2015 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 06
『街を臨む』
- 2015/05/30(Sat) -
DSC06641.jpg

『街を臨む』 (徳島市徳島町城内・2015/05/30)

5月からまた写真講座が始まりました。今日は撮影の日。
徳島中央公園で午前中、歩き回り、心動かされるものを
撮りました。久しぶりの撮影、蒸し暑かったけれど、楽し
かったな。
                       鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"家路"
- 2015/05/30(Sat) -
IMG_2912 - コピ

久しぶりに朝から洗濯しながら、ゆっくりと빅마마を聞いています。
今から、撮影会。
                           鉄線
  

『외길』
그대로 멀리로 떠나가는 길 외롭지 않게
그대 뒤에서 남은 날까지 기도해요..
하늘로 넘어로 그대 뜻대로 날아가다가
한 숨 돌리고 꿈에서라면 허락할까..
혹시나 비에 젖진 않을까~
바람이 세지는 않을까..
언제든 돌아오기만을 기다리는 날 기억할까..

누군가 (누군가~) 보내고 오~(보내고~)
남은 자리에 (음~)
꽃을 피우고 오~(피우고)
꽃잎을 보며 (음~)
어루만지며 (음~~)또 그렇게...
그리움이 다~하는 날까지
(다하는 그날까지)
저 꽃잎이 지는 날까지 (그날까지~이~)
못다한 (못~다한)
남은 내 사랑이 다 탈때까지
그때까지 (그대만을~~) 그대만을~

날~~(날~ 두고)
떠나가도 (떠나도~예~~이~)
더 행복해도~~~오오~~
단 한 번~~(한번)
오직 한 사람만 사랑하는 날 기억해요~

날 두고 떠나가서
(두고 떠나간데도 날 떠나 행복해도)
더 행복할 수 있다면
(단 한사람만을 위해 사랑했던 난)
단 한번 (한번~)
오직 한 사람만 사랑했던 날~~
이젠 이젠 이젠 다 잊어요..오

너무 너무 그대만을...

Artist : Big Mama (빅마마)
Album : It's Unique (2nd Regular.)
https://www.youtube.com/watch?v=4xxmVSwHMRE
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く41
- 2015/05/29(Fri) -
IMG_2230 - コピー

海部郡牟岐町出羽島にて(2014/11/24)

私にとって、路地はカタルシス。
出羽島の青い空と黄色いボートが、より一層、
感情を解き放ち、気持ちを浄化してくれる。
私にとって、路地はエナジーでもある。

                  鉄線

  
この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
神のみわざ
- 2015/05/28(Thu) -
IMG_1497.jpg

こういうのを見ると、美しいなぁ、って感じますし、神のみわざだなぁ、って
思いますね。私だけかな???
                              鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
1438.6
- 2015/05/28(Thu) -
DSC06041.jpg

高丸山の頂で、ツバメがビューンという音を立てながら往来するのを
一度だけ聞いたことがあります。最初、何の音かわからなくて、そばに
いた人にツバメが風を切って飛ぶ音であることを教えていただきました。
その音は、ジェット機が出す音にも負けないくらいの迫力で、もう一度
聞きたいと思いつつも、それからこの頂でツバメには出合っていません。
この頂で見る青空も大好き。
                           鉄線

この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
「ゆずの森」に惹かれて
- 2015/05/26(Tue) -
DSC06414 - コピー

馬路村に出かけると、村のあちらこちらで、とてもエネルギッシュで、素朴な
味わいの絵や文字を見かけます。この「ゆずの森」という絵と文もそうなんで
すが、高知県在住のグラフィックデザイナー、梅原 真 氏というかたの作品。
馬路村の全体が、このデザイナーさんのデザインで統一されていると言って
も過言ではなく、梅原さんの作品からは、何とも言えないぬくもりが伝わって
きます。気取りがない分、心をまるごと、作品の中に預けることができます。
ごっくん馬路村という清涼飲料水、馬路村農業協同組合が製造・販売してい
る飲み物なんですが、このラベルも梅原さんの作品です。子どもの頃から柚
子が身近にあったからなのかな?いろんな作品が掲示されている中で、私は
この「ゆずの森」に惹かれました。
                                鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
ブラシの木
- 2015/05/25(Mon) -
IMG_1557.jpg

