"猫と車輪"
- 2015/03/31(Tue) -
DSC05250のコピー

『猫と車輪』 (2015/03/31・徳島市)

猫はいろんな隙間が好きみたい。
家と車輪の隙間に入り込み、隠れているつもりか?
シャドー、丸見えだよ。
                        鉄線


スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
黄色に染まる聚落
- 2015/03/31(Tue) -
IMG_73351.jpg

黄色に染まる聚落に今年も行ってきました。棚田に菜の花が植えられて
いる観光スポットなんですが、画面の中央から天空へと続くような細い
坂道。急坂なんですが、その周辺に家があり、花が咲き...春の聚落
っていいなぁ~と思わせてくれる場所。私の田舎は、春はれんげ、山吹、
シャガが印象的だったかな。
                                 鉄線

  
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
寄井東の桜、明王寺の桜
- 2015/03/30(Mon) -
IMG_7362.jpg

雨の日曜でしたが、お花見の頃ということで、神山町に行ってきました。
花瀬前と同じくらい好きなバス停、寄井東にてソメイヨシノを一枚。

IMG_72921.jpg

もう一枚は、明王寺のしだれ桜。ここのしだれ桜は、年代物。花より木に
惹かれます。今週末も天気予報は曇時々雨マーク。青空を背景に撮り
たいなぁ~。
                             鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(2) | ▲ top
太龍寺・中山道②
- 2015/03/30(Mon) -
DSC05038.jpg

柔らかな春陽が心地よい土曜、お花見には少し早そうなので、太竜寺山
までトレッキングに行ってきました。太竜寺山に登るのは、2回め。太竜寺
山は、平均勾配が20%を超え、登り始めてから山頂まで登りのみのハー
ドなコース。(← 感想には、個人差があります。)

DSC05049.jpg

pilot師匠、途中から半袖のTシャツになりました。この日は、本当に暖かく
トレッキング日和でした。あ、最初から半袖のTシャツだったかなぁ~。

DSC05101.jpg

この日、登った一番の目的は、もうひとつのSAKIMORIを観に行くこと。
「SAKIMORI」という名の彫刻は、那賀町・相生森林美術館の中にも
1体ありますが、どちらも流 政之さんの作品。美術館の中にあるのは、
「MORI SAKIMORI」、太竜寺山にあるのは、「YAMA SAKIMORI」と命名。
森を守るSAKIMORIと、山を守るSAKIMORI。

DSC05128.jpg

山を守るSAKIMORIは、森を守るSAKIMORIよりも、一回りも二回りも大きく、
美術館にあるクールなSAKIMORIとは異なり、威風堂々たるSAKIMORIに
仕上げられていました。実は、1回めの登山の時、太竜寺山頂から見下ろ
した彫刻は豆粒ほどで、美術館にあるSAKIMORIと同じものがここにも設
置されている、と思っていました。「YAMA SAKIMORI」を眺めながら、昼食。

DSC05181.jpg

「YAMA SAKIMORI」の傍におられるお大師さん像に向かいます。といっても
pilot師匠だけ。私はこんな岩をよじ登って行くことができません。重たすぎて
自分で自分のからだを持ち上げられない...。

DSC05215.jpg

お大師さん像の後、太龍寺でトイレを済ませ、(洋式、便座あたたかでLucky)
折り返し。太竜寺山の山頂に向かいます。太竜寺山頂618m。山頂からまた
豆粒の「YAMA SAKIMORI」を見下ろします。目的を達成でき、満足でした。
この日は、よく歩きました。14000歩くらい歩いたようです。これだけ歩くと、
疲労感があります。(笑)618mと低い山ですが、勾配が勾配なので、登った
感のあるコースです。
                                鉄線
  

img_8_m328.png

距   離 6.29㎞
獲得標高 694m
所要時間 4:37:22.5
この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
シャドー♂の"猫となり"
- 2015/03/28(Sat) -
DSC04985.jpg

猫の目。おかっぱん♂やトラキチ♂の黄色い瞳より、アクアマリンのような
シャドー♂の瞳に惹かれますねー。おかっぱん♂みたいに喜怒哀楽が豊か
ではないし、腹ペコの時にしか鳴かない、それも一言「ニャー」...、ですが、
以前は鳴かなかったし、見てもなかったし、話も聞いてなかったし...それ
から比べると落ち着いてきました。今朝は、からだいっぱいにひっつき虫を
付けて現れましたが。(どこまで行ってきてん!) しゃーないから、全部取っ
てやりました。(笑)ひっつき虫。人の衣服より、やはり取りにくかった...。
さぁ、いい天気だ。どっかに遊びに行ってこい。シャドー♂、ちゃんともんて
きいよー。おかっぱん♂は、あれから戻らず...。もう会えないかな。

                              鉄線

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
トラキチ、はい、チーズ♪
- 2015/03/27(Fri) -
DSC05011.jpg

トラキチ♂。おかっぱん♂の兄弟なのかな?他の子たちと
戯れない子です。お腹が空いている時だけ、みんなの傍に
やってきて、餌の入ったトレイを自分のほうに器用に強引に
引き寄せ、食べています。最近、名前を覚え、トラキチと呼
ぶと、反応するようになりました。近づくと逃げてしまうので、
おかっぱん♂やシャドー♂のように、手のひらから餌を食べ
たり、抱っこしたり...できるようになるのはまだまだかな。

                          鉄線

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
野良棕櫚を見下ろす
- 2015/03/27(Fri) -
IMG_0797.jpg

出合の橋を渡り、少し走った那賀川のほとりで見かけた野良棕櫚
(ノラジュロ)。野良棕櫚に惹かれたわけではなく、見下ろした川の
青に心を奪われ...。少し緑の混ざった青。撮りながら癒されます。

                            鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
ワシントン椰子の下で
- 2015/03/26(Thu) -
DSC04848.jpg

南阿波サンラインを走りたくなる理由は色々あるけれど...、
その一番は、ワシントン椰子がたくさん植わっていること、かな。
気持ちを外へ外へと解き放してくれる不思議な力を持ち合わせ
ている木、ワシントン椰子。南阿波サンラインの急坂を登る時、
重たい体を引っぱり上げてくれるのが、ワシントン椰子なんです
よね~。
                            鉄線

この記事のURL | サコッシュ | CM(0) | ▲ top
今年も見たい!仙台しだれ
- 2015/03/24(Tue) -
20140405sidare.jpg

樹齢120年のしだれ桜。開花が待ち遠しい桜の一つ。
そろそろかな?(写真は、昨年4月初めのものです。)
                          
                     鉄線


この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(2) | ▲ top
”春兆”
- 2015/03/23(Mon) -
IMG_0854 - コピー

昨日の朝、物干し台で洗濯物を干していたんですが、庭のスズランや
タンポポの綿毛に春の陽光があたり、とても綺麗で、「あぁ、今年も春
がきたなぁ~」って。でも、今週はまた寒さが戻るようで、皆さん、風邪
ひかないようにしてくださいね。
                               鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
TREK PILOT 5.0 第60回めの講習 (南阿波サンライン)
- 2015/03/22(Sun) -
DSC04881.jpg

TREK PILOT 5.0にて。pilot道場、第60回めの講習は、美波町にデポし、
南阿波サンラインの往復約40㎞。南阿波サンラインを走るのは久しぶり。
第一展望台までの急坂はインナーに入れるのをすっかり忘れていて(笑)
アウターで登りきり、えらかったですが、今日は気温も上がり、気持ちの
よいライドとなりました。

DSC04863.jpg

南阿波サンラインは、この景色が売り。最近は霞んでいて少し残念ですが、
大島や出羽島が見え、海の美しい青も疲れを吹き飛ばしてくれます。

DSC04888.jpg

灘神社の桜。満開でした。春のライドは花があちこちで見られ、エナジーを
くれますね。

DSC04926.jpg

牟岐港に到着。アワビ漁から戻ってきた船や漁師さんたちで港は賑わいを
見せていました。あー、このアワビ。お刺身やバター焼して食べたかったな。

DSC04946.jpg

オセロはいなかったけれど、違う猫が寄ってきてくれました。なかなか離れ
ようとしません。港に滞在中、ずっと師匠や私の足元にまとわりつく人懐っ
こい猫でした。久しぶりのライドは、えらかったですが、楽しいライドでした。

IMG_0081.jpg

勾配10%。途中からガーミンを覗くと、14%になっていました。遅いですが
足を付くことなく登りきれました。満足、満足。
                               鉄線

img_3_m3

距離: 36.53 km
タイム: 2:32:13
平均スピード: 14.4 km/h
カロリー: 1,318 kc
最高スピード: 44.4 km/h
高度上昇量: 666 m
最高高度: 167 m
平均バイクケイデンス: 49 rpm
最高バイクケイデンス: 94 rpm






この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
洲本八景 1
- 2015/03/21(Sat) -
IMG_6824.jpg

洲本には、洲本八景と呼ばれる絶景ポイントが八つもあるようで、ここ
からの眺めはその一つめ。洲本城から臨む洲本の町並み。

さぁ、今日は春分の日。お墓参りに行きたい、という母を助手席に乗せ、
那賀奥まで走ります。そろそろ出発しようかな。
                              鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
”雨紋”
- 2015/03/20(Fri) -
IMG_0727-.jpg

那賀奥、雨の午後。川面に幾重にも拡がる雨の波輪が
実に美しい。もしかしたら、人の心の構造も、波輪のごとく、
幾重にも重なり合っているのかもしれない。

ある人には一層まで見せ、またある人には三層まで見せる。
だが、"芯"に到達するまでに波輪は終わってしまい、心は
何時まで経っても"真"を見せられないでいるのかもしれない。

                           鉄線

  

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
ふろんたに橋(海川)
- 2015/03/19(Thu) -
IMG_0677 - コピー

海川谷川に架かる橋、ふろんたに橋。前回も、前々回もそうでしたが、
この吊り橋は揺れすぎて、橋の半分までしか行くことができません。
3月も半ば、吊り橋に絡まる草木がだんだんしなやかな緑色になって
きました。
                           鉄線

この記事のURL | "橋" | CM(0) | ▲ top
"山映"
- 2015/03/18(Wed) -
IMG_0832 -

那賀奥、霧の午後。
川面に映る山のグラデーションが実に美しい。

魁夷的表現をすると、
心の奥にある山は、誰も窺い知ることはできない。

                     鉄線

この記事のURL | Tessen's Photograph+Sentence | CM(0) | ▲ top
囲炉裏のある風景
- 2015/03/17(Tue) -
IMG_7219.jpg

『囲炉裏のある風景』 (香川県高松市屋島・2015/03/14)

旧 河野家の囲炉裏のある部屋に飾られたおひなさま。囲炉裏のある
家で暮らしたことがないのに、いいなと感じたり、懐かしいという気持ち
が立ち上がってきたり、ほっこりしながら眺めている自分がいたりして、
こういう民家で暮らしてきた先人の記憶が刻まれた遺伝子を持って、私
たちは生まれてきているのだろうか。囲炉裏火を囲みながら、酒を酌み
交わし、明日の朝まで話がしたい。
                            鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
湯たんぽ(陶製)
- 2015/03/17(Tue) -
IMG_7249.jpg

ロールケーキのような形の陶器。これ、何だと思いますか?
私は花瓶かな?と思いましたが、湯たんぽでした。陶器で作られた湯たんぽは、
かまぼこ形をしているものが多く、お湯を入れた後、栓をして使用していた、と
説明されていました。古くはこの陶製が主だったようで、私たちが使ってきた金
属製のものは大正期以降に登場。戦時中は金属が貴重となり、再びこの陶製
湯たんぽを使用していたようです。この湯たんぽの大きさはロールケーキほど。
置物や花瓶として部屋に置きたいですね。
                               鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
猿越ノタオ登り口から臨む
- 2015/03/16(Mon) -
IMG_0814 - コピー

猿越ノタオ登り口から臨む (那賀郡那賀町・2015/03/15)

霧。水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんでるだけなんですが、
「ある」と「ない」とでは、まるで異なる印象をわれわれに与えてくれる
不思議。霧を追いかけた雨の休日。
                            鉄線

  


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
『霧立つ午後』
- 2015/03/15(Sun) -
IMG_0743 - コピー

『霧立つ午後』 (那賀郡那賀町・2015/03/15)

一日、雨。久しぶりに時間を忘れて撮っていました。青空の写真も
好きですが、やはり、こういう写真のほうが撮りながら気持ち的には
しっくりきてるかなと思う。
                             鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"季節の移ろいを感じた高丸山"
- 2015/03/15(Sun) -
IMG_0691.jpg

~季節の移ろいを感じた高丸山~

 啓蟄を少し過ぎた頃、高丸山に登った。那賀町(旧木沢村)と上勝町
の境にある標高1,438mの山で、ブナなどの自然林に覆われ、緑豊か
である。

 高丸山には「森に親しみ、森を育て、森に学ぶ」をテーマに平成16
年4月に開園された徳島県立高丸山千年の森という森林公園から登
る。貴重なブナの群落とは別に、人の手によって育まれている杉やヒ
ノキもまた手入れが行き届き、その木立は実に美しい。

 前日に降った雨で足元は悪く、所々残雪も見られたが、4カ月ぶりの
高丸山は冬から春へと確かに移ろいを見せていた。鳥たちが高らかに
さえずり、ブナの木の根元には緑の絨毯のごとくブナの子どもたちが
賑やかで、春の息吹からエナジーをいただく。

 頂上は流れる雲の中にあり、紗をかけたようだった。雑木には初めて
見る樹氷が残っていた。樹氷が陽光に解け、シャラシャラと乾いた音を
立てて降るのも初めてで、思いがけず感動した。

 落ちる一方の体力。何か運動しなければ、と始めた山登りだが、森の
中を歩き、山を登ることは体力や筋力を付けてくれるだけでなく、切れ味
の悪くなった感覚や気力を研ぎ、鍛えてもくれるのである。(了)

                             鉄線

(※2015/03/15・徳島新聞「読者の手紙」に掲載済)








に仄かに立ち上がってくる。香りだけでなく、脳裏にはレンゲ畑や菜の
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
芝右衛門大明神
- 2015/03/14(Sat) -
IMG_6821.jpg

三熊山頂上の洲本城跡に近く、洲本八幡神社には、かわいらしいお狸さん
が祀られています。芝右衛門大明神。何でもこのお狸さん、芝居が大好き
で、木の葉をお金に換え、連日、中座に通っていたとか。それがばれて殺
されてしまったのですが、芝右衛門の死後、中座では客の入りが悪くなり、
「芝右衛門を殺めた祟りだ」という話になり、芝右衛門を芝居小屋に祀った
ところ、またまた客足が良くなったということで、それからは芝右衛門は人気
のお神さんとして、多くの役者たちに信仰されてきました。中座にお祀りして
あったものが2000年に淡路に里帰りしてきたそうで、どおりで、「藤山寛美」
さんが奉納というのも納得です。
                             鉄線



この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
石灰ベルトコンベア跡
- 2015/03/13(Fri) -
IMG_7118.jpg

『石灰ベルトコンベア跡』 (阿南市長生町角ノ谷 ・2015/03/13)

阿南市内を走っていると、鉱山から採掘した石灰を港まで
運んでいた鉄骨のベルトコンベアが残っています。
写真は、明谷梅林までの道筋にある廃のベルトコンベア。
梅林に行くたび、気になっていたベルトコンベアで、梅林の
帰りに寄ってみました。梅林のほうは、美しい盛りは過ぎた、
かな。
                        鉄線




この記事のURL | "還りゆく風景" | CM(0) | ▲ top
Cafe du Marche"カフェ・ラッテ"
- 2015/03/13(Fri) -
NCM_0046.jpg

徳島市北沖洲1丁目にあるCafe du Marcheの"カフェ・ラッテ"。
今日は、所用でお休みを取っていたのですが、用事が済んだ後、
機会があれば入ってみたい、と思っていた真っ赤なカフェに行って
みました。

NCM_0047.jpg

中に入ると、ほしくなるような小物がたくさん飾られていました。
猫系の置物は、我が家にも置きたい、と思うほど...。おっと、
この苺のワッフル。女2人で食べても食べきれなかった、です。
次回は、オムライス食べてみよう!
                              鉄線


この記事のURL | 食事・飲み会 | CM(0) | ▲ top
今日は地下足袋王子のお誕生日
- 2015/03/12(Thu) -
DSC04610 - コピー

本日、四季美谷温泉の支配人、地下足袋王子のお誕生日。
王子、今年もお誕生日おめでとうございます。

7年7ヶ月勤めた四季美谷温泉を3月末で定年退職されるそうで、1年の
その殆どを休みなく、実に多様で雑多な仕事を王子が先頭に立って動い
ているのを拝見し、驚きと尊敬でした。同じ三セクで勤務する者として、王
子の仕事に対するブレない姿勢には、学ぶものがたくさんありました。
「木沢の山と花と温泉シリーズ」としての山ガイドも後3回とか。(15,22,
29日)。去年、次郎笈の標柱掛け替えに連れて行ってもらったのが今と
なってはとても懐かしい。

4月から新しい職場へ行っても、王子は王子。これからもお元気で、ます
ますのご活躍を期待いたしております。HAPPY BIRTHDAY! 王子。

                            鉄線

 
この記事のURL | くんだら | CM(2) | ▲ top
あれから4年
- 2015/03/11(Wed) -
IMG_8500311.jpg

「311」から4年。今でも避難生活をされている人たちは、約22万
9000人という。少しでも、本当に少しずつでも、4年前の310の
暮らしに近づくことができるよう、心から願っています。

                            鉄線

 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
浅川寸景
- 2015/03/10(Tue) -
DSC04633 - コピー

『浅川寸景』 (海部郡海陽町浅川・2015/03/07)

古い町並みを利用した雛飾り。浅川の集落にも飾られていました。
50になっても、こういうの見つけると、車を止め、足を止め、しばし
眺めてしまいますねぇ。この日はあいにくの雨。いつもは出されて
いるはずの雛人形のいくつかは、家の中に仕舞われていたのでし
ょう。
                           鉄線

この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
梅花を仰ぐ
- 2015/03/09(Mon) -
DSC04577.jpg

『梅花を仰ぐ』 (阿南市長生町明谷・2015/03/07)

梅は桜ではないから
梅は桜ではないから
梅は桜ではないから

鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
樹氷の華
- 2015/03/09(Mon) -
DSC04788 - コピー

昨日、高丸山の山頂にて。お彼岸が近いというのにまさかの
樹氷。寒いところが大の苦手な私。初めての樹氷らしい樹氷。
樹氷の華も美しかったけれど、樹氷の華が散る馴染みのない
音に感動をしたかな。
                         鉄線

この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
高丸山千年の森⑥
- 2015/03/08(Sun) -
DSC04738 - コピー

今日は、勝浦郡上勝町にある徳島県立高丸山千年の森までトレッキングに
行ってきました。高丸山千年の森に登るのは、去年の11月15日以来。

DSC04692 - コピー

登り始め。残雪。しかも、雪というよりは氷。滑らないように慎重に進みました。
登り始めは寒く、ダウンジャケットを着用しましたが、登るうちに南斜面となり、
ダウンはリュックの中に仕舞いました。

DSC04771 - コピー

久しぶりの高丸山。少し登らないと、すぐ筋力や体力の衰えを実感...。運動
は継続して行わないと意味がありません。

IMG_0670 - コピー

なかなか自分の体を持ち上げられません。もう少し、体重を落とさなければ...
と言い続けて○○年。(笑)なかなか付いたお肉は落とせません。

DSC04704 - コピー

ブナの子どもたちかな。ブナの根元の辺りにはあちこち、緑の子どもたちが
たくさん見られました。これらは分けてまた植林されるのかな。やわらかな
緑は、見ているだけで嬉しくなってきますね。

DSC04772 - コピー

高丸山の南斜面を登るコースは、日当たりがよく、気持ちがいいですね。
今日は所々残雪がありましたので、復路はいつも北斜面を下りてくるの
ですが、残雪を避けて、往路を下りてきました。

DSC04800 - コピー

山頂は貸切でした。樹氷が残っていましたので、撮影した後、お昼ご飯。
勝浦町にある「なか山」の柿の葉ずしと、玉子巻を食べ、下山。途中から
東照神社のほうにコース変更。急な斜面と濡れた杉の葉に足を取られて
しりもち...。本日距離 3.62㎞ 獲得標高 420m 所要時間 2:39:25。
高丸山は登るたびに違った顔を見せてくれます。今日は一瞬、とても美し
いシーンに出あうことができました。下記も見てみてくださいね。
http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-3970.html
                     
                               鉄線

img_6_m.png


この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真200 『高丸山頂は雲の中』
- 2015/03/08(Sun) -
DSC04779 - コピ

『高丸山頂は雲の中』 (勝浦郡上勝町高丸山・2015/03/08)

今日は、去年の11月以来の高丸山千年の森。山頂は雲の中。
そして、樹氷が残っていました。私より一足先に頂上に到着した
pilot師匠。初めて見る樹氷を熱心に撮っていました。
今日は、この瞬間の高丸山山頂が最も美しく、過去5回の山頂
とは違った様相を見せてくれました。
                            鉄線

この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