2019 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 10
"教えよう 排便は自然の摂理"
- 2015/10/31(Sat) -
IMG_89591.jpg

~教えよう 排便は自然の摂理~

 友人の子どもが通う小学校のトイレは水洗ではあるが今も和式であり、
一年生の中にはその使い方がわからぬ子もいたと聞いた。昭和生まれの
私たちと違い、物心付いた時から温水洗浄機能付き便座を使用してきた
であろう今時の子どもたち。初めて和式便器を目の当たりにした時、どん
な心地がしたのだろう。

 どうやって用を足していいのかわからず、金隠しに座り、前後ろ逆に座
ったり、しゃがむのに慣れておらず、不安定な体勢を固定させるため、足
元の白い陶器の縁を両手で掴んだり、何とも想像するだけで不憫である。

 もっと不憫なのは、和式便器で大便をしたり、大便をしているのを他の子
に知られたくないからと、家に帰るまで我慢する子も少なくないと言う。出
物腫れ物所嫌わず。人として当たり前のことがやりづらい状況というのは
再考の余地がある。

 相手の気持ちを汲んだり、受け止めたりすることは難しい。相手をおとし
めたり、否定することほど平易なことではない。用を足す環境を今の時代
に合ったものに整える以上に、用を足すことは恥ではなく、自然の摂理で
あることを、学校でも家庭でもきちんと教える必要がある。(了)

                              鉄線

(※2015/10/31・徳島新聞「読者の手紙」に掲載済)


  

スポンサーサイト



この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
<<徳島市山城町寸景 | メイン | 新しい朝Ⅱ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |