2016 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016 11
中島寸景
- 2016/10/31(Mon) -
DSC_1537nakashima.jpg

昨昼は、上勝町にある観月茶屋までキノコそば、すだち鶏天を
食べに行きました。紅葉は今ひとつだったので、食べた後、神
山町まで戻り、温泉に入って帰りました。温泉も段が多くて、母
と一緒に入るのは、毎回、ヒヤヒヤです。

母を家まで送った後、私たちも1週間分の食材を買い、阿南市
まで戻ってきました。午後4時。1時間、走ったり、歩いたり...
できそうなので、師匠はロードバイクで、私は徒歩で那賀川沿い
へ。バタバタしている間に季節は確実に変わっています。

                           鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
再び転院
- 2016/10/30(Sun) -
_20161029_150802fukuta.jpg

10月7日に転院したばかりなのに、23日間で追い出され、次の
転院先へ。1ヶ月は置いてくれると思っていたので慌てた!!
受け入れの時から迷惑そうで、個人的にも、もうこの病院は行
くことないかな。

新しい転院先の医者、看護師、スタッフの対応はすばらしく、9
月に両親が入院してから初めての満足感。医者、病院も色々。
移動、手続き...半日がかりで疲れましたが、転院してよかっ
たと感じています。父にはリハビリをがんばってもらわないと。

                            鉄線
 
この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
徳島ビジネスチャレンジメッセ2日め
- 2016/10/28(Fri) -
DSC_1515メッセ

徳島ビジネスチャレンジメッセ2日め。あいにくの雨。
明日は、父の転院。
                        鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
今年も徳島ビジネスチャレンジメッセ
- 2016/10/27(Thu) -
DSC_1514メッセ

今年も徳島ビジネスチャレンジメッセのお仕事でアスティへ。
今日は秋晴れの爽やかな一日でしたが、明日は雨の予報。
明日もアスティ。この白鳥?ちゃんとこうして会うのも一年で
メッセの時だけかな。この鳥を見ると、アスティ、と思ってしま
います。
                         鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
紅葉見に瓶ヶ森へ
- 2016/10/23(Sun) -
IMG_4761瓶

紅葉の山へ行きたくなり、愛媛県西条市にある瓶ヶ森まで行って
来ました。折角の瓶ヶ森ドライブ。母を誘っての出発となりました。
生憎の小雨。瓶ヶ森は雲の中というか霧の中というか真っ白でした。
(師匠、遠路運転、お疲れさまでした。連日、どうもありがと)


IMG_4777瓶

それでも、紅葉の状態は良く、来週あたりが最高なのではないでしょ
うか。写真は一瞬、姿を見せた時のもの。ほとんど真っ白の自念子
ノ頭でしたが、母は喜んでくれ、よかったです。この景色を見ながら
3人で、車内で昼食。のり弁当とみそ汁。また機会があれば...。

                             鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
霜降の朝
- 2016/10/23(Sun) -
IMG_2945霜降

霜降の朝。霜降は、二十四節気の第18。朝夕が冷え込み、霜が
降り始める頃。実りの秋を喜ぶとともに、冬の訪れを感じる季節。
この写真を撮ってから1時間後くらいですが、空は青空なんです
が、今日は風が強いですね。私の部屋の外に植林されている木
もいつの間にやら黄葉しています。さてさて、何の木なんでしょう。

                           鉄線

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
ベッセルおおちへ
- 2016/10/22(Sat) -
DSC_1512べっせる

今日は、東かがわ市にあるベッセルおおちまで母を連れて行って
きました。足腰の悪い母。家のお風呂が加齢とともに次第次第に
使いづらくなり、なかなかゆっくり湯船に漬かれないので、休みの
たび、温泉に連れて行っております。温泉に漬かってあたためると、
足腰もとても楽なようです。

