2015 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 07
手前味噌な写真201 『雨脚』
- 2015/06/30(Tue) -
IMG_0375 - コピー

6月30日。1年のちょうど折り返し日ですね。この半年の罪や
穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈る神事「夏越祓(なご
しのはらえ)」が行われる日でもありますね。京都にいた頃は
この時期、「水無月」という和菓子を買って、食べていました。

あっという間の半年でした。4月以降、特にバタバタと慌ただ
しかったですが、元気で乗り越えることができました
後半の半年も元気で、自分らしい生活が送れますように。

                        鉄線



スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
津乃峰町に架かる虹
- 2015/06/30(Tue) -
IMG_1758.jpg

『津乃峰町に架かる虹』 (2015/06/27・阿南市津乃峰町)

久しぶりの虹。思いのほか、長時間、楽しませてくれました。
何か、良いことあるかな?!
                         鉄線

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
アートな駐輪場
- 2015/06/28(Sun) -
DSC07199.jpg

『アートな駐輪場』 (新町ボードウォーク界隈・2015/06/20)

誰が描いたのか。何を表現しようとしたのか。誰かそばにいたら、
尋ねたいところでしたが、誰もおらず。田舎に限らず、町中も思い
のほか人に出会いません。
                          鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
50年前の日和佐八幡神社秋祭り(町廻り)
- 2015/06/27(Sat) -
IMG_1780.jpg

約50年前の日和佐八幡神社秋祭り(町廻り)の写真。pilot師匠の
アルバムを見せてもらっている時に発見。50年前はお揃いの法被
はなしですが、今と同じくらい活気が感じられますね。貴重な一枚。

                             鉄線

この記事のURL | サコッシュ | CM(0) | ▲ top
ちょっかいをかける
- 2015/06/25(Thu) -
DSC07130.jpg

寝顔。見ているだけで癒されます。が、ついつい、触りまくって起こして
しまいますねー。あちこち触りまくっていると、「やめっ」という目で睨ま
れます。鼻を撫でられるのが一番好きみたいです。

                             鉄線

NCM_0610.jpg

伊勢のお土産、いただきました。シャトーに似ているから、これにして
くれたみたいです。ありがとうございます。

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く42
- 2015/06/23(Tue) -
DSC07332 - コピー

 京都府京都市南区にて(2015/06/21)

今まで撮ってきた路地の中で、最も生活感のある生きた路地。
この辺りはすぐそばに京都駅があり、場所によっては、京都タ
ワーが見えるようなところなんですが、今回、京都の町家を歩
いてみて、(京都も歳を取ったなぁ...)と感じましたね。鉄筋
コンクリートのビルやホテルが聳え立つ中、肩を寄せ合うよう
に、支え合うように建ち並ぶ町家。廃屋も少なくなく、30年前、
京都に感じていたような空気感と明らかに違っています。

                           鉄線



この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
本日、夏至
- 2015/06/22(Mon) -
DSC07341 - コピー

本日、夏至。二十四節気の第10。一年で最も日照時間が長い。
大阪では、夏至~半夏生(夏至から11日め)までの間に、蛸を食べる
習慣があり、稲の根っこが蛸の8本足のように深く広く張って成長する
ことを祈って食べるようです。

写真は京都駅界隈の路地を歩いている時のスナップ。
この後、上七軒に移動し、「くろすけ」というお茶屋さんで食事をしましたが、
その時、蛸煮が半分に切ったほおずきの中に入れられ、出てきました。
びっくりするくらい、やわらかな蛸煮で、季節柄の一品でしょうか。

                             鉄線

DSC07351.jpg





                         
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
本日、京都撮影会
- 2015/06/21(Sun) -
DSC07373.jpg

本日、美協写真部の京都撮影会でした。久しぶりに、金閣寺に行って
みました。その前に金閣寺を訪れたのはいつか、思い出せませんが、
久しぶりなのは間違いなく、やはり、金閣寺は美しい。

