鍛えよ、体幹!
- 2017/05/31(Wed) -
IMG_6266Tessen.jpg

「高丸山って、こんな険しい山だったかなぁ?」と、この写真を
見て呟いているかたもおられると思いますが、そんな険しい
山ではありません。単に、私の体幹が衰えているだけで、手
を使わないと登って行けないだけ。pilot師匠は普通に2本足
で登って行きます。体幹をもっともっと鍛えなければいけませ
んね。山道を歩いていると、衰えを痛感します。

                          鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
初・シロヤシオ
- 2017/05/30(Tue) -
シロヤシオ

高丸山トレッキング中に、可愛らしい花が落ちているのを発見。
あんまり可愛らしいので、写真を一枚。
家に帰って調べると、シロヤシオ。あ~、これが今、ファガスの
森で咲いているというシロヤシオなんですね。
高城山でも何本か見ましたが、花はほとんど散ってしまっており、
また来年ですね。
                          鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
高丸山頂上から
- 2017/05/29(Mon) -
IMG_0044taka.jpg

高丸山頂上からの風景。昨日は、藍染めのグラデーションのよう
に美しい山並みと空だった。
何年か前にここで見たアマツバメが飛ぶのをもう一度体感したい
と願いつつ、あれから一度も出くわしたことがない。
あの時のアマツバメは鳥というよりは「風」だった。

                          鉄線


この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
高丸山千年の森⑬
- 2017/05/28(Sun) -
IMG_0073たか

昨日に続き、今日も爽やかな皐月晴れ。勝浦郡上勝町にある
徳島県立高丸山千年の森までトレッキングに行ってきました。
約半年ぶりの高丸山千年の森です。家から車で1時間10分で
登山口到着。

IMG_0024たか

皐月晴れ。絶好のトレッキング日和なのに高丸山千年の森の
駐車場は貸切状態。頂上も貸切状態。ブナの新緑が眩しく美し
かったなぁ~。最近、遠景は黄砂?で霞んでいることが殆どで
すが、今日は明瞭。頂上からの風景も気持ちよかったです。

IMG_6317たか

ブナの新緑は、本当に美しくて、ついつい足を止めて写真を
撮ってしまいます。頂上での昼食は、柿の葉寿司。高丸山に
登る時はいつも、勝浦町の田舎ずしで、シャケの柿の葉寿司
を買って上がります。

IMG_0058たか

トレッキングの人も少なく、また、花もなかったので、少し寂し
かったかな。もっとコンスタントに登らないと、と思っていても
時間がなく、なかなか毎週毎週という訳には行きません。
でも、自分の体のために、継続していかなければ...。

                         鉄線




この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
井戸端会議
- 2017/05/27(Sat) -
_20170527_1250445.jpg

ジャガイモの様子を見に帰りたい、と言うので、母を連れて那賀町
の実家まで。ジャガイモはメークイン、男爵の2種類。どちらも収穫
には少し早かったかな。母と私が1~2度、煮っころがしするくらい
は掘ってきた。新ジャガはおいしい。楽しみだ。

ジャガイモを掘った後、実家で休憩していると、近所のおばちゃん
たちが1人、2人と...集まってきた。「ひろちゃん、もんとん?!」
この玄関開けっ放しがいいのだ。昔は何処の家もこんな感じだった
が、家を新しくするたび、開けっ放しにする家がなくなっていった。

最終的に計5人の井戸端会議が始まった。女ばかりの楽しいひと
とき。ジャガイモの様子を見に...は帰る口実なんだろう。いつも
用事を作らなくても、「帰りたい」とストレートに言えばいい。わかっ
ているから、往復180㎞を走る。母の笑顔を見るのは嬉しい。

                            鉄線

この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
建仁寺・方丈
- 2017/05/26(Fri) -
DSC09718方丈