ブラシの木。今、満開を迎えていますね。瓶を洗うブラシにそっくり。
この木は我が家の実家にもありました。写真のブラシの木は、那賀町
中山あたりの国道沿いで見かけたもの。・オーストラリア原産で、明治
中期に渡来、と言われていますが、今時分に見るようになったのは、
個人的にはここ何年かのことだなー。
                               鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
空と海をつなぐ階段
- 2015/05/25(Mon) -
IMG_8379 - コピー

空と海をつなぐ階段 (2015/05/24・海部郡美波町)

昨日は午前中、所用のため、午後から美波町をカメラを持ってぶらぶら。
空も青空に変わり、気持ちのよい午後でした。どこかでお茶しようという
話になり、美波町の「odori」というレストラン&カフェに入ってみました。
手入れされた花いっぱいのガーデンを見ながら、阿波尾鶏の卵を使用し
た濃厚プリン(甘さ控えめ)とブレンドコーヒー、リーズナブルでおいしかっ
たです。
                               鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
箸置きマイキー 赤&青 波佐見焼
- 2015/05/24(Sun) -
IMG_20150524_084632.jpg

箸置きマイキー 赤&青 波佐見焼 / リサ・ラーソンさんの作品だそう
ですが、一目惚れをした箸置き。箸置きを変えると、食卓の雰囲気が
変わります。大谷焼のレンコンの箸置きもお気に入りですが、この猫
の箸置きにはかないません。シャドーがいなかったら買ってないかも。

                              鉄線




この記事のURL | 買いもん | CM(0) | ▲ top
雉のハートフェイス
- 2015/05/23(Sat) -
IMG_1391.jpg

那賀町の八幡原に雉や鴛鴦が出るというので、午前中、pilot師匠に
連れて行ってもらいました。残念ながら、鴛鴦は現れてくれませんで
したが、雉♂は田んぼのあちこちに登場。初めて間近で見ました。

IMG_1337.jpg

追うと、草むらの中に逃げ隠れするくせに、しばらくすると「ここにいる
ぞ!」とばかりに「ケーン、ケーン」とけたたましく啼き、激しく羽ばたき、
縄張り宣言してくれるので、隠れている場所が丸わかり。あかんがな。

                              鉄線





この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
Cath Kidston ・ソーイングボックス
- 2015/05/23(Sat) -
IMG_1560.jpg

今年のバースデープレゼントが一ヶ月遅れで届きました。リクエスト
してあったソーイングボックス。大好きなCath Kidston のソーイング
ボックスです。自分用のソーイングボックスを持っておらず、母のを
貸してもらっていましたので、自分のができてうれしいです。裁縫は
苦手ですが、これから、ソーイングボックスの中身を充実させていき
たいと思っています。必要最小限しか入っていないので...。

                              鉄線

この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | ▲ top
焚きもんの在る風景
- 2015/05/20(Wed) -
DSC06236 - コピー

実家(那賀町)がある集落に隣接する集落。四国ミニ八十八ヵ所がある
ところなんですが、カメラを持っていると、この場所で必ず一枚撮ります。
薪、実家の辺りでは焚きもんと言いますが、焚きもんがきれいに割られ、
積み上げられているのを見ると、ついつい撮ってしまいますね。人気が
なくても、そこに”人”を感じて、気持ちが温かくなります。

                             鉄線

この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
長安橋を走る
- 2015/05/19(Tue) -
IMG_0061.jpg

那賀町・小浜大橋と長安口橋の中間にある青い橋、長安橋。名前を
チェックし忘れたため、長安橋としておきます。次回、また調べます。
大越峠からの復路。この橋が見えてたら、「あ~、もんてきたぁ~」と
思います。林道古屋川大越線は、谷山の最後の集落を過ぎてから
道路が悪くなります。落石の細かく砕け散ったのがあちこちに転がっ
ていて、乗り上げないよう気を遣います。その上、プチ下り恐怖症。
林道古屋川大越線の復路は、体にめちゃくちゃ力が入り、肩や腕が
ひどく凝りますねー。両手の握力もなくなってます。(笑) pilot師匠の
ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/red_pilot_12/26635058.html)に、
「余裕の鉄線さん」と書いてありましたが、そうでもないんですよ!

                             鉄線

  
この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
こんこんと
- 2015/05/18(Mon) -
NCM_0393.jpg

シャドー♂、私の脚に密着して、こんこんと寝ています。

                        鉄線

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
半鐘を見上げる
- 2015/05/18(Mon) -
DSC06449.jpg

『半鐘を見上げる』 (2015/05/17・那賀町川俣付近)

昨日、pilot師匠と一緒に、那賀町長安にデポし、ビーバー館~大越の
往復をしましたが、このコース、新緑が美しい以上に、傍を流れる川が
美しく、思わず、バイクを止めて見入ってしまいます。このコースには、
写真のような半鐘もあります。木の支柱に掛けられている半鐘は珍しい
かな。木なんで、注意していないと、通り過ぎてしまいます。(笑)

                            鉄線


  
この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
TREK PILOT 5.0 第63回めの講習 (長安~大越)
- 2015/05/17(Sun) -
DSC06433 - コピー

TREK PILOT 5.0にて。pilot道場、第63回めの講習は、那賀町長安に
デポし、ビーバー館~大越の往復。前回、このコースを走ったのは、
2014/09/23ですから、8ヶ月ぶりの大越ヒルクライムとなりました。

DSC06438 - コピー

長安口ダムのあたりも、今時分は新緑が美しい頃。今年のゴールデ
ンウイークは那賀川センチュリーランが開催されず残念でしたが、今
年は秋に開催されるようです。

DSC06443 - コピー

大越に向かって、長安の橋を渡って行きます。この橋を渡ったとこに
あったお家と小屋が取り壊されていました。道路下の小屋の屋根には
秋になると、ユズの皮がたくさん干されており、趣があったんですが、
傍では工事も行われており、以前と雰囲気が大きく変わってしまって
いました。

DSC06446 - コピー

那賀町川俣地区にある半鐘。緑の中に赤いANCHORが映えます。
今日は爽やかなサイクリング日和。虫も少なく、ラッキーです(笑)

DSC06478 - コピー

那賀町谷山にある大木屋神社。雰囲気のある神社なんですが、
人気がない時は、かなり寂しく感じる空間です。この神社を過ぎた
あたりから勾配がきつくなります。道も悪くなります。

DSC06492 - コピー

今日は北風が吹き、涼しかったこともあり、最近、登った美杉峠よりは
楽に登れました。峠のいつものポイントで撮影。肌寒くなってきたので
さっさと下りてきました。

IMG_0046 - コピー

那賀町深森あたりの新緑もきれいでした。深森小学校廃校跡。二宮
金次郎の像と、大きなクスノキだけになってしまいましたが、大好きな
景色がどんどんなくなり、変わっていきます。このコースは好きな被写
体が多いので、何度もリクエストして走っているのですが、ま、でも、変
わることは仕方がないですね...。今回も木切れと思い、シマヘビを
バイクで踏んだみたいです。シマヘビよ、ごめんちゃい。
 
                            鉄線

img_8_moogosi.png

合計距離 43.18km
走行時間 3:06:41.4
平均速度 13.9km/h
最高速度 41.5km/h
消費カロリー 509kcal
獲得高度 623m






この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
豊かな時間
- 2015/05/16(Sat) -
DSC06432.jpg

ここ何年かは、放美展が終われば執筆。いつも、締め切りまで1ヶ月も
ないところからのスタート。体の中から言葉を捻り出しながら綴っている
時間が、私にとっては一番であり、豊かな時間。
        
                           鉄線

         
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
"山若葉を愛でる"
- 2015/05/13(Wed) -
DSC05987 - コピー

"山若葉を愛でる"(2015/05/06・勝浦郡上勝町高丸山にて)

台風一過。今朝の青空を某局の気象予報士が「洗い立ての
青空」という表現していましたが、言い得て妙。濁りのない青
空が広がっていますね。5月の晴天。こういう日はトレッキン
グに行きたくなります。行けないのが残念ですが...。今時
分のトレッキングはやわらかな山若葉、眩しいほどの新緑に
ついつい足を止めてしまいます。
                          鉄線


この記事のURL | サコッシュ | CM(0) | ▲ top
山川美しい水崎(みさき)
- 2015/05/12(Tue) -
DSC06277 - コピー

水崎は新緑の頃がよい。私の頭の中には今もそう刻み込まれている。
子どもの頃、正御影供を廻った時に刻まれ、現在に至るのだろう。
旧暦3月21日は弘法大師がお亡くなりになられた日で、その日に修練
することを正御影供(しょうみえいく)と呼ばれていますが、旧暦3月21
日というのは、4月中が圧倒的に多いのである。2006年から2015年ま
での10年間で、旧暦3月21日、正御影供が4月中だったのは、7回。
5月中は3回。ちなみに、明年、明後年は4月。明明後年は5月。
子どもの頃から正御影供以外で水崎を訪れたことはあまりないが、
新緑やシャガのイメージが強烈に残っているのはなぜだろう。

新緑やシャガというと、確実に5月なのである。正御影供はGWの頃、
とインプットされているのだが、実際は違う。社会人になってからは、
仕事上、4月、5月は決算作業や、5月6月に大きな会議を控え、その
準備で大忙し。株主総会が無事に終わるまでは、気持ちがずっと安ま
らない感じで、GWもカレンダーどおり休めるものの、心から楽しめない
というのが本当のところで、もう25年以上も続いている。実際、休み中
に税理士から電話やメールが入ったり、作業の進み具合によっては会
社に出ていくこともあり...。こういう時に、桜をはじめ、春の花たちや
今時分の新緑には気持ちが凄く癒されるのである。正御影供が土日に
あたる時は、水崎をてくてく歩き、接待所で子どもの頃からの知り合い
に会えるので嬉しい。来年の正御影供は4月27日、水曜日。残念なが
ら、来年は行けない、かな。山川美しい新緑の水崎。永遠であれ。

                            鉄線





この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
それでも花は咲くシリーズ⑭ "躑躅"
- 2015/05/11(Mon) -
DSC06353 - コピー

Tessen's World 
それでも花は咲くシリーズ⑭ "躑躅"

今年の水崎の正御影供(旧暦3月21日)は、5月。、4月の正御影供
と違い新緑が美しかったけれど、花が少なく残念でした。シャガもなし、
八重桜もなし、藤もなし、躑躅も盛りを疾うに過ぎ、それでも年に一度
の正御影供ですから、がんばって咲いていたなぁ...。

                           鉄線


この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
正御影供で出会ったWILD WALKER
- 2015/05/11(Mon) -
DSC06334 - コピー

『正御影供で出会ったWILD WALKER』 (那賀町水崎・2015/05/09)

今年のおしょうめっくは、降ったり止んだりのあいにくのお天気。正午頃
出発と、出足の遅かった私とpilot師匠は、後半、雨にやられました。傘
を差して歩いていると、同日開催されていた「WILD WALK 0→1955」の
WILD WALKERが走ってきました。「僕は3番めくらいかな」っておっしゃっ
ていました。この時、14:25。この後、WILD WALKERは、那賀町木沢の
四季美谷温泉まで走ります。車でも40分くらいかかるかなぁ。

DSC06336 - コピー

そして、もう一人。77番をお参りしていると、WILD WALKERに追い抜かれ
て行きました。4番めのWILD WALKER。早朝に出発して、大変なはずなの
に、挨拶をして行ってくれました。77番道隆寺の石仏さんもWILD WALKER
にエールを送っているように見えますね。来年は、おしょうめっくも、WILD
WALKも晴れでありますように。走られた皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ
さまでした。
                                鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
本日、水崎の正御影供(おしょうめっく)
- 2015/05/09(Sat) -
03420144.jpg

2015年は5月9日、本日、那賀町水崎の正御影供です。
むかし、水崎で暮らす人々が、四国八十八ヶ所を巡礼したとき、
体の不自由な人もお四国さんにお参りができるようにしたいと
発願し、それぞれの寺院の土を持ち帰り、その土をもとにこの
水崎の集落に各寺院の本尊様である仏像を造立し、ミニ八十
八ヶ所を開設しました。弘法大師の忌日である正御影供(旧暦
3月21日)は、地元の人たちには「おしょうめっく」と呼ばれ、町
外からも、たくさんのお遍路さんがお詣りに訪れます。

02520144.jpg

「正御影供の朝は何でか雨なんよねー」というのが母の口癖。
私もここ何年か注意して観察していますが、雨になる確率が
高いですね。(笑)今日もあいにく雨の予報なんですが、那賀
のほうは雨が降ってるかもしれませんね。お時間のある方は、
那賀町水崎の正御影供に足をお運びください。ミニ八十八ヶ
所はくるっと廻ると、7㎞ほどあります。
                           鉄線



