"「Sacrifice」から学ぶ"
- 2016/06/28(Tue) -
IMG_2461花

~「Sacrifice」から学ぶ~

  黒い背景に浮かび上がる餓死した牛の頭骨に生けられた咲き始め
の山茶花。頭骨の白と山茶花の赤が心に強烈な印象を与える。牛の
眼窩(がんか)は何かもの言いたげであり、頭骨の割れ目に立てられた
山茶花は、収まらぬ恨みや口惜しさをなだめ、鎮めようとする瀉血(しゃ
けつ)のようである。山茶花の赤に牛が流したと思われる血の涙を重ね
るのは、私だけであろうか。

  この写真は「Sacrifice」という本に収録されており、華道家・片桐功敦
氏の作品である。東日本大震災から二年後の九月、片桐氏は福島県
南相馬市に降り立った。月に一、二週間のペースで大阪から通い、その
後、仮設住宅の一室に住居を構えて七ヶ月間、花を探しては手折り、生
け続けた記録である。花と器は全て土地に在るものを使い、何も持ち込
まず、何も持ち出さなかった、と言う。

  片桐氏の作品が持つ独特の感性や余情に、私の心は惹かれ続ける。
行き場のない夥しい数の声を花に託し、次へと繋いでゆく。花は思いの
ほか逞しい。そのエナジーは改めて生きることを教えてくれる。南相馬
での記録であるが、決してそれだけではない。人間のいとなみはこれか
らも続き、そこに余情が見えた時、未来へと続く新しい一歩が始まる。(了)

                               鉄線



スポンサーサイト
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
「波の詩」がある風景
- 2016/06/27(Mon) -
IMG_2766かもだ

阿南市・かもだ岬にある彫刻、「波の詩」。(作者;大津文昭氏)
山ばかり行ってると、海が見たくなります。
YAMA SAKIMORIも良いですが、この波の詩もほっこりして
いい彫刻。昨日もカップルがたくさん訪れ、ここで記念写真を
撮っていました。
                            鉄線




この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
働働で出あったわんこ♫
- 2016/06/26(Sun) -
IMG_2819野良

阿南市の働働を通りかかった時、この野良犬と目が合った。
(いいとこで会った!)という顔をした、ように見えた。「なにか
たべさせて~」と、恐る恐る近づいてきた。車のそばから離れ
ない。よほど、腹が減っていたのだろう。あいにく、SOYJOY
しか持っておらず、少しずつ小分けして与えてみた。好みの
食べものではなかったのだろう。ガツガツといった感じでは
なかった。背に腹はかえられぬ、といった食べ方だったが、
残さず完食。わんこよ、量が少ないわぃ、と思っているかも
しれないが、後で満腹になってくるからな。

                        鉄線



この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真210 『こんぺいとうあぢさゐ』
- 2016/06/26(Sun) -
IMG_2665 - コピー

『こんぺいとうあぢさゐ』 (徳島県勝浦郡上勝町・2016/06/25)

昨夕、雨の中、大川原高原まで。ここのあぢさゐはブルー。
大空からこんぺいとうを振りまいたような数のあぢさゐ。
この道と、あぢさゐと、雨。好きなものが三拍子揃いました。
 
                         鉄線


この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
Tessen's World 『寄り添う』
- 2016/06/25(Sat) -
IMG_2483寄添

那賀川北岸堰。銀杏の木陰で夫婦が寄り添うように映る。
このしなやかさは何だろう。眺めていると心の中にも風が
そよぎ始める。山川草木悉有仏性。
                          鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
夏木立
- 2016/06/24(Fri) -
IMG_2554夏木立

春からこっち、淡く柔らかだった山の緑が濃厚になって
きました。この下りは、鶴峠から勝浦側に下りるルート。
夏木立をくぐり抜け、降り注ぐ日射しが心地よかったな。

木は本当に魅力的で、久しぶりに『神山のビーナス』に
会いに行きたくなりました。『神山のビーナス』は、個人的
に名付け、呼んでいるムクノキ。↓

CAI1052Yビーナス

スタイル抜群のビーナスで、その足元には、一輪の白い
あぢさゐが咲いており、7月に入ったら出かけてみようと
思います。写真は、2010年、初めて出あった時のもの。
 
                      鉄線





この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
山の日は6月に
- 2016/06/23(Thu) -
DSC07543kumo.jpg