建仁寺・方丈。落ち着きのある広々とした独特の空間。十一面観音
菩薩がお祀りされている。方丈という名の空間、建物。

方丈と言われると、長明の質素で狭い庵を頭に思い描いてしまうが、
建仁寺・方丈は、方丈と呼ぶには個人的には違和感がある。

方丈の前庭、「大雄苑」と呼ばれる枯山水はすばらしい。方丈の縁に
座り、白砂、緑苔、巨石を眺めていると、時が経つのを忘れてしまう。

                              鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
引き出しの中の出羽島
- 2017/05/25(Thu) -
IMG_7337teba.jpg

 7年ほど前、小4の夏に訪れた出羽島に行ってみよう、と
思い立ち、その頃、まだ足の達者だった母を連れて牟岐まで
出かけた。出羽島は「桜谷小」というラベルの付いた心の引き
出しに納められ、ずっと気になってきた記憶である。

7年前にその引き出しを開け、奥から引っぱり出してきてから
は毎年、私は出羽島を訪れている。牟岐・出羽島アート展が
開催されるようになる少し前のことである。その現代アート展
も運営体制が整わぬということで今春は行われなかった。

  1年ぶりに出羽島を訪れた。エネルギッシュなアロエの花
咲く頃に時間の都合が付かなかったことを残念に思いながら
の渡島だったが、名残の桜が出迎えてくれ、思いがけない誕
生祝いとなった。島には大正時代に建造されたという石積み
の堤防が残っており、その堤防から眺める島の玄関口の海色
が時を忘れるほどの美しさであり、安らぎの青である。

  今回、集落の中に更地を見つけ胸が痛んだ。私は家と家が
醸す空間、飾り気のない素の空間である路地が好きであり、
カレーや焼魚の匂いがしてくる路地に立ち、眺めているとホッ
とする。出羽島の路地もまた生きているという幸せを感じさせ
てくれる。(了)
                          鉄線





この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
町屋で出会った鉄線
- 2017/05/24(Wed) -
DSC09784鉄線

京都の町屋で出会った鉄線。鉄線は私のHANDLE NAME
でありますが、小説『山くじら』の主人公の名前、猪野鉄線
から取ったものです。小説の中の猪野鉄線の鉄線は、花の
鉄線が大好きな母親が自分の息子に名付けたもので、私
のHANDLE NAMEである鉄線は、花の鉄線から名付けた
とも言えますね。
http://tessen413.blog118.fc2.com/?no=508

鉄線の花もいろんな種類、色がありまして、私が「鉄線」と
言われ、思い浮かべる鉄線は、この紫色の鉄線なんです。
最近は、「鉄線さん」と呼ばれることのほうが多いかも。(笑)
この色の鉄線を見かけると、ついつい撮ってしまいます。

                         鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く54
- 2017/05/23(Tue) -
DSC09776路地

京都市東山区六道の辻にて (2017/05/20)

京都市東山区にある六道の辻周辺には、現在も伝統的な
家並み、細長い路地や行き止まりの袋小路が数多く残り、
路地に魅力を感じる者としては、度々足を止められた。(笑)
「みつもり2路地」もその一つ。ゴミ一つ、葉っぱ一枚、落ち
ていない清潔感。その向こうに小さな堂宇が見える。

六道の辻は、この世とあの世をつなぐ入り口とされた場所。
すぐ傍らに葬送地の鳥辺野があったり、六道の辻があったり、
幽霊が飴を買いにきたという話にも頷ける。轆轤という地名
の語源も髑髏からきているとか。町歩きも色々と知った上で
歩いてみると、おもしろい。
                         鉄線
この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
轆轤町 の松月鉾
- 2017/05/22(Mon) -
DSC09771えびす

東山区轆轤町 の松月鉾。恵美須神社(御神祭 事代主大神)の
氏子町とし、その神幸祭に際し町内に祭壇 を設けて御分神
を祀っておられる。撮影したのは、平成29年5月20日。21日
が本宮とか。恵美須神社が何処かにあるはずなのだが、時間
に余裕がなく行けずに残念。