この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
ゆめうつつ
- 2015/05/08(Fri) -
DSC06181.jpg

深夜徘徊の後の就寝。何か夢を見ているのか、時たまぴくっ
と動いています。寝ている時も喉をゴロゴロ鳴らしている時も
あり...猫は眠りが浅いのだろうか。
                         鉄線


この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
新緑ポロロ
- 2015/05/07(Thu) -
DSC05697.jpg

ゴールデンウィーク。とくしま動物園に行ってみました。
ホッキョクグマの「ポロロ」は大人気。私は昔から白毛の
子に惹かれるみたい。(笑)
                        鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
なわばり争いに敗れ...
- 2015/05/06(Wed) -
DSC061351.jpg

ゴールデンウイーク、家を留守にしている間にシャドー♂がウシ(野良猫
のこと)とのなわばり争いに敗れ、もう2日も戻ってないと言う。ウシ♂。
ウシ柄の野良猫で、ブルドッグくらいの重量級。あっちへいけ、と追っ払っ
ても逃げないふてぶてしいやつ。おそらく、ウシはおかっぱん♂を追い出し、
トラキチ♂も追い出し、くーちゃん♂も追い出し、最後にシャドー♂まで。
「もうもんてこんわ」と母に言われたけれど、家が大好き、鉄線大好きな子
がもんてこないはずはないのだ。家の扉を少し開けておいた。「あきらめ」
と言われたけれど、外へ出て何度も呼んでみた。20時頃だったか、今まで
聞いたことのない鳴き声の猫。誰かと思ったらシャドー♂だった...。
あんな「開けてよ」「おなかすいたよ」という声を聞いたのは初めてで、ウシ
に追われ、さまよい、やっと大好きな家に戻ってきたという感じだった。
ゴハンを腹一杯食べ、外に出て行くのかと思いきや、ウシのことがよほど
恐いのだろう。外へ出たがらない。Amazonの箱に頭をうずめ、ただいま
爆睡中。大好きなシャドー♂が戻ってきてくれて、凄くうれしい。

                               鉄線

  

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
本日、立夏
- 2015/05/06(Wed) -
DSC06012 - コピー

本日、立夏。
二十四節気の第7。夏の気配が感じられる頃。
春分と夏至の中間で、立夏から立秋の前日までが夏。

昨日、高丸山にて、空の青や木々の緑のカンヴァスに、
柔らかな鴇色を放つアケボノツツジに出あった。
あまりの愛らしさに何とも一目惚れしてしまった。

                         鉄線





この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
高丸山千年の森⑦
- 2015/05/06(Wed) -
DSC06049 - コピー

子どもの日、pilot師匠と勝浦郡上勝町にある徳島県立高丸山千年の森までトレ
ッキングに行ってきました。高丸山千年の森に登るのは、今年の3月8日以来。

DSC05852 - コピー

3月に訪れた時には残雪や樹氷が見られましたが、昨日の高丸山は、爽やかな
新緑の衣装に衣がえしていました。また、この日は高丸山千年の森の年に一度
のお祭りで、登山道に出るや否や、法螺貝が聞こえてきましたので、いつものコ
ースを逸れ、高丸山荘前の広場へ。

DSC05887 - コピー

「ちょうさ、ちょうさ、ちょうさ」
地元・上勝町の若いしによる御神輿が奉納されていました。御神輿を見た瞬間、
リュックをブナの木の根元に置き、カメラを持って走って行きました。スイッチが
入ってしもたようで...。(笑) しばし、撮影。いつものパターン。(^_^;)

DSC06011 - コピー

後ろ髪引かれる思いで登山道に戻り(笑)、トレッキング再開。いきなり、美しい
アケボノツツジ。一週間ほど前が見頃だったのではないでしょうか。

DSC06024 - コピー

高丸山山頂に到着。山頂に出る直前の、ここから見える青空が大好き。この日
は、登山客が実に多かったですね。ほとんどがシニア世代。私たちのちょうど親
世代。皆さん、がんばっておられます。クロスバイクもきついですが、トレッキング
もきついです。これからは暑さとの闘いですねー。

DSC06063 - コピー

高丸山山頂からの風景。少し霞んでいますが、まだ視界が良いほう、かな。

DSC06100 - コピー

ブナの森がこれほどすばらしいものだと、トレッキングを始めるまで正直、
しらなかったです。新緑の頃は、一段と美しいブナの森。葉と葉の間から
の木漏れ日も気持ちよく、周囲ではいろんな鳥のさえずり、そして、年に
一度の山開きの日には、地元の人たちが山に集まり、御神輿を担ぎ、酒
を酌み交わし...、山や地域を大切に思う気持ちがしっかり受け継がれ
ていて、駐車場が満杯の時はどうしようかと思いましたが、何とか駐車でき、
しかも、こういう瞬間に出あえたことは幸せであり、気持も浄化されました。

                              鉄線

DSC06104 - コピー


img_8_m0505.png

距   離 4.46㎞
獲得標高 434m
所要時間 3:18:26.3











この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
八重地で出会ったお二人さん
- 2015/05/05(Tue) -
DSC05837.jpg

今日、高丸山にトレッキングに向かう途中、上勝町八重地集落を少し
過ぎた辺りで、知り合いのローディーに出会いました。向かって左が
なつみかんさん。右が、ebiさん。なつみかんさん、お久しぶりです。
ebiさんは、初めましてかな。

DSC05838.jpg

なつみかんさんとebiさんの本日のサイクリングコースは。大川原、
八重地、土須の山岳ロング。走行距離は132km、獲得標高2500km
にもなるようで、凄いですねぇ~。出会った時刻は正午前。八重地
の辺りは木洩れ日がきれいでした。

DSC05840.jpg

無事に山岳ロングを終えられ、今頃はビール飲みながらのんびり
されているでしょうか。なつみかんさん、ebiさん、お疲れ様でした。
先日、ファガスの森に向かっているスーパー林道で、「なつみかん
とおはげさんにここで出会ったね」という話をしてたところでした。
また機会がありましたら、撮らせてくださいね。
 
                          鉄線

この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(2) | ▲ top
TREK PILOT 5.0 第62回めの講習 (伊座利峠)
- 2015/05/04(Mon) -
DSC05815 - コピー

TREK PILOT 5.0にて。pilot道場、第62回めの講習は、伊座利峠
往復約30km。前回、ここをクロスバイクで走ったのは2013年8月。
この時は、猛烈な暑さのため、椿坂でリタイア。車ではたびたび
走っているのですが、バイクでは1年9か月ぶり。

DSC05829 - コピー

今日は午前中、放美展に出かけた後、午後から晴れたら津峯山
にトレッキングの予定でしたが、足元が悪いかも、ということで、
バイクでpilot師匠のホームグランド伊座利峠を走ることに...。
師匠は今日はマウンテンバイクで出走。

img_2_m[isari]

峠に到着するや否や、雨雲を発見。何枚か写真を撮り、急いで
降りましたが、途中で雨につかまりました。椿坂トンネルの手前
にあるバス停で雨やどりしようと思っていたら、屋根がいつの間
にやらなくなっていて、台風でやられたのかな。仕方がないので
トンネルの中で10分ほど雨やどり。合計距離30.28km、走行時間
1:35:47.9。今回は途中リタイヤすることなく、最後まで走り切りま
した。
                           鉄線



   


この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
立川・恐竜の里
- 2015/05/03(Sun) -
DSC05683 - コピー

勝浦郡勝浦町立川渓谷(たづかわけいこく)にある恐竜の里に
行ってきました。立川渓谷は、勝浦町棚野立川を流れる勝浦川
水系の立川に位置する渓谷で、pilot師匠がロードバイクを始め
た頃、阿南市の自宅から、勝浦町にある立川渓谷・恐竜の里
まで独りでサイクリングにやってきたことがある場所。恐竜を
見に連れて行ってもらいました。

DSC05667 - コピー

ここは、横瀬橋の手前を左へ(川の右岸)を7.4kmほど上流へ。
道が狭いですので、運転に自信のない方は、ロードバイクで
どうぞ。(笑)恐竜の里がある場所では、日本でも最古といわれ
る古生代の地層から化石が多数出ており、近年ではジュラ紀
の恐竜であるイグアノドンの歯の化石が発見されました。近く
には、シルリア紀紅石灰岩などもあります。
                        
                         鉄線



この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