お風呂の後は、ベッセルおおち内のお食事処でランチ。帰りの車
の中ではウトウトと気持ちよさそうに寝ておりました。リラックスで
きたようで、こういう姿を見ると、連れて行ってよかったな、って。
ベッセルおおちのお湯は、湯冷めしにくくてよかったなぁ~。

                            鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
ブログは下火?
- 2016/10/21(Fri) -
DSC09382近所

このブログを始めたのは、確か2008年2月。猫も杓子もブログを
始めた頃ではなかったでしょうか。4~5年前からfacebookが使わ
れ出し、それ以降、ブログは下火になっている気がします。お気に
入りのブログを拝見しに行っても、「スポンサーサイト」の画面が増
えたこと、増えたこと。私自身も、以前のようにまめにアップしなくな
った、できなくなった、にも係わらず、日々たくさんの方々にご来店
をいただき、とてもありがたく感じています。個人的には、facebook
よりブログのほうが好きなんですね。ブログ・TEAM SACOCHEの
ほうはやめてしまいましたが、ブログ・TESSEN'S CAFÉのほうは、
これからも続けていきたいと思っています。TESSEN'S CAFÉを始
めたことで、いろんな出会い、すばらしい出会いがありましたからね。

                            鉄線



この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
懐かしい感覚
- 2016/10/20(Thu) -
DSC00467みぎした

道路に座り込んでローアングルで写真を撮っていたのが、ずっと
昔のことのように感じ、懐かしく思ってしまいます。写真は、去年
の四国の右下ロードライド。この間、あまりのご無沙汰に、このカ
メラのある操作をど忘れしてしまい、苦笑い。元々、機械もんが
得意でないこともあり、いつも使っていないと忘れますね。(笑)

                           鉄線


この記事のURL | 自転車、パラグライダー、スポーツ全般 | CM(0) | ▲ top
秋到来、遅し?!
- 2016/10/19(Wed) -
IMG_9150秋

去年より秋の到来が遅れているようです。去年の今時分は午前3時
起床で、pilot師匠と紅葉美しい棧敷峠、落合峠、見ノ越をロードバイ
クで走っていました。私はサポートカーで同行ですが。棧敷峠では
偶然、ま~し~さんと出会い、楽しいひとときを過ごしました。
http://tessen413.blog118.fc2.com/blog-entry-4227.html

バタバタしており、師匠も一昨日くらいから退社後、走り始めました。
今秋も紅葉サイクリングに行きたいところですが、せめて、紅葉狩り
には行けたらな、と思います。来月は那賀川センチュリーラン。今から
少しずつ走り込んで、晩秋の那賀奥を気持ちよく走ってほしいなぁ。

                             鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
玉虫と出あう!
- 2016/10/18(Tue) -
IMG_2348たまむし

約1ヶ月前、津乃峯山をトレッキング中、玉虫と出あいました。
子どもの頃はよく見かけましたが、最近は滅多に見かけません。

それと、最近は、アサギマダラが飛んでいるのをよく見かけます。
ひらひらと、ゆるやかに。飛び方が見慣れている蝶とは異なる
ため、すぐわかります。
                            鉄線


この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
柚子の頃
- 2016/10/17(Mon) -
IMG_4744ユズ

昨日、母を那賀町の実家まで乗せて帰りました。知っている限り、
もう1ヶ月半はふるさとに帰っていない。ふるさとには、親戚も友人
もいるし、家のことも気になっているだろうと思い、「那賀町のほう
に行くけど、行く?」と言うと、「行く!」とすぐさま返ってきたため、
師匠に車を出してもらい、3人で那賀町へ。山の紅葉はまだまだ
ですが、畑の柚子は色づき始めていました。来月はこの柚子を
収穫して、搾って、瓶につめる...作業が待っています。なかな
か自分のこと、自分たちのことをする時間が取れなくて、また気
持ちにもなれなくて、日々ただ流されているような状態です。

今日は、父の要介護認定調査です。ケアマネージャーに立ち会
ってほしいと言われているので、母をピックアップして病院に行き
ます。朝から大雨、洪水警報発令中。冠水していないといいけど。
ただ会社に通うだけなら、阿南-徳島の片道約30㎞はほとんど
気になりませんでしたが、親の介護がそこに絡んでくると、この
距離が苦痛になってきます。
                          鉄線


この記事のURL | "田舎の風景" | CM(0) | ▲ top
"傘寿を目前に実父母の試練"
- 2016/10/15(Sat) -
IMG_2716那賀川

~ 傘寿を目前に実父母の試練 ~
 
 一ヶ月余り前、徳島市内の実家の母が脳梗塞で緊急入院した。
その翌日、会社帰りの私が実家の父を見に立ち寄ると、玄関先で
脱力して倒れていた。トイレに行こうとしてバランスを崩し、自力で
は起き上がれず、もがいているところに私が現れたようである。

 父は熱と吐き気があり、起こそうにも重たすぎて起こせない。具合
がかなり悪そうなので救急車を呼んだ。そして、前日、母が入院した
病院へ父も緊急入院することになった。二人とも傘寿を目の前にし
ての出来事であった。

 一瞬のうちに淡々とした日常が失われた。仕事しながら早朝、夕
方の病院通いは想像以上に大変だった。先のことをあれこれ考え、
心はここにあらず、思考は停止したようになり、仕事は捗らなかった。
ぼんやりしており、一週間に二度も交通違反キップを切られた。泣き
っ面に蜂とはこのことである。

 母は幸いにも症状が軽く、一ヶ月ほどで退院。加齢で足腰は悪い
ものの、実家で独り、気丈に暮らしている。そこで休日、母を連れて
上勝町の月ヶ谷温泉に行ってきた。温泉に漬かった後、食事をして、
久しぶりに穏やかで楽しい時間を過ごした。父はまだ入院しているが、
母のように元気で退院してもらいたい、と強く願っている。(了)

                            鉄線

(※2016/10/15・徳島新聞「読者の手紙」に掲載済)   



この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
午後、津乃峯トレッキング
- 2016/10/10(Mon) -
DSC_1501つ

午前中、両親のところで用事を済ませた後、今日は体育の日。
最近、両親にかかりきりで運動がほとんどできていないので、
午後2時過ぎから津乃峯山へトレッキング。

DSC_1502つ

境内からの景色が今ひとつ。もう少し雑木を切り込んでくれたら
写真を撮ってるあたりから、橘湾の素晴らしい眺めが拝めるの
ですが...。

つ

今回の連休は、父の転院でバタバタしました。少し動きがあると
いろんなことが絡んでくるので、時間を取られますね。退院した
母を昨日、温泉に連れて行ってやれたのが、この連休では一番
よかったことかな。
                           鉄線



この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
月ヶ谷温泉へ
- 2016/10/10(Mon) -
DSC03514zg.jpg

pilot師匠の提案で、昨日は上勝町の月ヶ谷温泉へ。母も私も
久しぶりの温泉。母の頭や体を洗ってやり、お風呂の後は1階
のレストランで食事。

DSC03516zg.jpg

アメゴ寿司やアメゴの焼き魚、マスやこんにゃくの刺身、そば米
汁をいただきながら、穏やかな時間を過ごしました。久しぶりに、
よい時間でした。また行こう!
                           鉄線
   
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
寒露・蓮の葉
- 2016/10/08(Sat) -
_20161008_203859.jpg

今時分の蓮の葉。破れつつ、絡みつつ、倒れつつ...
でも、とてもたくましい。
                       鉄線

この記事のURL | 撮影 | ▲ top
本日、寒露と日和佐八幡神社の秋祭り
- 2016/10/08(Sat) -
DSC_1495寒露

本日、寒露と日和佐八幡神社の秋祭り。
寒露。二十四節気の第17。露が冷気によって凍りそうになる頃
と言われていますが、今日は暑かったですね~。
今日から美波町では、日和佐八幡神社の秋祭りも始まっていま
すね。書いたり、撮ったり...いつでもできると思っていましたが、
いつでもできないことがわかりました。気持ちも今はそんな気に
ならなくて。徳島に行った帰り、師匠と散歩に行ってきました。
合図花火があちこちで鳴っていました。世の中は賑やかな秋祭り
の頃。
                            鉄線

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | ▲ top
本日転院
- 2016/10/07(Fri) -
DSC_1488転院

10月1日の母の退院に続き、本日7日、父がリハビリのため、
実家近くの病院へ転院することになりました。入院1ヶ月後の
転院。ほぼ毎日通い続け、長かった...。

今日は師匠も私も休暇を取り、転院に付き添います。師匠には
ほんまに感謝です。母が退院してからは、実家のほうに那賀町
の姪や近所の人たちがお惣菜を持ってきてくれるらしく、遠くの
何とかより近くの親戚、知り合い、だなぁ~。その優しさ、思いや
りがとても身に沁みます。ありがとうございます。

さぁ、もう少ししたら実家に向かいます。母をピックアップして、
市民病院へ。本当に大変な1ヶ月でした。これからも色々とある
と思いますが。では、いってきます。

                          鉄線

この記事のURL | テッセン・デイサービス | ▲ top
空燃える
- 2016/10/05(Wed) -
IMG_2941燃える

自宅からの夕焼け。ソーラーパネルに映る燃えるような夕焼けが
印象的でした。台風18号が接近中です。もうすぐ出勤という頃に
なり、雨が降り出しました。雨、風ともお手柔らかにお願いします。
皆さまもどうぞお気を付けて。
                          鉄線

この記事のURL | 撮影 | ▲ top
『日常を慈しむ』(第17回とくしま随筆大賞・投稿作品)
- 2016/10/02(Sun) -
DSC03426日々

今日は「県展の審査」ですね。今年の写真の審査は三好和義さん
のようです。何年か前に審査に来られた際には『蒼風』という組写真
で入選をいただきました。今となっては、懐かしいです。この写真は
今も実家の自室に掛けられています。

下記は、今年のとくしま随筆大賞への投稿作品。まもなくやってくる
であろう両親の入院を暗示していたような内容となりました。坦々と
平穏な毎日が繰り返されることの大切さ、ありがたさ。日常を失うと
もっともっと日常に感謝し、生きなければ、と感じます。さぁ、今日も
これから、父と母のところに行ってきます。
                              鉄線


『日常を慈しむ』
 (第17回とくしま随筆大賞・投稿作品)

 遅まきながら結婚し、十ヶ月が過ぎた。結婚を機にかねてからの願いで
あった栖を構えてみたものの、構えてみると何ということはない。他人様の
家に上がり込んでいるような居心地の悪さはないが、とにかく毎日が慌た
だしく、ちっとも落ち着かない。日々の喧噪の中で、栖とは、やはり自分の
中に一生かけて築き上げてゆく拠り所のようなものである、との思いを強
くしている。

 日常は結婚前と大きく変わり、変わらないことと言えば、三十年近く勤め
ている会社と、仕事と家事の合間に細々とこうして物を書いていることくら
いだろうか。勤務先は変わらないが、少し県南に移り住んだことで通勤に
要する時間や距離が大幅に変わり、後何年、こんなふうに精力的に通い
続けることができるだろう、と思いながら車を走らせている。車窓から見え
る山川草木、差し込む太陽、悠々たる青空、流れ込む風。車窓を通して
季節の移ろいをこれまで以上に感じながらエナジーを頂いている。自分も
また木の葉や花びら同様、ゆく河の流れの中を移ろいながら流されゆく
小さきものの一つであり、川縁(かわべり)の見えぬ深くて大きな河の中で
は立ち止まることも、流れに逆らうこともできず、ただ流されるしか能を持
たぬのが唯々もどかしい。自分もまた、移ろいながらエナジーを発したい
と思いつつ、知命を過ぎてもなお、頼りない水沫(すいまつ)のごとく浮かん
だり沈んだりの繰り返しである。エナジーをもたらしてくれるのは自然ばか
りではなく、交通渋滞の落胤(らくいん)、小学生との出会いがある。彼女は
いつも不意に現れ、流れの悪い車の横を元気に通り過ぎてゆく。彼女のラ
ンドセルからは交通安全の黄色いカバーが外され、今春から二年生になっ
た。その足取りは軽快で眺めているだけで活力が漲ってくる。冬場に着て
いたコートの赤が何とも上品で、車窓からは少し前より大人びたように映り、
可愛らしかった。

 気がつけば、溌剌とした彼女に自分の子どもの頃を重ねている。茶の間
の座卓でホームドラマを見ながら宿題をしたり、母が拵えたドーナツや蒸し
パンを弟と取り合いして食べたり、そういった何気ない日常の記憶は次から
次へと思い出すことができるのに、自分が日々どんなことを思い、考えなが
ら暮らしていたのかを思い出すことができない。車窓から彼女を眺めている
と、無性に子どもの頃の自分に会って話がしたくなる。過去の自分に会って
話をすることはできないが、今の自分に出会うことはできる。伴侶を通して
自分を知ることができると気づいたのである。両親が目を瞑り、大目に見て
いてくれたことも、伴侶というフィルターは何でも通してはくれず、そのまま
自分に跳ね返ってくる。概ね、自分が恣意的且つ日常を疎かにしている時
である。一本気で理不尽なことが嫌いな伴侶を通して負の自分が見えた時、
私は喧噪の中で二の次にされてきた日常を思い出し、畏まる。また、日常
は災いを通しても思い出され、坦々と毎日が繰り返されることの大切さ、あ
りがたさを思い知るのである。それは幸せを思う時と似ているかもしれない。
普段は気にも留めない日常がどれほど大切でかけがえのないものであっ
たか、失った後で気づくことが大抵である。日常はあまりにも身近過ぎて、
本来の煌めきとは裏腹に地味で垢抜けず、ありきたりに映っているのが
何とも哀れであり、何かの折に地味さの中にある煌めきに気づき、見栄え
に左右されない眼や心を養っていけたら言うことなしである。

 日常は永遠を約束されたものではなく、当たり前に与えられているもので
もない。日々の暮らしの中では思いどおりに行かぬことのほうがはるかに
多い。日常とは自分独りで成立しているものではなく、あらゆるものに感謝
しながら、また、慈しみながら護っていくものである。残念ながら、日常とい
うものは忙しさの中では遠慮がちに控えている。見えないものを相手にす
るのは厄介で難しい。見えないものを相手にするとは己の五感を研ぎ澄ま
し、見えるものの奥に何かを潜ませたり、見つけ出したりすることである。
それには絶えず見えないものを見ようとする意識がなくてはならない。何気
ない日常も心の角度を少し変えることで、今まで見えなかったものが見えて
きて、愛おしくなってくるに違いない。愛するものは全力で護りたい。ゆく河
の流れの中で明日、容赦なく災いが現れようとも、決して後悔することがな
いように。流れに負けて、己が災いと化すことがないように。(了)

                            




この記事のURL | 随筆 | ▲ top
一足お先に...
- 2016/10/01(Sat) -
DSC03452zoo.jpg

一足お先に、今日、母が退院しました。入院する前から足腰が
悪かったので、退院したらしたでそちらのほうが心配です。転ば
ないように、ゆっくりゆっくり、ですよ、母ちゃん!

仕事をしながらの病院通い。私も疲れた感が取れなくて、実家
近くのホームドクターに点滴を打ってもらいました。ずいぶん楽
になりました。

阿南への帰り道、少し気分転換。動物園を歩いてきました。
年間パスを持っているので、無料で入れます。

                            鉄線



この記事のURL | テッセン・デイサービス | ▲ top
| メイン |