気がつけば、6月も23日。今年から祝日入りした山の日。個人的
には今月辺りにポンと入れて欲しかったなぁ~。今時分は「体調を
崩した」という声を度々耳にします。降ったり止んだり、晴れたり
曇ったり...体調を崩しやすい時期でもあるのでしょう。山の日
は6月に持ってきて欲しかったと、山の日をカレンダーの中に発見
した時、思いましたが、8月の山の日は山の日でそのまま置いとい
て、祝日のない6月に、あぢさゐを愛でる花の日とか、水無月を食
する和菓子の日とか、とにかく6月にも祝日を作って欲しいもので
すね。

3月決算から6月の株主総会までずっと走ってきましたが、総会も
終わり、申請中の役員登記が完了したら気分的に少し楽になるかな。

                          鉄線




この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
内妻で出くわした百日草
- 2016/06/22(Wed) -
DSC03158百日草

内妻で出くわした百日草。
あぢさゐがたくさん咲いているのに、私は不意に
百日草と出くわし、それからは百日草が気になって
気になって仕方がなかった。垢抜けないが、眺めて
いると癒やされる。
                     鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
情報の多い店
- 2016/06/22(Wed) -
DSC08818.jpg

『情報の多い店』 (岡山県倉敷市・2015/09/22)

この店の店主と会って、話がしてみたい、と思いながらの1枚。
話し言葉も後から後から止めどなく、といった話し方をされる人
なのだろうか。

韓国語を習い始めて半年も経たない頃、韓国に行きたくなり、
ソウルへ。一日フリータイムがあり、ガイドも雇わず、独りで
ソウルの町を歩く、歩く。何処を見てもハングル文字で、異国
の気疲れもあり、町歩きの後半、途中からハングル文字の
シャワーにひどくげんなりしてきたのを、写真を撮りながらふと
思い出した。
                         鉄線




この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
本日、夏至(平成28年)
- 2016/06/21(Tue) -
DSC03174nasu.jpg

本日、夏至。二十四節気の第10番め。北半球では、一年のうちで
最も昼の時間が長い日なんですが、梅雨前線の影響で、昨日から
局地的な大雨に見舞われているところもあり、猛烈な雨の夏至。
嬉しくありませんね...。熊本県ではこの雨による被害も出ている
ようです。数年に一度、数十年に一度。ニュースに映し出される屋
根のブルーシートに胸が痛みます。この雨は、これから近畿~関東
にかけても局地的に猛烈な雨のおそれがあるということで、皆さん、
どうぞお気を付けていってらっしゃい。私も出勤まであと15分。

                             鉄線

 
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
継続は力なり
- 2016/06/20(Mon) -
IMG_2517pilot.jpg

一昨日の鶴峠、ダンシング。峠までは追い風に押され、
気持ちよさそうに走ってましたが、峠に入った途端、暑さ
と湿気にやられヘロヘロ。軽快なダンシングも、少し重た
そうでしたね...。

鶴峠から戻り、6月末締め切りの原稿をポストに投函し
に行きました。家から少し離れていますが、験の良い、
と感じているポスト。「健闘を祈る!」と言いながら投函。
(神頼みかい!)とも思いながら...。

この日、何事も継続は力なりやなぁ~という話を二人で
しました。ある程度のレベルに達するまでは継続するこ
とが大切。それからは持って生まれてきたものを磨く領
域に入ってゆくのでしょう。
                        鉄線


この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
それでも花は咲くシリーズ⑯ "あぢさゐ"
- 2016/06/19(Sun) -
DSC03140uchi.jpg

Tessen's World
それでも花は咲くシリーズ⑯ "あぢさゐ"
 
雨が降っていたので、牟岐町内妻のあぢさゐロードに出かけた。
これを撮りたくて行った。2011年6月から撮り続けている1枚。

                         鉄線

                     
この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
オボロヅキとウチワサボテン
- 2016/06/18(Sat) -
IMG_2572サボテン

オボロヅキとウチワサボテン。
鶴峠からの復路、民家の石垣に咲くサボテンの黄が目に
留まりました。どちらも実家の風呂場の石垣にあったもの。
今でもあります。廃屋同然、40年近く放ったらかしなのに
枯れることがなく、オボロヅキを見ると、実家で過ごした子
どもの頃を思い出します。それにしてもサボテン。憎らしい
ほど愛らしい花を咲かせます。
                          鉄線

  
この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
遍路転がし・鶴峠ヒルクライム
- 2016/06/18(Sat) -
IMG_2492p.jpg

お四国さんには「遍路転がし」と呼ばれる急峻な山道があり、徳島県
では、12番・焼山寺700m、20番・鶴林寺500m、21番・太龍寺520m
となっています。今日は、鶴林寺までの上りをヒルクライム。最初は
余裕だった師匠も...。