                               鉄線

 
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"ICCHORA "の向こう
- 2015/06/21(Sun) -
DSC07230.jpg

新町川が流れる水際公園に「ICCHORA」という大きな石の彫刻。
彫刻家、流 政之さんの作品。町中で不意に好きな彫刻家の作品に
出合うと、テンションが上がります。「ICCHORA」は、瀬戸内寂聴さん
の文化勲章受章の記念として建てられた碑だそうですが、寂聴さんは
子どもの頃、よく新町川で独り遊びをしていたようです。

そんな様子を想わせてくれる一枚を撮りたいと思いましたが、最近は、
子どもを独りで町中に遊びに行かせるなど、とんでもないことなのか、
独りで遊んでいる子どもは通りかからなかったですね。不審者情報が
たびたびメールされてくる昨今。親と遊んでいては、なかなか空想の
翼を大きく拡げていくことは難しいですよね、寂聴さん。

                            鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
ボードウォークのストーム・トルーパー
- 2015/06/20(Sat) -
DSC07167 - コピー

新町ボードウォーク。マルシェのパラソルがこんなふうにたたまれていると、
『スター・ウォーズ』のストーム・トルーパーが整列しているようだ、と思うの
は、私だけかな???
                             鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"ナイスな車庫入れ②"
- 2015/06/20(Sat) -
DSC07192.jpg

『ナイスな車庫入れ②』(ボードウォーク界隈にて・2015/06/20)

新町ボードウォークを歩くと、この青いワーゲンがどうしても気になる。
車庫入れがうまい!うますぎるのだ。今日は駐車場に余裕があった
ようで、横に2台並べて駐車。混み混み縦列駐車が見えなくて残念、と
思いつつ、今日の車庫入れもよ~く見たら、壁際ギリギリ。おぉぉぉ~、
当たっとんちがうん!と思うところでストップ。やっぱり、やるやん、と
1人で感心。私など壁ギリギリに止めたった!と思ても、50㎝は空い
ている...。下記は、2012年9月の時の車庫入れ。

20120910前回

この間、通った時は、あの狭い道路で車の入れ替えをしていた...。
入れ替えは慣れたら大丈夫なのかもしれないが、当てずに止める、
というのは、やはり、ナイスな車庫入れである。車庫入れ大会がある
なら、私、この人、推薦するんだけどな。

                            鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
ケリとレンコン
- 2015/06/18(Thu) -
IMG_1673.jpg

春まだ寒さが残る頃に植え付けられた普通栽培のレンコン。日ましに
大きくなってきました。食用レンコンの生産地、徳島市川内町にある
職場に通うようになり、20年があっという間に過ぎました。

今時分、事務所の窓を開けていると、ヘンなさえずりが聞こえてきます。
もう何年も仕事をしながら「何の鳥?」「どんな鳥?」と思っていたのですが、
最近、その正体がわかりました。ケリ(鳧)という鳥でした。

カモメの姿に似ていて、田んぼカモメ、とも呼ばれているようです。下記は、
ケリの鳴き声。https://www.youtube.com/watch?v=uzdj7fyeS1I 
ようやく、ケリがつきました。(笑)
                              鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
今夜も爆睡ちう
- 2015/06/16(Tue) -
NCM_05611.jpg

シャドーは今宵も隣で爆睡ちう。    

            鉄線

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
津乃峯山は霧の中
- 2015/06/15(Mon) -
IMG_1741.jpg

ただいま午前6時。津乃峯山は霧の中。
今朝は、阿南市から徳島市川内町にある会社までどれくらい
かかるか、試走もかねて走ります。もう少ししたら出ます。

                         鉄線



                             
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
働々のあぢさゐ
- 2015/06/14(Sun) -
IMG_1702.jpg

