてみてください。私はあんこが
苦手なんですが、使われているあんこがおいしいかどうかはわかります。
阿闍梨餅のあんこは粒あんであっさり。本当においしい半生菓子でした。
ほうじ茶と一緒にいただきました。
                                  鉄線


この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | ▲ top
"ゆ"
- 2014/06/25(Wed) -
NCM_0572.jpg

こういった昔ながらの小ぢんまりした銭湯が少なくなって
しまいましたね...。学生の頃は、よく利用しました。
御室湯、嵯峨の湯...あの頃は200円だったかな。
あの頃の銭湯は、今でも現役だろうか。

                       鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
ウチワサボテンの花
- 2014/06/25(Wed) -
IMG_7232 - コピー

那賀町の実家の石垣に植わる、ウチワサボテン。
ウチワサボテンの横に植わるグラプトぺタルム・ パラグアエンセも
そうなんですが、那賀町を離れて30年余りになりますが、こうして
枯れずに咲き続けています。ウチワサボテンの花の色、優しい黄。

                          鉄線


      
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
侘びた構えのLAWSON
- 2014/06/24(Tue) -
024ローソン - コピー

「LAWSON」といえば、ブルーのイメージなんですが、京都の八坂神社前にある
「LAWSON」は黒。京都など古い街並の残る町では、伝統的な町の景観を保護
するため景観条例を設け、コンビニも町の景観にマッチした外観や看板が求め
られるとのこと。このローソン「八坂神社前店」は、白い和紙調の看板に黒い文
字のLAWSONと書かれていて、最初見た時は、コンビニに見えませんでした。
侘びた構えのLAWSON。その拘りがすばらしい。
           
                                鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く34
- 2014/06/24(Tue) -
056鰻の寝床 - コピー

 京都市東山区安井にて

間口が狭く、奥行きが長い建物や場所を表す、ご存じ「鰻の寝床」。
鰻の寝床の中に入っていきたいのを抑えつつ、久しぶりに京都の
町家を楽しみました。町中でも空き家、多かったですね。どこも同じ
なのかな。
                           鉄線

この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
鉄線が描かれた綿麻マフラー
- 2014/06/23(Mon) -
003Tessen.jpg

清水・産寧坂で見つけた鉄線が描かれた綿麻マフラー。
"鉄線"繋がりで、一目惚れ。思わず購入...。(笑)

                       鉄線

 
この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
京都・清水で出あった猫たち♪
- 2014/06/23(Mon) -
099cat.jpg

ショーウィンドーを覗く2匹の猫に惹かれ、一枚。
名前は、向かって右が、2代目 京太郎ちゃん。
向かって左が、2代目 都ちゃん、だそうです。
右上の招き猫も、おもしろい顔をしていますね!
京都・清水で出あった猫ちゃんたちでした。

                    鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
京都祇園・柚子屋旅館 一心居
- 2014/06/22(Sun) -
柚子や (3)

今昼は、柚子屋旅館 一心居さんで食事。いちげんさんは、あきまへん、と
断られるかもしれないと思いましたが、カウンター席が空いており、食事する
ことができました。「鯛柚子雑炊膳」の一番最初に出てくる朱盃十五点。
これは2人分ですね。一口サイズが15種類。絶妙の味付け。

柚子や (2)

柚子酒。こちらは、御膳とは別に注文。2人で一合。美しい庭を見ながら...。

柚子や (4)

旬物。鮎の焼いたんが運ばれてきました。これも、2人分。

柚子や (5)

鯛柚子雑炊。これ、食べる時に、青柚子をすだちのようにかけていました。
鯛雑炊に柚子。これはいけます。こういう食べ方もあるんだと、教わりました。
どこの柚子を使っているのか、と尋ねると、高知県だと言うことで、徳島も
青柚子をもっともっと売り込まないといけませんね。これも、2人分です。

柚子や (1)

最後に、自家製のわらび餅。甘さ控えめ、あんこの苦手な私もぺろり。
おいしい和菓子でした。せっかく京都でお昼をいただくのだから、と、
少し奮発しました。偶然入ったお店でしたが、大当たりの柚子屋旅館 
一心居さんでした。これはお金になるわ、という、いい仕事ぶりを拝見
させていただきました。再訪したい、と思うすばらしいお店。

                              鉄線

柚子屋旅館 一心居(いっしんきょ)
〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町八坂神社南隣545番地
(石段下スグ隣り)TEL 075-533-6369  FAX 075-533-6380





この記事のURL | 食事・飲み会 | CM(0) | ▲ top
大麻山とヘドウィグ
- 2014/06/21(Sat) -
IMG_7369 - コピー

今日は、午前中、山用のシューズを買いにショップへ。店員さんに色々
教えてもらいながら足に合うシューズをゲット。厚めの靴下も買いました。
食事の後、山用のシューズも買ったことだし、大麻山の登山口がどこに
あるのか、見に行こう!ということになり、大麻比古神社へ。もちろん、
今日は午後、雨が降るとの予報。山登りはしないから、買いたてのシュ
ーズは履かず、登山口まで。今日は、ニホンザルは0。

IMG_7373 - コピー

登山口まで行ったら、登りたくなるのが、私。山用シューズも履かず、
ドリンクも持たず、重たいカメラと、重たいカバンを持って登ることに...。
大麻山まで2㎞、という案内に騙された、というか、浅はか...。
標高538m。なかなか、この場所まで辿り着きませんでした。
行き当たりばったりはいけません。ちゃんと水とか好きなドリンクを
持って上がらなければいけません。ジーンズも上がりにくいにくい。

IMG_7395 - コピー

雨が降ってこないうちに...と、せっかく上がったのに、さっさと退散。
行きはよいよい、帰りは恐い、とはこのこと。まぁ、下りのしんだいこと、
しんだいこと。脚はガクガク、膝は笑う笑う、でまいりました...。
pilot師匠もめずらしく「休憩しよう...」との申し出。ポカリ、飲みたぃ、
と思っているのかな。思いつき、気まぐれに付き合わされて、荷物も
持たされて、師匠、かわいそうに...。

IMG_7392 - コピー

無事、下山。大麻比古神社の境内で、かわいい子を見つけました。
ふくろう。めずらしいですね。ケージに入っていないふくろう、初めて
見ました。(おぉ~、ヘドウィグ!)と思った私は、ハリー・ポッターの
見過ぎ?疲れ果てたところに、ふくろう。何か、ちょっとだけ癒されま
した。次回はドリンク持って、山用のシューズで臨みたいと思います。
師匠、大変お疲れさまでした。ちょっと反省しています。(ちょっとかい!)

                             鉄線

IMG_1450 - コピー









この記事のURL | 山登り | CM(4) | ▲ top
梅雨の晴れ間に梅干し
- 2014/06/21(Sat) -
IMG_7228.jpg

一昨日の日中の光景。実家のある集落では、梅干しにする小梅がたくさん
干されていました。こんなふうに撮っていたら、漬けたばかり、紫蘇で真っ赤
に染まる梅干しを一瓶、くれました♪ このあたりで漬ける梅干しは酸っぱい、
酸っぱい、昔ながらの梅干しです。おむすびに入れる梅干しは、これでなく
っちゃ!弟は「僕には酸っぱすぎるから」と断っていました。おいしいのにぃ。
 
                                鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
川口ダム湖のあぢさゐ群
- 2014/06/20(Fri) -
IMG_7203 - コピー

川口ダム湖のあぢさゐ群。対岸のR195からも、あぢさゐブルーがハッキリ
確認できるくらい開花しています。那賀町のR195沿いも、今、あぢさゐが
きれいにです。朝生という集落は、思いのほか、あぢさゐがいっぱい!!

                                 鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
古里に錦を飾る日
- 2014/06/20(Fri) -
IMG_7293 - コピー

現在、ワールドカップブラジル大会が開催中ですが、私の弟も元サンフレッチェ
広島のJリーガーでした。昨日は、古里の母校(小学校)の講演会&サッカー教
室に呼んでいただきました。弟は話し上手ではありませんが、長年、サッカーに
携わってきて、今もクラブチームを立ち上げ、指導していますが、これまでの経
験から語られる話には説得力がありました。印象的だった言葉は、「失敗を恐れ
るな」ということ。「誰でも失敗をする。なぜ失敗したのかを自分なりによく考え、
夢や目標に向かって努力しなさい。」 ケガに泣かされ続けてきた弟。やはり、
そのことも口にしていました。

IMG_7320.jpg

全校生徒15名の母校。少なくなりました。私や弟が通っていた頃は1学年1クラス
しかありませんでしたが、100人は超えていました。お揃いのTシャツを着た後輩
たち。どれほど歳が離れていても、後輩というのは、かわいらしいものですね。
弟も講演前に子どもの頃、遊んだ場所に行ってみたらしく、約30年ぶり。とても
懐かしかったのでしょう。思い出を語っている時は、小学生のようでしたね。(笑)
かわいい生徒や、幼い頃からの近所のおっちゃんやおばちゃん、古里の大自然に
暫し囲まれ、弟は弟で、何かしらエナジーを充電して、元気をいただいたのでは
ないでしょうかね。

弟を母校に呼んでくださり、ありがとうございました。拙い講演ではありましたが、
最後まで聴講してくださった皆様、どうもありがとうございました。私も講演を聴き
ながら、知らないことがたくさんありました。抱えている夢を実現できる生徒が、
1人でも2人でも...母校から出ますように。みんな、がんばれ、がんばれ。

                                   鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(2) | ▲ top
芬陀利華
- 2014/06/19(Thu) -
IMG_8500 - コピー

芬陀利華。
睡蓮よりもダイナミックで、まろやか。
これからの時期、雨あがりの朝が楽しみ。

今日は、休暇を取っています。
久しぶりに、弟が広島から帰ってきています。
これから山へ帰ります。晴れてよかったな。

                    鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
明神山・巨石群から
- 2014/06/18(Wed) -
IMG_14821.jpg

伊座利峠にある明神山の巨石群。
ここにpilot師匠と登ったのは、もう2年前のこと。

                    鉄線
この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
千本谷に架かる橋(番外3号)
- 2014/06/17(Tue) -
IMG_7144 - コピー

先日、東川千本谷林道を走っていて、廃橋を見つけました。丹生谷の吊り橋
50選というMAPで確認すると、53の数字が振ってある橋。千本谷(番外3号)
とありました。その手前に、千本谷(番外2号)があったみたいで、それは見逃し
ました。橋自体は渡れそうですが、渡っても雑木。雑木の中に埋もれてしまう
のも時間の問題。もしかしたら、番外2号は、既に埋もれてしまっているかも
しれませんね。東川千本谷林道。走行するには、なかなか気合いの要る林道
です。
                                鉄線

この記事のURL | "橋" | CM(0) | ▲ top
むぎ勝浦の花かつお
- 2014/06/17(Tue) -
001かつおぶし

むぎ勝浦の花かつお。
今年の春、出羽島アート展で購入してからのファン。
内妻のアジサイまつりでも売られていたので大人買い。
うちの母親がまだ娘の頃、婚礼の引き出物には、この
花かつおが添えられていたそうな。

花かつお。大きく削られ、ふんわりしたものがおいしい。
むぎ勝浦の花かつおは、香り豊かで、味もよく、一袋
100円。

あっ、そうそう、花かつおで思い出した。牟岐町のR55
沿いに店舗を出していた牟岐町観光物産館「千年さんご
の里」。ここんとこ、ずっと閉まっていると思ったら、引越
したそうです。バタバタしてまだ案内できていないそう。

                        鉄線

この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
津乃峰で出あったわんこ♪
- 2014/06/16(Mon) -
179 - コピー

津峯山への山登りの復路に出あったわんこ。黒柴の小鉄くん。
番犬にと飼い始めたものの、人間が大好きで大好きで、番犬
にならず...。飼い主のかた、苦笑いされていました。(笑)
番犬にならなくてもいいよね。誰からも愛されるわんこでいい
じゃない♪
                           鉄線

この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
津峯山②
- 2014/06/15(Sun) -
津乃峰 (1)

先週に引き続き、山登り。午前中、内妻アジサイまつりに行き、アジサイが今一つ
だったので、内妻から早々と引き上げ、またまた室戸阿南海岸国定公園・津峯山へ。
先週よりアジサイがきれいに咲いており、内妻より津峯山のアジサイだな~、なんて
思いながら、今日は登りました。

津乃峰 (2)

先週は表参道を上り、裏参道を下りましたので、今日は裏参道を上り、表参道を
下ってみました。個人的には、上りも下りも、裏参道コースがいいかな、と思って
います。

津乃峰 (3)

先週よりは楽に上がれたような気がしますが、相変わらず、急勾配のところは
息が切れます。橘の景色。今日は霞んでいたので今一つ。

津乃峰 (4)

