2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
"羽尻さんの絵本展で幸福感"
- 2017/10/31(Tue) -
20161122063628ab2niji.jpg

~羽尻さんの絵本展で幸福感 ~
 
 阿南市在住の絵本画家・羽尻利門さんの原画展『ごめんなさい』
が阿南市那賀川図書館内の市民ギャラリーで開催中(11月2日まで、
入場無料)。羽尻さんは兵庫生まれの京都育ち。羽尻さんが絵を手
がけた「二十四節気のえほん」に出合って以来、昭和の佇まいが感
じられる絵に魅了され続けている。

 子どもの頃、私は小学校から帰ると、こたつで宿題をしながらホー
ムドラマをよく見ていた。時代とともにいつしかホームドラマは下火
になり、見たいドラマがない昨今である。

 ほっこりするものを見たい、というストレスを吹き飛ばし、思いを叶
えてくれるのが羽尻さんの描く絵の世界である。眺めていると、昔日
の情景が次から次へと蘇ってくる。懐かしさに気持ちがほっこりし、
天真爛漫、あの頃を思い出させてくれる。

 絵本『ごめんなさい』には徳島の風景があちこちに描き込まれてい
る。また、絵本には楽しい仕掛けがしてあり、ページをめくるごとに
平仮名が1文字ずつ書き込まれている。目を皿のようにして探した
15文字を並べて読むと、徳島県人には嬉しい響きとなる。

 羽尻さんの絵は、空に思いがけず見つけた虹のような幸福感を
持ち合わせている。(了)
                             鉄線


(※2017/10/31・徳島新聞「読者の手紙」に掲載済)







スポンサーサイト
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
<<自念子ノ頭~瓶ヶ森~長沢 | メイン | 群れる>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |