高丸山千年の森①
- 2014/08/31(Sun) -
184taka - コピー

今日は、勝浦郡上勝町にある徳島県立高丸山千年の森に山登りに
行ってきました。高丸山に登るのは、pilot師匠も私も今日が初めて。
高丸山千年の森は2004年(平成16年)4月にオープンした森林公園で、
「森に親しみ」、「森に学び」、「森を育てる」の3つのエリアからできて
います。自然、林業との触れ合いをコンセプトに作られています。

051taka - コピー

美しい檜の森が育っています。思いのほか、勾配のきつい登山道です。
今日は朝から曇天。途中で降られるかな...と心配しながら登って行き
ます。気温は、24℃くらいでしょうか。涼しいので助かっています。

092taka - コピー

勾配がきついの、わかっていただけますでしょうか...。雨が降ったのか
道がぬかるみ、岩や根っこなど何もかも滑りやすくなっています。日頃
より運動不足。体幹が脆弱になり、どの体勢も不安定で情けない有様。
どんどん師匠と離れていきます...。

102taka - コピー

このような岩の道も体幹が鍛えられている人は一気に駆け上がっていき
ますが、私は体幹が弱っていて、岩もつるつる滑るので、カメのスピード
で這い上がって行きます。運動というのは、気合いを入れてしないと運動
にならず、日頃のウォーキングもあまり役に立っていないかな?!

105taka - コピー

登り始めからずっと霧に包まれています。霧の中も神秘的ですが、やはり
高い所に登っているのですから、よい景色や森に光が差すのを見たいもの
ですね~。

124taka - コピー

登山口~水飲み場~展望台~高丸山山頂というコースで登ろうと思っていま
したが、展望台が何処にあるのかわからないまま、気がついたら山頂でした。
高丸山千年の森も貸切でしたが、霧の高丸山頂も貸切でした。ここで、昼食。

img_4taka.png

復路は、山頂~旗立て~高丸山荘~水飲み場~登山口のコースで下り、
くるっとゆっくり一周して2時間半のトレッキングでした。高丸山千年の森。
森の中をリスが走り、また登りたい、と思うお山でした。今度は晴れた日に
登りたいです。久しぶりにマムシを見ました。ジムグリも2匹。8月も今日で
おしまいですね。
                                鉄線


スポンサーサイト
この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
パゴダ平和記念塔
- 2014/08/30(Sat) -
026パゴダ - コピー

「パゴダ平和記念塔」 (2014/08/30・徳島市眉山町)

パゴダ平和記念塔は、徳島市眉山町の眉山公園内にある
第二次世界大戦時の戦死者慰霊のために昭和33年に建
立された記念塔。

眉山ロープウェイに乗りたいという県外からの親友。久しぶ
りに頂上まで上がってみました。原爆の日や終戦記念日が
在る8月も明日で終わり。平和、平穏な日がこれからも続き
ますよう...。
                        鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
めずらしい?!カラスバト
- 2014/08/30(Sat) -
099 - コピー

今日、徳島市内の街中をぶらぶらしていて、カラスのような真っ黒いハトに
遭遇。カラスのようなハトなんているのかなぁ~と図鑑で調べたら....、
ありました、ありました。

カラスバト。「カラスバトは、常緑広葉樹の密林中に生息する緑色の金属光
沢を帯びた全身黒色の野鳩で...」ということで、市街地にいた黒いハト。
カラスバトで合ってるのかな???でも、黒いハトなんてめずらしいですよね。
初めて見ました。
                                鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
ゆく夏
- 2014/08/29(Fri) -
IMG_8432 - コピー

今年も夏が終わろうとしています。夏らしくない夏で、あちこち出歩き
ましたが、個人的には、力のある真っ白な入道雲に出あうことがあり
ませんでした。悪さばかりが目立った夏で、多くの人たちが降り続け
る雨で亡くなられました。今も広島市では救出活動が続いています。
広島市より少し前に被災地となった那賀町和食や阿南市加茂谷も
まだまだ元の暮らしには程遠く、野菜も品薄、びっくりするくらい高い
夏です。暴れるだけ暴れ、大きな課題を残したまま、夏はゆこうとし
ています。
                              鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
そこに自分を織り交ぜること
- 2014/08/28(Thu) -
613aDL4PkVL__SL500_SY344_BO1,204,203,200_ go123.png

