2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
"秋祭りの合図花火の思い出"
- 2018/10/20(Sat) -
CACRRW7K_合図花火

~秋祭りの合図花火の思い出~
 
 県南は秋祭りの最盛期である。開催を知らせる合図花火の
賑わしい音があちらこちらから届く。青い空に寸時に浮かぶ儚
げな白煙とは裏腹に、これから勇ましい祭りが始まる期待感に
心はひとりでに躍り始める。

 8年前、たまたま通りかかった山あいの神社で合図花火が鳴
り、車を止めた。秋祭りが行われており、境内で年配のご婦人
に「これ、何か知っとるで?」と声を掛けられた。それは半球状
のてっぺんに導火線の付いた黒こげの物体で、合図花火の燃
えかすだと言う。その玉皮を家の前に吊しておくと魔除けになる
との言い伝えがあるようで、それを知る人も今では少なくなって
しまったと嘆いておられたのを今でも覚えている。

 10月6日付の朝刊に「70歳まで雇用へ法改正」の記事が掲
載されていた。身も心も元気でないと70歳までは働けない。黒
こげの玉皮を軒先に吊し、安心していてはいけない。いつまでも
若々しく元気でいるためには趣味を通して体を鍛え、考え続ける
ことが大切である。

 合図花火の音を耳にするたび、人の営みの中からきらりと光る
小さな玉を拾い出し、書き残すことが私のもう一つの仕事、と感じ
た8年前を鮮明に思い出すのである。(了)

                            鉄線

(※2018/10/20 徳島新聞「読者の手紙」に掲載済) 


スポンサーサイト
この記事のURL | 随筆 | CM(0) | ▲ top
<<外出許可ドライブ | メイン | ケサゾラ㉟>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |