水たまり
- 2019/02/28(Thu) -
IMG_6650neko.jpg

2月の最終日。朝刊が合羽を着てたから雨が降っているのだろう。
いつもより少し暗めの通勤路を走ることになるのだろう。ゆっくり、
ゆっくり安全運転で行こう!

野良たちは雨水を飲んで暮らしているのだろう、とは思っていたが、
実際に飲んでいるシーンに遭遇した。野良たちのためには下手くそ
舗装のアスファルト業者も必要だ。
                             
阿波しらさぎ大橋はアスファルトがパッチワークのようだ。走りにくい。
あと2週間ほどで徳島市福島の交差点から阿波しらさぎ大橋へ上が
れるようになる。10分は時短できるとか。
                              鉄線

スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
今日のお誕生日(あだち)
- 2019/02/27(Wed) -
IMG_6586しま

今日、2月27日は、学生時代からの親友「あだち」のバースデー。
あだち、今年もお誕生日、おめでとう!心からおめでとう~。

あれから30年以上の月日が流れたけれど、離れていてもこうして
やりとりが続いていることをとてもしあわせに感じているよ。お互い
50を過ぎ、生活の中に親の介護が入ってきて、また自身の体調不
良に悩まされ、いっぱいいっぱいの毎日だけど、今日からの一年
があだちにとって明るく充実した一年でありますように。

時間にゆとりがなく、最近はなかなか会えていないけれど、いつも
元気で明るく思いやりのある優しいあだちのまんまでいてほしい。
またいつか、一緒に旅したり、ご飯食べに行ったり、買い物に行っ
たりしたいな。これからもよろしく。おめでとう。

                           鉄線


この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
飴細工職人に出会った
- 2019/02/25(Mon) -
IMG_7534アメ

昨夕、近所のスーパーマーケットに食材を買いに行ったら、珍しく
イベント。飴細工職人が細工を披露していた。元々、白い飴生地に
青やピンク、茶色の色素を混ぜ、金太郎飴を作っていく。写真は、
これから直径1センチ弱の金太郎飴にしていく、という段階。

IMG_7559あめ

細い棒状のものが20本くらいできただろうか?隣にいたもう1人の
飴細工職人が形を整えていく。整えた棒状の飴は鋏で手早く切られ
見学者に配られた。さぁ、断面からどんな顔が現れたかわかるかな?
あの青はどこかで見たことがあるぞ~。

IMG_7566あめ

飴細工職人が作っていたのは、ドラえもん。ほぼ最初からドラえもん
の金太郎飴ができるまでを見させていただいたが、髭までちゃんと。
最初から最後まで見入ってしまった。見ていたのは子どもより大人の
ほうが多かったかも。エナジーをいただいた、よい出会いだった。

                              鉄線



この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
梅落花
- 2019/02/24(Sun) -
DSC03483梅

散りゆく梅。追われる日々に、また少し季節が移ろう。
香り立つ満開の梅花もいいけれど、その落花は何とも
ひなあられのようで愛らしい。川面に浮かぶ梅落花。
この日はお日様がご機嫌斜めで寒そうなのが残念だ。

俳人なら「ここで気の利いた一句」なのだろうが、凡人は
こうして幾ら眺めていても「....」全く浮かんではこない。
俳人・魚井遊羽さんはどんな句を捻り出すのだろう、と
思いながら後にした。太宰府天満宮に飛梅を見に行きた
いと思いつつ、まだ行けてない。
                          鉄線



この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
沙弥島を歩く⑤
- 2019/02/22(Fri) -
DSC03456maro.jpg

沙弥島にある廃校となった小中学校。学校というのは
現役の頃、とても活気があった場所、エネルギッシュな
空間だっただけに、廃校の横を通る時というのは、自分
か卒業した学校でなくてもしんみりした気持ちになる。
廃屋と化した家とはまた違った雰囲気を抱えている。
この廃校で沙弥島をぐるり一周してきたことになる。

                        鉄線


この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
沙弥島を歩く④
- 2019/02/21(Thu) -
DSC03447hito.jpg

今日も沙弥島。長崎鼻の後は、オソゴエの浜のほうに下りる。
島をくるりと一周できるように遊歩道が整備されているのだ。
オソゴエの浜に出ると、ドローンを飛ばしている若者たちに遭
遇。ドローンには少し興味があり、今飛ばしているドローンは
幾らくらいするのか?と尋ねると、「200,000」という答えが返っ
てきた。

沙弥島は万葉集ゆかりの島のようで、むかしむかし、柿本人
麻呂が訪れて歌を詠んだとか。オソゴエの浜には人麻呂の
碑がある。沙弥島を訪れ、歌を詠んだとわかり、何かしら不
思議な気持ちに。人麻呂さん、私にもっともっと書く力をお与
えください。(他力かい!)
                          鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
沙弥島を歩く③
- 2019/02/20(Wed) -
DSC03446沙弥島

沙弥島の先端、長崎鼻からの瀬戸大橋。少し高い位置から眺める
だけなのだが、美術館から見える瀬戸大橋とは見え方が異なり、
新鮮である。

四国地方、昨日、春一番が吹いたそうな。事務所で仕事をしている
と、風を感じない。春一番を体感できず、残念。雨水が過ぎ、春一
番が吹き、春はそこまで。
                           鉄線
この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
雨水に乳房雲
- 2019/02/19(Tue) -
DSC_0396乳房雲

本日、雨水。二十四節気の第2。空から降るものが雪から雨に変わり、
氷が溶けて水になる頃。朝からの雨も夕方にはあがり、帰宅途中に
おもしろい雲が出ていた。家の駐車場に車を止めてから急いでスマホ
で一枚。家からカメラを持ち出して撮る頃には雲は消えかかっていて
がっかり。下に向かって雲が発生しており、調べると、乳房雲と言う。
そう言えば、最初におもしろい、と感じたときには、乳房のような形の
雲がいっぱい空から垂れ下がっていた。
                                鉄線

 
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
沙弥島を歩く②
- 2019/02/19(Tue) -
DSC03426沙弥島

沙弥島港から長崎鼻を目指す。白石古墳広場という
看板を見つけ、左折すると雑木林の遊歩道に出る。
一昨日は晴れて暖かく、木漏れ日が美しかった。また、
瀬戸内海からの風も気持ちよかった。白石古墳自体
は雑草が生い茂り、石棺も崩れており、整備不十分。
ウォーキングに来られていた地元のお爺さんと少し
会話し、沙弥島の先端、長崎鼻に向う。

本日、雨水。二十四節気の第2。空から降るものが
雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる頃。

                       鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
黄昏月
- 2019/02/18(Mon) -
IMG_6663月

今日は月が「おかえりなさい。お疲れさま」とお出迎え。
黄昏時の月があんまり美しいので、猛ダッシュで家に
入り、カメラを持ってもう一度外へ。ありがとう、の一枚。

                        鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
沙弥島を歩く
- 2019/02/18(Mon) -
DSC03417沙弥島

昨日、久しぶりに東山魁夷せとうち美術館を訪れた後、機会が
あれば歩きたいと思っていた沙弥島を散策してきた。写真は、
沙弥島港。漁師が漁船の手入れをする港からは、瀬戸大橋や
瀬戸大橋タワーが見え、見慣れた橋やタワーもアングルが変
われば新鮮。海も空も青くて気持ちのよい散策だったな。

東山魁夷せとうち美術館では2018年度の第4期テーマ作品
展、「遍歴の風景 東西を旅して」を開催中。私にとってここは、
エナジーをくれる場所。
                         鉄線




この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
80日ぶりの那賀町
- 2019/02/16(Sat) -
IMG_6573tori.jpg

母が2018年の年末に自宅で転け、入院して以来だから80日。
80日ぶりに那賀町に行ってきた。元気に回復した母を帰りたい
だろうからと病院から連れ出しての帰郷。外出許可の理由に、
「静かなところに行きたいため」と書いてあり、吹き出した。病院、
病室は何かと賑やからしい。

入院していることを言ってなかったため、会う人会う人、話はそこ
から始まる。久しぶりに親戚やご近所さんたちと会って話をし、楽
しかったようで、元気な姿を見せることができ、よかったな。pilot
師匠には、200㎞近く走行してもらい、ありがとね。

食べるのが大好きな母。病院食に厭きているだろう、と昼ご飯は、
阿南市下大野にある、のうき屋米米(まいまい)に行ってみた
家庭的な料理で、なかなかおいしかったな。今日は思いのほか
寒く、母も足腰が痛くならないといいけれど。

                          鉄線


この記事のURL | テッセン・デイサービス | CM(0) | ▲ top
"夫の写真に35年の歳月感じ"
- 2019/02/15(Fri) -
IMG_6524aki.jpg

~夫の写真に35年の歳月感じ~
 
 夫のアルバムが実家から出てきた。懐かしいフエルアルバ
ムで、不意に茶の間が昭和の香りに包まれた。フエルアルバ
ムとは写真を貼る台紙を継ぎ足せる糊が不要のアルバムで
あるが、3年前、店の若い店員に「フエルアルバムありますか」
と尋ねたら、何とも通じない。外国にいるようで苦笑。いつの間
にかフエルアルバムは死語になっていた。

 それはさておき、夫のアルバムに納められていたのは35年
ほど前、20歳過ぎの写真。私たちは10年ほど前に出会った
ため、35年前の夫を知らない。仕事から帰るや否やすぐに見
たい心を抑え、晩御飯や洗濯を済ませた後の団らんにゆっくり
と眺めた。

 そこには青年の夫が写っていた。その中に大好きなオートバ
イとともに南阿波サンラインの展望台で撮った写真があり、生
き生きした夫の背景にある椰子の木に釘付けになった。現在、
展望台の椰子の木は見上げるほどに成長しているが、夫の背
後にある椰子の木は背丈より少し高いくらいだった。夫も椰子
の木も35年という歳月が流れ、枯れることなく元気でいるのが
嬉しい。

 欲を言えば、夫もまたもう少し早く出会いたかった一人であり、
出会えたことに感謝したい。(了) 
                                                           
                        鉄線

(※2019/02/15 徳島新聞「読者の手紙」に掲載済) 




 
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
熱いまなざし
- 2019/02/14(Thu) -
IMG_6644neko.jpg

pilot師匠を見上げる仔猫のまなざし。いい眼をしている。
遊んでほしいのだろう。なかなか足元から離れない。鼻が
黒くて白足袋を履いたとても人懐っこい仔猫。「おい、鼻く
そ」と呼ばれていた。野良猫とは「これが最後」と思いつつ
撮っている。次訪れた時、「おい、鼻くそ」と呼ぶことができ
たらいいが。

今日は2月14日。バレンタインデー。個人的に義理チョコは
渡さない。想いを寄せる人に、今日、チョコを片手に告白す
るかたもおられるのだろう。がんばれ。想いは言葉にしない
と伝わらない。かつて、ハートのまなざしで見つめられたこ
とがあっただろうか?
                         鉄線




この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
竹ヶ島・バス停
- 2019/02/13(Wed) -
IMG_6618竹ヶ島

雰囲気のあるバス停、竹ヶ島。曇ってた空に青空が顔を
出し始めたので一枚。やはり、竹ヶ島は青空が似合う。
雰囲気のあるバス停も永遠ではなく、次訪れた時には、
待合小屋がなくなっていたり、花が切られていたりする。

                       鉄線


この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
それでも花は咲くシリーズ㉔ "ハイビスカス"
- 2019/02/12(Tue) -
IMG_6617ハイビスカス

Tessen's World
それでも花は咲くシリーズ㉔ "ハイビスカス"

ハイビスカス。シリーズの前回とかぶってしまったが、個人的に
好きな花であるため、ご容赦。(笑)前回は出羽島で出あったハ
イビスカスだったが、今回は竹ヶ島で咲いていたど根性ハイビ
スカス。蕾もたくさん付けていたなぁ。竹ヶ島でも普通に寒い。
同じ木でも夏と冬では花の咲きよう、雰囲気がまるで違う。冬は
正直、美しいハイビスカスではないけれど、寒空の中、がんばっ
て咲いてるのを目の当たりにすると、こうして撮ってしまう。

                         鉄線

この記事のURL | Tessen's World | CM(0) | ▲ top
雨あがる
- 2019/02/11(Mon) -
IMG_6600竹ヶ島

久しぶりに望遠レンズが付いたカメラを持って右下へ。
昼から青空と太陽が顔を出し始めたので、竹ヶ島まで。
いつも広角なので、たまに望遠で撮るとおもしろい。

                       鉄線

この記事のURL | 撮影 | CM(0) | ▲ top
"すっぴん空間" 日本の路地を歩く65
- 2019/02/10(Sun) -
IMG_6540うだつ

撮影 美馬市脇町うだつにて(2019/02/10)

今日はpilot師匠と脇町へ。毎年、この時期恒例の「うだつ
をいける」を見るために。でも、「うだつをいける」の前まで
やって来た時、(寒いし、別に入らなくてもいいか)という気
になり、うだつの町並みをぶらぶらすることにした。今年は
路地にも花が活けられており、華やかだった。お昼はいつ
もの楽庵蕎麦。おいしかった。私は、花よりだんご。

                        鉄線


この記事のURL | "路地、路地裏" | CM(0) | ▲ top
花粉
- 2019/02/08(Fri) -
IMG_6517花粉

花粉症で病院にかかっていないため、花粉症ではない、と思って
いるが、秋からこっち、知らぬ間にサラサラした鼻水が出ているこ
とがある。時間の問題なのかもしれないが、まだ花粉症ではない。
阿南市明谷の杉群も白梅や紅梅の後ろで「次は自分たちの開花」
と待機している。緑と赤茶色のコントラストがきれいなのだが、花
粉が飛び始めると厄介。