どういう人生を歩んできたかを知ると、作品を見る目が違ってくるし、
同じ作品でも異なる印象を受けるようになる場合がある。

写真を始めた時から演出写真が嫌いだった。「楽園王国 TAHITI」
を見た時、演出もありやな、と思った。意味のある演出。

ひとりの人間の作品とは、その人間を物語っている、とゴーギャン
は言うけれど、そこに自分を織り交ぜてゆく、というのが凡人には
難しいのだ。
                            鉄線

 
この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
市松柄の帆布鞄♪
- 2014/08/27(Wed) -
091マルチ市松

この暖簾の柄の鞄を買いました。一昨日、京都にある実店舗に出合って以来、
この店のファン。

NCM_0933.jpg

いろんな色が使われているものが好きなんです。だから、茂地の鉦踊り
も大好きなんですよねぇ。しかし、なんでこんなに荷物が多いのかな~。
何度チェックしても、全部いるもんなんですよね~。(笑)

                                  鉄線

  
この記事のURL | 買いもん | CM(2) | ▲ top
TESSEN'S CAFÉ、300,000アクセスありがとう!
- 2014/08/26(Tue) -
023300000.jpg

TESSEN'S CAFÉにご来店くださり、どうもありがとうございます。
2008年の2月8日に「ただ何となく~」始めたTESSEN'S CAFÉ。
おかげさまで6年半で、300,000アクセス。いつもいつもTESSEN'S
CAFÉに遊びに来てくださっている皆様、ありがとうございます。
時たま、覗いてくださっている皆様もありがとうございます。何年
経っても、垢抜けないTESSEN'S CAFÉではございますが、これ
からもオープンしてまいりますので、どうぞご愛顧のほどよろしく
お願いいたします!
                             鉄線 

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
茂地の鉦おどり2014
- 2014/08/25(Mon) -
IMG_8765 - コピー

久しぶりの4時起き。三好市山城町の茂地(もじ)地区に残る、徳島県
指定無形民俗文化財「山城の鉦おどり」を撮影しに行ってきました。

山城の鉦おどりは、全盛期の頃には、町内の8ヶ所でお盆の行事として
行われていたようですが、現在は4ヶ所になっています。山城町栗山地区、
山城町信正地区、山城町寺野地区、そして、昨日撮影に出かけた山城町
茂地地区。

その始まりは定かではなく、200年以上も前に遡るのではないか、と言わ
れています。五穀豊穣や集落の無事安泰を祈り、また、亡き人の御霊を
慰め、ご供養するもので、この日は午前9時半から鉦おどりが始まりました。
10人、15人ほどの笠をかぶった男主(おとこし)たちが、法螺貝を吹く
一人の若衆(わかいし)を先頭に集落を練り歩きます。

途中で衣装を変えね御崎神社、そして、最終、茂地観音堂までおどりの
行列は移動して行きます。茂地観音堂前には丸い囲い、「結界」が゛設け
られ、関係者以外、立ち入ることはできません。この結界の中で鉦おどり
がなされるのですが、この結界の周りに、アマカメが群がります。(笑)

写真は、笠をかぶった男主たちが途中で衣装を変え、御崎神社までの
石段を上がるところです。鉦おどりは、この笠が美しい。ひとつひとつ、
毎年手作りをされています。昨日は降ったり止んだりの天気。突然、雨雲
や雷がやってきて、しばらく降ったら青空。ここは山の中なのでなおさら。
午後、雨が止まず、鉦おどりは途中で中止となりました。

この集落の撮影ポイントは、急坂が多いのですが、最近のトレッキング
効果でしょうか。ゼーゼー言うことなく、登ることができました。やはり、
運動していないとあかんですね。このためにトレッキングしているわけ
ではありませんが、こういうところに活きてくるんだな、と思いつつ歩き
ました。この集落が持つ独特の空気感が好きなので、時たまこうして
出向きます。今年は百日草がほとんど咲いておらず、残念でした。

                             鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
オクラの花
- 2014/08/23(Sat) -
NCM_0915.jpg

久しぶりに母の運転手で那賀町にある実家まで...。
近所のおばちゃんに一部貸している畑には、オクラの花が
咲いていました。肝心の畑の草抜きは蒸し暑さのため断念。
那賀町からの復路は勝浦町に寄って帰りました。よってね
市まで行くと、野菜が豊富ですね。遅めのお昼に、よってね
市横のうどん屋さんで、とり天ざるうどんを食べました。ここ
のうどん、とり天はおいしい。
                         鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
BARBER
- 2014/08/22(Fri) -
NCM_0901.jpg

BARBER。実家の隣がBARBERでした。今はもう別の人が買い、
新しい家が建てられているので、今の子どもたちはしらないです。
BARBERのご主人が亡くなるまでは、そこで散髪をしてもらって
いました。ご主人が亡くなってからは....、私はどこで散髪して
たのかな???う~ん、思い出せない。うちの父親は、髪の毛が
寂しくなってきてからは、ずっと母にスキカル。40年経った今でも
スキカル。スキカル、全然壊れないし、よく切れます。あぁ゛~、私
も、カットの上手な人にめぐり逢いたいな。

                          鉄線

 
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
ますます失われつつあるアージ
- 2014/08/22(Fri) -
IMG_8544 - コピー

TESSEN'S CAFÉの中で、失われつつあるアージの話を何度か取り上げて
きた。アージ(urge)とは、大昔はあったであろう緊急事態に対応する能力の
ことを言うが、今、我が国で生きる私たちには失われつつあり、不意の緊急
事態に対し、どうすればいいかわからず、不適応を起こす場合が少なくない
ような気がすると取り上げたのは2008年。

あれから7年。今年の夏は台風や集中豪雨による被害が後を絶たない。
アージはますます失われつつあるのではないか、とニュースを見ながら
感じている。過去の出来事について、きちんと申し送りがなされいない。
アージが鈍り、そのタイミングを逸すると、今回のように被害は甚大になる。

過酷な野生環境下で生存に寄与してきた優れたアージシステムも、ぬく
ぬくとした現代の至れり尽くせりの環境下では人間に不適応を起こさせる
場合もあり、生活の中で、趣味の中で、意識的にアージを磨くことをして
行かないと、緊急事態に対応する能力はますます失われつつあるばかり。
日頃使わない能力は退化していき、老化とともにそれは急速に衰える。

                               鉄線

 




この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
ゴーギャンの香りがする写真
- 2014/08/21(Thu) -
006miyoshi.jpg

書き上がった小説の印象を聞きたくて、元・記者に原稿を送って
あったのだが、今日、わざわざ原稿を返却しに来てくれた。袋の
中には原稿以外に写真集もたくさん。小さめの三脚も...。

写真集の中に三好さんが撮られた「楽園」ものが2冊。そのうち
1冊は、ポール・ゴーギャンの香りがするタヒチの写真が載っていて、
私は、三好さんの「タヒチ ボラボラ島の夕景(1991年)」を自室に
飾っているのだが(ポストカード)、ゴーギャンの香りがするからだ。

ゴーギャンの絵が大好きな私。だから、三好さんのタヒチの写真が
載った名作写真館はとても嬉しい、嬉しい。いつもいい本をありが
とうございます。
                               鉄線


                              


この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | ▲ top
雨ニモマケズ風ニモマケズ、稲ヲカリトル
- 2014/08/21(Thu) -
NCM_0895.jpg

お隣さん、雨ニモマケズ風ニモマケズ、今年も無事に稲刈りを終えたみたい。
新米のおいしい季節。シンプルに塩むすびで食べたいですね。

                             鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(2) | ▲ top
『かぜのでんわ』/いもとようこ
- 2014/08/21(Thu) -
kazenodenwa.png

『かぜのでんわ』  作者 いもとようこさん
************************************************************
岩手県大槌町の佐々木格さん(ガーデンデザイナー)が、自宅の庭に
「風の電話ボックス」をおきました。「会えなくなった人へ伝えたい……」
ひとりきりになって、電話をかけるように相手に想いを伝える空間で、
実際の電話線はつながっていません。電話機のよこには、こう書かれ
ています。

風の電話は心で話します
静かに目を閉じ 耳を澄ましてください
風の音が又は浪の音が或いは小鳥のさえずりが
聞こえてきたなら あなたの想いを伝えて下さい

佐々木さんが震災前から考えていたものだそうですが、心の復興の
きっかけになればと思い、実現させたそうです。

「あまりにも突然、多くの命が奪われた。
せめてひとこと、最後に話がしたかった人がたくさんいるはず。
そして今回の震災だけでなく、会えなくなった人につたえたい想いを
持っている人は多いと思います。どなたでもいらしてください」
                             (『かぜのでんわ』より)

************************************************************
この絵本は、佐々木さんの「風の電話」をもとに作られたものだそうです。
会えなくなった人に伝えたいことはありますか?岩手県大槌町の「風の
電話ボックス」には、多くの人たちが訪れるそうです。「風の電話ボックス」
まで行かないと、想いを口にしたり、心置きなく涙を流すことのできる場所
や空間がない、というのは、何だかとても切ないことだと思いますね...。
それぞれの熱い想いが、ちょっとだけ先に天国にいってしまったあの人に
風に乗って届きますよう。
                              鉄線








この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | ▲ top
恋しい夏空
- 2014/08/20(Wed) -
IMG_8392 - コピー

相変わらず、降ったり止んだりの不安定な天気が続いています。
広島市でも甚大な土砂災害が起きてしまいました...。8月も
残すところ10日ほど。絵に描いたような夏空、青空をお願いします。

                           鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
不安定な空もよう
- 2014/08/19(Tue) -
NCM_0890.jpg

今年の8月は、降ったり止んだりの不安定な日が続いていますね。
夏らしい夏って感じではなく、台風が去り、秋の虫が啼くようになり
ました。まだまだ夏を楽しんでいないし、楽しみたいし、秋になるの
は、もうちょっと待ってよ~。

今日の帰り。阿波しらさぎ大橋から見た西の空。降ったり止んだり
の典型的な?!空もようでした。力強い、真っ白な入道雲が見たい。
見たい。見たい。8月も2週間ほど。今も家の外では、秋の虫が啼
いています。
                             鉄線


                              
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
Tessen's World 『伝言メモ』
- 2014/08/19(Tue) -
181やま3 - コピー

山の上の家で見かけた伝言メモ。
伝言メモと、トタンの壁と、木とガラスでできた引き戸。
そして、ガラスに映る山の緑と青い空。
「落合」とは、祖谷の落合集落のことであろうか。
それとも、また別の落合集落のことであろうか。
まり子さんは、どんな女性なのだろう。
書き慣れた文字。書くことが好きな女性なのだろう。
まり子さんは、何をしに落合集落に行ったのだろう。
家に通ううち、いつか、まり子さんに会えるといいな。
何れにせよ、私は、この伝言メモと、トタンの壁と、
ガラスの引き戸、引き戸に映る山緑と青空に惹かれた。
この風景の向こうに我が実家を想いつつ、一枚。

                       鉄線






この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
山犬嶽の道なき道をゆく
- 2014/08/18(Mon) -
066やま3 - コピー

「樫原の棚田~山犬嶽③ (2014/08/17)」の往路、1シーン。
台風12号、11号による倒木を避けながら、頂上を目指す
pilot師匠。昨日は、ほとんど壁に近い!と言っても過言では
ないようなところを這い上がって行きました。這い上がっても
這い上がっても、ぬかるみに近い赤土。こういう時、日頃から
鍛えてないと、自分の体重を支えながら這い上がることはで
きません。山は自分のダメさ加減を遠慮なく教えてくれます。

                         鉄線
 
この記事のURL | サコッシュ | CM(0) | ▲ top
峯田家の「おくどさん」
- 2014/08/18(Mon) -
197峯田家 - コピー

上勝町にある古民家、峯田家。山犬嶽にトレッキングする人たちの休憩所に
なっています。玄関の引き戸がめずらしく開いていたので覗いて見ると、何と
おくどさんが...。おくどさんや飯ごうで炊いたごはんは、釜底におこげが
でき、これがまたおいしいんですよね~。我が家にも、最近までおくどさんが
残っていましたが、家の台所のリフォームをした際に取り壊してしまいました。
私が物心ついた時には、使われていなかったですけれど。峯田家は1773年
に建てられ、江戸時代中期ですね。約240年前。栖としての役目を終えた家
というのは、時が止まり、また、風も止まり、何とも言えぬ沈んだ空気、出口
のない寂しい気が漂っていますね...。
                                鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
樫原の棚田~山犬嶽③
- 2014/08/17(Sun) -
004やま3

予報では曇時々雨だったのに、晴れ。台風12号、11号からこっち、
降ったり止んだり、おまけに雷の不安定な天候が続き、お盆休みは
お天気が今ひとつでした。今日は思いのほか晴れたので、高丸山・
千年の森に向かいました。しかし、樫原の入口を過ぎ、少し行った
所で通行止め。車で入って行けないので、山犬嶽に登ることに...。
写真は、樫原の棚田。刈り取りには、まだ少し早いようです。

031やま3

今日もpilot師匠と一緒にトレッキング。先日の台風やこのところの大雨で
山道は荒れています。杉の葉になるんでしょうか?緑の葉や枝の部分が
雨風で山道を埋め尽くしていました。

057やま3

緑の印象の山犬嶽なんですが、雨が降り続き、木は湿り、緑の葉も落ち、
今日は茶色い印象でした。苔も雨が降り続きましたので、まずまずでした。

074やま3

山道のあちこちで倒木が見られ、跨いだり、避けたりしながら進みます。
台風というのは、本当に恐ろしい。

075やま3

このところの台風や大雨で外に出られず、運動不足。ウォーキングにも
行けていない。久しぶりの山登り。予定よりペースが遅い...。疲れて
くると、自分の体を自分で支えきれなくなりますね...。ヘロヘロ状態。

086やま3

何とか、到着。荒れた山道と、運動不足に苦労しましたが、今日は虻が
いなくてラッキーでした。標柱のあるところには、行く気力がなく、境内で
おにぎりを食べ、下山。もっともっと運動して足腰を鍛えないとだめですね。

159やま3

今日の杉木立。前回、前々回より茶色くて、あまり綺麗ではなかったです。
山犬嶽も、距離は大したことないのてすが、勾配がきついですね...。
山犬嶽の駐車場から、樫原の棚田、登山口までの道のりも、思いのほか
きついです。この辺りに住んでおられるかたは、足腰が強いのでしょうね。

                               鉄線

img_1817.png



この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
ゆずみそアイス
- 2014/08/17(Sun) -
NCM_0887.jpg

上勝町・いっきゅう茶屋のアイスクリーム。山犬嶽に登った後に
寄ってみました。奥が徳島バニラ味と、手前が上勝ゆずみそ味。
私は、ゆずみそ味をいただきました。みそ臭いかな、と思いまし
たが、程よいゆずみその香り、あっさりしてて、クセになりそうな
味で、「また食べたいな」と思いながら食べました。おいしい♪

                         鉄線

この記事のURL | 飲食物、料理、レシピ | CM(0) | ▲ top
牟岐・幽霊おどり
- 2014/08/16(Sat) -
184mugi - コピー

海部郡牟岐町に約200年前から伝わる牟岐音頭。幽霊おどり、
とも呼ばれています。この1年間に亡くなられた新しい仏さまの
ご供養のために踊られるもので、町指定の無形民俗文化財に
指定されています。もの静かな踊り。ふと、むかし見た、おわら
風の盆おどりを思い出しました。
                          鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
Aloha de Go-Go Music & Cafeのポギ丼
- 2014/08/16(Sat) -
NCM_0875.jpg

写真は、阿南市日開野町にある Aloha de Go-Go Music & Cafe のポギ丼。
ここは、ハワイアンフードのお店。「ロコモコ」がいちおしとメニューに書かれて
いましたが、私は、マグロとアボカドのポキ丼を食べてみました。これ、とても
おいしい丼で、食べながら近いうちにまた食べたいな、と感じていました。(笑)
ロコモコも少し食べさせてもらいましたが、こちらのお味もおいしかったです。

NCM_0877.jpg

なかなかハワイアンフードを食べる機会がないのですが、食べてみたら、あん
まりおいしいのでびっくり。お店の雰囲気も開放的で、リラックスできますね~。

                             鉄線




この記事のURL | 食事・飲み会 | CM(0) | ▲ top
黄色い花、赤い自転車
- 2014/08/15(Fri) -
IMG_8486 - コピー

8月も15日。ぼんやりしてたら、夏が終わってしまいますね...。
7月の終わりに、旭ヶ丸にトレッキングに行ったっきり、週末
台風で山に登れてないですね。

お盆に川で遊ぶのは、「ごたろう」に足を引っぱられるから
行ったらあかんと、うちの母は言いますが、山はいいのかな?
何れにせよ、今日も暑そうです。
                           鉄線
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
牟岐あんどん展2014
- 2014/08/15(Fri) -
IMG_8493.jpg