IMG_2511p.jpg

結婚してからなかなか時間が取れず、走り込めていない
ため、脚がうまく回らない、と言いながら上っていきました。

IMG_2527p.jpg

鶴峠、ジムニーで上っていても急峻で、おまけに今日は
蒸し暑い。師匠もだんだん無口になります。

IMG_2543p.jpg

なかなかこういう恰好はしないのですが、よほど堪えたのでしょう。
もう少し走る時間があるといいのですが...。なかなか大川原に
上るようになりませんね。
                             鉄線

IMG_2525p.jpg



 
この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
シゼンのカケラ/片桐功敦
- 2016/06/18(Sat) -
DSC03128kakera.jpg

華道家・片桐功敦さんの『シゼンのカケラ』

ケータイカメラと花鋏だけを持ち、大阪で歩きながら出あった草花
や果物を用い、即興で作品を制作し、カメラで撮る。なんでもない
日常の中にも刹那の美しさを見いだす達人のフォトエッセイ集。

カフェショコにまた一冊。『Sacrifice』とともに、ずっと本棚に置いて
おきたい本。 朝から、コーヒーを飲みながら、読んでいます。

                        鉄線

この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | ▲ top
霧の中の鳥たち
- 2016/06/17(Fri) -
IMG_2363bird.jpg

徳島市の野外彫刻展で展示されていた彫刻が、この
公園にはたくさん展示されている。なくなったのもある
から、入れ替わっているのかな?彫刻には惹かれる。
10年後、木を彫っていたりするかもしれない。

                       鉄線

この記事のURL | 写真、彫刻、絵画など | CM(0) | ▲ top
サーカスがやってきた!
- 2016/06/16(Thu) -
IMG_1302 - コピー

家の近所にサーカスがやってきました。(阿南市那賀川町・道の駅
公方の郷なかがわ斜向かい) ハッピードリームサーカスは、平成
28年8月15日まで開催中。久しぶりにサーカスはいかがですか?

                            鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つゆぞら
- 2016/06/16(Thu) -
DSC_1270梅雨空

昨日、会社からの帰り。朝から晴れていたのですが、急に黒雲が。
干してきた洗濯物(足拭きマット)が気になり...。ギリギリセーフ。
梅雨らしい天気が続いています。カエルが家に遊びに来るように
なりました。去年の今頃は、引越の準備に取りかかろうとしていた
頃かな。
                            鉄線

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
YAMA SAKIMORIとバードウォッチング
- 2016/06/15(Wed) -
DSC02965.jpg

YAMA SAKIMORIとバードウォッチング
(太竜寺山にて。那賀町中山道・2016/05/14)

この時、君は何の鳥を撮っていたのだろう?
うまく撮れただろうか?
                   鉄線



    
この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
螺旋階段
- 2016/06/14(Tue) -
IMG_1292らせん

会社屋上の螺旋階段。このたび、空調設備機器を
新しくしまして、屋上まで見学に行った際に一枚。
錆びていたこの螺旋階段もペンキが塗り直されて
きれいになっていました。その日は上天気で、影が
主役。
                      鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
咲く花、散る花
- 2016/06/13(Mon) -
IMG_2353五月

『咲く花、散る花』 (徳島県那賀郡那賀町・2016/06/05)

咲く花があれば、散る花もあり...。
梅雨らしい天気が続いています。今日は一日、雨かと
思っていましたが、昼から晴れました。
そろそろ、大川原高原のあぢさゐも見頃でしょうかね?

                      鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
살아도 꿈인 것처럼/김재중 
- 2016/06/12(Sun) -
IMG_2393芭蕉

韓国音楽を聴いていると、その奥に雨を感じます。
韓国音楽に潜む、この「見えない雨」が肌に合い、
もう10年以上、聴き続けています。
                       鉄線


살아도 꿈인 것처럼/김재중 
 生きていても夢のように/キム・ジュジュン
https://www.youtube.com/watch?v=UMmzpVvs-_o

내가 기억해 너무 사랑했던
나의 여자라는 걸 기억해 너만큼은
시간이 지나도 너의 숨결이 남아 널 간직하고
마치 나의 품에 안겨 있는 것처럼

꿈일지도 몰라 너에게 줬던 얕은 사청가
내게 주는 깊은 벌일지도 몰라
미안해서 한참을 울어요

알 수 없는 곳에 마치 또 다른 세상에 있어
날 추억에 버렸나요
옆에 있어도 넌 내게 없는 것처럼


니가 없는 곳에 더는 머물러 있을 수 없어
다른 사람마저 사랑하는 니가
미워질까 한참을 울어요

알 수 없는 곳에 마치 또 다른 세상에 있어
다른 사랑을 하나요
내가 없어도 넌 행복해질 것처럼

어떤 공간에 있더라도 내겐 너 하나죠모두 변해도
너에게 떠나나 네게 없어도 지금처럼 웃을 수 있나요
이대론 살아도 난 살아 있지 않는 것처럼
알 수 없어 너와