DSC09769えびす

松月鉾から何軒か先には、ゑびすさまをお祀りしている祭壇があり、
当家の皆さんが集まっておられた。伝統を後世にに伝えてゆくという
難しさ。少子高齢化に伴い、何処の集落も伝統消滅の危機を抱えて
いる。護り続けてゆくのは簡単なようで容易なことではない。伝統とは
自分の思い通りにはいかぬ面倒臭い面も持ち合わせているが、流行
に流されず、残ってきたものには理由がある。子どもの頃から慣れ親
しんできた祭事ではなかったが、古里のような空気感、安堵感を感じ
させてくれた。
                             鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
幽霊 子育飴
- 2017/05/21(Sun) -
DSC09752飴

昨日、京都国立博物館を出た後は東山をカメラ片手に町歩き。清水
寺へのアクセスがあまりにも観光客が多すぎて、身動きが取れない
ため、一度も拝観したことのなかった建仁寺に行くことに...。途中、
松原通の六道の辻あたりで、このような店構えの飴屋さんに遭遇。
六道の辻は鳥辺山の入口にあたる場所で、「京名物 幽霊 子育飴」
という看板が上がる。こういうのを見たら、性格上、入らずにはいられ
ない。みなとや 幽霊子育飴本舗さん。こじんまりとした飴とお茶の店。

DSC09791飴

幽霊 子育飴の由来はと言うと、何でも、慶長4年(1599年)に女性
が亡くなり、鳥辺山に埋葬されたのだが、数日後にその土の中から
赤ん坊の泣き声が聞こえてきたので掘り返すと、亡くなった女性が
生んだ赤ん坊の泣き声だった。時を同じくして、毎夜、女性が飴を
買いに来るようになり、赤ん坊が墓から助けられた後は買いに来な
くなったため、この飴は「幽霊子育飴」と呼ばれるようになった。その
時、助けられた赤ん坊は8歳で出家し、高僧となった、とか。女性が
飴を買いに来た時は水飴だったが、現在、売られているものは、麦
芽糖の素朴な味わいの琥珀色をした飴。私もひとつ、いただこう。

                           鉄線



この記事のURL | 買いもん | CM(4) | ▲ top
友松作品を見に上洛
- 2017/05/21(Sun) -
DSC09637.jpg

京都国立博物館の開館120周年記念特別展覧会 海北友松
展に昨日、行ってきた。慶長四年(1599)、兵火によって灰燼に
帰した建仁寺方丈が再興される際に描かれたという二頭の巨
龍の「雲龍図」と、友松の最高傑作と言われる「月下渓流図屏
風」を見たかったので、最終日前日に行くことができ、幸運で
あった。

久しぶりの京都。友松の後に、学生の頃、拝観したことのなか
った三十三間堂、建仁寺、六波羅蜜寺に足を伸ばした。建仁寺
にも高精細デジタル画像ではあるが、「雲龍図」をはじめ、友松
の襖絵が何点か展示され、博物館よりも身近に作品を楽しむこ
とができた。建仁寺の方丈や前庭の枯山水が実にすばらしく、
京都最古の禅寺にはまた来たい。
                           鉄線

この記事のURL | 写真、彫刻、絵画など | CM(0) | ▲ top
ファガスの森で出あったわんこ♫
- 2017/05/19(Fri) -
IMG_7583足袋

ファガスの森『高城』で地下足袋王子が預かっているわんこ。
先月、川成峠付近に捨てられていた。2頭の子犬を連れてい
たそうだが、1頭は何日かして捕獲され、里親が見つからなか
ったので保健所へ。

それから暫くして、写真のママわんこがひょろりひょろり...と
ファガスの森『高城』までやってきたところを捕獲され、敷地内
に繋がれている。もう1頭の子犬は、捕獲に失敗したが、ママ
わんこに会いに隠れ家の裏山から下りて来ているそうだ。

捨てられたわんこたち、誠に不憫である。何年先、何十年先を
想えない人は木を植えてはならない。動物を飼ってもならない。
とにかく、名前がないのは寂しい。ファガスの森で出あったわん
こだから、このママわんこは「BUNA」と呼ぼうか?!