阿南市椿町を通過する際、少し寄り道をして働々のあぢさゐを見ました。
私は、新野町のあぢさゐ群より、ここのあぢさゐ群のほうが好みかな。

IMG_1693.jpg

小雨が降り、傘を差しての撮影。あぢさゐは雨が似合いますね。

IMG_1701.jpg

働々の田んぼや小道、民家やあぢさゐが持っている雰囲気が
好きなんですよね。今日はしっとり、落ち着いた雰囲気でした。

IMG_1684.jpg

こんな色のあぢさゐがありました。あぢさゐの美しい季節なのに、
新野町と違って、こちらは周囲に人気はなく、貸切状態でした。

会社のあぢさゐもそろそろでしょうか。今年3月に駐車場を増設
した際、そこにあったあぢさゐは処分されるかな、と思っていまし
たが、別の場所に植えかえしてくれました。会社にあるブルーの
ガクアジサイは、裏の借家の独り暮らしのご婦人に元気な時に
いただいたもので、この時期になると思い出します。

 
~主のいない家 物悲しさ漂う~

 裏の借家の独り暮らしのご婦人が病気で亡くなられて間もない。
うちの母親と同世代と知ると、彼岸へ行くにはまだまだ早過ぎると
思わずにはいられない。
 主の居なくなった家の洗濯機や郵便受は生前のままである。玄
関先の狭い空き地にピンクの紫陽花が一輪、色鮮やかに開花して
いるのをご婦人はご存じだっただろうか。プランターの葱は青々とし、
みそ汁や素麺の薬味として刻まれるのを今か今かと待ち侘びている。
二階の窓に掛けられた簾も外されることなく、時折の風にカタカタと
音を発てている。
 今でもご婦人がその家で暮らしているかのような生活感が漂う。
だが、郵便受に無遠慮に投げ込まれたチラシの数々にそんな錯覚
は一瞬にして掻き消される。郵便受から溢れんばかりのチラシを見
ると物悲しく、切ない。
 学生の頃、次、生まれるなら路傍の石がいい、と言った友がいる。
雑多なものに囲まれ暮らしている今、その気持ちが解らなくもない。
これからの時代、裏の家のように「終わっていない光景」に度々出く
わすようになるのかもしれない。終わらせたくても終わらせることが
できない。それが自分のことのようにとても悔しく、また切なく感じる
のである。
             (徳島新聞・「読者の手紙」投稿済・03/6/20)


                            鉄線




この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
"ピクニック"
- 2015/06/12(Fri) -
DSC06584 - コピー

『ピクニック』 (徳島市徳島町城内・2015/05/30)

幼稚園の頃、どこに遠足に行ったかな?あまりにも遠い過去の話で
思い出せない。このリュックの子どもたちは、ザリガニ釣りをして楽し
んでいたが、私はザリガニ釣りはしたことないかな。今時のお母さん
は、どんなお弁当を拵え、持たせているのかな?

                           鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"いりあいに溶ける"
- 2015/06/11(Thu) -
DSC07075 - コピー

『いりあいに溶ける』 (名東郡佐那河内村上大川原・2015/06/10)

一緒に行った母は「日の入りに間に合わなくて残念だった」と言ったが、
私は「ちょっと遅かった」と答えつつ、(私は日の入り後、このくらいの時
間帯が好き)と心の中。
                              鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"いりあい"
- 2015/06/10(Wed) -
DSC07064 - コピー

『いりあい』 (名東郡佐那河内村上大川原・2015/06/10)

会社から戻り、蛍を見に佐那河内村へ。飛ぶには少し明るかったので、
大川原高原まで車を走らせました。大川原に登るのは、半年ぶりかな。
駐車場には誰もおらず、貸切。入相の風景を独り占めでした。山の連な
りも美しいですし、ひとつふたつ...と、街に明かりが点り始めるのも、
蛍の飛び始めに似て、感動ものでした。復路の下りで、兎を5羽、見かけ
ました。あ、お目当ての蛍は行ってみましたが、飛んでなかったです。

                             鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
コウノトリ飛ぶ
- 2015/06/10(Wed) -
IMG_1667.jpg

鳴門市大津町付近を走っていて撮影。大きさ、羽の色からして、おそらく
コウノトリかな。しばらく付近を廻ってみたけれど、巣のある場所には辿り
着かず。残念。徳島に、鳴門に、阿南に...来てくれてありがとう。

                             鉄線


この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
シダと太陽
- 2015/06/09(Tue) -
DSC06955.jpg

トレッキングするようになり、シダが美しい、と思うようになった。シダの葉
ひとつひとつを眺めていると、「神のみわざ」と感じずにはいられない。
山で生まれ育った私は、シダやウラジロは、子どもの頃から見慣れている
植物だが、「神のみわざ」と感じるようになったのは、被写体にするように
なってから。シダの葉をよ~く見ると、虫たちがのんびりと休んでいる。

                          鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
真名井の水で珈琲
- 2015/06/08(Mon) -
NCM_0472.jpg

大麻山は標高538m。山頂には猿田彦大神が祀られているそうで、
交通安全の神様として信仰。大麻山へは、大麻比古神社の奥宮登
山口から山頂までは表参道コースで2㎞。その石段の数は2348段。
どおりで、ふくらはぎが筋肉痛になるわけだ。

DSC06931.jpg

山頂の真下には「真名井の水」が湧き出している。先日、大麻山に
登った際、往路は裏参道を選択。名水を味わいたかったからだ。
空になったペットボトルに「真名井の水」を入れて帰り、翌朝、コーヒ
ーを入れてみた。いつもよりやわらかい口当たりだった、ような気が
する。また登る機会があれば、汲んで帰りたいと思う。

                                鉄線

この記事のURL | サコッシュ | CM(0) | ▲ top
梅雨空に立つ
- 2015/06/08(Mon) -
IMG_8429 - コピー

『梅雨空に立つ』 (阿南市新野町・2015/06/07)

昨日、少し回り道をして、新野町の線路沿いのあじさいを
見てきました。あじさいで有名なポイントです。あじさいを
見に行ったものの、不動明王が気になり、一枚。

                       鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
大麻山②
- 2015/06/07(Sun) -
DSC06878.jpg

3日に梅雨入り。晴れの日は家に居ては勿体ない。ということで、
昨日は鳴門市の大麻山へトレッキング。写真は、大麻比古神社。

DSC06888.jpg

木洩れ日の美しい中を歩いて行きます。この道の先に「階段地獄」
が待っています。

DSC06903.jpg

第二見晴台。気持ちのいい青空風景を見たいから、トレッキングして
いる、と言っても過言ではないかな。森や林の間から、抜けるような
青空。しあわせを実感する瞬間。小さな小さなしあわせですが...。

DSC06905.jpg

今回は、真名井の水に寄って、裏参道を登って行ことにします。

DSC06918.jpg

大麻山には、いくつも登山道があります。「こっちかな?」「こっち
かも?」と言いながら進んで行きます。道案内がありすぎるのも
うるさいですが、なさすぎても慣れない道は不安になります。
この道は、どっちへ行こうか?

IMG_0035.jpg

昨日は暑かったので、半袖。相変わらず、「青」のチョイスが多い。

DSC06963.jpg

前を歩くpilot師匠の「ヘビ!」という声。よく見てみると、マムシで
ある。30~40㎝くらいの大きさで、バイクに乗っててマムシに遭遇
したこと(バイクで踏んだ)は、かつてありましたが、トレッキングで
マムシに遭遇したのは初めて。子供の頃からマムシは見慣れてい
ますが、やはり、毒を持っているので目の当たりにすると緊張します。

DSC06992.jpg

マムシをクリアして、頂上を目指します。大麻山の裏参道。なかなか
コース的にはいいですね。木洩れ日が美しいです。風も心地よい。

DSC07001.jpg

頂上到着。鼻の下にひげを生やした猫が出迎えてくれました。
おつかれさまだにゃー。(ほんまか!)