https://www.youtube.com/watch?v=UMmzpVvs-_o



この記事のURL | 音楽・詩 | CM(0) | ▲ top
こんぺいとうあぢさゐ
- 2016/06/07(Tue) -
IMG_2328田

芒種の頃、あぢさゐに囲まれながら野良仕事にいそしむ人あり。
あぢさゐは、こんぺいとうに見える距離から見るのが何より。

                          鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"森に咲くあぢさゐ"
- 2016/06/06(Mon) -
IMG_2370あじさい

『森に咲くあぢさゐ』 (徳島県那賀郡那賀町・2016/06/05)

何色のあぢさゐが好きかと聞かれたら、この色の
あぢさゐだと答えるだろう。
あぢさゐは、雨降る中が美しい。美しいだけでなく、
ここに生きるあぢさゐは逞しい。
物言わぬあぢさゐ。ただ、人の言葉を話さないだけ。

                     鉄線




この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
"侘びる郵便受"
- 2016/06/05(Sun) -
IMG_2326post.jpg

『侘びる郵便受』 (徳島県阿南市椿町・2016/06/04)

視線を感じて振り返ると、青い郵便受。現役の頃は鮮明
な赤だったのでしょう。務めを終えた郵便受は侘びながら
余生を送る。
                       鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
向川、あぢさゐ一輪
- 2016/06/04(Sat) -
IMG_2330あじさい1

向川という小さな川のほとりに咲くあぢさゐ一輪。
生い茂る雑草に埋もれながらも、懸命に首を伸ばし、
咲いているように見えた。
懸命のご褒美は、雨。
四国地方、本日梅雨入り。
                       鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
大原治雄写真集 『ブラジルの光、家族の風景』
- 2016/06/04(Sat) -
DSC03121大原

先日、訪れた"大原治雄写真展"で購入した写真集。

日曜美術館で初めて大原治雄さんの写真を観た時、(植田正治の
香りがする...)と感じていたが、高知県立美術館・学芸課の影山
チーフもこの図録の中で「植田正治のイメージを重ねてしまうのは、
私だけではないだろう。」と記されていた。

2009年秋、写真を習い始めた頃、演出写真を撮らされるのが嫌で
嫌で仕方がなかった。そこに自分の意図、思い入れが存在しない
から嫌悪感を抱いたのだろう。写真だけでなく、狙いの甘いものは
観る側、読む側に伝わらない。「美しい」だけでは、物足りないので
ある。

植田正治さんや大原治雄さんの演出写真には大いに惹かれる。
植田正治さんや大原治雄さんの写真を眺めていると、書く作業と
全然変わらない、と感じる。如何に作品の奥に己れの心を潜ませ
ることができるか、である。

写真ではないが、華道家・片桐巧敦さんの作品にも心が潜められ
ており、その独特の感性には心を奪われる。作品が持つ余情には、
いつも足を止められ、素通りできないのだ。

余情とは見えないものであり、感じ取るものであるが、私もそういう
ものを書いていきたい。
                               鉄線


この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | ▲ top
鬼海弘雄写真集 『Tokyo View』
- 2016/06/02(Thu) -
DSC03054kikai.jpg

鬼海弘雄写真集 Tokyo View
鬼海さんが、ハッセルブラッドで40年以上にわたって撮り続けて
きた東京の街角写真が120点ほど掲載されています。800部限定
の写真集。かぜたび舎から最初、販売案内がアップされてきた時、
「観たい!」「欲しい!」と思ったが、高い!
それから3ヶ月。やはり、観たい、欲しいという気持ちが収まらず、
購入。http://www.kazetabi.jp/
                         鉄線

この記事のURL | カフェショコ | CM(0) | ▲ top
青空と干し草ロール
- 2016/06/01(Wed) -
DSC09393わら

青空と干し草ロール (2015/10/25・阿南市那賀川町那賀川河川敷)

今日から6月。アジサイも咲き出しました。そろそろ梅雨入り、かな。
6月は、3月からの決算に絡む仕事がようやく終わり、毎年疲れが
出やすい時期。疲れてくると、弱い部分にあちこち不具合が現れて
きますね。昨日も親友からのメールに「忙しすぎて腰痛が酷い...」
と書かれていました。これからじめじめした時期になります。皆さまも
体調を崩さぬよう、お気を付けください。来週はいよいよ株主総会。
もうひとがんばり、です。
                             鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
| メイン |