ここは、白いアジサイが大ぶりで、目立っています。ピンク色のアジサイも、こん
なふうに群れて咲いています。発色もきれいでした。アジサイがあるのは参道
の最初のほうだけですので、阿波橘駅の線路沿いにある赤い鳥居のあるところ
から、少し歩いて、気軽にアジサイを見にお出でてください。今度は違う山に
チャレンジしたいです。それほど高くなくてもいいです。(笑)

                                 鉄線









この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
雑貨・マカロンのコインケース
- 2014/06/15(Sun) -
IMG_7169 - コピー

(株)きとうむら(那賀郡那賀町木頭出原字ヨコマチ)で見つけた、マカロンの
コインケース。ストラップになっています。大きさは、500円玉が入るサイズ。
写真を撮るのに、「500円玉ないかなぁ~」って言ったら、500円玉を貸して
くれました。撮影後、返そうとしたら、「そのまま入れとき」という言葉。(ラッキ~) 
きとうむらには、手作りのかわいらしい雑貨がたくさん。私の友人の雑貨も
売られています。これもそうかな、と思ったら、これは違いました。(笑)
日曜日はお休みです。http://www.kitomura.jp/  雑貨だけでなく、柚子を
使った商品もたくさんあります。柚子のある暮らし- いいね、と思っています。

                                鉄線

この記事のURL | 買いもん | CM(2) | ▲ top
東川千本谷林道を走る
- 2014/06/14(Sat) -
IMG_7150 - コピー

地下足袋王子のブログ「木沢の山と花と温泉シリーズ」の2014/06/12分に
『東川千本谷林道を走行する』という記事が掲載されていて、東川千本谷
林道。初めて耳にする林道である。林道と聞くと、走りたくなるこの頃。
早速、木頭・高の瀬峡方面に車を走らせ、東川千本谷林道の案内板を
ジムニーで入ってゆく。遠方斜面に、シカ2頭。

IMG_7156 - コピー

走り始めてしばらくは、このようなダートが続きます。剣山スーパー林道
より走りにくかったですね...。先の尖った落石がゴロゴロ。スマホも
繋がりません。

IMG_7131 - コピー

30分ほど走ると、このような隧道。駒背越隧道。隧道を抜けると、高知県
安芸市になります。温泉の看板も出てましたが、温泉まで行く馬力なし。
隧道を抜けて、しばらく走った後、Uターン。

IMG_7136 - コピー

ダートでないところも、このような落石かゴロゴロ。グレーチングにタイヤの
幅ほどの隙間が開いているところもあり、注意深く走る必要のある林道です。
剣山スーパー林道のようなおもしろさはないです。ここを走っていると、剣山
スーパー林道が走りたい、と思いましたね。落石の恐れを感じる林道でした。

                                  鉄線



この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
ウズアジサイ
- 2014/06/13(Fri) -
013あじさい - コピー

ウズアジサイ。別名、オタフクアジサイ。現在、弊社中庭に咲いています。
他にもガクアジサイやセイヨウアジサイなど何種類か咲いていて、一年を
通し、今時分だけなんですが、会社がアジサイ・ブルー染まります。

このウズアジサイってアジサイは、かわいいなぁ。家に挿し木したいくらい。
故人からいただいたガクアジサイも、今年は青の発色がとてもきれい。
中庭にアジサイを植えたのは、家からのガクアジサイが最初だった。
http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-69.html

今年はアジサイの色が全体的に美しい。
                               鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
八重咲きタチアオイ
- 2014/06/12(Thu) -
170tachiaoi.jpg

タチアオイの季節。あちこちで、天に引っぱられるように、すっと
伸びたタチアオイをよく見かけますよね。ハイビスカスや、カンナ
とともに好きな花の一つ。何か、エナジーを感じるんですよね。

写真は、阿波橘駅構内。八重咲きのタチアオイなんて珍しいな、
と思い、入って行きました。花的には、八重でないタチアオイの
ほうが好きかな。(笑) 花色的には、夏らしくていいですね!

                           鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く33
- 2014/06/11(Wed) -
IMG_6982 - コピー

 高知県室戸市吉良川町にて撮影

室戸市にある白壁と水切り瓦の町、吉良川の町並みで見かけた風景。
エアコンの室外機の上に、女の子のスニーカーやクロックスが洗われ、
干されていました。梅雨の晴れ間に、せっせとお洗濯。雨の心配のない
晴れの日はあれもこれも...と洗濯したくなりますよね~。でも、一度に
こんなにたくさん洗っちゃって、女の子、履く靴、あったのかな???
穏やかな日が続きますよう...。
                               鉄線




この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