やっと金曜。3連休。今週末はチョコレートを買い求める女性達で
店はごった返すのだろう。今週末はめちゃくちゃ寒いらしい。寒い
のが苦手。沖縄に移住していった写真の知り合いのかたが時々
フェイスブックにアップしてくれる沖縄写真を拝見し、羨ましく感じ
ている。早く夏になれ。
                           鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
梅林浴
- 2019/02/07(Thu) -
IMG_6488あかたに

ちょっとだけ時間があったので、明谷梅林まで梅林浴に行ってきた。
いい香りがして、梅の花は好きだなぁ。地域の人たちが梅林のオー
プンに向けて清掃作業をされていた。今年は開花が例年より早いと
か。アスファルトの上に花びらもたくさん落ちていて、そんなに急ぐな、
と梅の花に声を掛けた。1本ある蝋梅も満開だった。

                             鉄線

この記事のURL | 花・木・鳥 | CM(0) | ▲ top
様子見
- 2019/02/07(Thu) -
IMG_2765新春サンタ

12月から続いている右下肢の不調。今日、日赤で診察を
受けてきたが、MRIにもレントゲンにも症状を疑うような異
常は特に見られないとのこと。原因がわからないということ
で、様子見となった。

日赤が思いのほか、早く終わったので、両親に差し入れを
持って行った。明日から寒くなるとか。温かくなってくれば、
右下肢も元に戻ってくるだろうか?

                         鉄線

この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
安全運転
- 2019/02/06(Wed) -
IMG_4852海王

独立行政法人海技教育機構が運航する航海練習船、海王丸。
2016年11月に小松島で撮影。当日は今朝のようなあいにくの
天気で、美しさ半減。(笑)

昨日はモタモタして5分ほど家を出るのが遅れた。阿南で5分ほ
どだが、徳島の川内にはいつもより20分も遅れて到着。少し出
るのが遅れると、走る車も違ってくる。無理な割り込み車も多々。

そろそろ2月の原稿を考えなければ。今日は早くコンビニに着い
たら、2月の原稿を考えよう。家を出るまで後8分。雨、小止みに
なりますよう。今日も安全運転!
                            鉄線


この記事のURL | くんだら | CM(0) | ▲ top
南さん、ドイツアワード第2席
- 2019/02/05(Tue) -
IMG_6908海峡

今朝の徳島新聞一面に知り合いのかたが載っていた。猿楽社
(徳島市)制作の阿波踊りポスターが、ドイツアワード第2席を
受賞されたとのこと。南和秀さん、受賞おめでとうございます。
朝からとても嬉しいニュースだった。これからもお元気で益々の
ご活躍ご発展をお祈りいたしております!
                           鉄線





この記事のURL | Book・Web・Mail・Photo・TVなど | CM(0) | ▲ top
本日、立春
- 2019/02/04(Mon) -
IMG_6279立春

本日、立春。二十四節気の第1。暦の上では今日から春。ハル、
シュンと耳にするだけで、心は寒さを忘れ、ウキウキしてしまう。
部屋のカレンダー。今年は東山魁夷である。二十四節気が印刷
されていないカレンダーであるが、やはり、好きな絵に気持ちが
和む。2月は「白い朝」という絵。雪の朝、真っ白な木に鳩が寒そ
うに止まっている後ろ姿の絵。また1週間が始まった。今週は3
連休のようだ。今週もがんばってまいりましょう。

                            鉄線

この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
かもだ岬でくろねこタルト
- 2019/02/03(Sun) -
DSC03372波

昨日は午前中、両親が入院する病院へ行った後、所用で沖浜へ。
おいしいと評判の「くろねこタルト」の店の前をたまたま通りかかり、
戻ってタルトを購入。昨日はお天気も良く、このまま家に帰るのは
勿体ない。そこでかもだ岬でコーヒー淹れてタルトを食べよう!と
いうことになり、大津文昭さんの彫刻、「波の詩」も久しぶりだった。
足腰が調子よくなったら、またかもだ岬までクロスバイクで来たいな。

                          鉄線

この記事のURL | 散歩・ドライブ・旅など | CM(0) | ▲ top
ケサゾラが撮りたい!
- 2019/02/01(Fri) -
IMG_6276月

2月。日の入りはだんだん遅くなってきたが、日の出は相変
わらず遅い。そのため、ケサゾラをなかなか撮ることができ
ない。美しい空は今時分は車で走ってる時間帯だ。ケサゾ
ラが見せる表情の何て豊かなこと。以前アップした写真であ
るが、個人的に「人麻呂の月」と呼んでいる好きな一枚。

                          鉄線
 
この記事のURL | 歳時記・二十四節気・天気 | CM(0) | ▲ top
| メイン |