                          鉄線





この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
綾の渕に架かる橋
- 2017/05/18(Thu) -
IMG_7520綾

勝浦郡上勝町大字生実の剣山スーパー林道沿いに架かる橋。
平家の落人である綾姫が、苦難に耐えかねて入水自殺したと
言われる場所で、対岸に綾姫権現が祀られている。

IMG_7524綾

橋からの上流。
綾の渕だけでなく、今、剣山スーパー林道は新緑が美しい。

IMG_7523綾

そして、橋からの下流。
赤い岩石の間を、清流が白くうねって流れるので赤たびと
呼ばれている。橋はシースルー。高所恐怖症ではないが、
足元がスースーする。
                          鉄線




この記事のURL | "橋" | CM(0) | ▲ top
ファガスの森 高城のコテージ
- 2017/05/15(Mon) -
IMG_7566ファガスの森

7㎞のダートを走りきると、ブナに囲まれた美しい施設が見えてくる。
ファガスの森 高城。ジビエ料理(シカ肉)が味わえるレストランや、
かわいらしい広さ6畳ほどのコテージ、1棟5,000円(5名様まで宿泊
可能)がある。日頃の喧噪から離れ、ファガスの森 高城で一晩過ご
すのも良し。バードウォッチングにも持ってこいの場所。昨日も大勢
の登山客やツーリング客で賑わい、地下足袋王子は大忙しだった。
現在、コテージには、イチリンソウが群生中。ファガスの森 高城の
ホームページは、http://ffagus.net/cottage.html

                             鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
イチリンソウ
- 2017/05/14(Sun) -
IMG_7554ealyc4.jpg

ファガスの森で、5月14日現在、群生中のイチリンソウ。
ブナの木の根元で、ブナに護られるように咲いています。
小さな花ですが、真っ白で清潔感のある、愛らしい花。
花言葉は「追憶」「久遠の美」など。
                        鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
ファガスの森・地下足袋王子に会いに♫
- 2017/05/14(Sun) -
IMG_6033ファガス

えっとぶりに、地下足袋王子に会いに♫ファガスの森まで行って
きました。地下足袋王子、お元気そうで安心。ますます舌好調♫

IMG_7579ファガス

シカハンバーグカレー(800円)を食べました。地下足袋王子が捌く
シカ肉は柔らかくて臭みもなく、美味。鉄分も豊富。「うまいんじょ、
ジビエ」にふさわしい一品。敷地内に捨て犬が保護されていました。

元上司のMさんもスクーターで徳島市内からやってきました。これ
また久しぶりの再会で、嬉しかったなぁ。

IMG_6027ファガス

厨房で、シカ肉の竜田揚げをお手伝い。ちょこちょこっと質問を
しながら、地下足袋王子に「手際が悪い」と怒られながら、達人
の技を盗みます。(笑)ファガスの森の竜田揚げは絶品。

地下足袋王子やMさん、ブン子さんたちと竜田揚げをいただき
ながら、話も弾み、楽しいひとときを過ごさせていただきました。
ごちそうさまでした。また会いに行きます。

                           鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
母の味
- 2017/05/13(Sat) -
IMG_3843サギ

午前中、実家の母を連れて、あいあい温泉へ。帰りに、カボ
チャの焚いたん、タケノコの天ぷら、そば米汁をもらった。
久しぶりの母の味である。

徳島市内まで出てきたので、イオンへ寄り道して帰ることに。
お昼時の飲食店はどこも長蛇の列。並ばなくてもよかった
「かつ楽」へ入った。想像していたよりおいしかったな。

午後からお日様が出る、と思っていたが、曇りのまま。
明日は母の日、そして、「にし阿波」。出走される皆さん、無
理せず、がんばってください。
                         鉄線

この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
赤紫色の石積み堤防
- 2017/05/11(Thu) -
IMG_7218twba.jpg

大正時代に建造された石積みの堤防に天草。心太、寒天の
原料になる海藻。赤紫色をしているが、水に晒し、天日乾燥
を繰り返すと、退色して白色になってくるようだ。心太、寒天
はこれからの季節の間食に持ってこいだ。細長くて、つるつ
るという食べ物が好き。心太が食べたくなってきたぞ。

                         鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
大空に育つ木
- 2017/05/10(Wed) -
IMG_3837雨上がり

今朝、午前5:10の空。昨夜からの雨も上がり、爽やかな風が
吹いていた。中央に拡がる雲というか煙というか、大空に育つ
大木に見えた。早朝の風の爽やかさに撮らされたような一枚。

                          鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
Mapleな土産
- 2017/05/10(Wed) -
DSC09634おみや

知り合いから、Mapleなお土産をいただいた。今朝、Maple Syrup
を焼いたパンに付けて食べた。久しぶりのMaple Syrupだったが、
さらさらして、おいしいSyrupだった。食パンよりホットケーキを焼い
た時にかけていただくと、もっとおいしく感じるのだろう。だが、ホッ
トケーキは長年焼いたことがない...。今度、焼いてみようか?

                           鉄線




この記事のURL | 到来物・贈り物 | CM(0) | ▲ top
もう一頑張りの5月
- 2017/05/08(Mon) -
IMG_7424.jpg

大型連休も終わって、今日から仕事。5連休、長いなぁ~、と
連休に入る前は思っていたのですが、いざ終わってみると、
あっという間の5日間でした。1日も原稿を書かなかったGW
は珍しかった、かな。お天気も満点の五月晴れではなかった
ですが、それなりのお天気を維持してくれ、Luckyでした。
5月。事務屋の忙しい時期。大きな会議も控えており、もう一
頑張り。
                           鉄線
この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
次郎笈に挑む
- 2017/05/07(Sun) -
DSC0968次郎笈

見ノ越から剣山へ登った後、次郎笈へ行くかどうか、毎回、
即決できない。私にとっては、剣山を登った後の次郎笈はそ
れほど過酷。今も脚は筋肉痛で、階段の上り下りがえらい。

                         鉄線

この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
御神水モーニング
- 2017/05/06(Sat) -
DSC09632.jpg

大劔神社を少し下ったところにある御神水(おしきみず)で
淹れた珈琲、コロンビア。

次郎笈からの復路、剣山山頂には帰らず、途中から二度見
展望台の方向に左折、御神水のあるサンクチュアリへ。

古くから病気を癒す若返りの水、と言われてきた。6~7歳が
水を汲み、旨そうに飲んでいた。君はどこまで若返るつもりか?

御神水で淹れた珈琲は実に旨かった。”御神水モーニング”は
一見何の変哲もない中に、言いようのない贅沢が潜んでいる。

                         鉄線



この記事のURL | 珈琲 | CM(0) | ▲ top
立夏は剣山&次郎笈トレッキング
- 2017/05/05(Fri) -
DSC09602剣 (2)

立夏で、子どもの日の今日は、剣山&次郎笈トレッキング。
写真は、次郎笈から見た剣山。ガスが掛かっていて残念。

DSC09602剣 (1)

こちらは、剣山から見た次郎笈。こちらから見ても少しガスが
掛かり、残念。次郎笈はもっと見目形の美しい山なのですが。

DSC09578剣

今日は立夏。時たまこのような青空が出たり、急に曇ったり、
なかなか気難しいお天気で、服を脱いだり、着込んだりして
忙しなかった、かな。

DSC09542剣

写真は、大剣神社からの風景。ここからの眺めもよかったかな。
師匠、半袖でかなり日焼けしてしまいました。そろそろ日焼け止
めは必要ですね。

IMG_5943剣

師匠撮影。久しぶりのトレッキングで、登りは心臓が苦しく、亀の
ようにゆっくり。下りもまた昨日の雨でぬかるんでおり、怖々亀の
ようにゆっくり。ゆっくりゆっくりトレッキングです。

DSC09598剣

5日にトレッキングに行くなら、と、鯉のぼりを作成。やはり、体は
継続的に動かさないとだめですね~。明日の筋肉痛が怖い。ガス
ったり、晴れたりしましたが、久しぶりのトレッキングで、苦しい思い
もしましたが、いい汗を流させてもらいました。このコースはまた行
きたいな~。あ、写真に「Tessen」のロゴ入れるの、忘れた~。

                            鉄線


     


この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
みどりの日は、津乃峯トレッキング
- 2017/05/04(Thu) -
IMG_5848z.jpg

大型連休の2日め。朝から日曜美術館の録画を2本見た後、
みどりの日ということで、高丸山にトレッキングに向かいまし
たが、雲行きがあやしく、Uターン。津乃峯トレッキングへ。

IMG_5872z.jpg

津乃峯トレッキングは、昨年10月以来。ご無沙汰でした。
今日は、裏参道の木洩れ日の道を歩いて登りました。

IMG_5878z.jpg

久しぶりのトレッキング。津乃峯山でも、体が坂道に慣れて
くるまでは心臓に負荷がかかり、ゼーゼー、フーフー。
一言、運動不足。暫くすると、慣れてきて新緑や鳥の囀りを
楽しむ余裕が出てきました。

IMG_5913z.jpg

裏参道の中間あたりにある展望所からの風景。橘湾も新緑。
でも、ちょっと霞んでいますね。

IMG_5908z.jpg

津乃峯神社に到着。山というより、丘くらいの標高なので、
あっという間に到着。以前、境内には放し飼いの鶏がたくさん
いて賑やかでしたが、猛禽類たちの餌になってしまい、寂しく
なりました。

IMG_5911z.jpg

神社は貸切状態。お参りをして、下山しました。ここからの
展望より、先ほどの裏参道の展望所からの展望のほうが
雑木に邪魔されず、眺めが良いです。こんな丘のような山
でも、トレッキングは気持ち良いですね~。また少しずつ少
しずつトレッキングやバイクも再開していかないと。

                          鉄線





この記事のURL | 山登り | CM(0) | ▲ top
今日から5連休
- 2017/05/03(Wed) -
IMG_7517ハンカチノキ

今日から5連休。5連休の1日めは、デイサービス。今から
徳島まで迎えに行って、那賀町まで。

昨日、決算の最終監査も無事終わり、安堵。毎年タイトな
スケジュールで税理士も、鑑定士も、監査法人も...動い
ているので、その調整が一番大変。この時期、決算のため、
30年大型連休には無縁。数字が上がってくる日によっては
休日出勤して事業報告を作り上げたり...、去年は両親の
介護などもあり、すぐに代わってやれる仕事でもないので、
少しずつ少しずつ後輩を育てていかないと、と思っている。
が、なかなか気持ちに余裕がなくて、また後輩も忙しくて。

急に何が起こるか分からない年代になってきた、自分にも、
周囲にも。完璧な環境などなく、また、環境を変えることは
難しい。自分の気持ちを切り変えていくしかない。今日の写
真は、ハンカチノキ。相生森林美術館で見ることができる。
今年も3日前だったか、ハンカチノキを見ることができた。
そろそろ出発しないと、帰りが遅くなる...。いってきます。

                          鉄線



この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
手前味噌な写真217 『新緑と、木洩れ日と』
- 2017/05/01(Mon) -
IMG_7501木

『新緑と、木洩れ日と』 (2017・4・30・那賀郡那賀町横石)

相生森林美術館の敷地内のクスノキ。新緑と木洩れ日が
美しかった。少し離れたところでは、ハンカチノキも咲いて
いる。美術館では、斎藤清さんの版画展が開催中。猫の
版画に惹かれ、長いこと猫ばかり眺めていた。この美術館
で、堀田幸生さんのバードカービング展をやっていただき
たいとずっと思っているが、機会がなくてまだ言えていない。

                         鉄線




この記事のURL | Tessen's 手前味噌な写真 | CM(0) | ▲ top
| メイン |