DSC07003.jpg

帰りは、表参道を下り、そのせいか、本日、ふくらはぎが筋肉痛。
大麻山のトレッキングは、階段が多くて、普段使用している筋肉
と異なるのか、脚にきますねー。景色がいいと思われる77番鉄
塔に行く時間が取れなかったので、また登りたいと思っています。

                          鉄線

img_5_m0604.png





この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
尾長鶏生成箱
- 2015/06/05(Fri) -
DSC06689.jpg

尾長鶏のセンターに入って、この水色の箱を見た時は衝撃的でしたね...。
尾長鶏生成箱とでも呼びましょうか。実際は何て呼ばれている箱なのか
しりませんが、長くて美しい尾っぽを作り上げるために、鶏が箱の中で
動けないように固定されています。今、向いてる方向にしか向けません。
長くて美しい尾っぽのためとはいえ、苦しいでしょうね...。

                               鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
"forest"
- 2015/06/04(Thu) -
IMG_1541.jpg

"forest" (那賀郡那賀町横石・2015/05/23)

タイトルをforestにしたら、George Winstonという名前が浮かんできました。
学生の頃、よく聞いていました。George Winston。
https://www.youtube.com/watch?v=y7VyP4sZOkE

                          鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
やんちゃ坊主
- 2015/06/04(Thu) -
NCM_0460.jpg

やんちゃ坊主。寝ている時がホッとする。
今朝は、私が寝ている足元で寝ていました。

                  鉄線

  
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
"薔薇とVespa"
- 2015/06/03(Wed) -
DSC065901.jpg

『薔薇とVespa』 (徳島市徳島町城内・2015/05/30)

Vespaといえば、映画 『ローマの休日』。グレゴリー・ペック演じる新聞記者と
オードリー・ヘプバーンが演じるアン王女が、ローマ市内をVespaに2人乗り
するシーンがありました。最初のVespaは1946年に登場したそうですが、この
Vespaは、何年製でしょうか。今も現役のこのVespa。大事に乗ってはるのが
伝わってきます。薔薇の赤とVespaの黄。明るいビビッドな色調のビタミンカラ
ー。こうして眺めているだけでエナジーをもらいます!

                               鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
土佐の刃物・万能包丁
- 2015/06/02(Tue) -
DSC06844.jpg

今、使用している包丁の切れ味が悪いので、先日、香美市土佐山田町を
訪れた際、万能包丁を1本買ってもらいました。恐ろしくよく切れる包丁で、
今まで使っていた包丁は何だったのかな、って。(笑)手を切らないように
末永く使っていきたいと思っています。
                               鉄線


この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | ▲ top
鍾乳洞を歩く
- 2015/06/02(Tue) -
DSC06727 - コピ--

『鍾乳洞を歩く』 (高知県香美市土佐山田町逆川・2015/05/31)

龍河洞。小学校の低学年だったか、両親に連れてきてもらって
以来、訪れていなかったので再訪。子どもの頃見た「神の壷」が
ずっと頭に残っていて、形が変わっていたり、色が変わっていた
りするかな?と思いながら歩きました。コースの最後のほうに気
になる壷がありましたが、コウモリが洞内を飛んでおり、そっちの
ほうが気になりました。(笑)鍾乳洞の中は記憶以上に狭く、私が
大きくなったから?そう感じたのかもしれません。カニのように横
歩きや、農作業する時みたいに腰を曲げてのくぐり抜けもありま
した。当日、外は30℃近く。中はびっくりするほどひんやりで涼し
かったですが、腰痛持ちには酷な空間でした。

                           鉄線   

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
シャドー、お構いなし
- 2015/06/01(Mon) -
NCM_0449.jpg

最近ではお構いなしに、私の布団の中に入ってきて爆睡。
おいおい。昨日、青い首輪、付けたりました。ねこばか一
直線、と自分でも思います。(笑)
                        鉄線


この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