出羽島アート展の時にも飾られていた牟岐町のあんどん。
右下の夏の風物詩になりつつありますね。

IMG_8497.jpg

昨夜、町中にあんどんに灯りがともるのが見たくて、牟岐町
まで走りましたが、雨が予想されるため、町内の海の文化セ
ンター1階に展示されていました。

IMG_8507 - コピー

あんどんに変わりはないですが、あんどんだけを楽しむの
ではないため、大川橋の展示から、屋内展示に切り替えら
れたあんどん展は、大いに残念でした。

一番下のあんどん、「つなげるでぇ~た・とくしま」は、オー
プンデータ・ビッグデータの理解・活用のためのコミュニティ。
徳島県のオープンデータ・ビッグデータ利活用促進事業と
して、2014年3月から始まっています。知り合いのイラストが
プリントされたあんどん。偶然、見つけました。かわいい!

                        鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(2) | ▲ top
南内町演舞場の「総踊り」
- 2014/08/14(Thu) -
203南内町 - コピー

映画『眉山』の撮影に使われた 南内町演舞場。阿波おどり期間中、
午後10時を過ぎると、場内は「総踊り」ムード。演舞場内の人口密
度は一気に高くなります。幾つもの連で構成されている「総踊り」は、
この演舞場だけでしか見ることができません。これはど迫力ですよ。
阿波おどりって、こんなに恰好よかったかしら。満足、満足!!!

                           鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
両国橋演舞場にて
- 2014/08/14(Thu) -
014両国 - コピー

久しぶりに母と一緒に演舞場まで阿波おどりを見に行きました。
最初は、両国橋演舞場(無料)。しばらく、道路に座り込んで撮影。
その後、南内町演舞場(有料)に移りました。楽しくて、いい気分
で家に戻ってきました。総踊り、初めて見ましたが、いいですね!

                             鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
お見舞い申し上げます
- 2014/08/13(Wed) -
IMG_9570 - コピー

気がつけば、立秋も過ぎており、残暑お見舞い申し上げます。
また、このたびの台風12号、11号により、甚大な被害を受けられた
地域の皆様に謹んで お見舞い申し上げます。
一日も早い復旧がなされ、元の平穏な暮らしに戻れますよう、心より
お祈り申し上げます。
私も古里・那賀町に出かけたいのですが、本日も仕事です。

                            鉄線
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
TESSEN'S CAFÉ、まもなく300,000アクセス!
- 2014/08/12(Tue) -
DSC04274 - コピー

TESSEN'S CAFÉにご来店くださり、どうもありがとうございます。
今日からお盆、そして、阿波おどり初日。私は仕事でしたが...。
写真は、徳島市川内町の社屋4階から撮影したもの。高速道路
を作っているのですが、お盆なので今日は作業していませんね。
毎日毎日、暑い中の作業。今頃はお家でゆっくり盆休みされて
いることでしょう。

2008年の2月8日に「ただ何となく~」始めたTESSEN'S CAFÉ。
おかげさまで、まもなく300,000アクセスを迎えようとしています。
TESSEN'S CAFÉを始めた頃は、このような工事もやってなかっ
たですし、阿波しらさぎ大橋もまだ開通してなかったですし...、
6年半の間に会社周辺は大きく様変わりしました。

                          鉄線
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
Tessen's World 『鍵』
- 2014/08/12(Tue) -
IMG_8451 - コピー

徳島県内のあちらこちらにはこういった「南京錠の世界」があります。
別れること、離れることがないように、との祈りの南京錠なんだと思
いますが、金網やフェンスに無数にかけられた南京錠を目の当たり
にすると、何だか途端に胸が苦しくなってきます。南京錠をかけられ、
軟禁されているような心地の悪さを感じます。

鍵と鍵穴のように、気持ちにぴったりくる人が現れたらいいなぁ、と
長年、思ってきました。だから、写真のような「南京錠の世界」は、
個人的には少し違うかな、と。別れることが恐い、悲しいのではなく、
愛する人といろんなシーンにおいて分かちあえないことのほうが寂
しかったり、悲しかったりするわけです。

今日、学生時代の親友(結婚して20年)から書簡が届いてましたが、
「お互い、空気のような存在になってしまいました...」と書かれて
いました。何れにせよ、鍵と鍵穴だけしっかりと押さえておけば、鍵
などかけなくても平気かな、と感じています。かける必要もないので
しょう。
                            鉄線

 

この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